• 開催場所:岡山国際サーキット
  • 開催日:2018年09月29日(土) 〜 2018年09月30日(日)

 小山知良がランキングトップ、岡本裕生が同点のランキング2位で迎えた全日本第8戦岡山。最終戦に向けてタイトルの行方が大きく左右されるため、注目を集めていた。

600_OKUDA_run2.JPG

 週末に向けて台風の接近が予想される中、金曜日の合同走行は予報を疑いたくなるほどの好天に恵まれた。午前と午後の走行はいずれも小山がトップタイムをマーク。しかし午前中の走行では岡本が0.008秒差の2番手。午後の走行では南本宗一郎が0.045秒差の2番手、岡本が0.249秒差の3番手と決勝での混戦を予想させる結果となった。

600_OKUDA_run1.JPG

 土曜日は台風接近のベルが鳴ったかのような雨で始まった。ST600予選が始まる前に日曜日の全クラス決勝中止が告げられた。同時に予選結果でハーフポイントが与えられることも正式発表され、ライダーにとってはタイムアタックによる最終決戦という意味合いの予選になった。 
 予選セッションは雨脚が強まる中で開始。岡本、奥田教介、亀井雄大と次々にトップが入れ替わる接戦。セッション中盤のリーダーボードトップは奥田と亀井の名前が周回ごとに入れ替わる。セッション終盤にはここに南本も割って入る。この熾烈なアタック合戦を制したのは奥田。南本が2番手、亀井が3番手。

600_OKUDA_face.JPG

 奥田は「テストから雨でも調子よく走れていたから、ほかのクラスの赤旗中断などの荒れた予選を見ても落ち着いて攻めることができた。昨日のドライコンディションではタイムを詰めることができなかったけれど、雨では自信があった。仕方ないことだけれど本心は決勝を走りたかった。タラレバだし、いいところにけたと思う」と語った。
 また、最終アタックで小山が4番手に浮上。対する岡本は5番手。これで小山が121ポイントでランキングトップ。岡本はランキング2位と順位は変わらないものの、小山とは1点差がついてしまった。

●奥田教介(予選1位)
「新しくなった今年のレインタイヤは、グリップがよくて耐久性が以前よりも高くなりました。フロントが特に強くなって、雨でもブレーキを躊躇なくかけられます。今日は特にブレーキングでしっかりタイムを詰めるように意識して走った結果のポールポジションです」

●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「ウエットコンディションを、ほとんどのライダーがワンメイク指定タイヤのW01で臨みました。決勝キャンセルが発表になっての予選でしたが、40分間の予選中で上位のポジションが大きく替わるすばらしい予選で、トップ8が1秒以内という激しい戦いになりました。今回も今季初ポールポジションの奥田選手、2位は南本選手と若いライダーが台頭してきてくれたことをうれしく思います。また、ランキング争いは1位が小山選手、2位の岡本選手が1ポイント差で最終戦を迎えることになりました。チャンピオン争いも楽しみです」

レース結果

コース:岡山国際サーキット

[ST600]

予選

  • 開催日:2018/09/29
  • 天候:Rain
  • 路面:Wet
  • 決勝出走:39
  • (3.703km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 57 奥田 教介 BS Bridgestone team MF&KAWASAKI ZX-6R カワサキ 23 1:40.227
2 9 南本 宗一郎 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 21 1:40.340
3 11 亀井 雄大 BS Bridgestone Honda Suzuka Racing Team CBR600RR ホンダ 18 1:40.798
4 230 小山 知良 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 22 1:41.045
5 51 岡本 裕生 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 20 1:41.084
6 55 國峰 琢磨 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 20 1:41.252
7 98 佐野 勝人 BS Bridgestone TEAM VITAL SPIRIT CBR600RR ホンダ 20 1:41.252
8 12 古山 颯太 BS Bridgestone 伊藤レーシング YZF-R6 ヤマハ 19 1:41.282
9 71 上原 大輝 BS Bridgestone Mistresa RT HARC-PRO CBR600RR ホンダ 17 1:41.621
10 18 杉山 優輝 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA CBR600RR ホンダ 22 1:41.887
11 43 中山 耀介 BS Bridgestone TEAM SHOTA YZF-R6 ヤマハ 23 1:41.925
12 16 長尾 健吾 BS Bridgestone 善光会TEAMけんけん+BEE YZF-R6 ヤマハ 16 1:42.281
13 97 佐野 優人 BS Bridgestone BATTLE FACTORY CBR600RR ホンダ 17 1:42.409
14 74 稲垣 誠 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 14 1:42.409
15 36 櫻井 賢一 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA CBR600RR ホンダ 16 1:42.746
16 38 小山 葵 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 15 1:42.756
17 52 関野 海斗 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 23 1:42.758
18 76 長谷川 修大 BS Bridgestone Honda Suzuka Racing Team CBR600RR ホンダ 19 1:42.807
19 45 丹羽 貴大 BS Bridgestone OZT Racing with YSP名古屋西 YZF-R6 ヤマハ 21 1:42.825
20 8 名越 公助 BS Bridgestone GBS YAMAHA マツエセブン忠男 YZF-R6 ヤマハ 22 1:42.872