ヒート2では横澤拓夢がIA1自身最高位の4位を獲得!

  • 開催場所:HSR九州
  • 開催日:2021年04月11日(日) 〜 2021年04月11日(日)
【2021全日本モトクロス選手権 Rd.1 HSR九州大会 IA1クラス】 アクシデント連発のディフェンディングチャンピオン・山本鯨は惜しくも開幕戦での優勝を逃す!
AC2I5375_R.JPG

昨年は、新型コロナウイルスの感染拡大による影響により4戦のみが開催された全日本モトクロス選手権。今季はD.I.D 全日本モトクロス選手権シリーズとして、全7戦が予定されている。
昨年、最高峰クラスのIA1に初めて導入された決勝3ヒート制を、今年もこの開幕戦および第4戦SUGO大会で実施。これにより、IA1は16ヒートの結果によりシリーズタイトルが決まる。レース時間は、通常の2ヒート制が30分+1周なのに対して、3ヒート制は15分+1周。超スプリントとなることで、スタートダッシュの重要度がいつも以上に増し、レース展開の駆け引きが少なめでいつも以上にずっと全力全開の走りとなりやすい。しかも開幕戦の舞台は、全日本屈指のハイスピードコースとなるHSR九州。全日本トップライダーたちのフルスロットルを観戦するのに最高の環境だ。
ホンダの熊本製作所に隣接した複合モータースポーツ&研修施設の一角にあるこのモトクロスコースは、阿蘇の外輪山を望むフラットな土地に設けられていて、広いコース幅と超ハイスピードレイアウトを特徴とする。コーナーアウト側を中心に、阿蘇の火山灰に由来する黒土などの粒子が細かい土が多く堆積したセクションも多かったが、その一方でハードな路面や大量の散水が施された区間もあり、さまざまな路面状態が混在するコースでのレースとなった。
土日とも晴天に恵まれたが風は強く、乾いた路面から発生した土ボコリが風に舞う状況。朝晩は冷え込んだが、決勝日の最高気温は22度まで上昇した。

AC2I9336_R.JPG

■決勝ヒート1

ホールショットを奪ったのは#1山本鯨(Honda,BS)。#8星野優位(Yamaha,BS)が続いたが、星野は1周目に5番手まで後退した。2周目以降、山本と富田俊樹(Yamaha,DL)が接戦のトップ争いを展開。さらに、このふたりを2~3秒差で能塚智寛(Kawasaki,DL)が追った。4周目、山本と富田のトップ争いは激しさを増し、バトルの最中に富田と山本がコンタクト。ここで山本がエンストを喫して富田、能塚、山本の順となった。
すぐに追い上げ態勢にチェンジした山本は、6周目に能塚をパス。この時点で3秒ほど先行するトップの富田との距離を、7~8周目にかけて詰めた。そして迎えた最終ラップの9周目、山本が富田と接触しながらもトップ再浮上。しかし抜かれた富田も諦めず、タイトターンで再アタックしてきた。これで両者が激しく接触して転倒。この間に先行した能塚が優勝、渡辺祐介(Yamaha,DL)が2位となり、山本は3位でゴールした。星野は4位に入賞している。

AC2I3549_R.JPG

■決勝ヒート2

ヒート1で接触転倒した際に左手の中指を負傷した#1山本鯨(Honda,BS)は、この影響もありスタートで出遅れて1周目8番手。それでも、2周目に5番手、3周目には4番手にポジションを上げ、3番手の能塚智寛(Kawasaki,DL)に迫った。ところが4周目、山本のゴーグル内部に土が侵入するトラブルが発生。これにより山本はゴーグルを外したが、このレースは散水作業が追いつかず土ボコリがかなり舞う状況で、山本の視界はほとんど奪われてしまった。
それまでより4~5秒も遅いラップタイムで、なんとか周回を重ねていた山本だが、後方から小方誠(Honda,DL)が迫ってきたことで、7周目にペースアップ。ところがラスト2周となった8周目に山本は転倒を喫し、7番手まで順位を下げた。そしてそのままのポジションでゴール。3番手でチェッカーを受けた能塚が、排気音量オーバーで失格となったことから順位が繰り上がり、山本は6位となった。なおこのレースでは、1周目10番手から追い上げた#10横澤拓夢(Honda,BS)が#8星野優位(Yamaha,BS)との接戦を制して4位入賞を果たした

AS7I3255_R.JPG

■決勝ヒート3

鎮痛剤を服用してレースに臨んだ#1山本鯨(Honda,BS)が、意地のホールショット。しかしスタート直後から山本のマシンは排気音がおかしく、エキゾーストパイプをのぞき込む間に小方誠(Honda,DL)らが先行。山本は4番手でオープニングラップをクリアした。2周目以降、山本は上位3台に離されながらも順位をキープ。富田俊樹(Yamaha,DL)のマークを許しながらの走行が続いた。
レース後半、山本は富田の追撃を巧みにブロック。必死にポジションを守り続けた。しかし最終ラップとなった9周目、ついに富田の先行を許すと、そのまま5番手でチェッカーを受けた。レース後、山本のマシンは規定の方法による音量測定をクリア。これで山本の5位が確定した。このレースでは、#8星野優位(Yamaha,BS)が最初からほぼ順位を守って6位。3ヒート総合成績では、山本が5位となった。

AC2I6078_R.JPG

●山本鯨(決勝ヒート1/3位、ヒート2/6位、ヒート3/5位)

「決勝ヒート1の最終ラップでラフなパッシングを試みられた結果、接触転倒により指を負傷。ヒート2ではゴーグルに土が入るトラブルが発端となって転倒し、ヒート3は指の痛みに耐えながらのレースとなるなど、アクシデントが重なった大会になってしまいました。この開幕戦に向け、チームとして万全の準備を進めてきただけに、満足できるリザルトを残すことができなかったことが悔しいです。ブリヂストンタイヤをはじめ参戦に協力してくださっている方々を、レースでの好成績によってPRすることが、自分に与えられた仕事のひとつだと思っています。もう一度、そのことに関して突き詰めていきたいと思います。なお今大会では、ソフト路面用のタイヤを履きました。ややミディアム寄りの路面コンディションという印象もあったのですが、ソフト用のレンジが広いことから、間違いなくこれがベスト。チーム内でタイヤ選択のことが議題にすらならないほど、当然の選択でした」

レース結果

コース:HSR九州

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2021/04/11
  • 決勝出走:24
  • 完走:22
  • (1.9km x 9laps = 17.1km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 5 能塚 智寛 DL Team Kawasaki R&D KX450SR カワサキ 9 1 2:03.51 18:54.64
2 3 渡辺 祐介 DL YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 9 1 2:03.27 18:59.68
3 1 山本 鯨 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF450R ホンダ 9 1 +6.37 19:01.01
4 8 星野 優位 BS Bridgestone bLU cRU レーシングチーム 鷹 YZ450F ヤマハ 9 1 2:05.38 19:06.63
5 2 富田 俊樹 DL YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 9 1 2:01.67 19:08.38
6 4 小方 誠 DL Honda Dream Racing HAMMER CRF450R ホンダ 9 7 2:06.53 19:08.61
7 6 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing CRF450R ホンダ 9 4 2:07.02 19:25.52
8 10 横澤 拓夢 BS Bridgestone TKM motor sports いわて CRF450R ホンダ 9 4 2:07.97 19:27.57
9 28 町田 旺郷 BS Bridgestone TEAM 887 with YSP浜松 YZ450F ヤマハ 9 1 2:07.92 19:28.33
10 16 池本 凌汰 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 9 4 2:08.63 19:30.18
11 12 星野 裕 BS Bridgestone Team SBE RM-Z450 スズキ 9 5 2:08.83 19:33.29
12 19 安原 志 DL 八尾カワサキ ANNEX KX450 カワサキ 9 7 2:09.05 19:35.84
13 14 道脇 右京 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA with CARVEK CRF450 ホンダ 9 6 2:09.81 19:50.11
14 29 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450 ホンダ 9 4 2:11.57 19:58.95
15 15 大石 一斗 DL REAL RIDE / Alphathree FC450 ハスクバーナ 9 3 2:12.18 20:02.64
16 05 西 元気 BS Bridgestone SRF関東オートスポーツ清水 RM-Z450 スズキ 9 3 2:13.01 20:12.80
17 18 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450R ホンダ 9 8 2:13.31 20:19.81
18 17 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 9 9 2:13.24 20:19.86
19 25 沼田 誠司 DL チームVAVAX and judgement KX450 カワサキ 9 3 2:14.38 20:32.66
20 07 上原 巧 BS Bridgestone オートスポーツ清水 RM-Z450 スズキ 9 2 2:14.92 20:35.04

レース結果

コース:HSR九州

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2021/04/11
  • 決勝出走:24
  • 完走:20
  • (1.9km x 9laps = 17.1km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 2 富田 俊樹 DL YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 9 1 2:01.68 19:04.11
2 3 渡辺 祐介 DL YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 9 1 2:03.55 19:10.82
3 4 小方 誠 DL Honda Dream Racing HAMMER CRF450R ホンダ 9 6 2:08.52 19:34.71
4 10 横澤 拓夢 BS Bridgestone TKM motor sports いわて CRF450R ホンダ 9 4 2:09.67 19:38.95
5 8 星野 優位 BS Bridgestone bLU cRU レーシングチーム 鷹 YZ450F ヤマハ 9 1 2:07.61 19:39.98
6 1 山本 鯨 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF450R ホンダ 9 3 2:07.27 19:46.76
7 7 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT with GOSHI CRF450R ホンダ 9 9 2:10.74 19:47.25
8 6 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing CRF450R ホンダ 9 4 2:10.22 19:47.68
9 16 池谷 優太 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 9 7 2:10.85 19:51.32
10 28 町田 旺郷 BS Bridgestone TEAM 887 with YSP浜松 YZ450F ヤマハ 9 1 2:06.17 19:54.83
11 19 安原 志 DL 八尾カワサキ ANNEX KX450 カワサキ 9 1 2:09.74 20:00.42
12 12 星野 裕 BS Bridgestone Team SBE RM-Z450 スズキ 9 7 2:10.19 20:12.35
13 14 道脇 右京 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA with CARVEK CRF450 ホンダ 9 1 2:08.97 20:14.50
14 05 西 元気 BS Bridgestone SRF関東オートスポーツ清水 RM-Z450 スズキ 9 7 2:13.54 20:26.16
15 18 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450R ホンダ 9 7 2:15.64 20:28.10
16 15 大石 一斗 DL REAL RIDE / Alphathree FC450RE ハスクバーナ 9 7 2:15.64 20:45.12
17 17 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 9 4 2:15.85 1:23.99
18 07 上原 巧 BS Bridgestone オートスポーツ清水 RM-Z450 スズキ 9 4 2:18.33 21:01.76
19 29 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450 ホンダ 8 1 2 2:14.94 19:57.95
20 21 白石 翔也 MI Y’S レーシング YZ450F ヤマハ 8 1 3 2:15.33 20:03.14

レース結果

コース:HSR九州

[ヒート3]

決勝

  • 開催日:2021/04/11
  • 決勝出走:24
  • 完走:21
  • (1.9km x 9laps = 17.1km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 5 能塚 智寛 DL Team Kawasaki R&D KX450SR カワサキ 9 1 2:04.70 19:12.3
2 4 小方 誠 DL Honda Dream Racing HAMMER CRF450R ホンダ 9 1 2:03.78 19:12.82
3 3 渡辺 祐介 DL YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 9 1 2:06.11 19:28.55
4 2 富田 俊樹 DL YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 9 9 2:08.83 19:35.43
5 1 山本 鯨 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF450R ホンダ 9 1 2:09.39 19:35.82
6 8 星野 優位 BS Bridgestone bLU cRU レーシングチーム 鷹 YZ450F ヤマハ 9 8 2:10.07 19:40.21
7 7 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT with GOSHI CRF450R ホンダ 9 9 2:10.66 19:47.69
8 6 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing CRF450R ホンダ 9 1 2:08.94 19:49.72
9 12 星野 裕 BS Bridgestone Team SBE RM-Z450 スズキ 9 8 2:11.14 19:51.29
10 16 池本 凌汰 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 9 5 2:12.16 20:04.44
11 28 町田 旺郷 BS Bridgestone TEAM 887 with YSP浜松 YZ450F ヤマハ 9 6 2:13.19 20:12.74
12 10 横澤 拓夢 BS Bridgestone TKM motor sports いわて CRF450R ホンダ 9 1 2:11.92 20:24.72
13 14 道脇 右京 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA with CARVEK CRF450 ホンダ 9 2 2:14.58 20:33.17
14 19 安原 志 DL 八尾カワサキ ANNEX KX450 カワサキ 9 3 2:14.21 20:38.26
15 05 西 元気 BS Bridgestone SRF関東オートスポーツ清水 RM-Z450 スズキ 9 3 2:16.81 20:44.21
16 29 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450R ホンダ 9 3 2:15.17 20:52.68
17 07 上原 巧 BS Bridgestone オートスポーツ清水 RM-Z450 スズキ 9 3 2:17.03 20:55.17
18 17 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 9 7 2:17.25 21:00.31
19 18 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450R ホンダ 9 6 2:19.12 21:11.21
20 25 沼田 誠司 DL チームVAVAX and judgement KX450 カワサキ 8 1 1 2:21.42 19:22.05