川井麻央は1周目の転倒でまさかの表彰台圏外の4位に。

  • 開催場所:HSR九州
  • 開催日:2021年10月10日(日) 〜 2021年10月10日(日)
【2021年全日本モトクロス選手権 Rd.6 HSR九州大会 レディースクラス】小野彩葉が開幕戦以来となる2位を獲得!

9月中旬に予定されていた第5戦近畿大会が、新型コロナウイルスの感染拡大による影響で中止されたことから、約4ヵ月間のインターバルを挟むことになった全日本モトクロス選手権。第2戦中国大会が11月下旬に延期されているため、この第6戦HSR九州大会がシーズン4戦目となる。
ホンダの熊本製作所に隣接した、複合モータースポーツ&研修施設のHSR九州。そのモトクロスコースは阿蘇の外輪山を望むフラットな土地に設けられていて、広いコース幅と超ハイスピードレイアウトを特徴としてきた。今季開幕戦の舞台にもなったが、今大会前にはコースの後半を中心にレイアウトが変更され、ややロースピード化が施された。
阿蘇の火山灰に由来する黒土の路面は、事前に深く掘り起こされたが、長いこと雨が降らず、レースウィークは10月とは思えない最高気温30度前後の暑さが続き、さらに土日とも風が強めだったことから、乾燥により下のほうは深く締まり、その上にパウダー状の粒子が細かい土が多く堆積する状況となった。土曜日は走行や風により大量の土ボコリが舞っていたが、日曜日は入念な散水作業とパウダーの除去により状況がだいぶ改善。とくにレディースクラスの決勝は、日曜日最初のレースとして実施されたことから、土に水分が多めに残った状態での走行となった。天候は土日とも晴天。日曜日も最高気温は30度に達した。

AC2I4748.jpg

■決勝レース
昨年の開幕戦から連勝を続けてきた#1川井麻央(Honda,BS)は、久保まな(Honda,DL)に次ぐ2番手の好スタート。1周目のコース前半で、久保を抜いてトップに立った。ところがその直後、タイトターンの立ち上がりで川井がミス。バンクの外側に飛び出すように転倒し、エンジン再始動にも時間を要した川井は1周目20番手と大きく遅れた。これで久保が再びトップとなり、3秒ほど離れて川井のチームメイトとなる#4小野彩葉(Honda,BS)が2番手。その背後には本田七海(Yamaha,DL)が迫った。

AC2I5087.jpg

2周目、小野は本田の先行を許して2番手に後退。レース前半の4周で、小野は本田から4秒ほど遅れた。しかし後半に入ると本田のペースが落ち、逆に小野はペースアップ。これで両者が再接近し、ラスト2周となった7周目に小野が2番手に返り咲いた。
川井は驚異的な追い上げで、4周目には5番手。6周目には4番手まで挽回。最終周には他者より約4秒も速いベストラップを叩き出し、3番手の本田に近づいた。しかし逆転までは1.5秒ほど届かず、8周のレースで小野が2位、川井が4位となった。

AC2I7733.jpg

●小野彩葉(決勝レース/2位)
「チームメイトの川井麻央選手が転倒により順位を落とす展開だったことを考えると、勝てるチャンスがあったレース。それだけに悔しさも残りますが、レース後半に強さを発揮して本田七海選手を再逆転できた点では、このインターバルに取り組んできた成果を発揮できました。そういう意味で、勝てなかったけど意味のあるレースだったと思います。どうしても最初の1~2周で熱くなりすぎてしまい、それが逆効果で離されてしまったのですが、途中からしっかりラインの修正をできたことがとくに良かったと思います。今回もタイヤはX20を使用。予選は、散水が足りずパサパサかつハード路面で、さすがにスリッピーな感じだったのですが、決勝は十分な散水がされたことで少し柔らかくなり、ワダチも多少できていたので、走りやすさが増しました。スタートでもう少し前のポジションを確保できて、なおかつレース序盤のペースを上げられたら、十分に優勝は狙えると思っています。次戦こそ、全日本初優勝を達成したいです」

レース結果

コース:HSR九州

[]

決勝

  • 開催日:2021/10/10
  • 決勝出走:23
  • 完走:23
  • (1.9km x 8laps = 15.2km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 3 久保 まな DL Honda Dream 京都東 TEAM HAMMER CRF150R ホンダ 8 4 2:24.26 19:20.99
2 4 小野 彩葉 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF150 ホンダ 8 7 2:25.04 19:28.41
3 2 本田 七海 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ85LW ヤマハ 8 4 2:25.37 19:32.04
4 1 川井 麻央 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF150 ホンダ 8 8 2:20.29 19:33.63
5 14 濱村 いぶき DL TODAY SPORT CRF150RⅡ ホンダ 8 5 2:29.82 20:10.22
6 5 楠本 菜月 DL actionracing with alphathree TC85 ハスクバーナ 8 4 2:27.16 20:13.57
7 11 伊藤 悠利 DL チーム ピットイン YZ85LW ヤマハ 8 7 2:29.90 20:17.19
8 8 木村 綾希 DL Team Power Band KX85 カワサキ 8 6 2:30.53 20:19.28
9 6 井川 実乃里 BS Bridgestone 98%レーシング RM85L スズキ 8 6 2:30.89 20:21.68
10 13 箕浦 未夢 DL YZ85 ヤマハ 8 6 2:31.99 20:33.57
11 26 川上 真花 PI YSP大阪箕面 YZ85LW ヤマハ 8 8 2:32.07 20:34.87
12 15 赤松 樹愛 BS Bridgestone YZ85LW ヤマハ 8 8 2:32.02 20:51.81
13 21 吉川 純菜 BS Bridgestone TSK Racing YZ85LW ヤマハ 8 5 2:35.41 20:53.73
14 19 山崎 琴乃 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF150RⅡ ホンダ 8 2 2:37.82 21:08.74
15 9 勝俣 七海 DL Team ITOMO CRF150RⅡ ホンダ 8 5 2:36.76 21:16.69
16 17 阿部 華帆 MI Y’S レーシング YZ85 ヤマハ 8 6 2:38.94 21:26.24
17 7 穂苅 愛香 BS Bridgestone TOMOレーシング YZ85LW ヤマハ 8 6 2:29.63/ 6 21:34.05
18 10 松木 紗子 BS Bridgestone マウンテンライダースクラブ RM85 スズキ 8 6 2:41.31 24:00.80
19 22 高原 央 DL グリーンシャドウ KX85Ⅱ カワサキ 7 1 5 2:50.26 19:52.09
20 28 田村 美幸 DL 83TEC.Racing Team CRF150 ホンダ 7 1 2 3:01.84 21:25.81