• 開催場所:オフロードヴィレッジ(埼玉)
  • 開催日:2017年10月08日(日) 〜 2017年10月08日(日)

2017年MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第8戦関東大会は、埼玉県のウエストポイント・オフロードヴィレッジで開催された。
川越市と上尾市の境目に跨がる会場のオフロードヴィレッジは、荒川と入間川が合流する手前、荒川河川敷に造られたオフロードサーキット。モトクロスの他にダートトラックコースがあり、首都圏唯一の本格オフロードコースとして、また、随時開催されている初心者向けのモトクロス体験走行「モトクロスごっこ」などでも多くの利用者を集めている。
大会期間中の天候は、金曜夜半からの雨が土曜日の午前中まで残るが、そこから一気に回復し、日曜日は秋らしい好天に恵まれる。限られたスペースの中に展開するトリッキーなレイアウトのコースは、ヘビーマディの路面が、午後からの好天で徐々に回復し、ウエットからドライへ推移する中で予選、決勝のレースが行われた。
関東平野のほぼど真ん中、都心からもクルマで約1時間とアクセスのいい会場には公式発表で7800人の観客が訪れ、コースサイドからスリリングなバトルを見守った。



17JMXr08kk_1832.jpg

■IA1 ヒート1  
短いスタートストレートから180度左に切り返す1コーナー。ホールショットを奪ったのは長門健一(ホンダ-DL)。1周目、小方 誠(カワサキ-DL)がトップに立つと好スタートを決めた成田 亮(ホンダ-ブリヂストン)が2番手に浮上して小方を追撃する。前半チームメイトの山本 鯨(ホンダ-DL)を従え2番手に付けていた成田だったが、前回近畿大会の予選で痛めた肩が完治せず、また事前の練習で手を負傷するなど万全の調子とは言えず、中盤山本の先行を許すと、終盤には平田 優(ヤマハ-ブリヂストン)、星野優位(KTM-ブリヂストン)、新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)らの先行を許し6位まで順位を落とす。結局レースは小方が逃げきり、山本が2位。平田がオープニングラップ6番手から順位を上げ3位表彰台を獲得。4位に星野優位、6位成田の後方には深谷広一(スズキ-ブリヂストン)、小島庸平(スズキ-ブリヂストン)、10位に大塚豪太(ホンダ-ブリヂストン)が続き、上位10台中7台がブリヂストン勢という結果となった。



17JMXr08kk_2974w.jpg

■IA1 ヒート2  
成田と新井の好スタートで開始されたレースは、成田がオープニングラップを制するが、2周目に小方が先行。3周目には山本、新井が先行し、成田は4番手に後退する。序盤、トップ争いは山本が前に出て、新井は小方に続く3番手、成田は4番手を走行。新井と成田は前半このポジションをキープしていたが、後半に入ると成田はペース維持することが出来ず、田中雅己(ホンダ-DL)、星野優位が成田をパスしポジションを上げる。レース後半、田中と星野優位の4番手争いは、星野が前に出ると、更に深谷も田中をパスし5番手に浮上。山本が逃げきり小方がこれに続いたレースは、新井が単独3番手のポジションを保ってゴールし表彰台に登壇。ワークス勢を相手に健闘した星野優位はこのヒートも4位でフィニッシュ。他ブリヂストン勢では深谷が5位、小島は7位、平田は9位。後半苦しい戦いを強いられた成田は10位手でチェッカーを受けた。



17JMXr08kk_3073w.jpg

◆新井宏彰 - Kawasaki Team GREEN   マディの土曜日とその影響が残った決勝日の公式練習走行まではソフト、決勝の2ヒートはミディアムで走りました。決勝に向けて路面が乾くのは分かっていましたが、練習走行で少しでもペースアップしておきたかったので、そこはソフト。ミディアムの性能は完全に理解できているので、決勝への切り替えも問題はありませんでした。 ヒート1はエンジンの仕様を若干ミスしてペースを上げることができなかったんですが、ヒート2は従来のセッティングに戻したことで、スタートも決まったしまずまずの走りができたと思います。コースはかなり荒れていましたが、タイヤに関しては全く問題がありませんでした。どんな場面でもしっかりとグリップしてくれたので、最後まで粘り強く走ることが出来て、その結果が表彰台の獲得に繋がったと思っています。


◆大庭裕史 - 株式会社ブリヂストンMCタイヤ開発部 金曜日の雨の影響で、コンディション的にはマディから徐々に回復してミディアムへという流れでしたね。
現在ソフトとミディアムの新しいタイヤを開発中で、おかげで両方のテスト品を試すことが出来ました。決勝は思ったりよりも渇きが遅くて、数名のライダーがソフトパターンを選択しましたが、基本はミディアム。土曜日に掘り返しを行っていなかったために後半かなり固い部分が露出してグリップが取り難い状況もあったと思いますが、成田選手と新井選手はスタートも決まったし、ヒート1の平田選手、ヒート2の新井選手と粘り強い走りでの表彰台獲得をアシストすることが出来て、実戦での開発評価といいデータを得ることが出来ました。
ニーズの高いタイヤパターンですので、残り1戦、少しでも有利になるようにトップを意識しながらサポートに務め、近い将来、そのスペックを市販品としてユーザーの皆様にお届けできるように開発に取り組んで行きます。




レース結果

コース:オフロードヴィレッジ(埼玉)

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2017/10/08
  • 路面温度: ℃ ~ ℃
  • 決勝出走:19
  • 完走:18
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 10 小方 誠 DL Kawasaki Team GREEN KX450FSR カワサキ 20 4 1:34.991 32:15.243
2 400 山本 鯨 DL Team HRC CRF450RW ホンダ 20 7 1:34.537 32:32.291
3 99 平田 優 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RT YZ450FM ヤマハ 20 8 1:36.215 32:37.173
4 166 星野 優位 BS Bridgestone KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 20 3 1:36.400 32:38.978
5 331 新井 宏彰 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN KX450FSR カワサキ 20 3 1:36.501 32:40.894
6 1 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 20 4 1:35.779 32:42.834
7 7 深谷 広一 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 20 5 1:37.600 33:03.563
8 44 小島 庸平 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 20 5 1:37.327 33:14.346
9 8 星野 裕 DL グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KX450F カワサキ 20 11 1:38.678 33:14.992
10 45 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT SHOWA CRF450R ホンダ 20 7 1:38.824 33:32.919
11 793 池谷 優太 DL SRF TEAM REDZONE RM-Z450 スズキ 19 5 1:39.493 32:17.746
12 15 鈴木 正明 BS Bridgestone SRF 関東&秀明道場 RM-Z450 スズキ 19 8 1:40.773 32:44.501
13 04 大石 一斗 DL グリーンクラブ REAL RIDE with ピュアテック KX450F カワサキ 19 5 1:41.624 33:20.196
14 113 田中 雅己 DL TEAM ナカキホンダ CRF450R ホンダ 19 4 1:38.209 33:27.793
15 19 長門 健一 DL チーム サクライ with ワキレーシング CRF450R ホンダ 19 3 1:43.301 33:31.894
16 09 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT KYB CRF450R ホンダ 19 5 1:40.966 33:54.397
17 22 諸見里 祐哉 BS Bridgestone 秀明道場 RM-Z450 スズキ 18 4 1:46.324 33:11.185
18 21 中村 泰介 DL RT MIKURA with ALL-ONE YZ450FX ヤマハ 17 2 1:49.470 32:35.882
19 20 白石 翔也 DL Y'S Racing YZ450F ヤマハ 7 4 1:42.788 DNF

レース結果

コース:オフロードヴィレッジ(埼玉)

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2017/10/08
  • 路面温度: ℃ ~ ℃
  • 決勝出走:19
  • 完走:18
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 400 山本 鯨 DL Team HRC CRF450RW ホンダ 20 5 1:34.719 32:06.761
2 10 小方 誠 DL Kawasaki Team GREEN KX450FSR カワサキ 20 6 1:34.854 32:11.379
3 331 新井 宏彰 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN KX450FSR カワサキ 20 5 1:35.724 32:33.012
4 166 星野 優位 BS Bridgestone KTMうず潮レーシング福山 450SF-X KTM 20 10 1:36.835 32:45.846
5 7 深谷 広一 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 20 18 1:36.973 32:51.427
6 113 田中 雅己 DL TEAM ナカキホンダ CRF450R ホンダ 20 6 1:36.760 32:53.791
7 44 小島 庸平 BS Bridgestone Team SUZUKI RM-Z450WS スズキ 20 7 1:37.369 32:56.896
8 8 星野 裕 DL グリーンクラブ八尾カワサキ&ANNEX CLUB KX450F カワサキ 20 10 1:37.425 33:04.314
9 99 平田 優 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RT YZ450FM ヤマハ 20 6 1:37.614 33:12.739
10 1 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 20 6 1:36.922 33:24.949
11 45 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT SHOWA CRF450R ホンダ 20 9 1:38.381 33:30.683
12 19 長門 健一 DL チーム サクライ with ワキレーシング CRF450R ホンダ 19 5 1:41.517 32:49.279
13 04 大石 一斗 DL グリーンクラブ REAL RIDE with ピュアテック KX450F カワサキ 19 5 1:41.529 32:54.401
14 793 池谷 優太 DL SRF TEAM REDZONE RM-Z450 スズキ 19 3 1:38.505 33:13.845
15 22 諸見里 祐哉 BS Bridgestone 秀明道場 RM-Z450 スズキ 18 3 1:44.405 32:16.058
16 21 中村 泰介 DL RT MIKURA with ALL-ONE YZ450FX ヤマハ 18 4 1:44.631 32:22.705
17 09 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT KYB CRF450R ホンダ 18 4 1:40.807 32:37.425
18 20 白石 翔也 DL Y'S Racing YZ450F ヤマハ 17 3 1:43.694 32:22.006
19 15 鈴木 正明 BS Bridgestone SRF 関東&秀明道場 RM-Z450 スズキ 10 4 1:38.759 DNF