• 開催場所:オートポリス
  • 開催日:2017年06月24日(土) 〜 2017年06月25日(日)
600_KUNIMINE_run2.JPG

 全日本ロードレース第5戦オートポリスは雨に翻弄された。予選日は大雨と濃霧に見舞われ、ST600クラスの予選は、セッション開始2周で赤旗中断。予選が成立せずに決勝日の朝に順延されることになった。
 決勝日の朝。豪雨はおさまっていたものの小雨が降り続く中、25分間のタイムアタックセッションが開始。岡本裕生・國峰啄磨・星野知也・山元聖・奥田教介、そしてスポット参戦アジアンライダーの、アハマド・ユディスティラらが周回毎に順位を入れ替え、まるで決勝レースのような激しいグリッド争いを展開。
 セッション終盤、雨が上がって水しぶきの量が減ると全車ペースアップ。しかしチェッカーが振られる直前、最後のタイムアタックが行なわれようとしているところで1台の転倒車がコース上に残る。赤旗が提示され、そのまま予選終了。岡本が全日本初ポールポジションを獲得。以下、國峰と名越がフロントロウ獲得となった。

600_KUNIMINE_race.JPG

 同日午後の決勝。早朝まで降り続いた雨はやみ、薄日が差したことで路面状況は急速に回復。しかし午後になりST600クラスの決勝が始まることには、再び上空が雲に覆われてしまった。
 曇天の中のスタート。同時に小雨が降ってくる。オープニングラップでトップに出たのは國峰。岡本・名越・星野らが続くトップに出てすぐにペースを上げた國峰が後続を引き離しにかかる。2番手岡本の背後にはユディスティラがぴたりとつけた。岡本とユディスティラの激しい2位争いが開始。4周目に岡本をとらえたユディスティラは猛然と國峰を追い始める。
 國峰は5周終了時点で後続に5秒近いアドバンテージを築いて、完全なる独走態勢。続くユディスティラも2番手単独走行の様相。背後では名越・岡本・奥田教介の3台による表彰台争いが勃発。
 レース後半。ユディスティラのペースが落ち、表彰台争いの集団に飲み込まれ、4台での2位争いに発展。8周目に3番手に浮上した名越がユディスティラの背後につく。ラスト2周。名越がユディスティラをとらえて2番手浮上。しかしユディスティラもあきらめずに名越の背後にぴたりとつけて逆転をねらう。この激しい争いに後続はついていけない。
 そしてラストラップ。國峰は最終的に8秒もの大差をつけて優勝。2位争いはユディスティラが制し、名越は3位表彰台を獲得した。

600_podium.JPG

●國峰啄磨(予選2位、決勝1位)
「やっと表彰台に戻ってくることができました。しかも優勝ですから凄くうれしいです。事前テストからレースウイーク初日のドライコンディションで悪くないセッティングを出せていました。そこからチームでアジャストし、それがいい仕上がりだったので、あとは自分に自信を持って走りました。レースの途中で雨がぽつぽつ落ちてきて怖かったのですが、それでもタイヤのおかげでペースを落とさずに走ることができました。それが今回の勝因だと思います」


●松永真利(株式会社ブリヂストンMCタイヤ開発部)
「國峰選手は戦えるようになってきました。レース序盤に引き離して後ろが混戦になっているところで様子を見てペースをセーブし、優勝を確実なものにしました。とても成長してきたと思います。ブリヂストンがワンメイクで展開しているST600が若手育成クラスとして機能していて、とてもうれしいです。天候不順で予選が大変なことになりましたが、そんな中でも予選順位を上げることが重要ですし、それもレースだということを若いライダーが勉強する機会となったと思います。ここから各バイクメーカーの育成プログラムに引き上げてもらえるような選手が、ST600から育つことを願っています」

レース結果

コース:オートポリス

[ST600]

決勝

  • 開催日:2017/06/25
  • 天候:Rain
  • 路面:Dry
  • 路面温度:27℃
  • 決勝出走:30
  • 完走:28
  • (4.674km x 13laps = 60.762km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 50 國峰 琢磨 BS Bridgestone T.ProInnovation CBR600RR ホンダ 13 1:56.055 25:22.336
2 73 A.ユドヒスティラ BS Bridgestone Manual-Tech Kawasaki ZX-6R カワサキ 13 1:55.721 25:30.381
3 3 名越 哲平 BS Bridgestone Mistresa RT HARC-PRO CBR600RR ホンダ 13 1:56.293 25:30.458
4 57 奥田 教介 BS Bridgestone team MF&KAWASAKI ZX-6R カワサキ 13 1:56.512 25:30.821
5 46 星野 知也 BS Bridgestone TEAM PLUS ONE CBR600RR ホンダ 13 1:56.792 25:34.146
6 15 和田 留佳 BS Bridgestone RS-ITOH & サンタバイク ZX-6R カワサキ 13 1:56.781 25:36.580
7 5 前田 恵助 BS Bridgestone 伊藤レーシングGMDスズカ YZF-R6 ヤマハ 13 1:57.034 25:37.968
8 13 山元 聖 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 13 1:57.018 25:38.505
9 17 亀井 雄大 BS Bridgestone Honda鈴鹿レーシングチーム CBR600RR ホンダ 13 1:55.502 25:38.634
10 52 岡本 裕生 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 13 1:56.811 25:39.036
11 64 田尻 悠人 BS Bridgestone GOSHI Racing CBR600RR ホンダ 13 1:57.053 25:41.847
12 77 西嶋 修 BS Bridgestone SPA 直入インストラクター&才全会 ZX-6R カワサキ 13 1:56.775 25:42.064
13 62 井上 拓海 BS Bridgestone Honda緑陽会熊本レーシング CBR600RR ホンダ 13 1:57.214 25:42.174
14 41 仲村 優佑 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 13 1:57.218 25:43.076
15 40 南本 宗一郎 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 13 1:57.809 25:47.153
16 48 行村 和樹 BS Bridgestone TOHO RACING CLUB CBR600RR ホンダ 13 1:58.418 25:53.961
17 20 名越 公助 BS Bridgestone GBS YAMAHA マツエセブン忠男 YZF-R6 ヤマハ 13 1:57.812 25:55.592
18 18 田所 隼 BS Bridgestone TEAM PLUS ONE CBR600RR ホンダ 13 1:57.307 25:57.644
19 70 清末 尚樹 BS Bridgestone RS-ITOH ZX-6R カワサキ 13 1:58.361 25:59.145
20 24 田尻 克行 BS Bridgestone グリーンクラブ能塚 ZX-6R カワサキ 13 1:57.694 26:00.714