• 開催場所:筑波サーキット
  • 開催日:2021年05月23日(日) 〜 2021年05月23日(日)
ロードスター・パーティレースⅢ 東日本 NDクラブマン Rd.2

5月23日、茨城県の筑波サーキットでロードスター・パーティレースⅢの東日本シリーズ第2戦が行われた。NDクラブマンクラスでは5月の開幕戦で初優勝した茨城在住の8号車・須藤利明がポールtoウインの完全勝利。次戦から東日本ではNDシリーズクラスにステップアップすることを表明した。

●予選
サーキットは前日までの雨で一部まだ濡れていたが、降ってくる気配はなかった。朝8時の気温は18.3℃、湿度は85%、路面温度は22.1℃というコンディションだった。9時25分からの第3レースの公式予選には18台がコースイン。4号車・下山百合江と138号車・佐藤喜洋、さらに148号車・神林健太の3名がデビューを飾り、パーティに新しい仲間を迎えることができた。
2B3A8587_下山百合江.JPG2B3A8602_佐藤喜洋、神林健太.JPG
先日の開幕戦を制した8号車の須藤利明が、今回は予選から圧倒した。アウトラップの最終コーナーで姿勢を乱しつつも1分12秒256を記録してその時点でトップに立ち、さらに11秒378、11秒407と11秒台の前半で連続周回。これに続いたのが2019年開幕戦以来の153号車・素村宣慶で、アタック2周目の1分11秒996から4周目に11秒856まで削ってフロントローを獲得した。2列目にはベテランの66号車・関 裕が1分11秒961で3番グリッドをゲット。そして最後までアタックを続けた102号車の鮎川一樹が、実質9周目に1分11秒980まで削ることに成功した。3列目からは1分12秒台で、101号車の緒方克明と113号車の高居慎司が続いた。この高居の予選タイムが1分12秒270で、後続の開幕戦3位の74号車・井上雅貴が12秒368、開幕戦2位の123号車・石田直樹が12秒408と、実績を残した2名がこのポジションにいる。さらに79号車・小林秀樹が12秒529、42号車・小林浩暢が12秒581、100号車・芹澤祥宏が12秒593、108号車・福島隆文が12秒664、デビュー戦の下山が12秒939と、まさに大混戦を予感させた。

●決勝
上空には青空が広がり、13時30分には気温24.7℃、湿度55%、路面温度40.4℃というコンディションに変わった。第3レースの決勝も約10分のディレイで、13時55分にレッドシグナルがブラックアウト。と思いきや、シグナル点灯中に2番グリッドの素村が猛然とスタート。
AI3I5351.JPG
もちろん1周目は悠々と先頭で帰ってくるが、すぐに「ドライブスルーペナルティ」を意味するDボードとゼッケンがタワーから提示された。さすがに素村も2周目を通過する頃には気づいて、追走するポールの須藤に進路を譲り、次の周回でピットロードへ向かった。
この3周目には4番グリッドだった鮎川も一気にポジションをダウン。須藤と3番グリッドからスタートした関が約1秒差でトップを争う展開になった。さらにその後方は5番グリッドだった緒方を先頭に、7番グリッドの井上、10番グリッドの小林浩、6番グリッドの高居をはじめ、一時は9台もがそれぞれ1秒差以内という大集団を形成。やがてその集団はふたつに分かれて、「緒方→井上→小林浩」の順のまま3選手が抜け出した。ベテランの関は7周目までは食い下がるも、8周目に須藤が1分12秒620のファステストラップを叩き出してからはジリジリと差が拡大。12周目には3.8秒差となり、逆転の匂いは消えた。
AI3I5936.JPG
3位争いの3台も最後は関の背後まで迫るが、順位は動かず。じつは開幕戦ではオープニングラップで2台に抜かれるミスを演じた須藤だが、今回は15ラップを完全に支配して2連勝を達成。続いた関と緒方が表彰台に立った。以下、4位の井上、5位の小林浩、6位の高居までが入賞だ。
2B3A8722.JPG

2B3A8733.JPG

優勝した須藤選手コメント
「先週のSUGOでも使ったタイヤが思っていた以上に厳しくて、予選でドリフトしちゃいました。決勝は気温も上がったので、丁寧な走りを心がけたら、中盤からいい感じに安定しました。これで筑波ではクラブマンを卒業します」

ロードスター・パーティレースⅢの東日本シリーズ第3戦は9月4日の土曜日に恒例の「メディア対抗ロードスター4時間耐久レース」との同日開催を予定。またパーティレースの次の戦いは西日本シリーズの第2戦で、6月27日の日曜日に岡山国際サーキットで行われる。


Brand_Mark_Vertical_Primary_ver1.1.png
MOTOR SPORTS
https://www.mazda.com/ja/innovation/motorsports/
ROADSTER NR-A
https://www.mazda.co.jp/cars/roadster/grade/nr-a/
pr3_logo1.gif
MAZDA ROADSTER Party Race Ⅲ
https://www.party-race.com/
https___imgix-proxy_n8s_jp_DSXZZO5425102010012020000000-KB2.jpg
BRIDGESTONE POTENZA Adrenalin RE004
https://tire.bridgestone.co.jp/potenza/re004/

レース結果

コース:筑波サーキット

[NDクラブマン]

決勝

  • 開催日:2021/05/23
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:18
  • 完走:18
  • (2.045km x 15laps = 30.675km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 8 須藤 利明 BS Bridgestone 酒レーシングロードスター美酒堂 15 18'21.815
2 66 関 裕 BS Bridgestone TAKE&HAIRロードスター 15 18'27.048
3 101 緒方 克明 BS Bridgestone IHJロードスター 15 18'28.445
4 74 井上 雅貴 BS Bridgestone COMDRIVE ロードスター 15 18'29.167
5 42 小林 浩暢 BS Bridgestone BooBooロードスター 15 18'31.275
6 113 高居 慎司 BS Bridgestone TRES ロードスター 15 18'37.967
7 100 芹澤 祥宏 BS Bridgestone S☆ロードスター 15 18'40.356
8 123 石田 直樹 BS Bridgestone ISHIDA ロードスター 15 18'42.129
9 79 小林 秀樹 BS Bridgestone ケータツ&アネモネロードスター 15 18'42.390
10 178 齋木 一也 BS Bridgestone プロアイズNNBSロードスター 15 18'42.915
11 102 鮎川 一樹 BS Bridgestone ラブカTCCロードスター 15 18'45.724
12 108 福島 隆文 BS Bridgestone TCCとたけけロードスター 15 18'48.760
13 4 下山 百合江 BS Bridgestone Lovedriveロードスター 15 18'49.917
14 12 古澤 巌 BS Bridgestone チーム テラモス ロードスター 15 18'59.062
15 153 素村 宣慶 BS Bridgestone SDCロードスター 15 19'05.280
16 138 佐藤 喜洋 BS Bridgestone -Jin-ロードスター#138 15 19'08.108
17 128 竹内 直樹 BS Bridgestone -Jin-ロードスター#128 14 18'25.102
18 148 神林 健太 BS Bridgestone -Jin-ロードスター#148 14 18'52.295