• 開催場所:オフロードヴィレッジ(埼玉)
  • 開催日:2021年05月15日(土) 〜 2021年05月16日(日)
【2021年全日本モトクロス選手権 Rd.3 関東大会 IA2クラス】内田篤基が巧みにレースをコントロールして自身初の両ヒート制覇を達成!
AC2I0511_R.JPG

第2戦中国大会が新型コロナウイルスの感染拡大による影響で延期され、これが実質的には今季2戦目となった全日本モトクロス選手権シリーズ第3戦関東大会。IA2クラスは、開幕戦で#2大城魁之輔(Honda,BS)と#4内田篤基(Kawasaki,BS)が勝利を分け合い、3位以下とは圧倒的な力の差を見せつけていたことから、この第3戦でも優勝候補に挙げられていた。

A99I0327_R.JPG

大会の舞台は、荒川と入間川に挟まれた河川敷のフラットな土地に設けられた、埼玉県のウエストポイント オフロードヴィレッジ。これまでも、タイトターンとジャンプが多くてコース幅が狭いスーパークロス風のレイアウトを特徴としてきたが、今大会では仕様変更により昨年よりさらにその傾向が強くなった。飛び出し側の角度が急で速度を落とさせることが目的と思われるジャンプも多く、これがさらに混戦を生む“役者”となった。乾くと非常に固く締まることでも知られる“オフビ”の路面だが、事前段階でかなり入念に耕しながら水が含ませてあり、土曜日朝の段階ではベストな状態。しかも土日とも曇り空で、決勝日には時々雨が降ったこともあり乾きが抑えられ、最後までほとんどホコリが発生しない良好なコンディションがキープされた。
なお決勝日は、午後になって薄日が差したかと思ったら再び雨粒が落ちてくるなど、変わりやすい天候。最高気温は20~21度程度だった。

AC2I8528_R.JPG

■決勝ヒート1
#4内田篤基(Kawasaki,BS)がホールショット。#2大城魁之輔(Honda,BS)はやや出遅れたが、混戦の中で順位を上げて1周目を4番手でクリアした。レース序盤、内田は2番手の鴨田翔(kawasaki,DL)を2秒ほど離した状態でトップをキープ。大城は、3周目に西條悠人(kawasaki,DL)をパスして3番手に浮上すると、そこから鴨田との距離を詰めて5周目にはほぼその差を削り取り、6周目にバトルを演じて逆転に成功した。これで2番手にポジションアップした大城と、トップを守る内田との差は3.5秒ほどだった。
前を遮るマシンがなくなった大城は、7周目にペースを上げ、この周だけで1秒近く内田とのギャップを削ったが、8周目には両者のラップタイムが完全に互角で、9周目以降は再び内田が1周につきコンマ数秒ずつ引き離す展開が続いた。流れが変わったのは15周目。ここで内田が1秒ほどペースを緩め、再び大城のラップタイムのほうが速い周が増えていった。そして18周目には、両者の間隔が再び3秒ほどまで縮まったが、19周目に大城がわずかにタイムロス。レースは20周でチェッカーとなり、内田が優勝、大城が2位となった。

AC2I0229_R.JPG

■決勝ヒート2
ホールショットを決めたのは#35鳥谷部晃太(Yamaha,BS)。これに#4内田篤基(Kawasaki,BS)が続いた。#2大城魁之輔(Honda,BS)はスタートで大きく出遅れ、大混戦に巻き込まれながら10番手を走行していたところ、タイトターンで前のライダーがストップし、同じ轍の中にいた大城もほぼ停止状態までブレーキング。そこに後続から追突され、なんと大城は優勝候補でありながら1周目23番手まで落ちてしまった。一方の上位勢では、このオープニングラップで内田が鳥谷部の攻略に成功して、早くも先頭に立った。
2周目、鳥谷部は大倉由揮(Yamaha,DL)と岸桐我(Yamaha,DL)の先行を許して4番手に後退。この段階で、トップの内田はすでに約3秒のアドバンテージを築いていたが、3周目以降も2番手の大倉に対してラップタイムで1秒前後速く、さらにリードを拡大していった。このレースでは、上位勢がそれぞれ単独走行になり、レース中盤から内田は余裕の一人旅。20周を危なげなく走破して、再び勝利を手にした。鳥谷部は、ラスト3周でひとつ順位を落として5位。大城は必死の追い上げを続けたが、6位入賞が精一杯となった。

AC2I3838_R.JPG

●内田篤基(決勝ヒート1/優勝、ヒート2/優勝)
「このコースは、乾くとかなりハードパックになりますが、今大会は事前に路面がかなり入念に掘り起こされていて、水分もたっぷり含まれていました。そのため、金曜日に現地入りした段階で軟質路面用のBATTLECROSS X20がベストと確信しました。X20はかなり広いレンジをカバーしてくれるので、決勝で路面コンディションが多少変化しても問題ないと考えていました。決勝ヒート1は、大城魁之輔選手がずっと後ろにいる状況だったので、存在をまるで意識していなかったといえば噓になりますが、それほど大きく差が詰まることはなかったので、自分の走りに集中しました。ヒート2は、オープニングラップでトップに立ったところでプッシュ。これで2番手の大倉由揮選手が離れていくことが確認できたので、途中で勝利を確信しました。初の両ヒート優勝でうれしいですが、これで気を緩めることなく今後も勝利を重ね、悪いときも大きく落とさないよう戦っていきます」

レース結果

コース:オフロードヴィレッジ(埼玉)

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2021/05/16
  • (1.8km x 20laps = 36km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 4 内田 篤基 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250 カワサキ 20 9 1:38.07 32:50.81
2 2 大城 魁之輔 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF250R ホンダ 20 7 1:37.81 32:56.35
3 6 大倉 由揮 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ250F ヤマハ 20 6 1:37.90 33:14.12
4 10 中島 漱也 DL YAMALUBE RACING TEAM with レーシングチーム鷹 YZ250F ヤマハ 20 5 1:37.91 33:18.46
5 17 鴨田 翔 DL BLITZ KX250 カワサキ 20 5 1:38.70 33:21.11
6 8 岸 桐我 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ250F ヤマハ 20 3 1:38.96 33:23.51
7 35 鳥谷部 晃太 BS Bridgestone bLU cRU TEAM エム FACTORY YZ250F ヤマハ 20 3 33:24.17 33:24.17
8 11 小川 孝平 DL Team ITOMO YZ250F ヤマハ 20 5 1:37.86 33:46.55
9 7 川上 龍司 PI bLU cRU YSP大阪箕面 YZ250F ヤマハ 20 5 1:38.70 33:48.21
10 21 神田橋 瞭 DL Team 輪生館 KX250F カワサキ 20 5 1:39.43 33:54.36
11 34 柳瀬 大河 BS Bridgestone Bells Racing CRF250R ホンダ 20 10 1:39.80 34:00.85
12 9 池田 凌 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250F カワサキ 20 5 1:38.58 34:08.46
13 5 西條 悠人 DL ピュアテックレーシング KX250 カワサキ 20 2 1:39.45 34:09.05
14 15 鈴村 英喜 DL TEAM HAMMER ホンダ学園 CRF250R ホンダ 20 20 1:41.08 34:09.45
15 29 斉藤 嵩 BS Bridgestone オートスポーツ清水 & (株)TKS RM-Z250 スズキ 20 4 1:40.74 34:15.79
16 01 福村 鎌 BS Bridgestone 98%レーシング RM-Z250 スズキ 20 4 1:40.14 34:17.95
17 14 佐々木 麗 MI bLU cRU Y's racing with 東北トラス YZ250F ヤマハ 20 5 1:41.11 34:23.30
18 42 高師 永潤 DL Auto Brothers 250SX-F KTM 20 2 1:41.21 34:30.88
19 24 小笠原 大貴 MI Y’S レーシング YZ250F ヤマハ 19 1 3 1:40.74 32:59.98
20 19 真野 凌輔 BS Bridgestone オートスポーツ清水 RM-Z250 スズキ 19 1 13 1:42.56 33:09.66

レース結果

コース:オフロードヴィレッジ(埼玉)

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2021/05/16
  • (1.8km x 20laps = 36km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 4 内田 篤基 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250 カワサキ 20 5 1:35.09 32:36.81
2 6 大倉 由揮 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ250F ヤマハ 20 6 1:36.21 32:51.06
3 8 岸 桐我 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ250F ヤマハ 20 4 1:36.79 32:52.94
4 11 小川 孝平 DL Team ITOMO YZ250F ヤマハ 20 4 1:37.38 32:54.55
5 35 鳥谷部 晃太 BS Bridgestone bLU cRU TEAM エム FACTORY YZ250F ヤマハ 20 4 1:36.90 33:05.14
6 2 大城 魁之輔 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF250R ホンダ 20 4 1:37.43 33:06.83
7 15 鈴村 英喜 DL TEAM HAMMER ホンダ学園 CRF250R ホンダ 20 5 1:37.67 33:13.61
8 10 中島 漱也 DL YAMALUBE RACING TEAM with レーシングチーム鷹 YZ250F ヤマハ 20 6 1:37.84 33:14.56
9 9 池田 凌 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250F カワサキ 20 5 1:38.24 33:27.69
10 17 鴨田 翔 DL BLITZ KX250 カワサキ 20 4 1:38.55 33:34.40
11 34 柳瀬 大河 BS Bridgestone Bells Racing CRF250R ホンダ 20 14 1:39.50 33:42.39
12 19 真野 凌輔 BS Bridgestone オートスポーツ清水 RM-Z250 スズキ 20 4 1:38.83 33:44.43
13 7 川上 龍司 PI bLU cRU YSP大阪箕面 YZ250F ヤマハ 20 6 1:39.40 33:47.13
14 01 福村 鎌 BS Bridgestone 98%レーシング RM-Z250 スズキ 20 6 1:39.74 33:58.66
15 24 小笠原 大貴 MI Y’S レーシング YZ250F ヤマハ 20 4 1:39.79 34:03.36
16 14 佐々木 麗 MI bLU cRU Y's racing with 東北トラス YZ250F ヤマハ 20 7 1:39.93 34:05.54
17 29 斉藤 嵩 BS Bridgestone オートスポーツ清水 & (株)TKS RM-Z250 スズキ 20 5 1:40.41 34:07.09
18 41 瓜生 大喜 DL レーシングチーム鷹 YZ250F ヤマハ 20 5 1:40.31 34:07.96
19 03 阿久根 芳仁 BS Bridgestone マウンテンライダース KX250 カワサキ 20 5 1:40.26 34:18.11
20 28 室井 政伸 BS Bridgestone 竹沢OFC YZ250F ヤマハ 19 1 5 1:40.97 32:42.59