完全ではないマシンで阪口良平が4位獲得

  • 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2017年09月30日(土) 〜 2017年10月01日(日)
Pro-Race-90_sakaguchi02.JPG

プロドライバーたちが競うTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race プロフェッショナルシリーズ。残り3戦、シリーズチャンピオン争いが白熱している。ポイントリーダーは2年連続チャンピオンを狙う#1佐々木雅弘選手(ブリヂストン)だが、取りこぼしが少なく着実にポイントを重ねてきた#97近藤翼選手(YH)に6ポイント差に迫られている。3番手は十勝2連戦で連勝した#369平中克幸選手(GY)、4番手にはポイントの多いオートポリスで優勝した#31青木孝行選手(YH)となっている。


じつは今回のレース、ブリヂストンのライバルメーカーが新しいタイヤを登場させたことで、タイヤをスイッチするドライバーが何人か出た。果たして、圧倒的と噂されるパフォーマンスはどうなのか? それにブリヂストン装着勢は対抗できるのか? そこに注目が集まった。


<予選>
金曜日の専有走行から、ブリヂストン装着勢は苦戦を強いられた。トップ10に入ったのは3台、しかも最上位の#88井口卓人選手(ブリヂストン)でも、4位だったのである。 予選、最初にトップタイムを獲ったのは#47蒲生尚弥選手(ブリヂストン)だった。それを#60服部尚貴選手(DL)が上回り、さらに#90阪口良平選手(ブリヂストン)が更新してみせた。しかし上位陣を始めとする9台ほどのドライバーは、予選後半でのアタックに掛け、ピットロードで待機していた。残り5分で続々とコースインしたドライバーたち。そこで#82谷口信輝選手(YH)がコースレコードとなる1分38秒983でポールポジションを獲得。2位には近藤選手、3位に青木選手が入り、ブリヂストン装着勢のトップは4位の阪口選手となった。トップ10には8位に蒲生選手、そしてホームコースでありながら佐々木選手は10位へと沈んでしまった。

pro-race-sakaguchi04.JPG

<決勝レース>
朝と夜は10℃以下にまで冷え込むものの、日中は秋としては強い日差しが差し込むSUGOは、意外なほど路面温度も高くなる。それがタイヤのパフォーマンスに影響する可能性があったが、しかしここはSUGO。オーバーテイクするポイントは無く、前を走るドライバーのミスを待つことになってしまう。 スタート、青木選手がダッシュを見せ、近藤選手とサイド・バイ・サイドとなり、結局2位へとポジションを上げた。上位3台はその後も接近戦を演じ、ペースの優れた青木選手がトップの谷口選手に並びかけるシーンが何度もあった。しかし結果として、順位を入れ換えることはできず、そのままチェッカーフラッグを受けた。 4番手からスタートした阪口選手は、2周目まではトップ3台について行ったものの、その後は少しずつ遅れ始め、結果として5位でフィニッシュ。第6戦十勝でクラッシュしたマシンは修復したものの完全ではなく、そのためレースペースを維持することが難しかったようだ。佐々木選手はオープニングラップで8位にポジションを上げ、その後服部選手とポジション争いをしたが、結局8位となった。また9位には井口選手が入り、ブリヂストン装着勢はトップ10に3台という結果になった。


プロフェッショナルシリーズで決勝5位を獲得した#90阪口良平選手(ブリヂストン)のコメント。
「十勝で激しいクラッシュがあってダメージを受けたマシンなので、前戦からオーバーステアになりやすい傾向があったんですね。それをチームがしっかりとテストしてくれたこともあって、予選では何とか誤魔化せたのですが、決勝レースではちょっと無理でしたね。スタートして最初の2周は上位3台についていくことができたんですが、その後はオーバーステア傾向が強くて。結果として5位になりました。今のマシンの状況では精一杯でしたね」

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[Professional Series]

決勝

  • 開催日:2017/10/01
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:32
  • 完走:32
  • (3.704km x 13laps = 48.155km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 82 谷口 信輝 YH KTMS 86 13 21:57.160
2 31 青木 孝行 YH ケーエムエス フェニックス86 13 21:57.336
3 97 近藤 翼 YH 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 13 21:57.538
4 287 山下 健太 YH CTP86マルカツレーシング 13 21:58.681
5 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング BS 13 22:03.100
6 17 織戸 学 YH サミー☆K-one☆MAX86 13 22:03.447
7 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 13 22:05.576
8 1 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 13 22:08.013
9 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 13 22:08.494
10 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 13 22:10.852
11 80 菅波 冬悟 DL OTG DL 86 13 22:11.028
12 47 蒲生 尚弥 BS Bridgestone トミカ ネッツ兵庫BS86B 13 22:11.994
13 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 13 22:12.525
14 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 13 22:17.070
15 199 石川 京侍 GY COROLLA-MIE 86制動屋 13 22:21.398
16 906 新田 守男 BS Bridgestone AREA86倉敷 13 22:21.786
17 370 元嶋 佑弥 GY GY RACING 86 13 22:21.843
18 45 羽根 幸浩 YH メタルラボ・スペック YH86 13 22:26.640
19 11 脇阪 寿一 GY ネッツ東京レーシング86 13 22:27.826
20 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 13 22:28.156
21 32 市森 友明 大阪トヨタ86レーシング 13 22:28.434
22 312 松本 晴彦 YH 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 13 22:28.591
23 70 平木 湧也 GY 茨城トヨペット86レーシング 13 22:30.050
24 123 小松 一臣 GY ネッツ富山Racing86 13 22:33.417
25 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DL ディレッツァ86 13 22:33.793
26 999 ジョニー YH ウィニング制動屋86 長谷川運輸 13 22:33.945
27 520 平沼 貴之 YH 埼玉トヨペットGB 86 13 22:35.058
28 328 密山 祥吾 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 13 22:35.232
29 36 太田 光紀 GY 茨城共販ワクドキクラブ86 13 22:35.802
30 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 13 22:37.713
31 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE 86 13 22:41.410
32 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 12 22:41.567
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2017/09/30
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:32
  • (3.704km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 82 谷口 信輝 YH KTMS 86 1 1:38.983
2 97 近藤 翼 YH 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 1 1:39.249
3 31 青木 孝行 YH ケーエムエス フェニックス86 1 1:39.451
4 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング BS 1 1:39.688
5 287 山下 健太 YH CTP86マルカツレーシング 1 1:39.702
6 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 1 1:39.812
7 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 1 1:39.851
8 47 蒲生 尚弥 BS Bridgestone トミカ ネッツ兵庫BS86B 1 1:39.871
9 17 織戸 学 YH サミー☆K-one☆MAX86 1 1:39.871
10 1 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 1 1:39.918
11 80 菅波 冬悟 DL OTG DL 86 1 1:39.929
12 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 1 1:39.968
13 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 1 1:39.979
14 45 羽根 幸浩 YH メタルラボ・スペック YH86 1 1:40.018
15 199 石川 京侍 GY COROLLA-MIE 86制動屋 1 1:40.025
16 32 市森 友明 大阪トヨタ86レーシング 1 1:40.048
17 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 1:40.064
18 370 元嶋 佑弥 GY GY RACING 86 1 1:40.082
19 906 新田 守男 BS Bridgestone AREA86倉敷 1 1:40.090
20 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 1 1:40.222
21 999 ジョニー YH ウィニング制動屋86 長谷川運輸 1 1:40.301
22 36 太田 光紀 GY 茨城共販ワクドキクラブ86 1 1:40.380
23 11 脇阪 寿一 GY ネッツ東京レーシング86 1 1:40.547
24 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 1 1:40.554
25 123 小松 一臣 GY ネッツ富山Racing86 1 1:40.564
26 328 密山 祥吾 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 1 1:40.585
27 70 平木 湧也 GY 茨城トヨペット86レーシング 1 1:40.603
28 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DL ディレッツァ86 1 1:40.699
29 520 平沼 貴之 YH 埼玉トヨペットGB 86 1 1:40.707
30 312 松本 晴彦 YH 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 1 1:40.790
31 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 1 1:40.899
32 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE 86 1 1:41.506