• 開催場所:オートポリス
  • 開催日:2021年09月18日(土) 〜 2021年09月19日(日)
【2021年全日本ロードレース選手権 第7戦 オートポリス J-GP3】徳留真紀が激しい2位争いを制して今季初表彰台を獲得
21JRR07_JGP3_FP3=192A.JPG

2021年シーズンの最終戦に位置づけられた全日本第7戦オートポリス。台風直撃の予報が出されていたが、大きな影響を受けたのは金曜日の合同走行日のみ。全日本4クラスのうちJ-GP3のみが午前、午後と2回の走行ができたものの、午前中の走行はセッション途中のオイル処理で赤旗終了。午後のセッション後半は雨に見舞われた。予選が行なわれた土曜日には台風が通り過ぎ、強い雨風も収まった。しかし、まだまだ油断のできない空模様。J-GP3クラス予選スタート時には早朝までの降雨の影響でウエット宣言が出された。路面はところどころが乾いている状態。それでも途中で霧が迫るなど、難しいコンディションになった。タイミングを見計らってのタイムアタック。そんな中でも山田尚輝(ブリヂストン)が2列目6番手を獲得。木内尚汰(ブリヂストン)、森俊也(ブリヂストン)、徳留真紀(ブリヂストン)が3列目に並ぶことになった。

21JRR07_JGP3_RC=162A.JPG

台風の影響も消え、朝から秋らしい空気に包まれた決勝日。好スタートを切ったのはポールシッターの尾野弘樹(DL)。高杉奈緒子(DL)、小室旭(DL)の3台がトップ集団を形成。その後方で徳留、細谷翼(DL)、田中風如(DL)、木内の4台が4位争いを開始する。トップ3台はそれぞれ1秒ほどの間隔を開けて周回を重ねる。その差は徐々に広がる様相。徳留と細谷がドッグファイトを開始。ここに田中との6位争いを制した木内が加わり3台での激しい争いに発展。レース中盤。3台の4位争い集団が小室との差を詰め始め、4台での表彰台争いに移行。11周目に細谷が小室を捕らえて3番手浮上。2番手走行の高杉も飲み込んで5台の2位争いへと発展する。一気に2位争いの渦中となった徳留と木内。激しいバトルが開始される。この激戦は最終ラップまで続き、徳留が僅差で激戦を制して今季初表彰台を2位で飾った。また、木内は5位で今季の最終戦を終えた。

21JRR07_JGP3_RC=507A.JPG

●徳留真紀(予選9位/決勝2位)
「昨日の予選はハーフウエットになって難しいコンディションでした。路面温度も上がらず、その中で手ごたえはあったもののタイムにむすびついていませんでした。今日は路面温度もいい感じに上がってくれて、最初からいいスタートを切ることができました。ブリヂストンタイヤはウォームアップ性もよく、早々に上位に上がることができました。レース後半はタイヤがスライドするようにはなりましたが、いつものようにコントロール性もすごく高く、上り勾配の加重のかかるところでもしっかり受けてくれて、最後にアタックすることができました。久しぶりに表彰台に上がることができて、しかも地元でいいレースができて、非常に気持ちがいいです」

レース結果

コース:オートポリス

[J-GP3]

決勝

  • 開催日:2021/09/19
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:21
  • 完走:19
  • (4.674km x 15laps = 70.11km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 22 尾野 弘樹 DL P.MU 7C GALE SPEED NSF250R ホンダ 15 1:57.629 29:45.378
2 4 徳留 真紀 BS Bridgestone マルマエMTR NSF250R ホンダ 15 1:58.525 29:49.359
3 25 細谷 翼 DL realize racing team NSF250R ホンダ 15 1:58.535 29:49.399
4 2 小室 旭 DL Sunny moto planning RC250R KTM 15 1:58.365 29:49.407
5 11 木内 尚汰 BS Bridgestone Team Plusone NSF250R ホンダ 15 1:58.068 29:49.524
6 7 高杉 奈緒子 DL Team NAOKO KTM RC250R KTM 15 1:58.006 29:50.456
7 24 田中 風如 DL WJ-FACTORY NSF250R ホンダ 15 1:59.091 30:06.820
8 30 森 俊也 BS Bridgestone WJ-FACTORY FTR M312 ホンダ 15 1:59.644 30:13.094
9 15 山田 尚輝 BS Bridgestone SDG Motor Sports Jr. Team NSF250R ホンダ 15 2:00.038 30:13.206
10 8 彌榮 郡 DL MARUMAE with Club PARIS NSF250R ホンダ 15 1:59.954 30:26.702
11 3 成田 彬人 BS Bridgestone SDG Motor Sports RT HARC-PRO. NSF250R ホンダ 15 2:00.759 30:27.125
12 14 宇井 陽一 DL 41プランニングTeam One For All TR004 IODA 15 2:00.445 30:30.538
13 28 高橋 直輝 RG NIWA with O-TEC NSF250R ホンダ 15 2:01.188 30:34.865
14 32 小合 真士 BS Bridgestone SDG Motor Sports Jr. Team NSF250R ホンダ 15 2:01.088 30:35.954
15 27 上江洲 葵要 DL ライダーズサロン横浜☆ペンスケ NSF250R ホンダ 15 2:01.065 30:44.153
16 13 岡崎 静夏 DL RT YOLO SARD&ぱわあくらふと NSF250R ホンダ 14 1 2:02.979 31:00.584
17 23 桐石 瑠加 DL P.MU 7C GALE SPEED ChallengeFox NSF250R ホンダ 13 2 2:01.080 26:29.736
18 19 江澤 伸哉 DL team hirock & HARC-PRO NSF250R ホンダ 13 2 2:00.978 26:30.053
19 26 山本 航 DL ライダーズサロン横浜 NSF250R ホンダ 11 4 2:01.273 22:26.603
[J-GP3]

予選

  • 開催日:2021/09/18
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Wet
  • 決勝出走:21
  • (4.674km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 22 尾野 弘樹 DL P.MU 7C GALE SPEED NSF250R ホンダ 12 1:58.327
2 7 高杉 奈緒子 DL Team NAOKO KTM RC250R KTM 13 1:59.653
3 2 小室 旭 DL Sunny moto planning RC250R KTM 11 1:59.824
4 24 田中 風如 DL WJ-FACTORY NSF250R ホンダ 16 1:59.845
5 25 細谷 翼 DL realize racing team NSF250R ホンダ 13 2:00.005
6 15 山田 尚輝 BS Bridgestone SDG Motor Sports Jr. Team NSF250R ホンダ 13 2:00.028
7 11 木内 尚汰 BS Bridgestone Team Plusone NSF250R ホンダ 17 2:00.303
8 30 森 俊也 BS Bridgestone WJ-FACTORY FTR M312 ホンダ 12 2:00.751
9 4 徳留 真紀 BS Bridgestone マルマエMTR NSF250R ホンダ 17 2:00.881
10 9 山本 恭裕 DL チームライフ・ドリーム北九州 NSF250R ホンダ 17 2:01.060