本多永一が2度目のシリーズ完全制覇で王座に返り咲き

  • 開催場所:岡山国際サーキット
  • 開催日:2021年11月20日(土) 〜 2021年11月20日(土)
ロードスター・パーティレースⅢ 西日本 NDシリーズ Rd.4

今年の西日本シリーズのフィナーレを飾る第4戦も盛況だった。エントリーはNDシリーズ18台、NDクラブマン11台の計29台。これは従来の27台を上回る最多記録更新となった。
今回もパーティに新しい仲間が加わり、33号車の恵木勇哉(写真右)はシリーズクラスに、107号車の上田 誠(同左)と124号車の松田友明(同中央)はクラブマンクラスに初参戦する。
HIRO7522.JPG

●予選
15分間の公式予選は、オンタイムの8時ジャストに開始。2019年の北日本シリーズ王者で西日本でも優勝経験のある61号車の杉野治彦が残念ながら欠場し、28台がコースに入る。あるチームが計測した気温は8.4℃で路面温度は10.2℃、湿度は79%。パーティレースの予選がこの日は初めての走行のため、路面も冷え切っていて難しいコンディションとなった。
アタック1周目のベストは前年王者、110号車の末金孝夫でタイムは1分57秒780。
211120_21_mazdafanmeet_okayama_M2_6159_endo.JPG
3連勝中の本多と、ここ2戦連続で3位に入っている120号車・佐藤章成が57秒台で続いた。さらに次の周回で佐藤は1分57秒670まで削り込み、このタイムが上位を争う実力者たちのターゲットになった。本多がアタック3周目に57秒731まで刻み、第2戦のポールシッターである45号車・黒原崇正も57秒749を記録するが、一歩及ばない。コンディションが整ってきた残り5分あたりから一気にブレークスルーしたのが、106号車の中川 徹。アタック3周目に出したタイムが1分57秒070。これでポールポジションを確定させた。
211120_21_mazdafanmeet_okayama_M1_4054_endo.JPG
さらに次の周もアタックするが57秒260にとどまったため、ピットで待機に入る。この中川は昨年の開幕戦でデビューし、クラブマンクラスながら予選で総合2位(決勝はクラス2位)となった実力者。約1年間のブランクを経て今年の第3戦にシリーズクラスで復帰するも、予選・決勝ともトップ10に入れず惨敗を喫していた。2番グリッドはアタック4周目に57秒508まで削った本多が獲得。2列目には前述のタイムで佐藤と黒原が続き、最初のアタックから更新できなかった末金と、56号車の小林太一までが57秒台を記録した。今年は第3戦までのポールポジションがすべて58秒台だったのに比べると、ハイレベルな戦いとなった。

●決勝
HIRO7584.JPG
決勝は少し予定より遅れて、10時46分にオールレッドのシグナルがブラックアウト。8周先のチェッカーを目指しての戦いが始まった。スタート前の気温は16℃。路面温度は23℃で始まり、チェッカー後には26℃まで上昇していた。抜群のクラッチミートで先頭に立ったのは、2番グリッドの本多。ポールの中川に「そんなに失敗したつもりはないけど、前に行かれちゃいました」と言わせる好スタートを決めた。3番グリッドの佐藤は順位をキープするも、4番グリッドの黒原はホイールスピンで出遅れてしまい、3列目の末金と小林に抜かれて6位にポジションを落とす。
211120_21_mazdafanmeet_okayama_M2_8893_endo.JPG
上位陣では本多と中川が後続を引き離していく一方で、佐藤を先頭とする3位グループが7台数珠つなぎになって一触即発状態に。
IMG_2899.JPG
5周目には黒原がアトウッドの立ち上がりで小林を抜き去って5位まで挽回。さらに6周目のリボルバーで佐藤が大きく挙動を乱し、これを避けようとした末金がアクセルを緩めたところを2台まとめてパッシング。もう黒原の躍進が止まらないと思った次の周に、再び事件が発生した。得意のはずのアトウッド脱出のシフトアップで、2速に入れてしまいオーバーレブ。一時的にエンジン回転が上がらなくなった黒原はピットに戻り、万事休すとなった。
トップ争いの2台で勢いがあったのは明らかに中川の方。3周目にはこの決勝での最速ラップを刻み、4周目終了時点で0.229秒差、6周目終了時点では0.160秒差と迫るが、最後まで逆転はならず。2016年から4年連続で西日本を制した岡山マイスターの本多が、2年ぶりのチャンピオンを、4年ぶりの全勝パーフェクトで締めくくった。スタートでの出遅れが悔やまれる中川は惜しくも2位。さらに黒原の離脱でポジションを元に戻した佐藤が、これで3戦連続の3位表彰台を獲得した。
以下、4位には参戦2戦目の小林、5位には50号車の川田浩史、6位には遠く沖縄から参戦の158号車・TARO KAJITANIが入賞となった。なお、この日の末金は7周目にも前車のコースオフで順位を落とすことになったが、接触を避けるために最善を尽くした前年王者に敬意を評したい。
IMG_3077.JPG

HIRO7725.JPG

優勝した本多選手コメント
「今日は中川さんのクルマの方が決まっていましたね。ボトムも高ければ、アクセルも早く踏めている感じで、スタートがなければ勝ち目がなかったです。いい宿題をもらいました」
タイヤについて
「以前の自分はタイヤのグリップに頼っていましたが、指定タイヤがアドレナリンになってから、丁寧に走らせることが身につきました。それには感謝しています」とコメントした。


2021年のロードスター・パーティレースⅢの戦いは、これで栃木県のツインリンクもてぎで行われる12月5日の交流戦を残すのみとなった。
211120_21_mazdafanmeet_okayama_M2_6111_endo.JPG

Brand_Mark_Vertical_Primary_ver1.1.png
MOTOR SPORTS
https://www.mazda.com/ja/innovation/motorsports/
ROADSTER NR-A
https://www.mazda.co.jp/cars/roadster/grade/nr-a/

pr3_logo1.gif
MAZDA ROADSTER Party Race Ⅲ
https://www.party-race.com/

https___imgix-proxy_n8s_jp_DSXZZO5425102010012020000000-KB2.jpg
BRIDGESTONE POTENZA Adrenalin RE004
https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/re004/


レース結果

コース:岡山国際サーキット

[NDシリーズ]

決勝

  • 開催日:2021/11/20
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:17
  • 完走:16
  • (3.703km x 8laps = 29.624km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 88 本多 永一 BS Bridgestone LEG Eds ロードスター 8 16'00.956
2 106 中川 徹 BS Bridgestone HSR レッドロードスター 8 16'01.796
3 120 佐藤 章成 BS Bridgestone CRTMoty'sロードスター 8 16'09.242
4 56 小林 太一 BS Bridgestone youサービスロードスター 8 16'11.316
5 50 川田 浩史 BS Bridgestone 操安開2VDロードスター 8 16'11.984
6 158 TAROU KAJITANI BS Bridgestone Mm58ドライブロードスター 8 16'13.792
7 97 原山 怜 BS Bridgestone RWR #5ロードスター 8 16'14.004
8 99 藤井 義豪 BS Bridgestone Mm&MT ロードスター 8 16'14.890
9 110 末金 孝夫 BS Bridgestone K-MAX電材一番ロードスター 8 16'15.607
10 192 湯川 勲 BS Bridgestone エンジョイジージロードスター 8 16'15.919
11 130 梅津 大輔 BS Bridgestone 操安開3VDロードスター 8 16'16.328
12 191 中島 優太 BS Bridgestone TCR ロードスター 8 16'30.737
13 170 桑野 祐希 BS Bridgestone 170SPRITロードスター 8 16'34.055
14 28 岡田 衛 BS Bridgestone CP和光pttロードスター 8 16'44.562
15 33 恵木 勇哉 BS Bridgestone ProfiShMCロードスター 8 16'54.984
16 45 黒原 崇正 BS Bridgestone HSR建具屋datロードスター 6 12'07.440
- 58 桂 涼 BS Bridgestone サンデボーテG山根ロードスター 1 DNF