驚速の坪井翔にトラブルが発生、波乱の決勝レースで近藤翼が2位

  • 開催場所:富士スピードウェイ
  • 開催日:2021年05月08日(土) 〜 2021年05月09日(日)
TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2021 プロフェッショナルシリーズ 第2戦

およそ2カ月ぶりの開催となり、そのインターバルの間にプロフェッショナルシリーズに参戦する各チーム、各ドライバーはテストを経て、2021年仕様の完成度を高めたことが予想された。開幕戦の結果は、今シーズンの勢力図を判断するには不十分だ、ということだ。
予選前日、金曜日の夜に降った雨は黄砂を含んだもので、路面コンディションは砂混じりの滑りやすいものとなっていたようだ。そのため事前のテストとのフィーリングの違いに戸惑うドライバーも少なくなかった。タイヤのブランドを固定しないドライバーのほとんどはブリヂストンタイヤを選択しており、エントリーした30台のマシンのうち実に20台がブリヂストンという、新しいポテンザRE-07Dは高い支持を受けていた。

●予選
やはり多くのドライバーはコースコンディションがわずかでも良好化するセッション後半を狙い、ピット前での待ち時間を過ごしていた。セッション前半にコースインしたのはわずか。トップでコースインし、単独でタイムアタックを行ったのは#56鶴賀義幸(ブリヂストン)で、結果としては15位となった。やはりストレートの長いコースレイアウトでは、他車のスリップストリームを使うことが、タイムアップには重要だったのだ。予選トップタイムをマークしたのは#41坪井翔(ブリヂストン)。「自分のフィーリングにピッタリきた」ということで、わずか1度しか走らせていないブリヂストンへとタイヤを変更。しかし若き日本のトップドライバーが信じた自身の感覚は正しく、2位に0.3秒近くの大きな差を付けてポールポジションを獲得した。
41.jpg
2位には、富士スピードウェイを得意としている#25水谷大介(ブリヂストン)が入り、3位はこれまた富士で強さを見せる#98近藤翼(ブリヂストン)となり、トップ3をブリヂストンが独占した。ブリヂストン装着勢は、トップ10に6台が入った。
98.jpg



●決勝レース
トップカテゴリーのレースでトップ争いに加わっている若手バリバリの坪井が、果たしてどのようなレース展開を見せるのか、注目は高まっていた。しかし、残念なことにマシンは悲鳴を上げ、彼に応えてはくれなかった。まずまずのスタートを決めトップで1コーナーに入った坪井選手は、続く2コーナーの立ち上がりでシフトアップできず失速、8位までポジションを落としてしまう。一時は素晴らしいスパートで2位にまでポジションを戻したものの、その後も同じ症状を繰り返して順位を失い、9周目には大幅に失速したところに#1久保凜太郎(ブリヂストン)が避けきれず、2人ともマシンをコースサイドに停めることになった。オープニングラップでトップに立ったのは水谷。
25.jpg
しかしペースは上がらず、後続のマシンを抑える形になり、2位以下は順位を入れ換えながら、2台〜3台が同時にコーナーに入るような状況となった。4周目、#10菅波冬悟(DL)がただひとり水谷をオーバーテイクすると、大きくリードを拡げていく。次にオーバーテイクしたのは7周目、ポジションを怒濤の勢いで挽回してきた坪井で、彼のオーバーテイクでバランスを崩した水谷を、後続の選手が次々とオーバーテイクしていった。しかし、その時点で菅波のリードは5秒以上にも達しており、そのままチェッカーを受けた。失速した坪井に代わって2位となったのは近藤で、3位には予選14位から追いあげてきた#31青木孝行(ブリヂストン)が入った。
tubasa.jpgaoki.jpg
ブリヂストン装着勢は、トップ10に6台が入った。

tubasa2.jpg

プロフェッショナルシリーズで2位表彰台を獲得した#98近藤翼選手のコメント。
「ずいぶんと激しいレース展開になりましたけど、生き残って2位になることができました。ハードなレースだったので、レース展開を覚えていないくらいです。すごく集中していたので、ちょっと疲れました。今回はブリヂストンを選択してレースに臨んだんですけど、タイヤとしては最後まで全く問題なく、高い性能を発揮してくれました」

レース結果

コース:富士スピードウェイ

[Professional Series]

決勝

  • 開催日:2021/05/09
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:30
  • 完走:28
  • (4.563km x 10laps = 45.63km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 10 21'09.038
2 98 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 10 21'16.093
3 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 10 21'17.779
4 160 吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 10 21'18.806
5 293 岡本 大地 NX N Fera Sports 86 10 21'21.952
6 80 宮田 莉朋 DL OTG DL 86 10 21'22.734
7 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 10 21'23.172
8 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 10 21'23.614
9 988 井口 卓人 BS Bridgestone RECARO BRZ BS T 10 21'24.740
10 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 10 21'24.812
11 82 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 10 21'26.006
12 504 冨林 勇佑 DL エアバスター86DL デルタ 10 21'26.733
13 906 佐々木 孝太 DL RECARO BRZ DL K 10 21'27.008
14 521 川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 10 21'27.585
15 700 吉田 綜一郎 BS Bridgestone トレジャーワン Tby2 86 10 21'28.936
16 18 中山 雄一 BS Bridgestone 茨城トヨペットGRつくば86R 10 21'29.501
17 70 伊東 黎明 DL OTG DL 86 10 21'29.951
18 813 坂 裕之 DL MプランニングK2 アクセス DL86 10 21'30.338
19 550 宗藤 昌太朗 BS Bridgestone 名神タイヤ86 10 21'31.930
20 999 森川 基雄 DL ウイニング制動屋NUTEC86 10 21'33.339
21 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 10 21'40.460
22 25 水谷 大介 BS Bridgestone GRTokyoRacing86 10 21'41.871
23 7 堤 優威 BS Bridgestone muta BS カバナ86 10 21'53.193
24 56 鶴賀 義幸 BS Bridgestone 栃木トヨタT2FACTRY BS86 10 21'57.723
25 97 橋本 陸 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 10 22'01.306
26 199 大原 佳祐 BS Bridgestone COROLLA MIE 86 10 22'05.173
27 41 坪井 翔 BS Bridgestone C.S.I Racing 86 8 17'05.494
28 1 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 8 17'06.224
- 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 0 DNF
- 88 手塚 祐弥 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS DQ
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2021/05/08
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:30
  • (4.563km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 41 坪井 翔 BS Bridgestone C.S.I Racing 86 2 2'04.164
2 25 水谷 大介 BS Bridgestone GRTokyoRacing86 2 2'04.462
3 98 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 2'04.612
4 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 3 2:04.649
5 80 宮田 莉朋 DL OTG DL 86 3 2'04.755
6 504 冨林 勇佑 DL エアバスター86DL デルタ 2 2'04.774
7 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 3 2:04.784
8 160 吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 2 2'04.805
9 7 堤 優威 BS Bridgestone muta BS カバナ86 2 2'04.839
10 521 川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 2 2'04.906
11 1 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 2'04.931
12 82 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 2 2'04.971
13 88 手塚 祐弥 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 2'04.999
14 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 2 2'05.015
15 56 鶴賀 義幸 BS Bridgestone 栃木トヨタT2FACTRY BS86 4 2'05.018
16 293 岡本 大地 NX N Fera Sports 86 2 2'05.046
17 70 伊東 黎明 DL OTG DL 86 4 2'05.094
18 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 2 2'05.115
19 988 井口 卓人 BS Bridgestone RECARO BRZ BS T 3 2'05.121
20 199 大原 佳祐 BS Bridgestone COROLLA MIE 86 2 2'05.205
21 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 2 2'05.347
22 813 坂 裕之 DL MプランニングK2 アクセス DL86 2 2'05.367
23 18 中山 雄一 BS Bridgestone 茨城トヨペットGRつくば86R 2 2'05.471
24 999 森川 基雄 DL ウイニング制動屋NUTEC86 3 2'05.555
25 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 3 2'05.595
26 97 橋本 陸 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 5 2'05.621
27 550 宗藤 昌太朗 BS Bridgestone 名神タイヤ86 3 2'05.786
28 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 2 2'05.887
29 700 吉田 綜一郎 BS Bridgestone トレジャーワン Tby2 86 2 2'06.036
- 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 DL K 2 DNF