• 開催場所:筑波サーキット
  • 開催日:2019年06月22日(土) 〜 2019年06月22日(土)
【全日本ロードレース第4戦筑波 J-GP3レース1】長谷川聖が今季初ポールポジション。福嶋佑斗が全日本初優勝!
19JRR04_JGP3_QF=088.JPG

天候の悪化が予想されていた全日本ロードレース第4戦筑波ラウンド。金曜日の特別走行から雨がちらつく難しいウイークとなった。
ランキングリーダーとして3戦目に臨むJ-GP3クラスの長谷川聖(ブリヂストン)は、特別走行からトップタイムをマーク。「ブレーキトラブルがある」と、不安を抱えながらも好スタートを切った。
 土曜日も朝から厚い雲に覆われた筑波サーキット。午前中に行なわれた予選では、長谷川と鈴木大空翔(DL)の若手同士のアタック合戦で始まる。
 セッションスタートから8分足らずで鈴木を含めた2台がそれぞれ別の場所で単独転倒。落下物がコース上に残ってしまったために赤旗中断となる。
 すぐにセッション再開。残り10分を切ったあたりからアタック合戦の熾烈さが増す。そしてついに長谷川が59秒796と1分を切る。結局、ほかの1分を切るライダーは現れず、長谷川が唯一の59秒台でポールポジションを獲得した。


「事前テストからブレーキトラブルを抱えていた」という長谷川。金曜日の特別走行までトラブルを引きずっていたというが、予選日までに解消。「やっと1分を切れた」と笑顔。午後のレース1に向けては「逃げ切りが一番いいけれど、チャンピオンが最終目標だからリスクを負わず、しっかりとポイントを重ねたい」と気を引き締めていた。

19JRR04_JGP3_RC1=491.JPG

朝から厚い雲に覆われていた筑波サーキット。一瞬、雲の切れ間から日が差すこともあったが、昼前には雨模様に。雨は強まったり弱まったりを繰り返し、状況を困難にしていた。
 レース1は雨の中で始まった。長谷川はオープニングラップを3番手で終え、追い上げのレース展開に入ろうとする。しかし2周目に転倒車がコース上に残ってしまい、赤旗中断に。
 その後、13周に周回数を減算して再スタート。その間に上空は少し明るくなったものの、再び水しぶきを上げながらのスタートとなる。
 長谷川はレース序盤こそトップ争いを展開するも、徐々にポジションダウン。替わってトップ争いを始めたのは福嶋佑斗(ブリヂストン)。スタートから飛び出してレースをリードした鈴木に食らいつく。トップ集団は鈴木、福嶋、村瀬健琉(DL)、福嶋、大堀和基(ブリヂストン)の5台で形成される。
 6周目あたりから雨脚が強まった。大堀が転倒。替わって特別参加枠の濱田寛太(DL)が加わる。
 逃げを打つ鈴木。逃がさじと福嶋。レース終盤にはこの2台が集団から抜け出して一騎打ちに。最後まで激しかったトップ争いを福嶋が制し、見事に全日本初表彰台を優勝で飾った。

●福嶋佑斗(予選8位/決勝1位)
「ドライはセッティングが万全ではなかったので、雨が降ってくれてよかったです。途中で土砂降りになったので赤旗が出るかと思ってペースを落としたのですが、中断にならなかったので最後はペースを上げて抜けるところで抜こうと思いました。全日本参戦3年目でこれまで表彰台もなかったから素直にうれしいです」


●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「午前中の予選はドライコンディションで走行ができ、ブリヂストンユーザーの長谷川聖くんがポールポジション、中山愛理ちゃんが4番手という結果でした。午後は状況が一転し、今季初のウエットコンディションでのレースとなりました。難しいコンディションの中、予選8番手の福嶋佑斗くんが終盤にトップに立ち、僅差で抑えきって全日本初優勝を飾りました。福嶋くんとチームの皆様にお祝いを申し上げます。このクラスは至るところですばらしいバトルが見られました。明日のレース2も楽しみです」

レース結果

コース:筑波サーキット

[J-GP3]

決勝

  • 開催日:2019/06/22
  • 天候:Rain
  • 路面:Wet
  • 決勝出走:26
  • 完走:23
  • (2.07km x 13laps = 26.91km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 88 福嶋 佑斗 BS Bridgestone Team Plusone +f NSF250R ホンダ 13 2 1:08.088 15:02.814
2 11 鈴木 大空翔 DL BATTLE FACTORY NSF250R ホンダ 13 5 1:08.421 15:02.900
3 392 村瀬 健琉 DL ミクニ テリー&カリー NSF250R ホンダ 13 2 1:08.590 15:07.751
4 36 長谷川 聖 BS Bridgestone CLUB Y'S NSF250R ホンダ 13 6 1:08.590 15:07.751
5 13 岡崎 静夏 DL Kohara Racing Team NSF250R ホンダ 13 3 1:08.330 15:10.754
6 14 中山 愛理 BS Bridgestone TEAM SHOTA NSF250R ホンダ 13 5 1:08.361 15:10.754
7 29 S.アジウス DL MIE Racing NSF250R ホンダ 13 6 1:07.875 15:10.754
8 5 藤井 謙汰 DL Kohara Racing Team NSF250R ホンダ 13 5 1:08.031 15:12.654
9 17 太田 虎之進 BS Bridgestone WJ-FACTORY NSF250R ホンダ 13 5 1:08.229 15:17.603
10 20 高杉 奈緒子 DL 41Planning RC250R KTM 13 5 1:08.529 15:20.473
11 9 山本 恭裕 DL チームライフ・ドリーム北九州 NSF250R ホンダ 13 13 1:10.077 15:31.826
12 18 安村 武志 DL 犬の乳酸菌.jp/プリミティブR.T PRCS3d PRCS 13 5 1:09.627 15:31.826
13 21 村田 憲彦 BS Bridgestone CLUB Y'S NSF250R ホンダ 13 12 1:10.763 15:39.321
14 31 西田 信義 BS Bridgestone WJ-FACTORY NSF250R ホンダ 13 6 1:08.017 15:42.201
15 16 白石 玲菜 BS Bridgestone Dreamline Plusone NSF250R ホンダ 13 13 1:09.441 15:43.038
16 71 成田 彬人 DL Team P.MU 7C MIKUNI NSF250R ホンダ 13 13 1:10.649 15:44.246
17 61 柳沢 祐一 DL ENDLESS TEAM SHANTI NSF250R ホンダ 13 13 1:10.649 15:44.246
18 32 三好 菜摘 BS Bridgestone RG NIWA with オーテック・スズカ NSF250R ホンダ 13 13 1:09.955 15:44.827
19 15 野澤 秀典 BS Bridgestone ノザワレーシングファミリー NSF250R ホンダ 13 13 1:10.642 15:46.714
20 34 細谷 翼 DL TEAM SRS-Moto NSF250R ホンダ 11 2 5 1:08.039 12:51.281
[J-GP3]

予選

  • 開催日:2019/06/22
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:27
  • (2.07km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 36 長谷川 聖 BS Bridgestone CLUB Y'S NSF250R ホンダ 9 59.796
2 11 鈴木 大空翔 DL BATTLE FACTORY NSF250R ホンダ 6 1:00.409
3 392 村瀬 健琉 DL ミクニ テリー&カリー NSF250R ホンダ 11 1:00.428
4 14 中山 愛理 BS Bridgestone TEAM SHOTA NSF250R ホンダ 6 1:00.431
5 64 大堀 和基 BS Bridgestone CLUB HARC-PRO NSF250R ホンダ 24 1:00.554
6 20 高杉 奈緒子 DL 41Planning RC250R KTM 5 1:00.696
7 17 太田 虎之進 BS Bridgestone WJ-FACTORY NSF250R ホンダ 14 1:00.723
8 88 福嶋 佑斗 BS Bridgestone Team Plusone +f NSF250R ホンダ 18 1:00.799
9 71 成田 彬人 DL Team P.MU 7C MIKUNI NSF250R ホンダ 4 1:00.814
10 18 安村 武志 DL 犬の乳酸菌.jp/プリミティブR.T PRCS3d PRCS 4 1:00.871