成田 亮がヒート3-2位で総合2位。第2ヒートは星野優位が3位入賞を果たしブリヂストン勢が表彰台を独占。

  • 開催場所:HSR九州
  • 開催日:2019年04月13日(土) 〜 2019年04月14日(日)
19JMXr01kk_5393b.jpg

 MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第1戦九州大会は、熊本県大津町の本田技研工業(株)熊本製作所内にあるHSR九州オフロードコースで開催された。
全日本モトクロス開幕戦の会場としてすっかり定着したHSR九州。大会期間中は土曜日が快晴。しかし日曜日は午前中こそ雲の隙間に青空や太陽が見えていたものの次第に雲が広がり、昼前からポツリポツリと降り出した雨は午後からまとまった降雨となり、レース終了まで降り続いた。そのため土日合わせて7100人、日曜日に訪れた4900人の観客は、合羽を着込んだり傘の花の下での観戦となった。全長約2kmと国内最大級のコースは、今大会を前に改修が行われ、全体的に幅を拡張。トリッキーなジャンプが減らされた一方で各所に砂を搬入するなどし、1周2分を越える国内で最も長くかつハイスピードなレイアウトとなった。
土曜日はホコリが舞うほどのドライ。日曜日は早朝に散水を行ったこともあり、ウェットからH-2では雨が降り一部マディの状態でレースが行われた。

19JMXr01kk_3419b.jpg

■IA1 ヒート1
 昨年、最終戦のクラッシュで肩を負傷し土壇場でチームメイトである成田 亮(ホンダ-ブリヂストン)の逆転タイトルを許した山本 鯨(ホンダ-ブリヂストン)が、鮮やかなホールショットを決めて序盤からレースをリード。
1周目、山本の後方には星野優位(ヤマハ-ブリヂストン)が続くが富田俊樹(ホンダ-DL)、岡野 聖(ヤマハ-DL)が星野をパスし2-3番手に浮上。一方このコースと抜群の相性を誇ってきた成田はややスタートで出遅れ、オープニングラップ8番手からの追い上げを強いられる。
中盤、山本の背後に富田が接近を試みるが、山本は冷静なレース運びで後続に隙を与えずトップをキープする。一方、スタートの出遅れを挽回し確実に順位を上げてきた成田は、星野優位をパスして4番手に浮上すると、前を走っていた岡野との差を徐々に削っていく。
レース終盤の15周目、成田はついに岡野を捉えて3番手に浮上。富田を従えて最後までペースを保った山本は、スタートtoフィニッシュの圧巻の走りでまずは今季初V。富田が2位、やや遅れて成田が3位でチェッカーを受けホンダHRCの3名が表彰台を独占した。
岡野が4位。星野優位がプライベータートップの5位。ブリヂストン勢では小島庸平(ホンダ)が7位、大塚豪太(ホンダ)が8位でチェッカーを受けた。



19JMXr01kk_3923b.jpg

■IA1 ヒート2
 午前中とは一転、ウェットな路面コンディションで行われた第2ヒートでも山本のスタートが炸裂した。
横一線のスタートから抜け出してホールショットを決めた山本は、2周目にこのヒートのベストラップをマークして2番手に付けた富田を一気に突き放しにかかる。その後方には星野優位、成田が続きこの4台がトップグループを形成。
続く2周、まず成田が星野と順位を入れ換えて3番手に浮上。続く4周目、成田は一気に富田をパスし2番手に順位を上げる。一方この周回富田はミスでポジションを下げ星野が3番手に浮上。
荒れたコンディションの中、山本が全く危なげのない走りで周回を重ねると成田も懸命に山本を追うが、両者の差は縮まらぬままレースは終盤へ。
結局最後まで力走を続けた山本がこのヒートもスタートtoフィニッシュでチェッカーを受け、開幕戦決勝の全周トップというパーフェクトな内容で今大会の総合優勝を獲得。
成田が2位、星野優位が3位でフィニッシュし、ブリヂストン勢が表彰台を独占。今シーズンからIA1にステップアップした横澤拓夢(ホンダ-ブリヂストン)が8位。小島は10位、大塚は11位でチェッカーを受けた。

19JMXr01kk_4913b.jpg

◆山本 鯨 - Team HRC所属
 タイヤに関しては今回絶対的な自信がありました。スタートももちろんそうです。使用したタイヤは土日とも同じパターン。ソフトタイヤのポテンシャルは確認済みだったし、土日とも安定していたので最後まで思いっきり攻め込むことができました。
決勝は特に両ヒートとも上手くタイヤのパフォーマンスを引き出すことができたと思います。その結果が今回の内容に繋がりました。


◆若林朋之 - 株式会社ブリヂストンMCタイヤ開発部
「2019年シーズン開幕戦、HRC山本選手パーフェクトウィンおめでとうございます。H-1では雨はありませんでしたが掘り返しと散水がしっかりされたソフト路面、H-2では雨が強く降り、ソフトとマディ路面が混在する非常に難しいコンディションでした。両ヒートでかなり違うコンディションとなりましたが、山本選手をはじめ、H-2で表彰台を独占した成田選手、星野選手は両ヒートともにソフトタイヤを選択し、その性能を存分に引き出してくれました。今回はソフトパターンで、フロント、リアとも新スペックも投入し、各ライダーが実戦でのデータも取ってくれました。
今年はタイヤの扱い易さ向上を目標にタイヤ開発を進めてまいりました。次戦は川越オフロードビレッジでの開催となり、ミディアムタイヤが中心の路面となります。引き続きコンディションに合わせた最適なタイヤを供給してまいります。」



レース結果

コース:HSR九州

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2019/04/14
  • 決勝出走:23
  • 完走:23
  • (1.9km x 16laps = 30.4km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 400 山本 鯨 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 16 3 02:03.663 33:33.293
2 718 富田 俊樹 DL Team HRC CRF450RW ホンダ 16 4 02:04.049 33:35.969
3 114 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 16 3 02:04.285 33:37.091
4 8 岡野 聖 DL TEAM YAMALUBE YAMAHA RACING YZ450F ヤマハ 16 5 02:04.841 33:49.152
5 166 星野 優位 BS Bridgestone bLU cRU レーシングチーム 鷹 YZ450F ヤマハ 16 4 02:05.698 34:02.152
6 51 深谷 広一 DL SRF Team SBE RM-Z450 スズキ 16 3 02:04.605 34:17.406
7 44 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing/SoCalMXTF CRF450R ホンダ 16 2 02:06.428 34:23.366
8 155 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450R ホンダ 16 10 02:07.373 34:24.874
9 4 小方 誠 DL Kawasaki Team GREEN KX450SR カワサキ 16 9 02:07.867 34:39.312
10 793 池谷 優太 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 16 4 02:08.081 34:49.519
11 322 横澤 拓夢 BS Bridgestone TEAM TARGET CRF450R ホンダ 16 4 02:08.596 34:53.178
12 6 星野 裕 DL TEAM HAMMER CRF450R ホンダ 16 8 02:09.485 34:57.906
13 46 小林 秀真 DL SRM マウンテンライダーズ RM-Z450 スズキ 16 3 02:07.420 35:01.308
14 23 長門 健一 DL Team Sakurai with Waki Racing CRF450R ホンダ 16 3 02:08.751 35:06.825
15 41 北原 岳哲 DL グリーンクラブ&パーク神戸RT KX450F カワサキ 16 5 02:08.270 35:08.519
16 45 安原 志 DL グリーンクラブ八尾カワサキANNEX KX450F カワサキ 15 1 4 02:08.780 33:53.814
17 24 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450R ホンダ 15 1 4 02:08.780 33:53.814
18 25 川口 尚希 BS Bridgestone SRF関東オートスポーツ清水 RM-Z450 スズキ 15 1 3 02:13.796 34:31.035
19 26 白石 翔也 BS Bridgestone YS’ レーシング YZ450F ヤマハ 15 1 6 02:14.125 34:32.159
20 19 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 15 1 4 02:13.510 34:32.877

レース結果

コース:HSR九州

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2020/04/14
  • 決勝出走:23
  • 完走:21
  • (1.9km x 14laps = 26.6km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 400 山本 鯨 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 14 2 02:23.117 34:37.017
2 114 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 14 3 02:23.640 34:42.278
3 166 星野 優位 BS Bridgestone bLU cRU レーシングチーム 鷹 YZ450F ヤマハ 14 8 02:28.209 35:10.996
4 718 富田 俊樹 DL Team HRC CRF450RW ホンダ 14 2 02:24.414 35:29.215
5 51 深谷 広一 DL SRF Team SBE RM-Z450 スズキ 14 2 02:27.882 35:36.099
6 793 池谷 優太 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 14 2 02:27.577 35:37.766
7 8 岡野 聖 DL TEAM YAMALUBE YAMAHA RACING YZ450F ヤマハ 14 5 02:31.073 35:59.733
8 322 横澤 拓夢 BS Bridgestone TEAM TARGET CRF450R ホンダ 14 2 02:30.720 36:12.550
9 46 小林 秀真 DL SRM マウンテンライダーズ RM-Z450 スズキ 14 8 02:31.707 36:17.050
10 44 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing/SoCalMXTF CRF450R ホンダ 14 8 02:29.756 36:26.883
11 155 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450R ホンダ 14 5 02:32.302 36:38.801
12 45 安原 志 DL グリーンクラブ八尾カワサキANNEX KX450F カワサキ 13 1 7 02:34.009 35:06.346
13 6 星野 裕 DL TEAM HAMMER CRF450R ホンダ 13 1 8 02:37.335 35:13.074
14 4 小方 誠 DL Kawasaki Team GREEN KX450SR カワサキ 13 1 2 02:35.498 35:24.134
15 41 北原 岳哲 DL グリーンクラブ&パーク神戸RT KX450F カワサキ 13 1 3 02:36.770 35:34.343
16 23 長門 健一 DL Team Sakurai with Waki Racing CRF450R ホンダ 13 1 3 02:43.548 37:17.072
17 19 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 12 2 4 02:50.205 34:55.671
18 77 鈴木 亮太 BS Bridgestone TEAM STW CRF450R ホンダ 12 2 12 02:47.351 34:58.757
19 24 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450R ホンダ 12 2 4 02:53.633 36:30.421
20 25 川口 尚希 BS Bridgestone SRF関東オートスポーツ清水 RM-Z450 スズキ 11 3 2 02:50.378 34:49.514