ジムカーナとは、舗装路面にパイロンなどで設定されたコースを1台ずつ2回に分けて走行し、ベストタイムを競うモータースポーツのことで、ターンやスラロームを速く走る為の運転技術、タイムをロスしない走行ラインの取り方といった戦略が必要である。日本では1960年代から盛んに行われるようになった。当初は広場や駐車場などにコースを作って競技が行われていたが、1980年代以降になると専用コースが全国各地にできるようになっていった。
参加型スポーツの入門としてジムカーナに人気があるのは、1回の走行が60秒前後、1台ずつ走るので接触などのリスクが低い、一般に販売されている車両で競技を行う事ができると言った理由があげられる。
しかし全日本戦ともなると、60秒前後の複雑なコースで1/1000秒を争う世界で行われており、熱い戦いが繰り広げられている。

モータースポーツは、野球やサッカーといった他のスポーツとは異なり、どうしても道具(つまり、クルマやタイヤなど)にお金がかかる。レースに参戦するだけでもそうだが、そこで勝とうと思えばなおさらだ。その点ジムカーナは、ライセンスさえ取得すれば、自分のクルマで誰でも参加でき、多くの場合は改造範囲が限られているので、テクニックを磨くことで勝つことも可能である。その意味では、ジムカーナは非常に身近なモータースポーツだと言える。
そのような気軽さもあって、現在日本国内では数多くのジムカーナ競技会が開催されている。そして、その頂点に位置するのが、全日本ジムカーナ選手権である。

2020_jg_01.jpg

ブリヂストンと全日本ジムカーナ選手権

ブリヂストンが全日本ジムカーナ選手権にかかわり始めたのは、1992年のこと。タイヤ開発や有力選手へのサポート、現場でのタイヤ組み換えサービスなどを行うようになった。そうしたブリヂストンの地道な取り組みが、多くのドライバーやショップの方に受け入れられ、チャンピオン獲得に貢献してきた。
ブリヂストンのタイヤが受け入れられる理由はどこにあるのか?
整備されたサーキットで行われるレースと違い、ジムカーナは駐車場からレーシングカートコースまで、さまざまな路面条件下で開催される。さらに真冬のウェット路面や真夏の高温状況など、コンディションも多種多様だ。そのような状況下で、ブリヂストンのタイヤはできるだけ特定の使用条件に「特化」させず、オールラウンドで高いパフォーマンスを発揮することを目指しているのだ。
また、10人のドライバーがいれば10通りのドライビングスタイルが存在する。ある限られたスタイルのドライビングでしかパフォーマンスを発揮できないタイヤでは、ブリヂストンが送り出す市販のモータースポーツタイヤとは言えない。路面温度、路面状況を問わず性能を発揮することができ、しかも誰もが「乗りやすい」タイヤであること。これこそが、ブリヂストンの目指すものである。

2020_jg_02.jpg

2020年シーズンの見どころ

今年は全8回の大会が予定されている全日本ジムカーナ選手権。もちろんブリヂストンも、これまで同様のサポートを行っていく。
2019年シーズンは、新商品「POTENZA RE-12D TYPE A」を投入し、PN2、PN3、SA3、SA4、SCの5クラスでシリーズチャンピオン獲得を支え、POTENZAの強さをアピールできた。
今年の各クラス注目ポイントは
PN1:昨年シリーズ2位の小林(規)選手の活躍が期待される。
PN2:2019年PN1チャンピオンの小俣選手(DL)が124spiderで参戦、絶対王者山野選手との対決に注目。
PN3:ユウ選手がロードスターRFに車両を変更しチャンピオン奪還となるか?
SA4:菱井選手は全日本ジムカーナ100勝という大記録まであと6勝となり今シーズン達成できるか?
SC:西原選手は4年連続シリーズチャンピオンを獲得となるか?
今シーズンも全日本ジムカーナ選手権から目が離せない!

2020_jg_03.jpg