成田亮はヒート1で2位。新井宏彰が両ヒート共に3位で、総合3位

  • 開催場所:グリーンパーク弘楽園
  • 開催日:2017年05月20日(土) 〜 2017年05月21日(日)
7004-1.jpg

2017年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第3戦中国大会は、広島県世羅郡世羅町の世羅グリーンパーク弘楽園で開催された。今大会を前に大幅な改修が施されたコースは、ダイナミックな基本レイアウトを踏襲しつつもジャンプの位置や大きさ、角度など細部まで手が加えられた他、ブリヂストンフープスの名が与えられた波状路を新設するなど、入念なメインテナンスの下で大会を迎えた。大会期間中は土日とも五月晴れの名に相応しい好天に恵まれ、気温も25度を上回って夏日になるなど、強い日差しが照りつけた。特に土曜日は砂ぼこりが舞うシーンもあったが、決勝前にはこまめな散水が行われたとこにより、ウェットな状態からドライに推移する状況下でレースが行われた。この大会以降は東日本での開催が中心になるため、地元はもちろん開催方面や九州地方からも大勢のファンが詰めかけ、公式発表で3491名の観客が訪れアツいレースを楽しんだ。
このコースの路面は、ハードに位置するが、IA1でのブリヂストン市販タイヤのユーザーは、ハードのX40を選ぶライダーが多かったが、ミディアムのX30を好んで使用したライダーもいた。

7004-2.jpg

■IA1 ヒート1
 マルチクラッシュの発生を避ける為、直後に控えるビッグジャンプを迂回する新たなレイアウトが採用された注目のスタート。ホールショットを奪ったのは田中雅己(ホンダ-DL)。ブリヂストン勢では成田 亮(ホンダ-ブリヂストン)が2番手、新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)が3番手、大塚豪太(ホンダ-ブリヂストン)が4番手でオープニングラップをクリアする。田中をぴたりとマークし序盤は様子を伺っていた成田が、5周目に田中をパスしトップに浮上。勝てば通算150勝という大記録達成がかかる成田はトップに立つとハイペースで周回を重ねゴールを目指したが、その成田に新井、小方 誠(カワサキ-DL)が接近。終盤、新井と順位を入れ換えた小方の猛アタックを受けた成田は、なんとかこれを抑え込もうとしたが、前半のハイペースが仇となってラスト2周でついに小方の先行を許してしまう。結局成田は2位でフィニッシュ。新井が成田に続き3位表彰台を獲得。その後方では深谷広一(スズキ-ブリヂストン)今季自己ベストの5位、星野優位(KTM-ブリヂストン)が7位、平田 優(ヤマハ-ブリヂストン)が8位でチェッカーを受けた。なお、優勝候補の一人と目されていた小島庸平(スズキ-ブリヂストン)は、朝の公式練習走行で足を痛め決勝は欠場となった。


■IA1 ヒート2
 このヒートも田中のホールショットでレースがスタートした。1周目、田中と小方の順位が入れ代わり、小方、田中、山本 鯨(ホンダ-DL)が続き成田は4番手、大塚が5番手、星野優位が6番手、深谷は9番手、新井は10番手でコントロールラインを通過。3周目、田中の転倒で成田は3番手に順位を上げるが、中盤以降ペースを維持することができず、成田は5番手まで後退してしまう。一方激しい追い上げを見せたのが新井だった。周回毎に順位を上げてきた新井は、レースの折り返しとなる8周目に5番手までポジションを上げると10周目に成田と順位を入れ換える。その後の新井の勢いは衰えることなく、レース終盤の13周目には星野 裕を捉えて3番手に浮上した新井は、最後までハイペースを維持してチェッカーを受けこのヒートも3位でフィニッシュした。ブリヂストン勢では成田が5位、星野優位が6位、平田が7位、大塚豪太が8位、馬場大貴(ホンダ-ブリヂストン)9位でチェッカーを受けた。


◆新井宏彰 - カワサキ チーム グリーン
 すぐに乾いてハード路面に変わることは予想できたんですが、スタート前の散水を考慮して決勝は両ヒートともミディアムで臨みました。実際コース上には砂の乗ったコーナーやフープスなど極端に固い部分もありましたが、ミディアムのレンジの広さは分かっていたので不安はなかったですね。実はレース前に膝を痛めて正直万全の調子ではなかったんです。この怪我がなければ正直優勝も狙えたと思うんですが、それでも両ヒート追い上げて表彰台を獲得できたのは、タイヤのおかげだと感じています。


◆大庭裕史 - 株式会社ブリヂストンMCタイヤ開発部
大幅にレイアウトが変更され、リズムセクションやフープスなどテクニカルなセクションの攻略が見所で、展開としても各クラス非常に盛り上がった大会でした。路面は比較的フラットで想定していたよりも硬くなり難く、タイヤチョイスはライダーによってミディアムパターンとハードパターンに分かれました。土曜日から日曜日の公式練習の間に多くのライダーに両パターンを比較してもらいました。どちらのパターンも大きなネガがなかっただけに、どちらをチョイスするか非常に迷う状況でしたが、最終的には各ライダー散水状況に重きを置いてタイヤをチョイスすることになりました。結果としては新井選手、成田選手の表彰台登壇をサポートすることができたのですが、特に新井選手はミディアムの新しいパターンを選択し、ヒート2での後半の追い上げを支えられたことは開発中のパターンの性能確認という点でも大きな収穫でした。
次戦が開催されるスポーツランドSUGOは今年もシリーズのうち3戦を占めている非常に重要なコースです。メインでの使用が想定されるミディアムパターンを初回のSUGOで突き詰めていく予定です。

レース結果

コース:グリーンパーク弘楽園

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2017/05/21
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度: ℃ ~ ℃
  • 決勝出走:18
  • 完走:17
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 10 小方 誠 DL Kawasaki Team GREEN KX450FSR カワサキ 16 14 2:02.669 33:09.050
2 1 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 16 3 2:02.830 33:20.259
3 331 新井 宏彰 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN KX450FSR カワサキ 16 4 2:02.754 33:24.248
4 400 山本 鯨 DL Team HRC CRF450RW ホンダ 16 12 2:03.757 33:37.591
5 7 深谷 広一 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 16 11 2:04.262 33:39.507
6 8 星野 裕 DL グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KX450F カワサキ 16 3 2:04.581 33:42.871
7 166 星野 優位 BS Bridgestone KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 16 8 2:05.640 34:10.640
8 99 平田 優 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RT YZ450FM ヤマハ 16 2 2:05.267 34:16.178
9 448 伊藤 正憲 BS Bridgestone YSP 浜北大橋 Racing YZ450F ヤマハ 16 12 2:06.618 34:46.333
10 45 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT SHOWA CRF450R ホンダ 16 2 2:06.856 34:47.792
11 117 馬場 大貴 BS Bridgestone TEAM 887 with ホンダドリーム大田 CRF450R ホンダ 16 14 2:09.023 35:01.778
12 19 長門 健一 DL チーム サクライ with ワキレーシング CRF450R ホンダ 16 11 2:08.947 35:04.268
13 15 鈴木 正明 BS Bridgestone SRF 関東&秀明道場 RM-Z450 スズキ 15 2 2:10.407 33:21.208
14 72 村上 洸太 DL Honda緑陽会熊本レーシング CRF450R ホンダ 15 6 2:10.817 33:55.495
15 04 大石 一斗 DL グリーンクラブ REAL RIDE with ピュアテック KX450F カワサキ 15 5 2:09.367 34:01.792
16 20 白石 翔也 DL Y'S Racing YZ450F ヤマハ 15 3 2:11.217 34:41.068
17 21 中村 泰介 BS Bridgestone RT MIKURA with ALL-ONE YZ450FX ヤマハ 15 5 2:14.003 34:41.358
18 113 田中 雅己 DL TEAM ナカキホンダ CRF450R ホンダ 5 2 2:02.765 DNF

レース結果

コース:グリーンパーク弘楽園

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2017/05/21
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度: ℃ ~ ℃
  • 決勝出走:18
  • 完走:14
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 10 小方 誠 DL Kawasaki Team GREEN KX450FSR カワサキ 16 5 2:02.501 33:22.350
2 400 山本 鯨 DL Team HRC CRF450RW ホンダ 16 14 2:03.764 33:31.970
3 331 新井 宏彰 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN KX450FSR カワサキ 16 10 2:02.352 33:37.534
4 8 星野 裕 DL グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KX450F カワサキ 16 7 2:03.967 33:42.822
5 1 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 16 7 2:05.128 34:24.908
6 166 星野 優位 BS Bridgestone KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 16 7 2:05.616 34:33.643
7 99 平田 優 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RT YZ450FM ヤマハ 16 7 2:05.146 34:50.744
8 45 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT SHOWA CRF450R ホンダ 16 8 2:07.591 34:56.482
9 117 馬場 大貴 BS Bridgestone TEAM 887 with ホンダドリーム大田 CRF450R ホンダ 16 7 2:09.841 35:10.594
10 19 長門 健一 DL チーム サクライ with ワキレーシング CRF450R ホンダ 16 2 2:09.478 35:12.757
11 15 鈴木 正明 BS Bridgestone SRF 関東&秀明道場 RM-Z450 スズキ 16 16 2:09.661 35:13.419
12 04 大石 一斗 DL グリーンクラブ REAL RIDE with ピュアテック KX450F カワサキ 15 7 2:12.103 33:57.595
13 20 白石 翔也 DL Y'S Racing YZ450F ヤマハ 15 2 2:12.892 35:07.693
14 21 中村 泰介 BS Bridgestone RT MIKURA with ALL-ONE YZ450FX ヤマハ 14 2 2:16.994 33:28.868
15 72 村上 洸太 DL Honda緑陽会熊本レーシング CRF450R ホンダ 10 7 2:13.372 DNF
16 448 伊藤 正憲 BS Bridgestone YSP 浜北大橋 Racing YZ450F ヤマハ 7 7 2:05.815 DNF
17 7 深谷 広一 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 5 3 2:05.202 DNF
18 113 田中 雅己 DL TEAM ナカキホンダ CRF450R ホンダ 2 2 2:04.845 DNF