• 開催場所:藤沢スポーツランド
  • 開催日:2017年07月16日(日) 〜 2017年07月16日(日)
【全日本モトクロス選手権IA1クラス第5戦】ドライ&マディのレースで成田・平田・新井が表彰台獲得!!

 2017年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第5戦東北大会は、岩手県一関市藤沢町の藤沢スポーツランドで行われた。土曜日は晴れて真夏の強い日差しが照りつけ、日中36℃を越す猛暑となる。しかし日曜日は、朝から上空を覆った雲が午後になって急速に発達。昼休みに降り出した雨は、時折地面を激しく叩きつけるような強い雨足となり、決勝レースは午前中がドライ・午後はマディという大きく異なるコンディションで行われた。全日本選手権会場で唯一の公営施設であるコースは、大部分がサンド路面。スタートから尾根を駆け上がり駆け下りる雄大なレイアウトの大部分をスタント席から見渡せるロケーションの良さに定評がある。シーズンのちょうど折り返し点となった大会には、公式発表で土日合わせ3800名のファンが訪れ、日差しや雨を避けながらレースを楽しんだ。
 IA1クラスのブリヂストン市販BATTLECROSSユーザーは、両ヒートとも、フロントにソフトX20・リアにサンドX10というタイヤ選択がメイン。またマディとなったヒート2では、ブリヂストン装着のワークス選手は皆、フロントに市販BATTLECROSSのソフトX20を装着してレースに臨んだ。

■IA1 ヒート1  長いストレートから右左と切り返す1~2コーナー。ホールショットを奪ったのは田中雅己(ホンダ-DL)。新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)・平田優(ヤマハ-ブリヂストン)・星野優位(KTM-ブリヂストン)・小方誠(カワサキ-DL)・大塚豪太(ホン゙-ブリヂストン)・深谷広一(スズキ-ブリヂストン)がこれに続き、オープニングラップは小方が先行。新井・平田・成田・星野優位とブリヂストン勢が続きレースがスタートする。前半、スタートに失敗した成田が平田と新井をパスし2番手に浮上。しかしこの時点でトップの小方とは10秒以上の差が広がっており、後半成田は単独2番手を走行。その後方では、膝の手術のため前回SUGO大会を欠場した新井と平田が山本鯨(ホンダ-DL)の先行を許す。そのまま小方がトップで、成田は単独2位、平田の追撃を振り切った山本が3位でフィニッシュ。平田は山本と3秒差の4位。他ブリヂストン勢、新井5位・星野優位6位・大塚が7位でチェッカーを受けた。


■IA1 ヒート2  午前中のドライコンディションとは打って変わり、ウェット&マディコンディションとなった第2ヒート。ヒート1で出遅れた反省を踏まえ、集中してスタートに臨んだ成田は、2コーナーの切り返しで並びかけようとする小方を押え込みトップに浮上する。オープニングラップは成田・山本・平田・新井・星野優位・深谷の順。地元での通算150勝に向って一気にペースを上げた成田は、3周目にこのヒートのベストタイムをマークして後続を突き放しにかかる。気迫の走りでチームメイトの山本に対し最大10秒近い差をつけた成田だったが、中盤を過ぎると両者の差が急速に接近。成田の背後に付けて様子を伺う山本と成田のトップ争いのラスト2周、成田が180度ターンの右コーナーで痛恨の転倒。成田が再スタートにも手間取る間にトップが入れ代わり、山本が1位でチェッカー。平田が2番手に・新井が3番手に繰り上がり表彰台を獲得。惜しくも地元での大記録達成を逃した成田は4位でフィニッシュ。星野優位が5位、深谷は6位でチェッカーを受けた。

ia2平田.jpg

◆平田 優 - YAMAHA FACTORY RACING TEAM
『事前テストが大雨で中止になったこともあって、最善の策を取るために土曜日は敢えて違うパターンのタイヤで走行しました。そのフィーリングを踏まえて、これでいこうという結論を出して、結果から言うとリアにソフトではなくサンドを選択しました。狙い通りスタートも出たし、横の動きに不安があるワダチやギャップがある所でもしっかりグリップしてくれて、総合2位でまとめることができました。』


◆大庭裕史 - 株式会社ブリヂストンMCタイヤ開発部
『全日本選手権の中では、藤沢スポーツランドは比較的スピードが速いサーキットに位置付けられ、タイムを出すにはタイヤのトラクション性能を得るためのリアタイヤの選択が特に重要です。毎年レースウィーク前に砂を入れて整備されサンド路面中心のコンディションでの開催となりますので、リアタイヤの選択もソフトパターンかサンドパターンがメインになる傾向です。今日は天候の影響で、午前ヒート1は完全ドライ・午後ヒート2はマディという全く異なるコンディションでのレースでした。ヒート1時の路面コンディションは、私の見た目ではかなり柔らかい方向だったのでサンドパターンの使用を中心に想定していましたが、やはり各チームの選択はソフトパターンかサンドパターンでした。ヒート1後の選手からの『思ったよりも路面は締まっていた(固かった)』というフィードバックは少し意外でしたが、サンドパターンでも十分に対応できていましたね。ヒート2はマディとなりタイヤに求められる性能も変わりましたが、元々ドライでもソフトパターンかサンドパターンを使うコースですのでタイヤ選択という点では影響は少なかったですし、むしろ各チームとも激しい雨で迷いも消えたようでした。ヒート2では、ブリヂストン装着のワークス選手では1台を除きサンドパターンを選択しました。他のサーキットではあまり機会がないサンドパターンを多くの選手が使用してくれましたが、ネガティブなフィードバックもなく、タイヤ性能面ではとても良い結果だったと思います。』

レース結果

コース:藤沢スポーツランド

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2017/07/16
  • 路面温度: ℃ ~ ℃
  • 決勝出走:18
  • 完走:17
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 10 小方 誠 DL Kawasaki Team GREEN KX450FSR カワサキ 17 4 1:55.065 33:19.565
2 1 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 17 3 1:55.883 33:28.035
3 400 山本 鯨 DL Team HRC CRF450RW ホンダ 17 3 1:55.732 33:43.955
4 99 平田 優 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RT YZ450FM ヤマハ 17 2 1:55.691 33:46.435
5 331 新井 宏彰 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN KX450FSR カワサキ 17 3 1:55.842 33:50.413
6 166 星野 優位 BS Bridgestone KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 17 3 1:59.174 34:18.019
7 45 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT SHOWA CRF450R ホンダ 17 3 2:00.287 34:21.194
8 8 星野 裕 DL グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KX450F カワサキ 17 12 2:00.501 34:23.699
9 7 深谷 広一 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 17 3 2:00.444 34:58.674
10 113 田中 雅己 DL TEAM ナカキホンダ CRF450R ホンダ 17 2 2:00.219 35:05.840
11 15 鈴木 正明 BS Bridgestone SRF 関東&秀明道場 RM-Z450 スズキ 17 4 2:01.345 35:14.328
12 20 白石 翔也 DL YZ'レーシング YZ450F ヤマハ 16 3 2:02.560 33:42.464
13 89 阿部 公亮 TEAM エム FACTORY YZ450F ヤマハ 16 16 2:04.437 33:49.030
14 09 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT KYB CRF450R ホンダ 16 3 2:04.974 34:07.568
15 44 小島 庸平 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 16 7 2:05.685 34:52.442
16 19 長門 健一 DL チーム サクライ with ワキレーシング CRF450R ホンダ 16 4 2:01.279 35:25.160
17 22 諸見里 祐哉 秀明道場 RM-Z450 スズキ 15 3 2:09.154 34:16.118
- 122 稲垣 達樹 BS Bridgestone Team SSC RM-Z450 スズキ 1 DNF

レース結果

コース:藤沢スポーツランド

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2017/07/16
  • 路面温度: ℃ ~ ℃
  • 決勝出走:16
  • 完走:15
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 400 山本 鯨 DL Team HRC CRF450RW ホンダ 13 2 2:26.869 32:58.793
2 99 平田 優 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RT YZ450FM ヤマハ 13 2 2:25.987 33:05.321
3 331 新井 宏彰 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN KX450FSR カワサキ 13 3 2:29.127 33:09.554
4 1 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 13 3 2:25.691 34:05.168
5 166 星野 優位 BS Bridgestone KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 13 3 2:29.026 34:22.681
6 7 深谷 広一 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 13 3 2:30.774 35:03.879
7 15 鈴木 正明 BS Bridgestone SRF 関東&秀明道場 RM-Z450 スズキ 13 3 2:33.994 35:07.105
8 45 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT SHOWA CRF450R ホンダ 13 11 2:35.811 35:12.842
9 10 小方 誠 DL Kawasaki Team GREEN KX450FSR カワサキ 13 3 2:34.880 35:19.680
10 8 星野 裕 DL グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KX450F カワサキ 13 4 2:38.412 35:29.655
11 113 田中 雅己 DL TEAM ナカキホンダ CRF450R ホンダ 12 2 2:36.621 35:37.451
12 89 阿部 公亮 TEAM エム FACTORY YZ450F ヤマハ 12 5 2:53.131 36:12.484
13 19 長門 健一 DL チーム サクライ with ワキレーシング CRF450R ホンダ 11 3 2:49.581 33:48.341
14 22 諸見里 祐哉 秀明道場 RM-Z450 スズキ 11 3 2:54.946 35:27.576
15 09 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT KYB CRF450R ホンダ 10 3 3:00.812 34:54.992
- 20 白石 翔也 DL YZ'レーシング YZ450F ヤマハ 5 2 2:46.457 DNF