• 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2021年06月05日(土) 〜 2021年06月06日(日)
【2021年全日本モトクロス選手権 Rd.4 SUGO大会 IA2クラス】前戦に続いて内田篤基が両ヒート制覇を達成して、ポイントランキングをリード!
IA2uchida.jpg

第2戦中国大会が延期されたことから、シーズン3戦目となった第4戦SUGO大会。全日本モトクロス選手権は今大会終了後に約3ヵ月のインターバルに突入するため、シーズン前半を締める1戦となった。
スポーツランドSUGOは、宮城県南部に位置する複合モータースポーツ施設。自然のアップ&ダウンを活かしながら丘陵部に設けられたそのインターナショナルモトクロスコースは、かつて実際に世界選手権を誘致したこともある。コースは、今大会直前に一部のレイアウトを見直し。ストレート+タイトターンの構成が増える一方で、高速化が図られた区間もあった。
金曜日に雨が降り、各クラスの予選などが実施された土曜日朝の路面はかなりぬかるんだ状態。決勝日に向けてコース状態を保全する目的もあって、この日はショートカットコースが用いられた。ただし、天候に恵まれたことから路面状況は急激に回復。粘土質の路面は土曜日昼以降に水を適度に含んだベストコンディションとなり、走行により深めのワダチも多く発生したが、土曜日の走行終了後や決勝日の昼休みなどには入念なコース整備が施され、一部区間はその都度フラット化された。日曜日の天候は曇りのち晴れ。最高気温は27度と発表されている。
IA2クラスでは、開幕戦ヒート2から#4内田篤基(Kawasaki,BS)が3連勝を達成し、ポイントリーダーとして今大会に臨んだ。

AC2I0034.jpg

■決勝ヒート1
#4内田篤基(Kawasaki,BS)がホールショット。いきなり後続を引き離しはじめた。ところがここで内田が転倒。代わりにランキング2番手で今大会を迎えた#2大城魁之輔(Honda,BS)がトップに立ち、内田は2番手でレースに復帰した。2周目、大城と内田から2~3秒遅れの3番手には#35鳥谷部晃太(Yamaha,BS)、4番手には2階級特進で今年からIAとなった#34柳瀬大河(Honda,BS)が浮上。3周目、今度は大城が転倒により8番手まで順位を落とした。
トップに返り咲いた内田は、2番手の鳥谷部に対して4~5秒のリード。4周目以降、鳥谷部と柳瀬と大倉由揮(Yamaha,DL)が、内田とほぼ同じペースで周回しながら接戦の2番手争いを繰り広げた。レース中盤、柳瀬はさらなる順位アップを試みたがここは鳥谷部が阻止。逆に柳瀬が大倉に迫られるシーンもあったが、柳瀬が守った。そしてレースは16周でチェッカー。後続との差をしっかり制御した内田が勝利を収め、鳥谷部が今季初表彰台となる2位、柳瀬が全日本初表彰台となる3位でゴールした。大城は5位に終わった。

AC2I9765.JPG

■決勝ヒート2
ホールショットの岸桐我(Yamaha,DL)をスタート直後にパスして、#4内田篤基(Kawasaki,BS)がトップに浮上。すると内田は、再びオープニングラップから後続を引き離す走りで、まずは約3秒のリードを奪った。岸に続いて#35鳥谷部晃太(Yamaha,BS)が3番手を確保。しかし#2大城魁之輔(Honda,BS)はスタートで大きく出遅れ、大混戦に巻き込まれながらも必死に挽回して8番手で1周目をクリアした。内田は2周目以降も猛プッシュ。序盤の4周で約7秒のアドバンテージを確保して、早くも単独走行となった。
3番手の鳥谷部は、岸の3秒ほど後方を走行。大倉由揮(Yamaha,DL)のマークを許した。9周目、鳥谷部は大倉に先行されて4番手に後退。その後に3秒ほど引き離されたが、終盤に大倉のペースが落ちたことで両者は再び接近した。そして16周目の最終ラップには、鳥谷部が大倉に肉迫。しかし再逆転は果たせなかった。レースは内田が独走のまま勝利して、開幕戦ヒート2から5連勝を達成。鳥谷部は4位、追い上げ途中に転倒を喫した大城は5位でレースを終えた。

●内田篤基(決勝ヒート1/優勝、ヒート2/優勝)
「金曜日にかなりの降水量があった割には、土曜日のかなり早い段階で路面コンディションが回復。決勝日はコース整備が入らない区間が適度に荒れて、自分にとってはそれもプラスに働いたと感じています。ヒート1は1周目に転倒し、大城魁之輔選手に先行されたことで少し焦りもあったのですが、すぐに落ち着きを取り戻すことができました。大城選手の転倒でトップに立ってからは、2番手集団との差がずっと変わらなかったのですが、あまり気にすることなく走ろうと心がけました。ミスがあった中でもいいレースができたと思います。ヒート2は、前のレースと同じ失敗をしないよう意識しながらも1周目からプッシュできたので満足しています。路面が掘り起こされていたこともあり、今回もタイヤは軟質路面用のBATTLECROSS X20がベストと確信。しっかり路面に喰いこみ、加速で前に進む感覚が得られました。非常にレンジが広く、タイヤ選択でライダーを悩ませることがないのでありがたく思っています。次戦まで約3ヵ月間のインターバルで、もっと強いライダーになれるよう取り組んでいきます!」



IA2podium123.jpg

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2021/06/06
  • 決勝出走:30
  • (1.6km x 16laps = 25.6km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 4 内田 篤基 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250 カワサキ 16 7 2:06.01 34:02.44
2 35 鳥谷部 晃太 BS Bridgestone bLU cRU TEAM エム FACTORY YZ250F ヤマハ 16 5 2:06.43 34:05.85
3 34 柳瀬 大河 BS Bridgestone Bells Racing CRF250R ホンダ 16 6 2:06.48 34:06.72
4 6 大倉 由揮 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ250F ヤマハ 16 8 2:06.40 34:10.36
5 2 大城 魁之輔 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF250R ホンダ 16 2 2:06.45 34:43.80
6 11 小川 孝平 DL Team ITOMO YZ250F ヤマハ 16 5 2:07.91 34:50.39
7 9 池田 凌 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250 カワサキ 16 4 2:08.78 34:50.75
8 5 西條 悠人 DL ピュアテックレーシング KX250 カワサキ 16 4 2:08.51 35:02.77
9 17 鴨田 翔 DL BLITZ KX250 カワサキ 16 5 2:08.63 35:10.36
10 8 岸 桐我 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ250F ヤマハ 16 11 2:08.95 35:15.11
11 48 田中 雅己 DL Team Kawasaki R&D KX250F カワサキ 16 6 2:10.00 35:22.90
12 21 神田橋 瞭 DL Team 輪生館 KX250F カワサキ 16 5 2:10.33 35:25.69
13 25 勝谷 武史 PI ジュニアライダース KX250F カワサキ 16 11 2:10.34 35:38.78
14 7 川上 龍司 PI bLU cRU YSP大阪箕面 YZ250F ヤマハ 16 5 2:10.75 35:42.69
15 29 斉藤 嵩 BS Bridgestone オートスポーツ清水 & (株)TKS RM-Z250 スズキ 16 5 2:11.75 35:48.09
16 01 福村 鎌 BS Bridgestone 98%レーシング RM-Z250 スズキ 16 16 2:11.22 35:50.20
17 10 中島 漱也 DL YAMALUBE RACING TEAM with レーシングチーム鷹 YZ250F ヤマハ 16 11 2:12.17 36:02.79
18 14 佐々木 麗 MI bLU cRU Y's racing with 東北トラス YZ250F ヤマハ 16 14 2:12.70 36:07.95
19 28 室井 政伸 BS Bridgestone 竹沢OFC YZ250F ヤマハ 16 14 2:13.40 36:09.48
20 22 森 優介 BS Bridgestone Team ITOMO CRF250R ホンダ 15 1 8 2:10.51 34:04.62

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2021/06/06
  • 決勝出走:30
  • 完走:29
  • (1.6km x 16laps = 25.6km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 4 内田 篤基 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250 カワサキ 16 2 2:06.10 34:18.40
2 8 岸 桐我 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ250F ヤマハ 16 3 2:07.24 34:35.13
3 6 大倉 由揮 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ250F ヤマハ 16 5 2:07.36 34:39.07
4 35 鳥谷部 晃太 BS Bridgestone bLU cRU TEAM エム FACTORY YZ250F ヤマハ 16 5 2:07.66 34:39.66
5 2 大城 魁之輔 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF250R ホンダ 16 5 2:06.98 34:47.13
6 9 池田 凌 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250 カワサキ 16 4 2:07.85 34:49.38
7 48 田中 雅己 DL Team Kawasaki R&D KX250F カワサキ 16 8 2:08.43 34:58.95
8 34 柳瀬 大河 BS Bridgestone Bells Racing CRF250R ホンダ 16 6 2:08.69 35:06.29
9 25 勝谷 武史 PI ジュニアライダース KX250F カワサキ 16 6 2:09.08 35:19.13
10 17 鴨田 翔 DL BLITZ KX250 カワサキ 16 6 2:09.43 35:23.34
11 10 中島 漱也 DL YAMALUBE RACING TEAM with レーシングチーム鷹 YZ250F ヤマハ 16 5 2:10.95 35:26.10
12 7 川上 龍司 PI bLU cRU YSP大阪箕面 YZ250F ヤマハ 16 5 2:10.13 35:26.78
13 19 真野 凌輔 BS Bridgestone オートスポーツ清水 RM-Z250 スズキ 16 4 2:10.58 35:27.77
14 11 小川 孝平 DL Team ITOMO YZ250F ヤマハ 16 13 2:09.86 35:30.16
15 21 神田橋 瞭 DL Team 輪生館 KX250F カワサキ 16 3 2:11.39 35:50.33
16 01 福村 鎌 BS Bridgestone 98%レーシング RM-Z250 スズキ 16 4 2:11.02 36:04.65
17 22 森 優介 BS Bridgestone Team ITOMO CRF250R ホンダ 16 6 2:12.48 36:05.38
18 20 土屋 元希 BS Bridgestone 京都ボブキャット KX250 カワサキ 16 5 2:11.69 36:09.99
19 29 斉藤 嵩 BS Bridgestone オートスポーツ清水 & (株)TKS RM-Z250 スズキ 16 4 2:10.63 36:12.32
20 23 袴田 哲弥 DL YSP 浜松/BOSS RACING YZ250F ヤマハ 16 5 2:12.05 36:13.17