• 開催場所:岡山国際サーキット
  • 開催日:2018年09月29日(土) 〜 2018年09月30日(日)

全日本RR第8戦岡山ラウンドは、最終戦前の大事な1戦となる。ブリヂストン上位勢は、中島元気(ブリヂストン)が首位と同点ランキング2位、長谷川聖(ブリヂストン)がランキング4位、菅原陸(ブリヂストン)がランキング6位で岡山国際サーキットでの戦いに挑んだ。

JGP3_NAKAYAMA_run1.JPG

 金曜日の合同走行は午前中の1回目に長谷川、2回目は福嶋佑斗(ブリヂストン)がトップタイムと、ブリヂストンユーザーの若手が好発進。金曜日の総合トップはランキング8位の福嶋。日本GPへのワイルドカード参戦が決まった福嶋は気合いが入る。
 金曜日は青空が広がり好天に恵まれたが、土曜日は迫り来る台風の影響を受け、朝から雨に見舞われた。水しぶきを上げながら予選アタック開始。雨脚は強まったり弱まったりで難しいウエットコンディション。それでも福嶋はリーダーボードのトップに顔を出す活躍を見せる。
 セッション後半でトップに浮上したのは菅原。さらにセッション終盤では中山愛理(ブリヂストン)がいきなりリーダーボードのトップに名前を掲げる。通常なら各車タイムアタックを始めるころに雨脚が強まり、赤旗中断。そしてそのまま予選は終了。
中山が全日本初ポールポジション獲得を決めた

JGP3_NAKAYAMA_face.JPG

 中山の前戦までのランキングは17位。しかし「前戦の転倒でマシンを壊してしまい、古巣のチームプラスワンからマシンを借りました。それがすごく乗りやすいマシンだったのが勝因です。もともとウエットコンディションが好きだし、地元の岡山国際サーキットは得意ということもあって、今日の成績に結びつけられました」と満面の笑みを浮かべた。
 また2番手には菅原、3番手に福嶋がつけ、ブリヂストンユーザーがフロントロウを独占した。
 決勝は台風の接近に伴い中止が決定。予選順位でハーフポイントが与えられることになった。中島(DL)は今回の予選で5番手と振るわなかったものの、ランキングトップに浮上して最終戦に臨むことになった。

●中山愛理(予選1位)
「GP3クラスで走るようになってから、ずっとブリヂストンタイヤを履いています。2年前にレインタイヤが新しくなったのですが、それがすばらしくよくできていて、びっくりしました。特に耐久性が高く、40分間の予選でも一度もタイヤを替えることなく、ひたすらタイムを詰めることに集中できました。ウエットコンディションでは他メーカーのタイヤユーザーよりも優位に立つことができました」

●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「スタート時から雨で完全ウエットコンディションとなる中、ブリヂストン勢は全員が市販タイヤのW01を装着して予選に臨みました。その結果、ブリヂストンユーザーの中山愛理選手が初ポールポジションを獲得。菅原選手が2位、福嶋選手が3位と、ブリヂストン勢が予選で1位から3位までを占める活躍を見せてくれました。決勝中止は残念でしたが、予選での成績はこのクラス初の好結果となり、非常にうれしく思います」

レース結果

コース:岡山国際サーキット

[J-GP3]

予選

  • 開催日:2018/09/29
  • 天候:Rain
  • 路面:Wet
  • 決勝出走:28
  • (3.703km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 33 中山 愛理 BS Bridgestone TEAM SHOTA NSF250R ホンダ 19 1:45.086
2 93 菅原 陸 BS Bridgestone RG NIWA with オーテック・スズカ NSF250R ホンダ 17 1:45.092
3 36 福嶋 佑斗 BS Bridgestone Team Plusone NSF250R ホンダ 17 1:45.608
4 71 小室 旭 DL Team P.MU 7C MIKUNI NSF250R ホンダ 13 1:45.620
5 4 中島 元気 DL TEAM SRS-Moto NSF250R HRC 17 1:46.337
6 090 藤井 謙汰 BS Bridgestone au・テルル MotoUP RT NSF250R ホンダ 17 1:46.577
7 13 長谷川 聖 BS Bridgestone CLUB Y's & J NSF250R ホンダ 11 1:46.831
8 30 太田 虎之進 BS Bridgestone WJ-FACTORY NSF250R HRC 15 1:47.206
9 3 古市 右京 DL KTM . ASPIRATION RACING RC250R KTM 15 1:47.330
10 41 宇井 陽一 DL 41Planning TR004 IODA 12 1:47.338
11 17 野澤 秀典 BS Bridgestone ノザワレーシングファミリー NSF250R ホンダ 18 1:47.377
12 61 岡谷 雄太 PI MORIWAKI CLUB NSF250R ホンダ 16 1:47.443
13 34 村田 憲彦 BS Bridgestone CLUB Y's & J NSF250R ホンダ 17 1:47.657
14 32 西田 信義 BS Bridgestone WJ-FACTORY NSF250R HRC 9 1:48.028
15 58 仲村 瑛冬 DL 犬の乳酸菌.jp/プリミティブR.T NSF250R ホンダ 17 1:48.507
16 6 安村 武志 犬の乳酸菌.jp/プリミティブR.T PRCS3d PRCS 16 1:48.547
17 23 岸田 慶一 BS Bridgestone FLEX Racing team & MH OHARA NSF250R ホンダ 18 1:48.548
18 16 高杉 奈緒子 DL 41Planning NSF250 ホンダ 11 1:48.596
19 26 金子 寛 BS Bridgestone ifレーシング AutoMac 翔天恭 NSF250R ホンダ 15 1:48.605
20 37 坪川 浩明 DL 犬の乳酸菌.jp/プリミティブR.T PRCS3d ホンダ 9 1:48.748