青木孝行(ブリヂストン)が2連勝 蒲生尚弥(ブリヂストン)は惜しくも2位

  • 開催場所:富士スピードウェイ
  • 開催日:2017年06月03日(土) 〜 2017年06月04日(日)
7078-01.jpg

プロフェッショナルシリーズで圧倒的なパフォーマンスを発揮しているPOTENZA RE-06D。単なる速さだけでなく、レースディスタンスでの安定した性能、外気温や路面温度にも幅広く対応することで、ライバルに対して大きなアドバンテージを示しており、ドライバーの信頼度も高い。今回のレースでもまた、ブリヂストン装着勢が上位を独占しながら、レースは進んでいった。

●予選
予選前、#1佐々木雅弘選手(ブリヂストン)はポールポジションのタイムを2分5秒台半ばと予想していた。それに近いタイムを最初にマークしたのは#47蒲生尚弥選手(ブリヂストン)だった。しかし5秒台のタイムはそう簡単ではなく、タイムモニターのトップには蒲生尚弥選手が表示され続けた。#770山田英二選手(ブリヂストン)が5秒台に入れるも、蒲生尚弥選手には届かない。
予選も後半になり、満を持してアタックした佐々木雅弘選手は、0秒028上回る2分5秒848でトップに立つ。86/BRZレースでは、富士で好成績を挙げている#97近藤翼選手(ブリヂストン)や#31青木孝行選手(ブリヂストン)といったドライバーもアタックに入るが、混雑したコース上ではクリアラップが取れない。
結果、佐々木雅弘選手がポールポジション、2番手には蒲生尚弥選手、3番手には近藤翼選手となった。そのポールポジションから1秒以内に、なんと26台が入った。ポールポジションと2位の差が1秒以上あった開幕戦を思えば、全体的にマシンが仕上がってきたといっていいだろう。

7078-02.jpg

●決勝レース
トップ4台が超接近した形で、レースは進んでいった。ポールポジションの佐々木雅弘選手を先頭に、蒲生尚弥選手、近藤翼選手、そして予選6番手からオープニングラップで4位に上がった青木孝行選手という並びで、さまざまな形に変化しながらのダンゴ状態。
4周目、青木孝行選手が近藤翼選手をオーバーテイク、それをきっかけにレースが動き始める。5周目、ブレーキトラブルを抱えペースが悪くなった佐々木雅弘選手に、蒲生尚弥選手はストレートで並びかけ、1コーナーでトップに立つ。続く6周目には、まるで再現するかのように、青木孝行選手が佐々木雅弘選手をオーバーテイク。そして蒲生尚弥選手に少しずつ、ジリジリと迫っていく。
そしてファイナルラップ、ストレートで並びかけた青木孝行選手は、コカコーラコーナーのインを制してトップに立ち、前戦に続いての2連勝を達成した。ブレーキトラブルを抱えながらも、それを自身のテクニックで補った佐々木雅弘選手は3位。ブリヂストン装着勢が5位までを独占した。

●コメント
優勝した#31青木孝行選手(ブリヂストン)のコメント。
「優勝できるとは思っていなかったんですよ。昨日の予選はアタックで失敗してしまって、6位だったので、まさか6位から勝てるとは思わなかった。全てが今日は上手くいったのかな、と。このレースで、こんなに前にグイグイと上がっていくというのは、結構ないですからね。いろいろな要素があったと思います。序盤に佐々木雅弘選手がトラブルを抱えたことで、トップグループのペースが上がらず、ボクが追い付くことができました。そういう要素もあって、勝つことができたんだと思います。オーバーテイクも、まあ相手もそうなんですが、お互いにスペースを開けながら、クリーンにバトルすることができたのも、大きかったですね。この流れを崩さないように、シーズンを戦っていきたいと思います。」



≫関連コラムは「GOT'S REPORT」へ!
≫Car Watch連載「橋本洋平の『GAZOO Racing 86/BRZ Race』奮闘記」へ!
≫当レース関連情報は「GAZOO Racing」へ!


レース結果

コース:富士スピードウェイ

[Professional Series]

決勝

  • 開催日:2017/06/04
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:35
  • 完走:34
  • (4.563km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 10 21:11.446
2 47 蒲生 尚弥 BS Bridgestone トミカ ネッツ兵庫BS86B 10 21:11.876
3 1 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 10 21:13.331
4 97 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 10 21:13.801
5 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 10 21:14.627
6 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 10 21:14.868
7 76 小河 諒 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 10 21:15.536
8 500 坪井 翔 BS Bridgestone ネッツ東埼玉ワコーズED86 10 21:16.133
9 82 谷口 信輝 YH KTMS 86 10 21:18.940
10 906 新田 守男 BS Bridgestone AREA86倉敷 10 21:20.130
11 199 石川 京侍 DY COROLLA-MIE 86制動屋 10 21:22.103
12 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 10 21:22.108
13 92 元嶋 佑弥 GY 10 21:23.193
14 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 10 21:23.620
15 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 10 21:24.692
16 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 10 21:24.906
17 32 市森 友明 GY 大阪トヨタ86レーシング 10 21:25.616
18 312 松本 晴彦 BS Bridgestone 埼玉自動車大学校 ED 生駒 86 10 21:28.927
19 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 10 21:30.860
20 11 脇阪 寿一 GY ネッツ東京レーシング86 10 21:35.174
21 70 平木 湧也 GY 茨城トヨペット GY86 10 21:39.152
22 36 太田 光紀 GY 10 21:40.415
23 123 小松 一臣 GY ネッツ富山Racing86 10 21:42.655
24 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE 86 10 21:43.054
25 520 平沼 貴之 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 10 21:43.816
26 328 密山 祥吾 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 10 21:44.643
27 50 高島 登 BS Bridgestone 10 21:44.733
28 79 市丸 聡 BS Bridgestone 10 21:45.418
29 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DL ディレッツァ86 10 21:45.426
30 45 羽根 幸浩 BS Bridgestone メタルラボ・スペック 86 10 21:45.805
31 6 渡辺 圭一 BS Bridgestone 10 21:51.252
32 583 近藤 説秀 GY 高野山with P和歌山GY86 10 21:55.720
33 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 10 23:07.725
34 17 織戸 学 YH サミー☆K-one☆MAX86 8 17:14.547
- 206 松本 武士 DL T和歌山 OGAWA 86 DL 6 DNF
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2017/06/03
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度: ℃ ~ ℃
  • 決勝出走:35
  • (4.563km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 1 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 3 2:05.848
2 47 蒲生 尚弥 BS Bridgestone トミカ ネッツ兵庫BS86B 3 2:05.876
3 97 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 3 2:05.926
4 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 3 2:05.965
5 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 4 2:06.000
6 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 3 2:06.029
7 500 坪井 翔 BS Bridgestone ネッツ東埼玉ワコーズED86 4 2:06.092
8 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 4 2:06.127
9 82 谷口 信輝 YH KTMS 86 3 2:06.148
10 76 小河 諒 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 3 2:06.184
11 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 3 2:06.231
12 906 新田 守男 BS Bridgestone AREA86倉敷 3 2:06.255
13 328 密山 祥吾 HK 埼玉トヨペットGB 86 4 2:06.307
14 50 高島 登 BS Bridgestone 3 2:06.332
15 70 平木 湧也 GY 茨城トヨペット GY86 3 2:06.362
16 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 4 2:06.365
17 199 石川 京侍 BS Bridgestone COROLLA-MIE 86制動屋 4 2:06.414
18 32 市森 友明 GY 大阪トヨタ86レーシング 4 2:06.444
19 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 4 2:06.481
20 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 4 2:06.600
21 206 松本 武士 DL T和歌山 OGAWA 86 DL 4 2:06.611
22 17 織戸 学 YH サミー☆K-one☆MAX86 3 2:06.614
23 36 太田 光紀 GY 3 2:06.631
24 79 市丸 聡 BS Bridgestone 7 2:06.703
25 92 元嶋 佑弥 GY 5 2:06.814
26 520 平沼 貴之 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 6 2:06.843
27 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 4 2:06.887
28 312 松本 晴彦 BS Bridgestone 埼玉自動車大学校 ED 生駒 86 6 2:07.317
29 45 羽根 幸浩 BS Bridgestone メタルラボ・スペック 86 7 2:07.343
30 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE 86 5 2:07.531
31 11 脇阪 寿一 GY ネッツ東京レーシング86 3 2:07.584
32 123 小松 一臣 GY ネッツ富山Racing86 7 2:07.592
33 6 渡辺 圭一 BS Bridgestone JCS カネマサ KWR BS86 6 2:07.963
34 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DL ディレッツァ86 7 2:08.395
35 583 近藤 説秀 GY 高野山with P和歌山GY86 6 2:09.338