• 開催場所:HSR九州
  • 開催日:2021年10月09日(土) 〜 2021年10月10日(日)
【2021年全日本モトクロス選手権 Rd.6 HSR九州大会 IA2クラス】大城魁之輔が3ヒート総合2位!ポイントリーダーの内田篤基が負傷ノーポイントの波乱。

約4ヵ月間のインターバルを挟んで再開された全日本モトクロス選手権。第2戦中国大会が11月下旬に延期されているため、この第6戦HSR九州大会がシーズン4戦目となる。
ホンダの熊本製作所に隣接した、複合モータースポーツ&研修施設のHSR九州。そのモトクロスコースは阿蘇の外輪山を望むフラットな土地に設けられていて、広いコース幅と超ハイスピードレイアウトを特徴としてきた。今季開幕戦の舞台にもなったが、今大会前にコースの後半を中心にレイアウトを変更。この後半セクションはこれまでよりもややロースピードで、勝負どころとなる低めの6連ジャンプはあるものの、全体としては難しいジャンプが削減された安全性重視の仕様とされた。
阿蘇の火山灰に由来する黒土の路面は、事前に深く掘り起こされたが、長いこと雨が降らず、レースウィークは10月とは思えない最高気温30度前後の暑さが続き、さらに土日とも風が強めだったことから、乾燥により下のほうは深く締まり、その上に粒子が細かいパウダー状の土が多く堆積する状況となった。土曜日は走行や風により大量の土ボコリが舞っていたが、日曜日は入念な散水作業とパウダーの除去により状況がだいぶ改善。ただし掘り起こしによる効果は薄く、多くのセクションがハードパックとなった。天候は土日とも晴天。日曜日も最高気温は30度に達した。
お今大会のIA2クラスには、全日本ではクラス初となる15分+1周の3ヒート制を導入。レース時間がいつもの半分となるため、これまで以上にスタートダッシュが好成績のカギを握ることになった。

■決勝ヒート1
ここまで5連勝で今大会に臨んだポイントリーダーの#4内田篤基(Kawasaki,BS)は、4番手でレースをスタート。しかし1周目後半、ジャンプで転倒を喫した。これを避けようとジャンプを飛ばずに通過したランキング2番手の#2大城魁之輔(Honda,BS)に、後続のライダーが上から追突。さらにもう1台がここに突っ込み、大城も大きく出遅れた。このアクシデントにより、内田は負傷リタイア。大城は1周目26番手と、ほぼ最後尾からの追い上げを強いられた。
レースは、スポット参戦の#56古賀太基(Kawasaki,BS)が2周目にトップ浮上。3周目には、同じくスポット参戦した#51平田優(Yamaha,BS)が2番手にポジションを上げた。この段階で、古賀と平田のギャップは3~4秒。レースが後半に入っても、その差はほとんど変化がなかった。そして15分+1周の短い戦いは、8周でチェッカー。昨秋以来の全日本参戦となった古賀がまずは勝利を挙げ、2019年のIA2フル参戦以来となる全日本復帰の平田が2位表彰台に登壇した。大城は9位でゴールしている。
IA2_1.jpg

AC2I8919.jpg

■決勝ヒート2
ヒート1で負傷した#4内田篤基(Kawasaki,BS)は出走できず。ホールショットの岸桐我(Yamaha,DL)を#2大城魁之輔(Honda,BS)が追い、1周目の途中でトップに浮上。#56古賀太基(Kawasaki,BS)はやや出遅れたが、混戦の中で3番手まで順位を上げた。2周目、古賀が岸を抜いて2番手にポジションアップ。この段階でトップの大城は3秒以上先行していたが、その後の2周で古賀が差を詰めた。そしてレースが早くも後半に入った5周目、古賀が大城を抜いてトップに浮上した。
先頭に立った古賀は、レース前半とほぼ同じペースをキープ。対して大城は古賀に抜かれてからペースが上がり、1秒ほど後方で古賀のマークを続けた。レース終盤、両者のラップタイムはほぼ互角で、その差はほとんど変化なし。レースは再び8周でチェッカーとなり、古賀が約1秒差で逃げ切って連勝、大城が2位となった。最終ラップのゴール直前、岸と大倉由揮(Yamaha,DL)が接触転倒して両者リタイア。これにより#34柳瀬大河(Honda,BS)が4位、#51平田優(Yamaha,BS)が5位となった。

AC2I1208.jpg

■決勝ヒート3
鴨田翔(Kawasaki,DL)を抜いて、オープニングラップで#56古賀太基(Kawasaki,BS)がトップに浮上。#2大城魁之輔(Honda,BS)はスタート直後に4番手の確保を狙ったが、混戦の中で順位を落として1周目6番手からのレースとなった。レース前半、トップの古賀は少しずつ後続との差を拡大。4周目終了時点で、2番手の大倉由揮(Yamaha,DL)に対して約7秒のアドバンテージを築いた。5周目、その大倉が転倒。2番手が西條悠人(Kawasaki,DL)に代わっても、古賀は約7秒のリードを保った。
6周目、後方から追い上げてきた大城が、西條をパスして2番手にポジションアップ。この段階で古賀は6秒ほど先行していたが、ラップタイムは大城のほうが2秒ほど速く、古賀と大城の距離は詰まっていった。そして最後は、古賀と大城と西條のトップ3が2秒圏内に。しかし古賀が冷静に走り切り、再び勝利を収めてトリプルクラウンを達成した。大城は2位でフィニッシュ。今大会の結果、ポイントランキングではトップの#4内田篤基(Kawasaki,BS)に対して大城が1点差まで迫った。

AC2I1696.JPG

●大城魁之輔(決勝ヒート1/9位、ヒート2/2位、ヒート3/2位)
「決勝ヒート1では、1周目の途中で内田篤基選手が前で転倒したのが見えたので、ジャンプを飛ばずに避けようとしたところで後続に踏まれ、さらに1台が後ろから突っ込んできて再スタートに時間がかかりました。いつもの半分となる15分のレースなので、思うように追い上げられず終わってしまったのですが、逆に1大会で3ヒートあるので残り2レースで巻き返せるはずと、気持ちをプラスに切り替えました。今回から2022年型のマシンとなったのですが、とても相性が良く自分の調子もかなり上がっていると感じていたので、ヒート2とヒート3では勝てる自信があったのですが、結果的には古賀太基選手が速くて負けました。レース前半のペースが悪く、これが今後の明確な課題となりました。今回もタイヤはX20。とくに予選は、細かい土が堆積したパフパフの区間が多くありましたが、こういう路面でも埋もれてしまう感覚がなく走れるのが、X20のスゴいところです。マシンとタイヤは、間違いなく勝てるスペックにあるので、あとは自分がやるだけ。開幕戦以来、勝利から遠ざかっているので、まずは次戦で優勝したいと思います」

●古賀太基(決勝ヒート1/優勝、ヒート2/優勝、ヒート3/優勝)
「今回がラストレースと決めて、多くの方々に助けてもらいながらスポット参戦しました。昨年の秋に同じくこのHSR九州で全日本のIA1にスポット参戦して以降、あまりバイクには乗っていなかったのですが、この大会に向けて直近1ヵ月くらいはとくにトレーニングや練習をして、優勝するつもりでレースに臨みました。結果的にトリプルクラウンを達成でき、最高のカタチでレース人生を終えることができますし、息子を表彰台に上げることができたので満足しています。今後は若手育成やコーチング業などで、少しでもモトクロス業界を盛り上げていけるよう関わっていけたらと思っています」

レース結果

コース:HSR九州

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2021/10/10
  • 決勝出走:30
  • 完走:27
  • (1.9km x 8laps = 15.2km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 56 古賀 太基 BS Bridgestone KX250F カワサキ 8 5 2:09.53 17:23.03
2 51 平田 優 BS Bridgestone 善光会&NCXXレーシング with Pitin YZ250F ヤマハ 8 5 2:09.99 17:25.30
3 6 大倉 由揮 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ250F ヤマハ 8 6 2:08.95 17:33.71
4 岸 桐我 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ250F ヤマハ 8 6 2:08.95 17:33.71
5 5 西條 悠人 DL ピュアテックレーシング KX250 カワサキ 8 8 2:09.77 17:34.26
6 10 中島 漱也 DL YAMALUBE RACING TEAM with レーシングチーム鷹 YZ250F ヤマハ 8 5 2:10.25 17:40.83
7 35 鳥谷部 晃太 BS Bridgestone bLU cRU TEAM エム FACTORY YZ250F ヤマハ 8 6 2:10.78 17:43.37
8 04 佐竹 涼冴 DL YSP 浜松/BOSS RACING YZ250F ヤマハ 8 4 2:12.03 17:43.91
9 2 大城 魁之輔 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF250R ホンダ 8 5 2:09.32 17:44.74
10 9 池田 凌 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250 カワサキ 8 5 2:09.72 17:45.41
11 34 柳瀬 大河 BS Bridgestone Bells Racing CRF250R ホンダ 8 7 2:09.12 17:46.62
12 14 佐々木 麗 MI bLU cRU Y's racing with 東北トラス YZ250F ヤマハ 8 6 2:12.39 18:02.63
13 17 鴨田 翔 DL BLITZ KX250 カワサキ 8 8 2:13.19 18:03.94
14 02 米田 海斗 DL bLU cRU YSP浜松/BOSS RACING YZ250F ヤマハ 8 6 2:13.91 18:06.67
15 15 鈴村 英喜 DL TEAM HAMMER ホンダ学園 CRF250R ホンダ 8 4 2:14.16 18:10.04
16 7 川上 龍司 PI bLU cRU YSP大阪箕面 YZ250F ヤマハ 8 5 2:14.50 18:10.47
17 01 福村 鎌 BS Bridgestone 98%レーシング RM-Z250 スズキ 8 7 2:12.85 18:10.49
18 20 土屋 元希 BS Bridgestone 京都ボブキャット KX250 カワサキ 8 5 2:14.26 18:13.61
19 21 神田橋 瞭 DL Team 輪生館 KX250 カワサキ 8 7 2:14.93 18:19.95
20 03 阿久根 芳仁 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250 カワサキ 8 5 2:14.95 18:21.83

レース結果

コース:HSR九州

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2021/10/10
  • 決勝出走:30
  • 完走:28
  • (1.9km x 8laps = 15.2km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 56 古賀 太基 BS Bridgestone KX250F カワサキ 8 7 2:08.75 17:19.29
2 2 大城 魁之輔 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF250R ホンダ 8 7 2:09.10 17:20.38
3 10 中島 漱也 DL YAMALUBE RACING TEAM with レーシングチーム鷹 YZ250F ヤマハ 8 6 2:12.10 17:52.53
4 34 柳瀬 大河 BS Bridgestone Bells Racing CRF250R ホンダ 8 6 2:12.66 17:55.04
5 51 平田 優 BS Bridgestone 善光会&NCXXレーシング with Pitin YZ250F ヤマハ 8 7 2:12.80 17:58.59
6 9 池田 凌 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250 カワサキ 8 6 2:12.09 18:01.36
7 01 福村 鎌 BS Bridgestone 98%レーシング RM-Z250 スズキ 8 7 2:12.46 18:03.50
8 5 西條 悠人 DL ピュアテックレーシング KX250 カワサキ 8 7 2:12.33 18:05.02
9 15 鈴村 英喜 DL TEAM HAMMER ホンダ学園 CRF250R ホンダ 8 7 2:14.68 18:06.13
10 35 鳥谷部 晃太 BS Bridgestone bLU cRU TEAM エム FACTORY YZ250F ヤマハ 8 7 2:12.45 18:10.98
11 20 土屋 元希 BS Bridgestone 京都ボブキャット KX250 カワサキ 8 3 2:15.00 18:18.70
12 03 阿久根 芳仁 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250 カワサキ 8 2 2:15.46 18:19.50
13 22 森 優介 BS Bridgestone Team ITOMO CRF250R ホンダ 8 7 2:15.77 18:23.07
14 19 真野 凌輔 BS Bridgestone オートスポーツ清水 RM-Z250 スズキ 8 7 2:16.65 18:24.96
15 21 神田橋 瞭 DL Team 輪生館 KX250 カワサキ 8 7 2:16.74 18:29.93
16 17 鴨田 翔 DL BLITZ KX250 カワサキ 8 6 2:15.81 18:31.57
17 38 近藤 雄紀 BS Bridgestone Team SBE RM-Z250 スズキ 8 6 2:16.17 18:32.54
18 14 佐々木 麗 MI bLU cRU Y's racing with 東北トラス YZ250F ヤマハ 8 4 2:17.14 18:34.53
19 33 那須 伊雪 BS Bridgestone ★MOTION RACING★ YZ250F ヤマハ 8 4 2:16.95 18:36.57
20 32 佐野 雄太 DL ジュニアライダース KX250 カワサキ 8 5 2:17.22 18:37.28

レース結果

コース:HSR九州

[ヒート3]

決勝

  • 開催日:2021/10/10
  • 決勝出走:27
  • 完走:24
  • (1.9km x 8laps = 15.2km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 56 古賀 太基 BS Bridgestone KX250F カワサキ 8 2 2:11.44 17:38.77
2 2 大城 魁之輔 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF250R ホンダ 8 6 2:11.01 17:39.63
3 5 西條 悠人 DL ピュアテックレーシング KX250 カワサキ 8 8 2:10.46 17:40.76
4 6 大倉 由揮 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ250F ヤマハ 8 8 2:10.38 17:42.99
5 34 柳瀬 大河 BS Bridgestone Bells Racing CRF250R ホンダ 8 6 2:12.36 17:51.84
6 51 平田 優 BS Bridgestone 善光会&NCXXレーシング with Pitin YZ250F ヤマハ 8 5 2:12.03 17:56.57
7 17 鴨田 翔 DL BLITZ KX250 カワサキ 8 3 2:12.89 17:58.63
8 9 池田 凌 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250 カワサキ 8 6 2:13.06 17:58.80
9 10 中島 漱也 DL YAMALUBE RACING TEAM with レーシングチーム鷹 YZ250F ヤマハ 8 6 2:14.79 18:05.95
10 19 真野 凌輔 BS Bridgestone オートスポーツ清水 RM-Z250 スズキ 8 8 2:14.25 18:07.66
11 22 森 優介 BS Bridgestone Team ITOMO CRF250R ホンダ 8 5 2:13.54 18:10.51
12 35 鳥谷部 晃太 BS Bridgestone bLU cRU TEAM エム FACTORY YZ250F ヤマハ 8 7 2:14.16 18:14.46
13 15 鈴村 英喜 DL TEAM HAMMER ホンダ学園 CRF250R ホンダ 8 4 2:14.10 18:16.14
14 04 佐竹 涼冴 DL YSP 浜松/BOSS RACING YZ250F ヤマハ 8 4 2:15.97 18:17.66
15 7 川上 龍司 PI bLU cRU YSP大阪箕面 YZ250F ヤマハ 8 7 2:15.70 18:20.96
16 20 土屋 元希 BS Bridgestone 京都ボブキャット KX250 カワサキ 8 3 2:16.74 18:23.65
17 23 袴田 哲弥 DL YSP 浜松/BOSS RACING YZ250F ヤマハ 8 8 2:16.91 18:24.78
18 21 神田橋 瞭 DL Team 輪生館 KX250 カワサキ 8 5 2:15.94 18:29.84
19 33 那須 伊雪 BS Bridgestone ★MOTION RACING★ YZ250F ヤマハ 8 8 2:16.57 18:31.13
20 03 阿久根 芳仁 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250 カワサキ 8 6 2:18.11 18:32.95