谷口信輝が完全制覇し4度目の王者にポテンザRE-07Dが上位を独占

  • 開催場所:岡山国際サーキット
  • 開催日:2019年10月19日(土) 〜 2019年10月20日(日)
TGR 86/BRZ Race 2019 Rd.8 PROFESSIONAL Series

TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2019の最終戦が、10月19日(土)〜20日(日)、岡山国際サーキットで開催された。10月だというのに台風が数多く襲来する不安定な天候の中、この最終戦もまた天候に翻弄された難しいレースとなった。結果ウエットでのグリップ性能が結果を大きく左右することになり、ライバルに対して優位にあるポデンザRE-07Dがレースの上位を占めることに なった。
シリーズチャンピオン争いは4人に絞られた。#1谷口信輝(ブリヂストン)がランキングトップで、14.5ポイント差で#98近藤翼(ブリヂストン)、21ポイント差で#90阪口良平(ブリヂストン)、24.5ポイント差で#7堤優威(ブリヂストン)の4名が争う混戦。最終戦は2ヒート制で、最大33ポイントが獲得できるだけに、どの選手にも逆転のチャンスはあった。

●予選
プロフェッショナルシリーズの予選は、雨はほとんど感じられないレベルになっていたが、路面はウエットだった。
岡山をホームコースとし、過去速さを発揮してきた阪口が、予選開始早々にトップタイムをマークする。そのタイムをターゲットとして、次々とライバルたちがアタックしていくが、届かない。この週末、常に上位タイムを連発してきた好調さは、予選が始まっても変わらなかった。予選の残り時間が少なくなっても、タイミングモニターのトップは阪口のままだった。このままポールポジションが決まるのか? そういう空気が漂っていた。しかしウエットということもあり、多くのドライバーはいつものように1アタックではなく、周回を重ねていく。むしろ気温が低く、想定されたよりもタイヤの暖まりが遅く、ピークは3〜4回目のアタックとなるドライバーが多かった。それを終盤のアタックでタイム更新してみせたのは、谷口だった。さらにそれを岡山育ちの#121蒲生尚弥(ブリヂストン)が更新したが、最後に谷口がさらにタイムアップして逆転、ポールポジションを獲得。3位には#25水谷大介(ブリヂストン)が入り、阪口は最終的に6位。シリーズを争う堤は5位だったが、近藤は13位とやや後方となった。ブリヂストン装着勢が11位までを占め、ウエット性能の高さを証明してみせた。

pro-race2-001-taniguchi2.JPG

●決勝
予選の後、午後になると雨は上がり、プロフェッショナルシリーズの第1ヒートが行われる頃には、路面もドライに回復していた。第1ヒートのスタート、谷口に抑えられた蒲生選手は行き場を失い、失速してしまう。そのため好スタートを決めた水谷、堤が順位を上げて、それぞれ2位、3位ポジションへ。そこへ阪口が追いつき、2周目には3位、3周目には2位へと上がり、谷口の追撃体制に入った。しかしそのバトルの影響もあって、その差はすでに2秒以上になっていた。そして5周目、クラッシュしたマシン回収のためにセーフティカーが入ると、さらに9周目にクラッシュが発生して赤旗中断。再スタートは残り1周のタイミングとなり、上位陣の順位はそのままで、チェッカーとなった。

pro-race2-087-kubo.jpg pro-race1-034-sasaki.jpg pro-race1-121-gamou.jpg 


翌日の第2ヒート、スタート時点でポイントは谷口が21ポイント差以上を付けたものの、第2ヒートを完走しなければ第1ヒートのポイントがゼロになるため、チャンピオンは決まらない。逆にいえば、第2ヒートを完走さえすれば順位に関係なくチャンピオンが決まる。だがしかし、谷口はチャンピオンのプライドを懸けた真っ向勝負で臨んだ。スタート直後からピタリと背後についた阪口は、わずかなチャンスを見逃さない姿勢だった。3位堤がペースに苦しみ、追い上げてきた#32市森友明(ブリヂストン)を防戦する必要もあって、トップ2台から少しずつ離されてしまう。マッチレースとなった2人のプロドライバーは最後まで戦い続けたが、順位は変わらず谷口がポール・トゥ・ウィン。見事に2年連続、4度目のシリーズチャンピオンに輝いた。
2位となった阪口選手も、2度目のシリーズランキング2位。今シーズン7度目の3位となった堤選手は、シーズンランキングでも3位となり、表彰台はシリーズランキング通りとなった。ブリヂストン装着勢は上位9位までを独占、今シーズンは全8戦中6勝を挙げた。ポテンザRE-07Dのパフォーマンスの高さが改めて証明され、2019年シーズンは締めくくられた。


pro-race1-007-tsutsumi.jpg pro-race1-088-iguchi.jpg

pro-race2-podium1.JPG

プロフェッショナルシリーズで、第1ヒート、第2ヒートともにポール・トゥ・ウィンを達成し、シリーズチャンピオンを獲得した#1谷口信輝選手(ブリヂストン)のコメント。
「開幕戦から勝てるポテンシャルはあると思っていたのですが、セーフティカーが入ったことで順位を下げる結果になってしまいました。そこからのシーズン前半戦は、上位にこそ入ったものの、勝てないまま終わりました。シーズン半ばに海外のレースに出るために、第5戦富士をお休みすることになって、シリーズ争いは厳しくなるかなと思っていました。でも前半戦の優勝ドライバーがバラけてポイントが分散されていたので、少しラッキーな部分もあったと思います。そこから破竹の3連勝をして、ポイントリーダーとして岡山に入ってチャンピオンを決めることができました。来シーズンはまわりのチームからのマークもさらに強くなると思いますが、3連覇を狙いたいと思います」

レース結果

コース:岡山国際サーキット

[Professional Series]

総合

  • 開催日:2019/10/20
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:39
  • 完走:36
  • (3.703km x 24laps = 88.872km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 1 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 24
2 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86 Racing 24
3 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS カバナ BS 86 24
4 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86 Racing 24
5 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 24
6 25 水谷 大介 BS Bridgestone GR Tokyo Racing 86 24
7 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 24
8 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 24
9 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 24
10 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 24
11 80 宮田 莉朋 DL OTG DL 86 24
12 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 24
13 206 松本 武士 DL T和歌山 OGAWA 86 DL 24
14 199 大原 佳祐 BS Bridgestone COROLLA MIE 86 24
15 97 小河 諒 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 24
16 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 24
17 160 吉田 広樹 DL 埼玉トヨペットGB86DL 24
18 98 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 24
19 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 24
20 293 岡本 大地 NEXEN Racing 86 24
21 92 河野 駿佑 GY THE BRIDE 86 24
22 178 吉田 綜一郎 BS Bridgestone チームトレジャー86 24
23 328 密山 祥吾 DL 埼玉トヨペットGB86DL 24
24 50 高島 登 BS Bridgestone エムテックス制動屋SSR86 24
25 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 24
26 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 24
27 583 近藤 説秀 GY 高野山with P和歌山GY86 24
28 804 山下 昌樹 BS Bridgestone NUTECアライズ86 24
29 999 森川 基雄 BS Bridgestone ウィニング制動屋86NUTEC 24
30 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE 86 24
31 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 24
32 631 コウ ウアン BS Bridgestone APG JAPAN 86 24
33 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 24
34 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 22
35 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 21
36 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 16
- 205 下垣 和也 DL T和歌山 OGAWA 86 DL 8 DNF
- 8 渡辺 圭一 BS Bridgestone LIGHTEC 86 7 DNF
- 123 松井 孝允 GY NETZ富山 Racing 86 5 DNF
[Professional Series]

決勝ヒート1

  • 開催日:2019/10/19
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:39
  • 完走:39
  • (3.703km x 12laps = 44.436km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 1 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 12 43:43.415
2 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86 Racing 12 43:43.619
3 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS カバナ BS 86 12 43:44.019
4 25 水谷 大介 BS Bridgestone GR Tokyo Racing 86 12 43:46.551
5 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86 Racing 12 43:46.777
6 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 12 43:47.546
7 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 12 43:48.166
8 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 12 43:50.022
9 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 12 43:50.392
10 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 12 43:51.125
11 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 12 43:51.884
12 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 12 43:53.053
13 98 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 12 43:54.054
14 206 松本 武士 DL T和歌山 OGAWA 86 DL 12 43:54.502
15 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 12 43:55.490
16 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 12 43:57.291
17 80 宮田 莉朋 DL OTG DL 86 12 44:00.366
18 199 大原 佳祐 BS Bridgestone COROLLA MIE 86 12 44:00.598
19 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 12 44:00.898
20 97 小河 諒 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 12 44:02.353
21 178 吉田 綜一郎 BS Bridgestone チームトレジャー86 12 44:05.237
22 160 吉田 広樹 DL 埼玉トヨペットGB86DL 12 44:05.511
23 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 12 44:06.832
24 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE 86 12 44:08.496
25 50 高島 登 BS Bridgestone エムテックス制動屋SSR86 12 44:09.413
26 999 森川 基雄 BS Bridgestone ウィニング制動屋86NUTEC 12 44:09.836
27 328 密山 祥吾 DL 埼玉トヨペットGB86DL 12 44:10.074
28 583 近藤 説秀 GY 高野山with P和歌山GY86 12 44:11.417
29 92 河野 駿佑 GY THE BRIDE 86 12 44:12.057
30 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 12 44:15.179
31 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 12 44:15.385
32 293 岡本 大地 NEXEN Racing 86 12 44:16.187
33 804 山下 昌樹 BS Bridgestone NUTECアライズ86 12 44:16.265
34 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 12 44:22.730
35 631 コウ ウアン BS Bridgestone APG JAPAN 86 12 44:23.734
36 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 10 44:02.761
37 205 下垣 和也 DL T和歌山 OGAWA 86 DL 8 18:12.940
- 8 渡辺 圭一 BS Bridgestone LIGHTEC 86 7 DNF
- 123 松井 孝允 GY NETZ富山 Racing 86 5 DNF
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2019/10/19
  • 決勝出走:39
  • (3.703km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 1 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 5 1:55.594
2 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 5 1:55.678
3 25 水谷 大介 BS Bridgestone GR Tokyo Racing 86 7 1:55.724
4 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 5 1:55.772
5 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS カバナ BS 86 5 1:55.815
6 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86 Racing 2 1:55.862
7 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 5 1:55.996
8 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 4 1:56.004
9 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 4 1:56.012
10 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 4 1:56.132
11 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 4 1:56.225
12 206 松本 武士 DL T和歌山 OGAWA 86 DL 6 1:56.236
13 98 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 7 1:56.319
14 199 大原 佳祐 BS Bridgestone COROLLA MIE 86 5 1:56.399
15 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86 Racing 4 1:56.408
16 80 宮田 莉朋 DL OTG DL 86 5 1:56.484
17 50 高島 登 BS Bridgestone エムテックス制動屋SSR86 6 1:56.491
18 178 吉田 綜一郎 BS Bridgestone チームトレジャー86 7 1:56.504
19 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 6 1:56.772
20 97 小河 諒 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 6 1:56.797
21 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 5 1:56.821
22 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 4 1:56.857
23 123 松井 孝允 GY NETZ富山 Racing 86 7 1:56.937
24 160 吉田 広樹 DL 埼玉トヨペットGB86DL 5 1:57.055
25 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 7 1:57.154
26 92 河野 駿佑 GY THE BRIDE 86 8 1:57.216
27 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 5 1:57.234
28 999 森川 基雄 BS Bridgestone ウィニング制動屋86NUTEC 5 1:57.238
29 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 6 1:57.410
30 583 近藤 説秀 GY 高野山with P和歌山GY86 6 1:57.567
31 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 5 1:57.707
32 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE 86 6 1:57.733
33 804 山下 昌樹 BS Bridgestone NUTECアライズ86 4 1:58.046
34 205 下垣 和也 DL T和歌山 OGAWA 86 DL 8 1:58.169
35 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 4 1:58.414
36 293 岡本 大地 NEXEN Racing 86 8 1:58.882
37 328 密山 祥吾 DL 埼玉トヨペットGB86DL 4 1:58.976
38 8 渡辺 圭一 BS Bridgestone LIGHTEC 86 5 1:59.975
39 631 コウ ウアン BS Bridgestone APG JAPAN 86 6 2:04.659