幸運をしっかり掴んで橋本洋平が今季初優勝

  • 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2017年09月30日(土) 〜 2017年10月01日(日)
club-Race-84_hashimoto01.JPG

今シーズンも残すところ、あと3戦。TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceの第8戦が、9月30日〜10月1日宮城県のスポーツランド菅生で開催された。クラブマンシリーズのエントリーは45台。これはSUGOのフルグリッドとピタリと同じで、過去最大のエントリー台数となった。
高速コーナーとタイトな低速コーナーが織りまぜられたSUGOのコースは、オーバーテイクポイントが少なく、難しいコースレイアウトになっている。それはSUGOの走行経験の少ないクラブマンシリーズのドライバーにとっては影響が大きく、セッティングが決め切れずに安定したタイムが出せないドライバーも少なくなかった。
シリーズチャンピオン争いは、シーズン中盤から強さを見せている#38神谷裕幸選手(YH)が3勝を挙げており、ここで優勝すれば場合によってはシリーズチャンピオンが決まる可能性もある。それを阻止するためにも、ブリヂストン装着勢は反撃の狼煙を上げる必要があった。


<予選>
45台が同時に戦うクラブマンシリーズの予選、誰もが混雑することを予想していた。タイミング良くコースインしないと、タイムが出ない。開始早々にトップタイムを出したのは、#130松井宏太選手(YH)だったが、それをすぐさま神谷選手が上回る。さらに2度目のアタックで1分41秒374を出し、ライバルに強さを見せた。
神谷選手に対抗したのは#75手塚祐弥選手(ブリヂストン)。金曜日に行われた専有走行でもトップタイムを出していたこともあり、PPの最右翼ではあった。しかしコースインするタイミングが悪く、アタックに入る前に遅いマシンをオーバーテイクする必要があり、その時にダーティーな路面でラバーを拾ってグリップダウンさせてしまい、結果0秒196届かずに2位。予選4位には、#84橋本洋平選手(ブリヂストン)が入った。混雑の中でアタックしたタイムでは満足できず、一度クールダウンさせてからの再アタックを予選終了間際に決めて、手にしたポジションだった。

club-podium-84_hashimoto_01.JPG

<決勝レース>
オープニングラップで大きな波乱があった。4コーナーとそれに続くS字で、複数のマシンが絡んだクラッシュが発生。3台のマシンがコース上にストップしたため、セーフティカーが入った。しかし、実はそれよりも前に、すでに大きなハプニングが発生していたのである。
4周目にセーフティカーが解除されると、再スタートはそのままのポジションでクリーンなものだった。しかし5周目、2位を走る手塚祐弥選手に対して、ジャンプスタートの判定があり、ドライブスルーペナルティが出た。そして8周目、今度はトップの神谷裕幸選手にもジャンプスタートの判定が下り、ドライブスルーペナルティとなったのだ。
フロントローからスタートしたトップ2台が、いずれもドライブスルーペナルティを受け戦線から離脱、そこで繰り上がる形でトップに立ったのが、スタートで3位に上がっていた橋本洋平選手だった。残り3周ではあったが、その背後には#126庄司雄磨選手(ブリヂストン)が迫っていた。加速力に勝る庄司選手が激しくプッシュするものの、橋本洋平選手が巧みなブロックラインでオーバーテイクを許さない。
結果、橋本洋平選手が今季初優勝。2位には#310長島大輝選手(YH)、3位に松井宏太選手という表彰台となった。


<コメント>
クラブマンシリーズで今シーズン初優勝した#84橋本洋平選手(ブリヂストン)のコメント。
「スタートは特別良くなかったですけど、3番手スタートの選手が遅れて、それで3位に上がることができました。その後、ジャンプスタートで前の2台が消えて、トップに立つことになったんですね。スタートする前は優勝できるなんて思ってもいなかったので、本当に嬉しいですね。路面温度が比較的高かったこともあって、タイヤはライバルよりもタイムが落ちにくくて、最後までしっかり走ることができました。終盤には加速力が高い庄司選手に激しく追い上げられたんですが、それでも何とかしのぐことができました。」

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[Clubman Series]

決勝

  • 開催日:2017/10/01
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:43
  • 完走:38
  • (3.704km x 13laps = 48.152km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 84 橋本 洋平 BS Bridgestone カーウォッチBS86revo 13 25:38.318
2 310 長島 大輝 YH 埼玉自動車大学校 ED 生駒 86 13 25:40.986
3 130 松井 宏太 YH ネッツ青森アップル RC 86 YH 13 25:42.931
4 523 高橋 泰裕 YH Green Brave 86 13 25:44.899
5 500 小野田 貴俊 YH ネッツ東埼玉ワコーズED86 13 25:47.251
6 710 朝日 俊光 YH カースタレンタカーラルグ86 13 25:47.375
7 703 花里 祐弥 YH 埼玉トヨタ・エンドレス86R 13 25:49.938
8 760 岩本 佳之 YH カローラ名古屋86Racing 13 25:53.848
9 77 上野 浩 YH ASボンバー滋賀PFC86RP 13 25:54.068
10 38 神谷 裕幸 YH N中部ミッドレススノコ86 13 26:01.518
11 511 上松 淳一 YH スティーレ REVO86 13 26:02.879
12 758 安藤 正明 YH カローラ名古屋GRG86YH 13 26:03.728
13 16 大久保 仁 YH Forceネッツ東埼玉86 13 26:07.424
14 9 青柳 クニトシ YH Forceネッツ東埼玉ED86 13 26:08.329
15 567 田中 良平 YH デルタモータースポーツ枚方86 13 26:09.730
16 89 池島 実紅 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 13 26:11.039
17 22 伊藤 剛秀 BS Bridgestone カローラ新茨城レオンキッズ86 13 26:11.646
18 12 五賀 貴男 YH SYMS・楡クリ自動車部BRZ 13 26:13.750
19 823 三浦 靖彦 BS Bridgestone みんなのおかげ86Racing 13 26:13.937
20 332 古田 孝一 YH Rスペック姉崎ルブテック86μ 13 26:17.276
21 373 小日山 典明 BS Bridgestone プレーンスノコ☆μBRZ 13 26:20.293
22 314 佐久間 進 YH DEES86Racing 13 26:20.412
23 8 金田 善照 YH suntech☆ウイニング86 13 26:20.541
24 58 稲山 誠 YH メタルラボ・スペック 86 13 26:24.015
25 522 福岡 宝昌 YH Green Brave 86 13 26:25.985
26 64 高橋 正恭 YH Kpowers BRZ 13 26:28.442
27 800 今井 清則 YH すごいねBR-ROM86 13 26:30.165
28 121 今橋 彩佳 BS Bridgestone トミカネッツ兵庫BS86R 13 26:36.822
29 126 庄司 雄磨 BS Bridgestone OTG AREA 86 13 26:43.002
30 301 北見 洸太 YH ケーエムエスシェンロン86 13 26:43.046
31 40 志賀 俊方 GY カロラッキー号86 13 26:52.814
32 257 下野 幸成 BS Bridgestone プロットワコーズロゴス86 13 26:54.411
33 48 荒川 美恵子 YH もらいぼし菱木レーシング86 13 26:56.755
34 61 穂積 昭則 YH T-Naoryu & KR BRZ 13 27:13.789
35 14 江橋 ミサオ YH Kpowers BRZ 12 26:42.196
36 315 舩井 俊仁 YH T-Naoryu & KR BRZ 11 27:30.481
37 66 国分 友治 BS Bridgestone リンクサービス BRZ 9 19:20.281
38 75 手塚 祐弥 BS Bridgestone 栃木スバル BS BRZ P.MU 9 19:21.202
- 777 山﨑 武司 YH OTG TN滋賀 86 4 DNF
- 333 古田 岬 YH Rスペック姉崎ルブテック86μ 2 DNF
- 83 豊島 貴大 BS Bridgestone カローラ新茨城レオンキッズ86 0 DNF
- 96 黒岩 唯一 YH 埼玉トヨペットGB 86 0 DNF
- 347 番場 彬 YH 栃木トヨタ ADVAN 86 0 DNF
[Clubman Series]

予選

  • 開催日:2017/09/30
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:43
  • (3.704km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 38 神谷 裕幸 YH N中部ミッドレススノコ86 2 1:41.374
2 75 手塚 祐弥 BS Bridgestone 栃木スバル BS BRZ P.MU 3 1:41.570
3 130 松井 宏太 YH ネッツ青森アップル RC 86 YH 7 1:41.662
4 84 橋本 洋平 BS Bridgestone カーウォッチBS86revo 5 1:41.812
5 703 花里 祐弥 YH 埼玉トヨタ・エンドレス86R 2 1:41.842
6 126 庄司 雄磨 BS Bridgestone OTG AREA 86 4 1:41.842
7 523 高橋 泰裕 YH Green Brave 86 4 1:41.992
8 333 古田 岬 YH Rスペック姉崎ルブテック86μ 1 1:42.023
9 500 小野田 貴俊 YH ネッツ東埼玉ワコーズED86 2 1:42.104
10 310 長島 大輝 YH 埼玉自動車大学校 ED 生駒 86 6 1:42.146
11 522 福岡 宝昌 YH Green Brave 86 2 1:42.285
12 710 朝日 俊光 YH カースタレンタカーラルグ86 1 1:42.371
13 83 豊島 貴大 BS Bridgestone カローラ新茨城レオンキッズ86 2 1:42.389
14 77 上野 浩 YH ASボンバー滋賀PFC86RP 9 1:42.565
15 758 安藤 正明 YH カローラ名古屋GRG86YH 1 1:42.869
16 760 岩本 佳之 YH カローラ名古屋86Racing 2 1:43.001
17 96 黒岩 唯一 YH 埼玉トヨペットGB 86 1 1:43.021
18 511 上松 淳一 YH スティーレ REVO86 4 1:43.135
19 347 番場 彬 YH 栃木トヨタ ADVAN 86 5 1:43.188
20 121 今橋 彩佳 BS Bridgestone トミカネッツ兵庫BS86R 2 1:43.216
21 301 北見 洸太 YH ケーエムエスシェンロン86 8 1:43.216
22 8 金田 善照 YH suntech☆ウイニング86 7 1:43.400
23 89 池島 実紅 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 1:43.429
24 22 伊藤 剛秀 BS Bridgestone カローラ新茨城レオンキッズ86 2 1:43.528
25 16 大久保 仁 YH Forceネッツ東埼玉86 2 1:43.608
26 332 古田 孝一 YH Rスペック姉崎ルブテック86μ 2 1:43.704
27 823 三浦 靖彦 BS Bridgestone みんなのおかげ86Racing 9 1:43.745
28 800 今井 清則 YH すごいねBR-ROM86 3 1:43.770
29 9 青柳 クニトシ YH Forceネッツ東埼玉ED86 6 1:43.798
30 567 田中 良平 YH デルタモータースポーツ枚方86 6 1:43.836
31 12 五賀 貴男 YH SYMS・楡クリ自動車部BRZ 7 1:43.990
32 14 江橋 ミサオ YH Kpowers BRZ 3 1:43.994
33 64 高橋 正恭 YH Kpowers BRZ 9 1:44.038
34 777 山﨑 武司 YH OTG TN滋賀 86 2 1:44.557
35 314 佐久間 進 YH DEES86Racing 5 1:44.560
36 315 舩井 俊仁 YH T-Naoryu & KR BRZ 1 1:44.966
37 66 国分 友治 BS Bridgestone リンクサービス BRZ 3 1:45.058
38 257 下野 幸成 BS Bridgestone プロットワコーズロゴス86 10 1:45.315
39 58 稲山 誠 YH メタルラボ・スペック 86 1 1:45.472
40 373 小日山 典明 BS Bridgestone プレーンスノコ☆μBRZ 1 1:45.896
41 40 志賀 俊方 GY カロラッキー号86 3 1:45.942
42 48 荒川 美恵子 YH もらいぼし菱木レーシング86 9 1:46.323
43 61 穂積 昭則 YH T-Naoryu & KR BRZ 6 1:49.401