• 開催場所:筑波サーキット
  • 開催日:2018年06月30日(土) 〜 2018年06月30日(土)
600_RC1_podium.JPG

冬を思わせる低い気温の中で開催された前戦SUGOラウンドから2週間。第5戦筑波ラウンドは一転して真夏を思わせる強い日差しが降り注ぎ、高い気温の中で行なわれた。
 2レースが組まれたために決勝レース1は予選と同日の土曜日に行なわれた。午前中の予選では長尾健吾がセッション序盤からリーダーボードのトップに君臨。セッション途中に赤旗中断をはさみ、集中力勝負にもなったが、筑波サーキットで育った長尾はそのままトップの座を譲らずに全日本初ポールポジションを獲得した。
 長尾は「去年まで4年間、ここ筑波サーキットでアルバイトをしていたし、実家も近所。地方選時代から走り慣れたコースだけれど、なかなか一番になれなかった。ようやくポールポジションが取れた」と満面の笑み。「この高い気温でもタイムを詰めることができていることが、自信につながっている」と決勝に向けて気合いを入れた。

600_NAGAO_start.JPG

午後の決勝レース1。好スタートで飛び出した長尾。予選2番手の小山知良、3番手の上和田拓海とフロントロウの3人がそのままの順位で続く。ここに岡本裕生を加えた4台がトップ集団を形成。
 4周目に岡本が上和田を捕らえて表彰台圏内に上がる。後退した上和田に今度は追い上げてきた奥田教介が襲いかかる。ところが奥田は12周目に転倒。
 トップ3は長尾、小山、岡本の順で膠着状態のまま周回が進む。
 レース終盤。小山がじりじりと長尾との差を詰める。しかし一歩届かず。長尾がポールtoウインで全日本初優勝。小山は「20周では足りなかった。せめてあと10周あれば…」と悔しい2位。「前のライダーに追いつくことしか考えていなかったが、じわじわと離されてしまい、精神的につらいレースだった」という岡本が単独3位で表彰台を獲得した。


●長尾健吾(予選1位/決勝1位)
「金曜日の練習走行では、まだトップをねらうには至らない感じでした。クリアラップが取れていなかったのも敗因だったので、予選ではコースインを遅らせる作戦が当たりました。ようやくかみあってきた感じがあります。明日も今日のようなレースができるように気持ちをリセットします」


●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「全日本初ポールポジションの長尾選手が、全日本初優勝。新たなウイナーが生まれたことを、うれしく思います。2位ベテラン小山選手とのテールtoノーズが最後まで続き、すばらしいレースでした。明日のレースも楽しみです」

600_NAGAO_run.JPG

レース結果

コース:筑波サーキット

[ST600]

決勝

  • 開催日:2018/06/30
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:30
  • 完走:24
  • (2.07km x 20laps = 41.4km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 16 長尾 健吾 BS Bridgestone 善光会TEAMけんけん+BEE YZF-R6 ヤマハ 20 7 59.121 19:53.725
2 230 小山 知良 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 20 7 59.239 19:53.991
3 51 岡本 裕生 BS Bridgestone 41Planning YZF-R6 ヤマハ 20 3 59.266 19:56.671
4 40 上和田 拓海 BS Bridgestone Team Plusone YZF-R6 ヤマハ 20 2 59.273 20:05.261
5 55 國峰 琢磨 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 20 2 59.270 20:07.943
6 11 亀井 雄大 BS Bridgestone Honda Suzuka Racing Team CBR600RR ホンダ 20 4 59.689 20:08.120
7 18 杉山 優輝 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA CBR600RR ホンダ 20 4 59.898 20:14.015
8 97 佐野 優人 BS Bridgestone BATTLE FACTORY CBR600RR ホンダ 20 8 1:00.039 20:15.489
9 8 名越 公助 BS Bridgestone GBS YAMAHA マツエセブン忠男 YZF-R6 ヤマハ 20 11 1:00.007 20:15.599
10 9 南本 宗一郎 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 20 4 1:00.042 20:15.926
11 98 佐野 勝人 BS Bridgestone TEAM VITAL SPIRIT CBR600RR ホンダ 20 9 1:00.054 20:18.954
12 17 行村 和樹 BS Bridgestone TOHO RACING CLUB CBR600RR ホンダ 20 3 1:00.009 20:19.114
13 41 梅田 虎太郎 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA REVES CBR600RR ホンダ 20 2 59.977 20:23.553
14 90 中村 龍之介 BS Bridgestone au・テルル MotoUP RT CBR600RR ホンダ 20 9 1:00.644 20:25.689
15 52 関野 海斗 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 20 7 1:00.494 20:30.385
16 26 西嶋 修 BS Bridgestone チーム阪神ライディングスクール ZX-6R カワサキ 20 5 1:00.625 20:32.013
17 28 松川 泰宏 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA+SAI CBR600RR ホンダ 20 5 1:00.561 20:32.987
18 44 平野 ルナ BS Bridgestone ENDLESS TEAM SHANTI SSM CBR600RR ホンダ 20 8 1:01.014 20:34.398
19 75 櫻山 茂昇 BS Bridgestone 地域活性プロジェクト・Team長野 CBR600RR ホンダ 20 9 1:00.443 20:34.511
20 38 小山 葵 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 20 7 1:00.800 20:35.953
[ST600]

予選

  • 開催日:2018/06/30
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:35
  • (2.07km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 16 長尾 健吾 BS Bridgestone 善光会TEAMけんけん+BEE YZF-R6 ヤマハ 3 58.882
2 230 小山 知良 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 6 58.904
3 40 上和田 拓海 BS Bridgestone Team Plusone YZF-R6 ヤマハ 6 59.028
4 51 岡本 裕生 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 5 59.051
5 57 奥田 教介 BS Bridgestone team MF&KAWASAKI ZX-6R カワサキ 18 59.100
6 11 亀井 雄大 BS Bridgestone Honda Suzuka Racing Team CBR600RR ホンダ 4 59.212
7 18 杉山 優輝 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA CBR600RR ホンダ 3 59.280
8 55 國峰 琢磨 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 2 59.362
9 43 中山 耀介 BS Bridgestone TEAM SHOTA YZF-R6 ヤマハ 4 59.667
10 41 梅田 虎太郎 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA REVES CBR600RR ホンダ 5 59.730