佐々木雅弘(小倉クラッチREVO86BS)が勝利し今季3勝目

  • 開催場所:十勝インターナショナルスピードウェイ
  • 開催日:2021年10月30日(土) 〜 2021年10月31日(日)
TGR 86/BRZ Race プロフェッショナルシリーズ第7戦 佐々木雅弘がポールトゥーウィンで今季3勝目!

<第7戦決勝>
まるでデジャヴのように、日曜日の決勝レースもまた、ポール・トゥ・ウィンの勝者が登場した。ただしドライバーは異なり、今回は佐々木だった。
スタート2.jpg
土曜日の第6戦、予選でガス欠症状が出てしまい、ベストなタイムアタックができなかったため、8位に沈んでしまっていた。決勝レースでは5位まで順位を上げたものの、ほとんど単独走行の状態だったこともあり、第7戦の決勝に向けてタイヤをセーブする方向へと切り換えていた。そのマージンを有効に使い、佐々木はレース序盤を抑え気味に、中盤以降でマッチするようにセッティングを決めた。オーバーテイクの難しいコースでは、抑えるところを間違えなければ、そう簡単に先行されることはない。2番グリッドは#82谷口信輝(DL)、そして3番グリッドに前日の覇者・青木が並んだ。その谷口がスタートで出遅れ、青木が2位へとポジションを上げる。前日の速さの再現ができるのか? 青木の走りに注目が集まった。しかし巧者・佐々木にとっては脅威ではなかったようだ。落ち着いてペースをコントロールし、4周目に約0.5秒のギャップを築くと、そのスペースを維持したまま、レースはファイナルラップまで進んでいった。トップ争いは差こそ拡がらなかったものの、青木には前日ほどの速さは見えず、終盤には3番手岡本とのバトルが展開されたこともあり、佐々木は危なげなくトップチェッカーを受けた。
ブリヂストン装着勢は、優勝した佐々木選手の他、5位に川合、6位堤など、トップ10に5台が入った。
佐々木表彰台.jpg

34佐々木1位.jpg

プロフェショナルシリーズ第7戦決勝、今シーズン3勝目を挙げた#34佐々木雅弘選手のコメント
「昨日の予選でガス欠症状が出て、ベストタイムは良くなかったのですが、セカンドベストで変わらないタイムが出せて、ポールポジションからのスタートになりました。オーバーテイクの難しいコースなので、スタートさえ決められれば勝てるとは思っていました。タイヤの内圧をあえて低めにしたので、序盤はちょっと苦しいペースでしたが、中盤以降は本来の速さを出すことができました。タイヤは最後までしっかりペースを維持できて、3勝目を挙げることができました。チャンピオンは獲れませんでしたが、最終戦は最多勝となる4勝目を狙っていこうと思っています」

レース結果

コース:十勝インターナショナルスピードウェイ

[Professional Series]

決勝

  • 開催日:2021/10/31
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:22
  • 完走:22
  • (3.406km x 14laps = 47.682km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 14 22:29.486
2 31 青木 孝行 DL ケーエムエス フェニックス86 14 22:30.255
3 293 岡本 大地 NX N Fera Sports 86 14 22:30.409
4 82 谷口 信輝 DL KTMS 86 14 22:34.400
5 521 川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 14 22:35.344
6 7 堤 優威 BS Bridgestone muta BS カバナ86 14 22:35.765
7 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 DL K 14 22:36.177
8 1 久保 凜太郎 BS Bridgestone RECARO × Rin BRZ BS 14 22:36.576
9 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 14 22:37.393
10 988 井口 卓人 BS Bridgestone RECARO BRZ BS T 14 22:38.298
11 160 吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 14 22:39.252
12 610 大島 和也 DL Team MDI/P 京都WM86 14 22:40.328
13 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 14 22:41.251
14 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 14 22:41.651
15 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 14 22:45.001
16 70 伊東 黎明 DL OTG DL 86 14 22:45.183
17 909 小暮 卓史 DL RECARO BRZ DL T 14 22:46.676
18 550 宗藤 昌太朗 BS Bridgestone 名神タイヤ86 14 22:47.009
19 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G・7AS 86 ポテンザ 14 22:50.856
20 97 柴田 優作 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 14 22:51.549
21 813 坂 裕之 DL MプランニングK2 アクセス DL86 14 22:53.271
22 369 平中 克幸 DL トヨタカローラGRカロリン86 13 20:58.507
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2021/10/30
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:22
  • (3.406km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 3 1:34.541
2 82 谷口 信輝 DL KTMS 86 3 1:34.553
3 31 青木 孝行 DL ケーエムエス フェニックス86 3 1:34.578
4 369 平中 克幸 DL トヨタカローラGRカロリン86 2 1:34.590
5 293 岡本 大地 NX Nfera Sport R86 5 1:34.694
6 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 3 1:34.823
7 521 川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 3 1:34.856
8 160 吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 2 1:34.877
9 7 堤 優威 BS Bridgestone muta BS カバナ86 3 1:34.885
10 988 井口 卓人 BS Bridgestone RECARO BRZ BS T 3 1:35.019
11 610 大島 和也 DL Team MDI/P 京都WM86 3 1:35.067
12 906 佐々木 孝太 DL RECARO BRZ DL K 3 1:35.105
13 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G・7AS 86 ポテンザ 3 1:35.106
14 1 久保 凜太郎 BS Bridgestone RECARO × Rin BRZ BS 3 1:35.125
15 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 2 1:35.153
16 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 3 1:35.174
17 70 伊東 黎明 DL OTG DL 86 3 1:35.258
18 550 宗藤 昌太朗 BS Bridgestone 名神タイヤ86 3 1:35.285
19 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 2 1:35.315
20 909 小暮 卓史 DL RECARO BRZ DL T 3 1:35.478
21 97 柴田 優作 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 3 1:35.623
22 813 坂 裕之 DL MプランニングK2 アクセス DL86 3 1:36.528