ブリヂストンサポートチームが表彰台を独占で12年連続鈴鹿8耐制覇!

  • 開催場所:鈴鹿サーキット
  • 開催日:2017年07月30日(日) 〜 2017年07月30日(日)
podium1a.jpg

 今年の鈴鹿8耐は第40回の記念大会。3連覇を目指すヤマハファクトリーレーシングチーム、ホンダから優勝カップ奪還を託されたMuSASHi RT HARC-PRO. HondaとF.C.C. TSR Honda、スズキのエースチームであるヨシムラスズキMOTULレーシング、カワサキの国内トップチームKawasaki Team GREEN、そして世界耐久選手権にフル参戦しているYART-YAMAHAなど、ブリヂストンのサポートチームは全部で16。今年の鈴鹿8耐までレギュレーションで使用を認められた16.5インチタイヤと17インチタイヤの2種類のサイズのタイヤを供給することになった。


 金曜日の予選は青・黄・赤の腕章ごとに20分2回のタイムアタック。転倒車が続出して何度も赤旗中断が入る難しい予選アタックだったが、3人のライダーのうち2人が2分6秒台をマークしたヤマハファクトリーレーシングチームが暫定ポールポジションを獲得。ヨシムラスズキMOTULレーシング、MuSASHi RT ARC-PRO. Honda、Kawasaki Team GREEN、F.C.C. TSR Honda、YART-YAMAHAと続き、ブリヂストンサポートチームがトップ6を占めた。


 翌土曜日のトップ10トライアルではヤマハファクトリーレーシングチームのエース・中須賀克行が2分6秒038をマークし、ポールポジションを獲得した。ヨシムラスズキMOTULレーシング、Kawasaki Team GREEN、F.C.C. TSR Honda、MuSASHi RT HARC-PRO. Hondaまでの5チームが2分6秒台というハイレベルな戦いだった。

start2.jpg

 決勝日も朝から曇天。スタートと同時に西コースに雨が落ちてきた。ホールショットを奪ったのはKawasaki Team GREENだったが、オープニングラップを制したのはMuSASHi RT HARC-PRO. Honda。2周目にヤマハファクトリーレーシングチームが2番手に浮上し、3台でスプリントレース並の接近戦を開始する。同時に後方ではスタートで出遅れたヨシムラスズキMOTULレーシング津田拓也が転倒。すぐにマシンを起こしてピットに向かい、修復作業に入る。


 スタートから30分程度は雨脚が強まったり弱まったりしていた。雨脚が強くなったときにKawasaki Team GREENはトップ集団から遅れ、ヤマハ対ホンダの一騎打ちの構図に。


 アクシデントはスタートから2時間半を過ぎいきなりMuSASHi RT HARC-PRO. Hondaの中上貴晶が転倒。すぐにマシンを起こしてピットに向かい、短時間で修復を終えてコース復帰したものの、4番手まで順位を落としてしまう。

NAKASUGA_race2.JPG

 これで単独トップに立ったヤマハファクトリーレーシングチームは、最後まで危なげない走りを見せ、最後はアレックス・ローズがチェッカーを受けて3連覇を達成。同時にブリヂストンは12連覇を成し遂げた。


 2位は終始Kawasaki Team GREENとF.C.C. TSR Hondaの争い。最後のピットワークを終えたところではF.C.C. TSR Hondaが優位に立っていた。しかしレース終盤、残り37分で導入されたセーフティカーが解除された途端にF.C.C. TSR Hondaのマシンから火の手が上がった。しかしレースディレクションはピットインを強制。ライダーのランディ・ド・プニエは首をかしげながらピットに向かい、その横を走り抜けたKawasaki Team GREENのレオン・ハスラムが2位フィニッシュ。F.C.C. TSR Hondaのマシンはオフィシャルのチェックを受けてすぐにコース復帰し、3位表彰台を獲得した。


 MuSASHi RT HARC-Pro.Hondaは4位。2周目に転倒した後、猛烈な追い上げを見せたヨシムラスズキMOTULレーシングが7位。そして、逆転で世界耐久選手権の年間チャンピオンを狙っていたYART-YAMAHAは5位フィニッシュとなり、年間ランキング3位でシーズンを終えた。

WATANABE_run.JPG

【YAMAHA FACTORY RACING TEAM 吉川和多留監督コメント】
 3年連続の優勝ができて非常に嬉しく思います。安定したタイヤ性能でこの優勝を支えてくれたブリヂストンに対して、3選手と全チームスタッフを代表して感謝いたします。ブリヂストンタイヤの性能をレースで最大限に引き出せるように、事前テストの段階からチームとブリヂストンで協力してきたことが、この結果につながったと思います。今後ともYAMAHA FACTORY RACING TEAMへの応援を宜しくお願い致します。

LOWES_winning.JPG

【株式会社ブリヂストン 執行役員 日本タイヤ経営企画担当 中田勇一コメント】
 3年連続の優勝を果たしたYAMAHA FACTORY RACING TEAMの皆様に、心より御祝い申し上げます。鈴鹿8耐40回という記念すべき大会で、EWC最終戦という緊張感もある中、素晴らしいレースが展開され感動しました。その中で当社はタイヤサプライヤーとして共に戦い、タイヤも良く機能して、12年連続で鈴鹿8耐優勝チームの足元をサポートできたことを光栄に感じます。また優勝だけでなく、上位10位までをブリヂストンタイヤ装着車が独占できたことも大変嬉しく、素晴らしい成績を修められたチームと関係者に皆様に感謝いたします。今後もさらに技術を磨き、より良いタイヤ作りを目指して参ります。

レース結果

コース:鈴鹿サーキット

決勝

  • 開催日:2017/07/30
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度: 33℃ ~ 36℃
  • 決勝出走:68
  • 完走:57
  • (5.821km x 216laps = 1257.336km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 21 中須賀 克行/A.ロウズ/M.V.D.マーク BS Bridgestone ヤマハ・ファクトリー・レーシング・チーム YZF-R1 ヤマハ 216 2:06.932 8:00:32.959
2 11 渡辺 一馬/L.ハスラム/A S・B.カマルザマン BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN ZX-10RR カワサキ 216 2:08.249 8:02:42.011
3 5 D.エガーター/R.D.ピュニエ/J.ホック BS Bridgestone F.C.C.TSR Honda CBR1000RR SP2 ホンダ 215 2:08.450 8:01.58.784
4 634 高橋 巧/J.ミラー/中上 貴晶 BS Bridgestone MuSASHi RT HARC PRO.Honda CBR1000RR SP2 ホンダ 214 2:07.824 8:00:48.683
5 7 B.パークス/野左根 航汰/M.フリッツ BS Bridgestone YART - YAMAHA YZF-R1 ヤマハ 212 2:09.341 8:01:56.136
6 104 小山 知良/岩戸 亮介/山口 辰也 BS Bridgestone Honda Dream Racing CBR1000RR SP2 ホンダ 212 2:09.540 8:02:02.996
7 12 S.ギュントーリ/J.ブルックス/津田 拓也 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTULレーシング GSX-R1000L7 スズキ 212 2:08.309 8:02:33.935
8 22 D.E.プラタマ/M.Z.ザイディ/R.ウィライロット BS Bridgestone Satu HATI.Honda Team Asia CBR1000RR SP2 ホンダ 211 2:10.207 8:01:51.771
9 03 J.ウォータース/青木 宣篤/今野 由寛 BS Bridgestone Moto Map SUPPLY Future Access GSX-R1000 スズキ 211 2:09.439 8:02:05.367
10 72 水野 涼/J.M.オハローラン/J.スタファー BS Bridgestone ホンダドリームRT 桜井ホンダ CBR1000RR SP2 ホンダ 211 2:10.168 8:02:14.221
11 94 D.チェカ/N.カネパ/M.D.メグリオ DL GMT94 YAMAHA YZF-R1 ヤマハ 210 2:10.679 8:01:09.015
12 090 秋吉 耕佑/大久保 光/長島 哲太 DL au & テルル・Kohara RT CBR1000RR SP2 ホンダ 210 2:10.320 8:02:03.639
13 8 H.サイガー/R.スタン/M.サヴァリー PI BOLLIGER TEAM SWITZERLAND ZX-10R カワサキ 210 2:11.290 8:02:31.432
14 10 E.ニゴン/井筒 仁康/G.レブランス DL EVA RT WEBIKE TRICK STAR ZX-10R カワサキ 209 2:11.422 8:00:42.128
15 75 前田 恵助/大崎 誠之/近藤 湧也 BS Bridgestone 伊藤レーシングGMD&レッドグリフィン YZF-R1 ヤマハ 209 2:11.332 8:01:27.877
16 13 中津原 尚宏/関口 太郎/名越 哲平 BS Bridgestone Mistresa with ATJ Racing CBR1000RR ホンダ 208 2:10.984 8:01:44.978
17 71 加賀山 就臣/H.シャーリン/浦本 修充 DL Team KAGAYAMA GSX-R1000L7 スズキ 207 2:09.235 8:00:58.896
18 1 V.フィリップ/E.マッソン/濱原 颯道 DL Suzuki Endurance Racing Team GSX-R1000 スズキ 207 2:11.881 8:02:47.751
19 6 津田 一磨/徳留 和樹 BS Bridgestone Titanium Power HOOTERS Racing YZF-R1 ヤマハ 206 2:13.067 8:02:41.493
20 25 日浦 大治朗/亀井 雄大/安田 毅史 BS Bridgestone Honda鈴鹿レーシングチーム CBR1000RR ホンダ 205 2:09.635 8:01:07.517