橋本洋平が悲願のチャンピオンに輝くレースは鶴賀義幸が連勝で制す

  • 開催場所:岡山国際サーキット
  • 開催日:2019年10月19日(土) 〜 2019年10月20日(日)
TGR 86/BRZ Race 2019 Rd.8 CLUBMAN Series EXPERT

アマチュアドライバーたちの戦いとは思えないほど、高度な技術とノウハウで競われているエキスパートクラス。それだけに細かなセットアップも重要となり、ドライバーもチームも試行錯誤しながら、ノウハウを積み上げていく。そのあたり、全く同じマシンを使うプロフェッショナルシリーズの存在とフィードバックが、大きく影響していることも間違いない。チャンピオン争いは一騎討ちとなった。ポイントリーダーの#84橋本洋平(ブリヂストン)を、わずか1.5ポイント差で#305水野大(DL)が追いかけている。最大33ポイントを手にできる今回のレースでは、そのポイント差はゼロに等しい。地元といってもいい水野大に対して、初優勝を挙げるなどコースとの相性の良い橋本。どちらも初のシリーズチャンピオン獲得となる。

●予選
霧雨のような雨が降る中、予選は始まった。チャンピオンを争う注目の2人はなかなかコースインしない。それはポイント差が少なく、相手よりも前でゴールすればチャンピオン獲得となるため、同じタイミングでアタックし、路面状況が同じ状態で予選結果を出したいという戦略的なものだった。お互いのコースインを意識したために、なかなかコースインしない、という状況になっていたのだ。さらに雨は予選の進行とともに、やや強くなり始めていった。2人がコースインした時にはすでに好タイムが期待できる状態ではなく、水野選手は17位、橋本選手は21位となってしまった。2人とも入賞できなければノーポイントとなり、橋本がチャンピオンとなる。ポールポジションを獲得したのは#20石塚弘晃(YH)で、2位には前戦で初優勝を遂げた#56鶴賀義幸(ブリヂストン)、3位は#201萩本賢一(ブリヂストン)という結果になった。ウエットコンディションの中で岡山を良く知る地元ドライバーの中に、好調を維持する鶴賀が食い込んだ形だ。

club-ex-Race1-start1.jpg

●決勝
雨が止み、ウエットからドライへと路面が変化する中、第1ヒートが行われた。得意のスタートを決めきれなかった鶴賀だったが、それでもヘアピンでトップに立ち、すぐさまリードを拡げていく。2位争いは白熱したものになり、激しい攻防が展開された。石塚と萩本に、予選4位のレースデビューイヤーの#550宗藤昌太朗(DL)、そして優勝経験もある若手実力者で予選5位の#610大島和也(DL)が加わり、レースは進んでいった。
その大島和也が2位へとポジションアップしたのは6周目。しかしそのタイミングでトップの鶴賀は2秒522というリードを築き、第1ヒートはそのままポール・トゥ・ウィンとなった。3位には石塚、4位宗藤となった。注目のチャンピオン争いは、その1周目で決していた。水野がトランスミッションのトラブルでリタイヤとなったためだ。これにより今回のレース結果に関わらず、橋本のチャンピオンが決定した。完全なドライで行われた翌日の第2ヒート、3連勝を狙う鶴賀に、大島がどこまで迫ることができるか? 注目されたレースは僅差でトップ争いが始まっていたが、2周目、密集した中で大島は行き場を失い4位へ。代わりに宗藤が2位へ上がった。そしてそのタイミングで、クラッシュしたマシン回収のためにセーフティカーが入った。
7周目に再スタート、余力を感じる鶴賀は、少しずつリードを拡げていく。大島が2位へポジションを上げてきたのはファイナルラップ直前の11周目。鶴賀は3連勝を達成し、シリーズランキングでも3位となった。86レースデビューだった今シーズン開幕戦から、見事な進化も見せて、シーズンを締めくくった。
ブリヂストン装着勢は、優勝した鶴賀、4位となった新チャンピオン橋本を始め、トップ10に4台が入った。


club-Ex-race2-84-hashimoto.jpg club-ex-Race1-089-ikejima.jpg

club-Ex-56-tsuruga.JPG

クラブマンシリーズ・エキスパートクラスで第1ヒート・第2ヒートで連勝した#56鶴賀義幸選手(ブリヂストン)のコメント。
「第1ヒートは、スタートが上手く決まらなくて、1コーナーでトップに立つことはできなかったのですが、1周目にオーバーテイクすることができました。それからは2位争いもあって、後続を引き離すことができました。それでタイヤを温存しながら走ることができて、2位との差を意識しながら優勝することができました。第2ヒートは、作戦通り、想定した通りのレースができました。ミスをした部分もあったんですが、抜かれることなく優勝することができました。タイヤも昨日の第1ヒートからしっかりとマネージメントできていたので、最後までタレることなく、走りきることができました。レース前半、ちょっと苦しいタイミングもあったんですが、後ろでオーバーテイクがあったり、その後にセーフティカーが入るなどラッキーな部分もありました。来シーズンは、チャンピオンを取るために、参戦したいと思います」

レース結果

コース:岡山国際サーキット

[Clubman Series EXPERT]

総合

  • 開催日:2019/10/20
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:41
  • 完走:38
  • (3.703km x 24laps = 88.872km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 56 鶴賀 義幸 BS Bridgestone 栃木トヨタBSED/T2F86 24
2 610 大島 和也 DL Team MDI/P 京都WM86 24
3 550 宗藤 昌太朗 DL 名神タイヤ86ネッツ兵庫 24
4 84 橋本 洋平 BS Bridgestone カーウォッチBS86REVO 24
5 857 岩本 佳之 DL カローラ名古屋86 24
6 20 石塚 弘晃 YH トヨタ カローラ三重86 24
7 338 角谷 昌紀 DL Masaki菱木レーシング86 24
8 438 卜部 正崇 BS Bridgestone GR西宮レーシング86BS 24
9 201 萩本 賢一 BS Bridgestone 奈良トヨペットCR 86 BS 24
10 2 黒田 保男 DL ネッツ名古屋&ミッドランド86 24
11 186 勝木 宗文 DL ダイシンAVANTECH86 24
12 77 上野 浩 BS Bridgestone ボンバーPFCワコーズ86 24
13 89 池島 実紅 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 24
14 520 福岡 宝昌 DL GB CAMP 86 DL 24
15 22 小峰 猛彦 DL モタスポ.ネット&GN;86 24
16 68 増本 千春 BS Bridgestone SANNO★MSTアングル86 24
17 886 今井 孝 BS Bridgestone N中京GRガレージ小牧BS86 24
18 93 古田 樹 DL カローラ福岡KEY 10 DL 86 24
19 310 呉 良亮 BS Bridgestone 埼玉自動車学校生駒IDI86 24
20 177 松田 利之 BS Bridgestone ACCESS86 24
21 808 木下 智裕 BS Bridgestone Kinofit MAX 86 24
22 922 福岡 滋 DL 福岡鈑金☆PMU☆テイク86 24
23 545 山口 大介 DL ウィニングGT-UP制動屋86 24
24 315 船井 俊仁 DL Team NAORYU BRZ 24
25 405 小泉 秀哉 DL LIQUI MOLY 86 24
26 511 上松 淳一 BS Bridgestone スティーレ・三興製作所86 24
27 960 黒原 崇正 DL たてぐ屋さんの86 24
28 6 伊藤 秀晃 BS Bridgestone まんさくレストアパーツ86 24
29 182 谷岡 力 DL adidas ms86 24
30 48 荒川 美恵子 DL もらいぼしK1アウト菱木R86 24
31 52 牧 智晴 DL NUTECリミットN中部86 24
32 106 中川 徹 DL アライズBS86ビル管財 23
33 70 三笠 雄一 DL OTG DL 86 23
34 581 丸田 敏正 DL 丸田小屋86Racing 23
35 521 中島 佑弥 DL 埼玉トヨペットGB86DL 22
36 30 北見 洸太 DL ケーエムエス フェニックス86 22
37 703 花里 祐弥 BS Bridgestone 埼玉トヨタ・エンドレス86 18
38 218 新谷 隆徳 DL cardoctorDAT 86 16
- 580 山口 智英 BS Bridgestone D'stationPLUS86 14 DNF
- 29 松沢 隆弘 DL Uグループ・ペトロナス86 12 DNF
- 305 水野 大 DL GRガレージ新大阪86DL 0 DNF
[Clubman Series EXPERT]

決勝ヒート1

  • 開催日:2019/10/19
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry-Wet
  • 決勝出走:41
  • 完走:41
  • (3.703km x 12laps = 44.436km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 56 鶴賀 義幸 BS Bridgestone 栃木トヨタBSED/T2F86 12 22:38.502
2 610 大島 和也 DL Team MDI/P 京都WM86 12 22:41.678
3 20 石塚 弘晃 YH トヨタ カローラ三重86 12 22:45.744
4 550 宗藤 昌太朗 DL 名神タイヤ86ネッツ兵庫 12 22:50.007
5 201 萩本 賢一 BS Bridgestone 奈良トヨペットCR 86 BS 12 22:52.426
6 520 福岡 宝昌 DL GB CAMP 86 DL 12 22:53.614
7 84 橋本 洋平 BS Bridgestone カーウォッチBS86REVO 12 22:55.415
8 703 花里 祐弥 BS Bridgestone 埼玉トヨタ・エンドレス86 12 22:56.645
9 857 岩本 佳之 DL カローラ名古屋86 12 22:56.799
10 581 丸田 敏正 DL 丸田小屋86Racing 12 22:59.466
11 77 上野 浩 BS Bridgestone ボンバーPFCワコーズ86 12 23:00.109
12 89 池島 実紅 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 12 23:04.422
13 438 卜部 正崇 BS Bridgestone GR西宮レーシング86BS 12 23:04.458
14 30 北見 洸太 DL ケーエムエス フェニックス86 12 23:04.745
15 338 角谷 昌紀 DL Masaki菱木レーシング86 12 23:09.993
16 2 黒田 保男 DL ネッツ名古屋&ミッドランド86 12 23:10.159
17 70 三笠 雄一 DL OTG DL 86 12 23:11.986
18 177 松田 利之 BS Bridgestone ACCESS86 12 23:12.824
19 186 勝木 宗文 DL ダイシンAVANTECH86 12 23:13.179
20 886 今井 孝 BS Bridgestone N中京GRガレージ小牧BS86 12 23:14.616
21 68 増本 千春 BS Bridgestone SANNO★MSTアングル86 12 23:18.572
22 22 小峰 猛彦 DL モタスポ.ネット&GN;86 12 23:20.258
23 310 呉 良亮 BS Bridgestone 埼玉自動車学校生駒IDI86 12 23:21.318
24 93 古田 樹 DL カローラ福岡KEY 10 DL 86 12 23:23.910
25 511 上松 淳一 BS Bridgestone スティーレ・三興製作所86 12 23:26.545
26 808 木下 智裕 BS Bridgestone Kinofit MAX 86 12 23:32.400
27 106 中川 徹 DL アライズBS86ビル管財 12 23:33.872
28 922 福岡 滋 DL 福岡鈑金☆PMU☆テイク86 12 23:35.153
29 29 松沢 隆弘 DL Uグループ・ペトロナス86 12 23:35.257
30 405 小泉 秀哉 DL LIQUI MOLY 86 12 23:35.300
31 545 山口 大介 DL ウィニングGT-UP制動屋86 12 23:35.662
32 315 船井 俊仁 DL Team NAORYU BRZ 12 23:36.283
33 580 山口 智英 BS Bridgestone D'stationPLUS86 12 23:36.436
34 182 谷岡 力 DL adidas ms86 12 23:38.709
35 6 伊藤 秀晃 BS Bridgestone まんさくレストアパーツ86 12 23:39.071
36 52 牧 智晴 DL NUTECリミットN中部86 12 23:39.764
37 960 黒原 崇正 DL たてぐ屋さんの86 12 23:39.995
38 48 荒川 美恵子 DL もらいぼしK1アウト菱木R86 12 23:58.596
39 521 中島 佑弥 DL 埼玉トヨペットGB86DL 10 18:59.771
40 218 新谷 隆徳 DL cardoctorDAT 86 10 19:56.997
- 305 水野 大 DL GRガレージ新大阪86DL 0 DNF
[Clubman Series EXPERT]

予選

  • 開催日:2019/10/19
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Wet
  • 決勝出走:41
  • (3.703km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 20 石塚 弘晃 YH トヨタ カローラ三重86 7 1:59.237
2 56 鶴賀 義幸 BS Bridgestone 栃木トヨタBSED/T2F86 6 1:59.299
3 201 萩本 賢一 BS Bridgestone 奈良トヨペットCR 86 BS 7 1:59.899
4 550 宗藤 昌太朗 DL 名神タイヤ86ネッツ兵庫 7 2:00.269
5 610 大島 和也 DL Team MDI/P 京都WM86 4 2:00.495
6 521 中島 佑弥 DL 埼玉トヨペットGB86DL 7 2:00.505
7 808 木下 智裕 BS Bridgestone Kinofit MAX 86 6 2:00.543
8 520 福岡 宝昌 DL GB CAMP 86 DL 6 2:00.666
9 177 松田 利之 BS Bridgestone ACCESS86 6 2:00.666
10 77 上野 浩 BS Bridgestone ボンバーPFCワコーズ86 5 2:00.679
11 703 花里 祐弥 BS Bridgestone 埼玉トヨタ・エンドレス86 3 2:00.807
12 310 呉 良亮 BS Bridgestone 埼玉自動車学校生駒IDI86 6 2:00.912
13 581 丸田 敏正 DL 丸田小屋86Racing 6 2:00.997
14 70 三笠 雄一 DL OTG DL 86 5 2:01.151
15 338 角谷 昌紀 DL Masaki菱木レーシング86 6 2:01.214
16 68 増本 千春 BS Bridgestone SANNO★MSTアングル86 7 2:01.345
17 305 水野 大 DL GRガレージ新大阪86DL 5 2:01.434
18 857 岩本 佳之 DL カローラ名古屋86 7 2:01.453
19 30 北見 洸太 DL ケーエムエス フェニックス86 2 2:01.506
20 438 卜部 正崇 BS Bridgestone GR西宮レーシング86BS 4 2:01.512
21 84 橋本 洋平 BS Bridgestone カーウォッチBS86REVO 4 2:01.512
22 29 松沢 隆弘 DL Uグループ・ペトロナス86 6 2:01.583
23 93 古田 樹 DL カローラ福岡KEY 10 DL 86 6 2:01.597
24 886 今井 孝 BS Bridgestone N中京GRガレージ小牧BS86 6 2:01.655
25 405 小泉 秀哉 DL LIQUI MOLY 86 6 2:01.781
26 186 勝木 宗文 DL ダイシンAVANTECH86 7 2:01.803
27 315 船井 俊仁 DL Team NAORYU BRZ 3 2:01.839
28 106 中川 徹 DL アライズBS86ビル管財 8 2:01.907
29 89 池島 実紅 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 5 2:01.934
30 22 小峰 猛彦 DL モタスポ.ネット&GN;86 7 2:02.029
31 218 新谷 隆徳 DL cardoctorDAT 86 4 2:02.032
32 6 伊藤 秀晃 BS Bridgestone まんさくレストアパーツ86 5 2:02.077
33 511 上松 淳一 BS Bridgestone スティーレ・三興製作所86 2 2:02.457
34 580 山口 智英 BS Bridgestone D'stationPLUS86 5 2:02.486
35 545 山口 大介 DL ウィニングGT-UP制動屋86 7 2:03.030
36 2 黒田 保男 DL ネッツ名古屋&ミッドランド86 5 2:03.290
37 182 谷岡 力 DL adidas ms86 6 2:03.489
38 52 牧 智晴 DL NUTECリミットN中部86 7 2:03.492
39 960 黒原 崇正 DL たてぐ屋さんの86 3 2:03.748
40 922 福岡 滋 DL 福岡鈑金☆PMU☆テイク86 7 2:04.630
41 48 荒川 美恵子 DL もらいぼしK1アウト菱木R86 7 2:12.066