同ポイントながらヒート2を制した内田篤基が総合優勝を獲得!

  • 開催場所:HSR九州
  • 開催日:2021年04月11日(日) 〜 2021年04月11日(日)
【2021全日本モトクロス選手権 Rd.1 HSR九州大会 IA2クラス】BS勢の大城魁之輔と内田篤基が、3位以下に圧倒的なスピードの差を見せつけながら勝利を分け合う!
AC2I8319_R.JPG

今季は全7戦が設定されている全日本モトクロス選手権。最高峰クラスのIA1に昨年初めて導入された決勝3ヒート制が今年はIA2にも導入され、第6戦HSR九州大会が15分+1周の3ヒート制となるため(通常は30分+1周の2ヒート)、年間15ヒートを戦うことになる。
開幕戦の舞台は、ホンダの熊本製作所に隣接した複合モータースポーツ&研修施設となるHSR九州。モトクロスコースは阿蘇の外輪山を望むフラットな土地に設けられていて、広いコース幅と超ハイスピードレイアウトを特徴とする。コーナーアウト側を中心に、阿蘇の火山灰に由来する黒土などの粒子が細かい土が多く堆積したセクションも多かったが、その一方でハードな路面や大量の散水が施された区間もあり、さまざまな路面状態が混在するコースでのレースとなった。
土日とも晴天に恵まれたが風は強く、乾いた路面から発生した土ボコリが風に舞う状況。朝晩は冷え込んだが、決勝日の最高気温は22度まで上昇した。



AC2I4202_R.JPG

■決勝ヒート1

ホールショットを奪ったのは#4内田篤基(Kawasaki,BS)。これに#2大城魁之輔(Honda,BS)が続くと、1周目前半で大城が先行して、まずはオープニングラップをクリアした。2~3周目にかけて、大城と内田は接近戦を繰り広げながら3番手以下を引き離し、3周目の段階で内田と3番手を争う第2集団との間には、約7秒ものギャップが生まれた。4周目になると、内田のラップタイムが少し落ち、逆に大城は5~6周目にペースアップ。これにより両者の間隔は約5秒に拡大した。
7周目以降、両者のラップタイムはほぼ拮抗していたが、コンマ数秒単位で速いラップタイムを刻み続けた大城がさらにリードを拡大すると、レースが終盤を迎えた11周目から内田のラップタイムが大きく落ちはじめた。これにより、完全に勝負あり。ラスト2周となった14周目までの間に内田を10秒以上離した大城が、独走でトップチェッカーを受けて、まずは目標どおりシーズンオープナーとなった。
今季からマシンをカワサキにスイッチし、同時にブリヂストンタイヤで戦うことになった内田は2位。ただし3位とはゴールタイムで約30秒の差があり、大城には負けたが3位以下には力の差を見せつけた。

AC2I8376_R.JPG

■決勝ヒート2

#4内田篤基(Kawasaki,BS)が再びホールショット。するといきなりスパートをかけ、オープニングラップだけで2番手の岸桐我(Yamaha,DL)を約3秒も引き離した。#2大城魁之輔(Honda,BS)は4番手からのレース。2周目には川上龍司(Yamaha,PI)をパスして、岸の背後に迫った。3周目、大城は岸の攻略に成功。しかしこの時点で、トップの内田は2番手に浮上した大城より約8秒も先行していた。4周目、遮る前走車がいなくなった大城は一気にペースアップ。しかしそのラップタイムは、内田とほぼ互角の状態だった。
すると5周目以降、内田に追いつくためより速いラインを探る大城のラップタイムはむしろ1~2秒も落ち、これで内田は1周につきコンマ数秒~最大2.4秒もアドバンテージを拡大。着実にリードを積み重ねた内田は、大城を10秒以上も後方に置き去り独走を続けた。そしてレースは15周でチェッカー。内田が優勝、大城が2位となった。
両ヒート総合成績では、内田と大城が同点ながら、規定により内田が総合優勝、大城が総合2位となっている。

AC2I9092_R.JPG

●内田篤基(決勝ヒート1/2位、ヒート2/優勝)

「スタート直後のストレートは、柔らかい土が厚めに堆積した状態で、スタートダッシュを重視するという意味でも軟質路面用のBATTLECROSS X20を選択してレースに臨みました。今年から、マシンだけでなくタイヤもブリヂストンにスイッチすることになりましたが、X20はかなり広いレンジをカバーできる印象で、コースの各所に混在するハード傾向の路面でもネガティブなフィーリングありません。ポテンシャルはかなり高いと思います。昨年は、4戦中の1戦をケガで欠場してしまいました。今年はそのようなことを避け、なおかつ各レースで大きく取りこぼすようなことなく、悪くても表彰台に立ち続けて、チャンピオンを目指したいと思います。ヒート2で、自分の走りがちゃんとできれば勝てるとわかったので、より自信を持って第2戦以降に臨んでいきたいと思います」

レース結果

コース:HSR九州

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2021/04/11
  • 決勝出走:30
  • 完走:27
  • (1.9km x 15laps = 28.5km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 2 大城 魁之輔 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF250R ホンダ 15 1 2:03.44 32:17.54
2 4 内田 篤基 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250F カワサキ 15 1 2:04.21 32:26.22
3 10 中島 漱也 DL YAMALUBE RACING TEAM with レーシングチーム鷹 YZ250F ヤマハ 15 1 2:09.25 32:56.46
4 35 鳥谷部 晃太 BS Bridgestone bLU cRU TEAM エム FACTORY YZ250F ヤマハ 15 15 2:08.81 32:57.27
5 11 小川 孝平 DL Team ITOMO YZ250F ヤマハ 15 5 2:11.23 33:06.08
6 7 川上 龍司 PI bLU cRU YSP大阪箕面 YZ250F ヤマハ 15 1 2:06.13 33:08.51
7 34 柳瀬 大河 BS Bridgestone Bells Racing CRF250R ホンダ 15 7 2:09.61 33:17.64
8 15 鈴村 英喜 DL TEAM HAMMER ホンダ学園 CRF250R ホンダ 15 1 2:07.34 33:19.75
9 9 池田 凌 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250F カワサキ 15 4 2:11.13 33:25.19
10 21 神田橋 瞭 DL Team 輪生館 KX250F カワサキ 15 6 2:11.91 33:33.07
11 22 森 優介 BS Bridgestone Team ITOMO CRF250R ホンダ 15 1 2:10.47 33:33.32
12 8 岸 桐我 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ250F ヤマハ 15 12 2:11.20 33:41.92
13 17 鴨田 翔 DL BLITZ KX250 カワサキ 15 11 2:13.13 33:43.58
14 04 佐竹 涼冴 DL BOSS RACING / YSP浜松 YZ250F ヤマハ 15 1 2:12.72 33:56.04
15 38 近藤 雄紀 BS Bridgestone Team SBE RM-Z250 スズキ 15 5 2:14.38 33:59.08
16 29 斉藤 嵩 BS Bridgestone オートスポーツ清水 & (株)TKS RM-Z250 スズキ 15 5 2:14.05 33:59.65
17 33 那須 伊雪 BS Bridgestone ★MOTION RACING★ YZ250F ヤマハ 15 4 2:14.86 34:06.90
18 24 小笠原 大貴 MI Y’S レーシング YZ250F ヤマハ 15 1 2:13.57 34:07.95
19 43 古賀 翼 BS Bridgestone ★MOTION RACING★ KX250F カワサキ 15 8 2:15.00 34:13.46
20 41 瓜生 大喜 DL レーシングチーム鷹 YZ250F ヤマハ 15 6 2:15.50 34:18.65

レース結果

コース:HSR九州

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2021/04/11
  • 決勝出走:31
  • 完走:26
  • (1.9km x 15laps = 28.5km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 4 内田 篤基 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250F カワサキ 15 1 2:03.51 32:33.41
2 2 大城 魁之輔 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF250R ホンダ 15 1 2:08.18 32:46.27
3 8 岸 桐我 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ250F ヤマハ 15 1 2:06.88 32:53.29
4 7 川上 龍司 PI bLU cRU YSP大阪箕面 YZ250F ヤマハ 15 1 2:07.67 32:54.92
5 15 鈴村 英喜 DL TEAM HAMMER ホンダ学園 CRF250R ホンダ 15 1 2:09.63 32:57.12
6 11 小川 孝平 DL Team ITOMO YZ250F ヤマハ 15 15 2:08.62 33:02.53
7 34 柳瀬 大河 BS Bridgestone Bells Racing CRF250R ホンダ 15 15 2:11.04 33:03.13
8 9 池田 凌 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250F カワサキ 15 4 2:10.51 33:09.74
9 10 中島 漱也 DL YAMALUBE RACING TEAM with レーシングチーム鷹 YZ250F ヤマハ 15 6 2:12.77 33:40.70
10 17 鴨田 翔 DL BLITZ KX250 カワサキ 15 3 2:13.56 33:45.58
11 01 福村 鎌 BS Bridgestone RM-Z250 スズキ 15 11 2:13.84 33:52.25
12 19 真野 凌輔 BS Bridgestone SRF関東オートスポーツ清水 RM-Z250 スズキ 15 3 2:14.29 33:54.81
13 41 瓜生 大喜 DL レーシングチーム鷹 YZ250F ヤマハ 15 1 2:15.47 34:17.16
14 21 神田橋 瞭 DL Team 輪生館 KX250F カワサキ 15 9 2:13.52 34:26.78
15 29 斉藤 嵩 BS Bridgestone オートスポーツ清水 & (株)TKS RM-Z250 スズキ 15 5 2:15.07 34:29.49
16 24 小笠原 大貴 MI Y’S レーシング YZ250F ヤマハ 15 4 2:15.66 34:34.52
17 04 佐竹 涼冴 DL BOSS RACING / YSP浜松 YZ250F ヤマハ 15 1 2:12.19 34:39.24
18 43 古賀 翼 BS Bridgestone ★MOTION RACING★ KX250F カワサキ 15 9 2:15.84 34:56.71
19 14 佐々木 麗 MI bLU cRU Y's racing with 東北トラス YZ250F ヤマハ 14 1 4 2:16.74 32:35.50
20 010 富岡 寿弥 BS Bridgestone Team桜井 with FFF CRF250R ホンダ 14 1 5 2:16.33 32:38.91