• 開催場所:鈴鹿サーキット
  • 開催日:2017年11月04日(土) 〜 2017年11月05日(日)
600_podium.JPG

 ST600 Supported by BRIDGESTONE は、昨年に引き続き、前田恵助がランキングリーダーとして最終戦に突入。國峰啄磨・岡本裕生・星野知也の4人でのタイトル争い最終決戦を迎えた。予選は雲が少しかかっていたものの好天。しかしセッション開始5分で大粒の雨粒が落ち、一時赤旗中断となる。すぐに雨はやみ、セッション再開。前田は動揺することなく順調にタイムアタックを再開して、ポールポジションを獲得した。2番手には亀井雄大、國峰が3番手フロントロウを獲得。タイトルの可能性を残す岡本は清末尚樹に次ぐ5番手。同じくタイトルの可能性を残す星野は転倒もあり13番手となった。

600_OKAMOTO_race.JPG

 12周で争われた決勝レース。ホールショットを奪ったのは前田。亀井・國峰と予選順位のまま続く。しかしオープニングラップで國峰が2番手浮上。岡本も亀井をかわして3番手浮上。亀井は徐々に遅れだし、前田・國峰・岡本の3台が抜け出す。
 3周目に岡本がトップ浮上。前田は2番手に後退。岡本はすぐに後続を引き離しにかかり、前田と國峰が2位争いを展開。4周目に國峰が前田の前に出る。その間に亀井が挽回して2位争いに追いつき、3台でのバトルに発展する。5周目に一度4番手に後退した前田だったが、翌周には表彰台圏内に再浮上し、7周目にはペースを上げて國峰を捕らえると2番手奪回。前田はさらにペースアップして2位争い集団を抜け出す。國峰は亀井と表彰台争いに移行する。
 岡本は最後までトップを快走して、そのまま今季2勝目。前田は2位フィニッシュで、全日本初タイトルを獲得。亀井と國峰の激しい争いは、亀井の転倒により國峰の3位表彰台で決着した。

●岡本裕生(予選5位/決勝1位)
「鈴鹿サーキットはあまり走行経験がなく、ウィーク初日はなかなかペースを上げることができませんでしたが、日に日によくなっていきました。レースでは序盤から攻めて後半に引き離す作戦だったのですが、後半に焦りが出て攻めきれませんでした。そこに悔しさが残るのですが、優勝できたのはうれしいです。今季は、開幕戦にスポット参戦して成績を残せたことで、結果的に全戦参戦することができました。雨のSUGOで優勝できて自信になりましたし、今日はドライで勝てたので、さらにうれしいです」

●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「タイトル争いをしている上位3名による激しいトップ争いとなり、予選タイムを上回るペースでのすばらしいレースでした。今季2勝目を挙げた岡本選手と2位で見事タイトルを決めた前田選手、そしてチームの皆様にお祝いを申しあげます。今年もST600クラスは若いライダーの活躍により非常に盛り上がり、4人のウイナーが誕生するという見応えのあるシーズンとなりました。ST600クラスのワンメイクタイヤも、2018年から2020年までブリヂストンが継続する事が決まっています。我々は来季以降も、ワンメイクタイヤサプライヤーとして、このクラスを足元からしっかり支えて、盛り上がるように努力していきます」

600_MAEDA_run2.JPG
600_MAEDA_podium2.JPG

レース結果

コース:鈴鹿サーキット

[ST600]

決勝

  • 開催日:2017/11/05
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:26℃
  • 決勝出走:31
  • 完走:28
  • (5.821km x 12laps = 69.852km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 52 岡本 裕生 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 12 4 2:13.421 26:48.024
2 5 前田 恵助 BS Bridgestone 伊藤レーシングGMDスズカ YZF-R6 ヤマハ 12 2:13.582 26:49.049
3 50 國峰 琢磨 BS Bridgestone T.ProInnovation CBR600RR ホンダ 12 2:13.742 26:49.865
4 3 名越 哲平 BS Bridgestone Mistresa RT HARC-PRO CBR600RR ホンダ 12 2:14.279 26:58.707
5 40 南本 宗一郎 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 12 2:13.770 27:01.178
6 46 星野 知也 BS Bridgestone TEAM PLUS ONE CBR600RR ホンダ 12 2:14.535 27:03.908
7 57 奥田 教介 BS Bridgestone team MF&KAWASAKI ZX-6R カワサキ 12 2:14.641 27:04.327
8 70 清末 尚樹 BS Bridgestone RS-ITOH ZX-6R カワサキ 12 2:14.806 27:06.477
9 18 田所 隼 BS Bridgestone TEAM PLUS ONE CBR600RR ホンダ 12 2:14.477 27:07.084
10 20 名越 公助 BS Bridgestone GBS YAMAHA マツエセブン忠男 YZF-R6 ヤマハ 12 2:14.716 27:10.283
11 13 山元 聖 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 12 2:14.991 27:12.850
12 39 古山 颯太 BS Bridgestone 伊藤レーシングGMDスズカ YZF-R6 ヤマハ 12 2:15.389 27:21.059
13 15 和田 留佳 BS Bridgestone RS-ITOH & サンタバイク ZX-6R カワサキ 12 2:15.177 27:22.893
14 16 中村 豊 BS Bridgestone MOTO BUM HONDA CBR600RR ホンダ 12 2:15.818 27:23.263
15 38 杉山 優輝 BS Bridgestone MOTO BUM HONDA CBR600RR ホンダ 12 2:15.422 27:24.009
16 24 田尻 克行 BS Bridgestone グリーンクラブ能塚 ZX-6R カワサキ 12 2:16.032 27:25.639
17 77 西嶋 修 BS Bridgestone チーム阪神ライディングスクールwith才全会 ZX-6R カワサキ 12 2:16.849 27:42.180
18 28 山内 芳則 BS Bridgestone YSSマーキュリー&スピードハートTTS ZX-6R カワサキ 12 2:17.064 27:42.309
19 90 中村 龍之介 BS Bridgestone au & テルル・Kohara RT CBR600RR ホンダ 12 2:17.217 27:42.678
20 27 大野 英樹 BS Bridgestone B~DASH106 Snail Racing ZX-6R カワサキ 12 2:17.447 27:43.113
[ST600]

予選

  • 開催日:2017/11/04
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:31
  • (5.821km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 5 前田 恵助 BS Bridgestone 伊藤レーシングGMDスズカ YZF-R6 ヤマハ 3 2:13.710
2 17 亀井 雄大 BS Bridgestone Honda鈴鹿レーシングチーム CBR600RR ホンダ 9 2:14.298
3 50 國峰 琢磨 BS Bridgestone T.ProInnovation CBR600RR ホンダ 7 2:14.356
4 70 清末 尚樹 BS Bridgestone RS-ITOH ZX-6R カワサキ 5 2:14.361
5 52 岡本 裕生 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 7 2:14.471
6 3 名越 哲平 BS Bridgestone Mistresa RT HARC-PRO CBR600RR ホンダ 7 2:14.474
7 40 南本 宗一郎 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 4 2:14.536
8 57 奥田 教介 BS Bridgestone team MF&KAWASAKI ZX-6R カワサキ 6 2:15.057
9 13 山元 聖 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 2 2:15.458
10 48 行村 和樹 BS Bridgestone TOHO RACING CLUB CBR600RR ホンダ 4 2:15.516