• 開催場所:岡山国際サーキット
  • 開催日:2017年09月30日(土) 〜 2017年10月01日(日)
縮小_600_podium.JPG

 ランキングリーダーとしてシーズン終盤戦に突入した前田恵助が、金曜日の合同走行でもトップタイムをマーク。しかし予選セッション序盤でリーダーボードのトップに浮上したのは前田に続きランキング2位の國峰啄磨だった。
 セッションちょうど半分の残り20分を切ったところで2台が転倒。これで赤旗が出されてアタックは中断される。ほどなく予選が再開されたが、タイム更新する者は現われず、國峰ポールポジション・前田2番手・岡本裕生3番手と、今季の優勝経験者がフロントロウに顔をそろえた。

縮小_600_MAEDA_run.JPG

 決勝で好スタートを切ったのは前田。しかしオープニングラップのヘアピンで多重クラッシュが発生して赤旗中断。仕切り直しのレースは19周から12周に短縮が決定された。 
 2回目のスタートでも前田がホールショット。國峰・岡本・田所隼と続き、この4台がトップ集団を形成。前田がじわじわと後続を引き離し、トップ独走態勢に移行。6周終了時点で後続を2秒引き離した。2位争いに転じた岡本と田所の争いから抜け出した國峰が単独2番手走行を開始。必死に前田を追いかけるが、その差は開く一方。8周目。岡本と表彰台争いを展開していた田所が転倒し、岡本が単独3番手となって、トップ3がそれぞれ単独走行に。
 前田は最後までトップを快走。最後には5秒以上のアドバンテージを築いて今季2勝目をマークした。國峰が2位・岡本が3位で、それぞれチェッカーを受けた。

縮小_600_MAEDA_podium.JPG

●前田恵助(予選2位・決勝1位)
「前回、もてぎラウンドで勝った時と同じ状況で楽しめました。後ろは意識していましたが、なるべく自分の走りに専念しました。岡山は好きなコースだから、自分に自信を持っていればいけると信じていました。最終戦は小さい頃からずっと走っているホームコースですが、去年は過信して失敗してしまったので、今年は自身のコースレコード・ポール獲得・優勝と、みんなに納得してもらえる走りをしたいです」


●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「レースは1周目の赤旗中断で12周に短縮されました。トップ争いはフロントロウ3選手によるものとなり、前田選手が今季2勝目を獲得。今季はこれまでに4人の優勝者が出ましたが、前田選手のみが2勝目を挙げてランキングトップの座も守りました。今回も10代の若いライダーが表彰台を独占し、タイトル獲得の可能性を残しているのはこの3人を含めて4人。最終戦はタイトルの掛かった、素晴らしいレースを期待しています」

レース結果

コース:岡山国際サーキット

[ST600]

決勝

  • 開催日:2017/10/01
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:32℃
  • 決勝出走:36
  • 完走:29
  • (3.703km x 12laps = 44.436km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 5 前田 恵助 BS Bridgestone 伊藤レーシングGMDスズカ YZF-R6 ヤマハ 12 4 1:32.794 18:42.087
2 50 國峰 琢磨 BS Bridgestone T.ProInnovation CBR600RR ホンダ 12 6 1:33.159 18:47.402
3 52 岡本 裕生 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 12 4 1:33.267 18:49.903
4 17 亀井 雄大 BS Bridgestone Honda鈴鹿レーシングチーム CBR600RR ホンダ 12 4 1:33.636 18:54.255
5 3 名越 哲平 BS Bridgestone Mistresa RT HARC-PRO CBR600RR ホンダ 12 3 1:33.984 19:01.158
6 57 奥田 教介 BS Bridgestone team MF&KAWASAKI ZX-6R カワサキ 12 5 1:34.074 19:01.569
7 15 和田 留佳 BS Bridgestone RS-ITOH & サンタバイク ZX-6R カワサキ 12 2 1:34.155 19:03.074
8 46 星野 知也 BS Bridgestone TEAM PLUS ONE CBR600RR ホンダ 12 5 1:34.264 19:06.248
9 48 行村 和樹 BS Bridgestone TOHO RACING CLUB CBR600RR ホンダ 12 6 1:34.729 19:10.546
10 40 南本 宗一郎 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 12 11 1:35.154 19:10.604
11 16 中村 豊 BS Bridgestone MOTO BUM HONDA CBR600RR ホンダ 12 7 1:35.367 19:14.366
12 39 古山 颯太 BS Bridgestone 伊藤レーシングGMDスズカ YZF-R6 ヤマハ 12 11 1:35.059 19:15.754
13 24 田尻 克行 BS Bridgestone グリーンクラブ能塚 ZX-6R カワサキ 12 6 1:35.395 19:16.806
14 20 名越 公助 BS Bridgestone GBS YAMAHA マツエセブン忠男 YZF-R6 ヤマハ 12 4 1:35.631 19:18.800
15 13 山元 聖 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 12 4 1:35.423 19:20.727
16 27 大野 英樹 BS Bridgestone B~DASH106 Snail Racing ZX-6R カワサキ 12 8 1:35.802 19:22.221
17 90 中村 龍之介 BS Bridgestone au & テルル・Kohara RT CBR600RR ホンダ 12 9 1:35.755 19:22.544
18 25 松川 泰宏 BS Bridgestone MOTO BUM+SAI CBR600RR ホンダ 12 7 1:36.186 19:26.224
19 26 櫻井 賢一 BS Bridgestone MOTO BUM CBR600RR ホンダ 12 6 1:35.914 19:28.074
20 43 森中 忍 BS Bridgestone B~dash106+Little Wing CBR600RR ホンダ 12 6 1:36.003 19:28.689
[ST600]

予選

  • 開催日:2017/09/30
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:38℃
  • 決勝出走:36
  • (3.703km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 50 國峰 琢磨 BS Bridgestone T.ProInnovation CBR600RR ホンダ 3 1:33.097
2 5 前田 恵助 BS Bridgestone 伊藤レーシングGMDスズカ YZF-R6 ヤマハ 6 1:33.155
3 52 岡本 裕生 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 3 1:33.449
4 18 田所 隼 BS Bridgestone TEAM PLUS ONE CBR600RR ホンダ 3 1:33.730
5 3 名越 哲平 BS Bridgestone Mistresa RT HARC-PRO CBR600RR ホンダ 3 1:33.955
6 17 亀井 雄大 BS Bridgestone Honda鈴鹿レーシングチーム CBR600RR ホンダ 7 1:33.983
7 15 和田 留佳 BS Bridgestone RS-ITOH & サンタバイク ZX-6R カワサキ 13 1:31.011
8 13 山元 聖 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 3 1:34.102
9 57 奥田 教介 BS Bridgestone team MF&KAWASAKI ZX-6R カワサキ 8 1:34.108
10 46 星野 知也 BS Bridgestone TEAM PLUS ONE CBR600RR ホンダ 21 1:34.334