星野優位が地元で2-3位、両ヒート表彰台に登壇。

  • 開催場所:オフロードヴィレッジ(埼玉)
  • 開催日:2019年05月12日(日) 〜 2019年05月12日(日)
19JMXr02kk_3346b.jpg
MFJ全日本モトクロス選手権シリーズ第2戦関東大会は、埼玉県の川越、上尾両市に跨がるウエストポイント・オフロードヴィレッジで開催された。入間川の河川敷に作られたコースは基本フラットで、限られた敷地の中に多数のジャンプとコーナーを詰め込んだコンパクトなレイアウトが特徴。全体的にコース幅が狭いため、抜き難いコースとして知られるが、今大会のためにジャンプの配置や角度を見直すなど安全に配慮した改修を行ったため、随所で激しいバトルが繰り広げられた。
天候は土曜日が快晴、日曜日は曇り後晴れの空模様で、ホコリ対策として入念な散水が施されたため、土曜日の予選は路面が一部ウェットの状態となったが、決勝レースはほぼベストの状態で行われた。
首都圏からのアクセスがいい会場には土日合わせて9200名の観客が訪れ、随所で繰り広げられたスリリングなバトルを楽しんだ。

■IA1 ヒート1
横一線のスタートから左に190度ターンする1コーナーへの進入で、ホールショットを奪ったのは小方 誠(カワサキ-DL)。小島庸平(ホンダ-ブリヂストン)、大塚豪太(ホンダ-ブリヂストン)、星野優位(ヤマハ-ブリヂストン)がこれに続いた一方で、開幕戦を制した山本 鯨(ホンダ-ブリヂストン)は5~6番手から、ディフェンディングチャンピオンの成田 亮(ホンダ-ブリヂストン)は更に後方からのスタートとなる。
序盤、2番手をキープしていた小島と星野優位が順位を入れ換え星野優位が2番手に浮上。後方に深谷広一(スズキ-DL)を従えてトップ小方を追った星野だったが、あと一歩小方に接近することができずそのまま周回を重ねていく。
後方では成田か1周目12番手から徐々に順位を上げ、後半7番手に浮上。結局レースは小方が逃げきり、星野優位は地元で今季自己ベストとなる2位でチェッカー。事前練習で手の小指を痛めていた山本が精彩を欠いた一方で、成田は終盤5番手を走行していた小島に追いつくと最終ラップに小島をパスし5位。小島は6位、山本は7位、大塚は8位でチェッカーを受けた。


19JMXr02kk_4716b.jpg

■IA1 ヒート2
成田が1番イン、山本が1番アウトからのスタートは、成田が山本を抑えてホールショットを決めてトップに浮上する。
オープニングラップは成田、池谷優太(KTM-DL)、小方、深谷、山本、岡野 聖(ヤマハ-DL)、星野優位のオーダー。序盤、池谷が順位を落した一方で、小方が2番手、山本が3番手に浮上。後方では星野優位が深谷をパスし4番手にポジションを上げる。
成田、小方、山本、やや離れて星野優位というオーダーとなったトップ争いは、レース終盤まで膠着状態となるが、ラスト2周で山本がスパート。まず小方をパスし2番手とした山本は、ラストラップ成田に猛然とアタックし一旦は前に出たものの、成田もこれに反撃。ブリヂストンユーザーであるチームメイト同士のバトルは、タイトコーナーの切り返しで山本のインに割って入った成田に押し出される形で山本が転倒。この激しいバトルを制した成田が今季初、通算156回目の優勝をマーク。山本の転倒で順位が入れ代わり小方が2位。星野優位が第1ヒートに続き3位表彰台を獲得。山本は4位。ブリヂストン勢では大塚が9位、小島は10位でフィニッシュした。

19JMXr02kk_5309b.jpg

◆成田 亮 - Team HRC所属
土日を通して前後ミディアムを使用しました。土曜日の予選前は散水で、路面の一部表面がマディのようなコンディションでしたが、気にはなりませんでしたね。スタートの不安も全くありませんでした。決勝ヒート1の出遅れは完全に自分のミスです。
ヒート2はしっかりスタートを決めていい走りができたと思います。ベテランになりましたがまだまだ勝てる。今後もブリヂストンと共に勝ち星を増やしていきます。

◆若林朋之 - 株式会社ブリヂストンMCタイヤ開発部
今年の第2戦は5月GW後の開催で、決勝日は晴れて最高気温24℃とレース日和となりました。ここオフロードビレッジは多少のコース変更があったものの、例年と同様に比較的硬めの路面でフラットなコースレイアウトが特徴です。
使用するタイヤもこのコンディションに合わせて開発・テストを進めて参りました。H-2で優勝を飾ったHRC成田選手は、オフシーズンに開発・評価を進めていた開発中のミディアムリアタイヤを装着、グリップ・耐久性の優位性を示してくれました。
また、HRC山本選手、プライベータの星野優位選手も前後に開発ミディアムタイヤを装着、タイヤのパフォーマンスをうまく引き出してくれました。
次戦の中国大会は6月1~2日に広島県の世羅グリーンパーク弘楽園で開催されます。硬い路面かつ高低差もあるコースなので、タイヤへの要求性能も高くなります。事前テストでしっかりと評価を行い、レースに向けてしっかりとタイヤを供給していきます。

レース結果

コース:オフロードヴィレッジ(埼玉)

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2019/05/12
  • 決勝出走:21
  • 完走:21
  • (1.8km x 22laps = 39.6km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 4 小方 誠 DL Kawasaki Team GREEN KX450SR カワサキ 22 7 01:29.533 33:04.888
2 166 星野 優位 BS Bridgestone bLU cRU レーシングチーム 鷹 YZ450F ヤマハ 22 7 01:29.693 33:09.326
3 51 深谷 広一 DL SRF Team SBE RM-Z450 スズキ 22 6 01:29.799 33:21.271
4 8 岡野 聖 DL TEAM YAMALUBE YAMAHA RACING YZ450F ヤマハ 22 7 01:29.506 33:23.287
5 114 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 22 21 01:30.394 33:35.315
6 44 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing/SoCalMXTF CRF450R ホンダ 22 5 01:30.386 33:36.760
7 400 山本 鯨 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 22 7 01:29.830 33:43.326
8 155 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450R ホンダ 22 21 01:31.106 33:44.023
9 6 星野 裕 DL TEAM HAMMER CRF450R ホンダ 22 6 01:31.023 33:45.581
10 793 池谷 優太 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 22 14 01:31.028 34:03.610
11 322 横澤 拓夢 BS Bridgestone TEAM TARGET CRF450R ホンダ 22 4 01:31.274 34:05.608
12 41 北原 岳哲 DL グリーンクラブ&パーク神戸RT KX450F カワサキ 22 6 01:31.702 34:26.250
13 45 安原 志 DL グリーンクラブ八尾カワサキANNEX KX450F カワサキ 22 5 01:31.602 34:29.013
14 46 小林 秀真 DL SRM マウンテンライダーズ RM-Z450 スズキ 22 6 01:31.675 34:31.562
15 23 長門 健一 DL Team Sakurai with Waki Racing CRF450R ホンダ 21 1 5 01:31.942 33:58.660
16 25 川口 尚希 BS Bridgestone SRF関東オートスポーツ清水 RM-Z450 スズキ 21 1 3 01:34.905 34:21.620
17 24 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450R ホンダ 21 1 5 01:35.168 34:27.349
18 26 白石 翔也 BS Bridgestone YS’ レーシング YZ450F ヤマハ 21 1 4 01:34.335 34:37.318
19 19 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 20 2 2 01:36.252 33:06.235
20 30 小林 雅裕 DL KAMON Racing YZ450F ヤマハ 20 2 3 01:37.724 34:17.055

レース結果

コース:オフロードヴィレッジ(埼玉)

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2019/05/12
  • 決勝出走:21
  • 完走:21
  • (1.8km x 21laps = 37.8km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 114 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 21 6 01:29.924 31:45.256
2 4 小方 誠 DL Kawasaki Team GREEN KX450SR カワサキ 21 7 01:30.218 31:46.454
3 166 星野 優位 BS Bridgestone bLU cRU レーシングチーム 鷹 YZ450F ヤマハ 21 8 01:30.032 31:49.704
4 400 山本 鯨 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 21 4 01:30.112 31:51.332
5 8 岡野 聖 DL TEAM YAMALUBE YAMAHA RACING YZ450F ヤマハ 21 5 01:29.925 31:55.968
6 793 池谷 優太 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 21 5 01:30.658 32:07.981
7 51 深谷 広一 DL SRF Team SBE RM-Z450 スズキ 21 7 01:30.070 32:08.826
8 6 星野 裕 DL TEAM HAMMER CRF450R ホンダ 21 15 01:30.841 32:16.016
9 155 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450R ホンダ 21 13 01:31.997 32:28.725
10 44 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing/SoCalMXTF CRF450R ホンダ 21 15 01:32.026 32:34.805
11 41 北原 岳哲 DL グリーンクラブ&パーク神戸RT KX450F カワサキ 21 13 01:32.229 32:35.550
12 45 安原 志 DL グリーンクラブ八尾カワサキANNEX KX450F カワサキ 21 8 01:32.595 32:39.912
13 46 小林 秀真 DL SRM マウンテンライダーズ RM-Z450 スズキ 21 8 01:32.003 32:44.580
14 322 横澤 拓夢 BS Bridgestone TEAM TARGET CRF450R ホンダ 21 19 01:31.730 32:46.475
15 23 長門 健一 DL Team Sakurai with Waki Racing CRF450R ホンダ 21 6 01:32.904 33:17.571
16 26 白石 翔也 BS Bridgestone YS’ レーシング YZ450F ヤマハ 20 1 3 01:35.281 32;27.195
17 24 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450R ホンダ 20 1 7 01:36.077 32:47.737
18 25 川口 尚希 BS Bridgestone SRF関東オートスポーツ清水 RM-Z450 スズキ 20 1 11 01:36.563 32:51.072
19 19 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 20 1 5 01:34.776 33:27.687
20 30 小林 雅裕 DL KAMON Racing YZ450F ヤマハ 19 2 6 01:37.521 32:06.456