• 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2021年10月23日(土) 〜 2021年10月24日(日)
【2021年全日本モトクロス選手権 Rd.7 第59回MFJ-GPモトクロス大会 レディースクラス】 川井麻央は転倒を喫するも再逆転で勝利を収め、大量リードのまま1ヵ月後の最終戦へ!

第5戦近畿大会が中止されたことから、今季の全日本モトクロス選手権は全6戦のシリーズに。その5戦目となる第7戦が、第59回MFJ-GPモトクロス大会として宮城県のスポーツランドSUGOで開催された。
かつて実際に世界選手権が開催されたこともあるインターナショナルモトクロスコースは、ふたつの丘にまたがるように設けられ、アップ&ダウンが豊富なレイアウトを特徴とする。コースは、以前と比べてタイトターンが多めとなった今季第4戦使用時から基本構成を踏襲しつつ、細部のセッティングが変更された。

AC2I3270.jpg

各クラスの予選などが実施された土曜日は朝から強めの雨が降り、その後は晴れと曇りと雨が頻繁に切り替わる天候。午後は再び降雨の時間が増えたが、レディースクラスの予選はお昼ごろのスケジュールで、明るい日差しの下で実施された。日曜日の天候は晴れ時々曇りで、最高気温は18℃。粘土質の路面は前日よりも柔らかく整備され、適切な散水作業などでベストな状態が保たれたが、その結果として深いワダチが多く発生し、この攻略も上位進出のカギとなった。
ランキングトップの#1川井麻央(Honda,BS)は、21点の大量リードを持って15分+1周の決勝に臨んだ。

AC2I2262.jpg

■決勝レース
昨年開幕戦からの連勝記録が前戦で途切れた#1川井麻央(Honda,BS)は、4番手あたりでレースをスタートすると、スポット参戦した現役オートレーサーの#47高橋絵莉子(Honda,BS)らを抜き、2番手に浮上して久保まな(Honda,DL)を追った。2周目、久保と川井は3番手以下を7秒ほど離してトップ2を形成。3周目に久保が転倒し、川井が難なく先頭に立った。ところが翌周、今度は川井が転倒。これで本田七海(Yamaha,DL)がトップとなり、川井が僅差で追った。
レースが早くも後半に入った5周目、川井は本田を逆転。その後、1~2秒後方で本田のマークを許しつつも、川井はトップを守った。そして8周目のファイナルラップには、バックマーカーの影響もあり両者の差が拡大。これで川井が逃げ切り、今季5勝目を挙げた。久しぶりの全日本モトクロス参戦となった高橋は、粘りの走りで6位。ランキング3番手で今大会を迎えた#4小野彩葉(Honda,BS)は、予選で転倒して負傷。決勝出場は見送ったが、なおもランキング3番手を守っている。

AC2I2524.jpg

●川井麻央(決勝レース/優勝)
「前戦では、決勝の1周目に転倒して4位に終わりましたが、とくに落ち込むこともありませんでした。最後尾から4位まで追い上げられたというのもあったかもしれません。今大会の決勝では、トップに立ったところで転倒。コーナーのイン側で滑りやすい赤土がかなり露出したところがあり、そのさらにイン側を走っていたのですが、その周は狙ったラインを外してしまいました。でも、今回のレースは気持ちにかなり余裕があったので、焦ることはありませんでした。自分の調子がいいことはわかっていたし、前戦での追い上げも自信になっているのかもしれません。今大会は予選日に雨が断続的に降り、土曜日の練習走行から日曜日の決勝まで、いろんな路面状況での走行となりましたが、タイヤはずっとX20で何も問題ナシ。とくに、土曜日はカタい路面に雨が降ってスリッピーな状況でしたが、そこまで大きく滑るようなこともなく喰いついていました。決勝では転びましたが、あれはどんなタイヤを履いていても厳しかったと思います。次は最終戦。2ヒート制ですが、ヒート1でチャンピオンを決めたいです」

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[]

決勝

  • 開催日:2021/10/24
  • 決勝出走:26
  • 完走:25
  • (1.6km x 8laps = 12.8km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 1 川井 麻央 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF150 ハスクバーナ 8 7 2:24.01 19:36.19
2 2 本田 七海 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ85LW ヤマハ 8 7 2:24.47 19:39.68
3 5 楠本 菜月 DL actionracing with alphathree TC85 ハスクバーナ 8 7 2:28.13 20:09.45
4 3 久保 まな DL Honda Dream 京都東 TEAM HAMMER CRF150R ホンダ 8 6 2:24.40 20:17.13
5 13 箕浦 未夢 DL YZ85 ヤマハ 8 4 2:31.90 20:40.64
6 47 高橋 絵莉子 T.E.SPORT CRF150RⅡ ホンダ 8 8 2:32.80 20:43.91
7 8 木村 綾希 DL Team Power Band KX85 カワサキ 8 8 2:30.07 20:44.59
8 26 川上 真花 PI YSP大阪箕面 YZ85LW ヤマハ 8 7 2:29.80 20:44.60
9 9 勝俣 七海 DL Team ITOMO CRF150RⅡ ホンダ 8 7 2:35.09 21:03.13
10 15 赤松 樹愛 BS Bridgestone YZ85LW ヤマハ 8 7 2:36.17 21:05.05
11 19 山崎 琴乃 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF150RⅡ ホンダ 8 7 2:35.94 21:06.29
12 7 穂苅 愛香 DL TOMOレーシング YZ85LW ヤマハ 8 8 2:33.55 21:09.05
13 17 阿部 華帆 MI Y’S レーシング ヤマハ 8 3 2:38.41 21:20.12
14 30 ペレーラ 瞳美 MI GASGAS NORTE CHITOSE MC85 GASGAS 8 8 2:38.63 21:29.79
15 10 松木 紗子 BS Bridgestone マウンテンライダース RM85 スズキ 8 5 2:40.53 21:43.84
16 25 石井 那奈 DL グランテクニッシュ KX85 カワサキ 7 1 6 2:43.74 19:40.34
17 39 鑓水 よう子 PI 習志野レーシングクラブ with サドルバック CRF150RⅡ ホンダ 7 1 6 2:45.36 19:42.38
18 41 鈴木 姫菜乃 DL TEAM M・1RACING RM85L スズキ 7 1 3 2:56.52/ 21:08.10
19 27 千葉 茜 MI Y’S レーシング YZ85 ヤマハ 7 1 3 2:56.97 21:17.74
20 31 西 里絵 MI DAMIAN CLUB MC85 GASGAS 7 1 7 3:01.75 21:59.19