• 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2021年06月05日(土) 〜 2021年06月06日(日)
【2021年全日本モトクロス選手権 Rd.4 SUGO大会 レディースクラス】川井麻央が昨年開幕戦からの連勝記録を「8」に伸ばし、小野彩葉は3位で再び表彰台登壇!
LMXkawai1.jpg

第2戦中国大会が延期されたことから、シーズン3戦目となった第4戦SUGO大会。全日本モトクロス選手権は今大会終了後に約3ヵ月のインターバルに突入するため、シーズン前半を締める1戦となった。
スポーツランドSUGOは、宮城県南部に位置する複合モータースポーツ施設。自然のアップ&ダウンを活かしながら丘陵部に設けられたそのインターナショナルモトクロスコースは、かつて実際に世界選手権を誘致したこともある。コースは、今大会直前に一部のレイアウトを見直し。ストレート+タイトターンの構成が増える一方で、高速化が図られた区間もあった。
金曜日に雨が降り、各クラスの予選などが実施された土曜日朝の路面はかなりぬかるんだ状態。決勝日に向けてコース状態を保全する目的もあって、この日はショートカットコースが用いられた。ただし、天候に恵まれたことから路面状況は急激に回復。粘土質の路面は土曜日昼以降に水を適度に含んだベストコンディションとなり、走行により深めのワダチも多く発生したが、土曜日の走行終了後や決勝日の昼休みなどには入念なコース整備が施され、一部区間はその都度フラット化された。日曜日の天候は曇りのち晴れ。最高気温は27度と発表されている。
前戦では全日本ではクラス初の2ヒート制が導入されたレディースクラスだが、今大会は通常どおり15分+1周の決勝1レース開催とされた。

LMXono1.jpg

昨年の開幕戦から連勝を続ける#1川井麻央(Honda,BS)は、苦手とするスタートを決めてまずは3番手の好位置を確保。逆にチームメイトの#4小野彩葉(Honda,BS)は、予選レースでは最高のスタートダッシュから逃げ切ってトップだったのに対してこの決勝ではやや出遅れ、6番手あたりからの追い上げを強いられた。1周目、川井は久保まな(Honda,DL)に続いて最大のライバルである本田七海(Yamaha,DL)をパスして早くもトップに浮上。小野も4番手まで順位を上げた。

LMXkawai2.jpg

2周目、小野は楠本菜月(Husqvarna,DL)を抜いて3番手。しかしこの段階で、2番手の本田とはすでに4秒ほど離れていた。一方、川井は1~2秒差で本田からマークされながらもトップを快走。4周目までは本田を引き離せずにいたが、早くも出現しはじめたバックマーカーを巧みに利用し、これをやや強引にパスしていくことで本田からリードを奪うことに成功した。小野はトップ2台に離されて単独3番手走行。レースは8周でチェッカーとなり、川井が優勝、小野が昨年最終戦から連続表彰台登壇となる3位でゴールした。

●川井麻央(決勝レース/優勝)
「予選が久々の2位だったので自分自身としてはとても悔しく、かなり落ち込みました。しかし決勝日は、朝の練習走行から好調。決勝では、いつもより多めにスロットルを開けるようにして加速したら苦手なスタートもうまく決まり、自分でも驚きました。そもそも、スタートが悪いことを前提に、リスクが少なそうな中央あたりのグリッドを選んでいましたから……。前半は、本田七海選手の排気音がかなり近くに聞こえてプレッシャーでした。実際にはそれほど僅差ではなかったようですが、コースレイアウトの特性でそう感じていたようです。そこで、周回遅れのパッシングで差をつくるように心がけました。気配が遠くなってからは、気持ち良く走ることができました。使用タイヤは、土曜日の練習走行から軟質路面用のX20を選択しました」

AC2I2492.JPG

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[]

決勝

  • 開催日:2021/06/06
  • 決勝出走:26
  • (1.6km x 8laps = 12.8km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 1 川井 麻央 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF150 ホンダ 8 4 2:21.46 19:10.66
2 2 本田 七海 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ85LW ヤマハ 8 3 2:21.50 19:24.64
3 4 小野 彩葉 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF150R ホンダ 8 3 2:25.18 19:28.72
4 5 楠本 菜月 DL actionracing with alphathree TC85 ハスクバーナ 8 3 2:26.57 19:50.43
5 3 久保 まな DL Honda Dream 京都東 TEAM HAMMER CRF150R ホンダ 8 7 2:23.69 20:00.41
6 7 穂苅 愛香 BS Bridgestone TOMOレーシング YZ85LW ヤマハ 8 2 2:29.46 20:06.65
7 11 伊藤 悠利 DL チーム ピットイン YZ85LW ヤマハ 8 5 2:29.44 20:19.09
8 20 雨宮 舞美 PI 85SX KTM 8 8 2:31.40 20:44.92
9 10 松木 紗子 BS Bridgestone マウンテンライダースクラブ RM85 スズキ 8 3 2:35.31 20:59.20
10 26 川上 真花 PI YSP大阪箕面 YZ85LW ヤマハ 8 8 2:32.85 21:01.26
11 13 箕浦 未夢 DL YZ85 ヤマハ 8 5 2:34.02 21:03.63
12 8 木村 綾希 DL Team Power Band KX85 カワサキ 8 5 2:30.30 21:04.07
13 17 阿部 華帆 MI Y’S レーシング YZ85 ヤマハ 8 6 2:35.33 21:11.36
14 19 山崎 琴乃 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF150RⅡ ホンダ 8 6 2:35.74 21:14.33
15 9 勝俣 七海 DL Team ITOMO CRF150RⅡ ホンダ 8 7 2:32.32 21:15.95
16 15 赤松 樹愛 BS Bridgestone YZ85LW ヤマハ 8 4 2:36.37 21:19.14
17 30 ペレーラ 瞳美 MI GASGAS NORTE CHITOSE MC85 GASGAS 7 1 4 2:39.19 19:17.78
18 25 石井 那奈 DL グランテクニッシュ KX85 カワサキ 7 1 7 2:45.84 19:53.93
19 39 鑓水 よう子 PI 習志野レーシングクラブ with サドルバック CRF150RⅡ ホンダ 7 1 7 2:48.13 19:57.38
20 44 佐々木 夢月 DL YZ85LW ヤマハ 7 1 5 2:55.19 20:53.69