新井宏彰がランキング3位に浮上し最高峰クラスのトップ3をブリヂストン勢が独占!

  • 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2018年10月28日(日) 〜 2018年10月28日(日)
【全日本モトクロス選手権IA1クラス最終戦】山本 鯨と成田 亮のチャンピオン争いは、山本のアクシデントで成田が大逆転12回目のタイトル獲得!

MFJ全日本モトクロスのシリーズ最終戦、第56回MFJ-GPモトクロス大会 2018全日本モトクロス選手権シリーズ第9戦は、宮城県柴田郡村田町のスポーツランドSUGOインターナショナルモトクロスコースで開催された。
国際格式で行われたレースは、土曜日の午前中まで雨が降ったもののその後は青空が広がり、コースはマディから徐々に回復。ただしこの大会に備えて新たな土を大量に搬入していたため、コース上には深いレールやギャップが数多く出来るなど、非常に難易度の高いコンディションになった。
IB Openクラス以外のタイトル争いが僅差で最終戦へと持ち込まれたこと。また海外からの招待選手出場もあり、大会期間中は土日合わせて7100名と昨年を大幅に上回る観客が訪れ、秋晴れの爽やかな空の下、今シーズンのファイナルレースを楽しんだ。
本レースではほとんどのライダーはソフトパターンのタイヤを選択。その中でも成田選手を始め、多くのライダーは市販BATTLECROSSソフトパターンX20を選択した。

18JMXr09kk_1102a.jpg

■IA1 第1ヒート
連破を目指す山本 鯨(ホンダ-ブリヂストン)が、ランキング2番手で山本を追うチームメイトの成田 亮(ホンダ-ブリヂストン)に対し9ポイントリードで迎えた最終戦。
スタートでイン側にポジションを取った成田とややアウトよりのグリッドを選択した山本は、共に好スタートを決めると、2名の招待選手T.ガイザー(ホンダ‐PI)、J.シーワー(ヤマハ-DL)に続き成田は3番手、山本は4番手でオープニングラップをクリアする。
少しでもポイント差を縮めたい成田と、成田をフォローして可能な限りポイント差をキープしたい山本の攻防は、3周目、招待選手の一人富田俊樹(ホンダ-DL)が成田と山本の間に割って入り、日本人のトップ争いは成田、富田、山本のオーダーとなる。
中盤、富田が成田に接近し、なんとか前に出ようとするが、地元でこのコースを知り尽くす百戦錬磨の成田が、富田のアタックをことごとく抑え込んで日本人最上位のポジションをキープ。すると後半、その様子を見守っていた山本がラストスパートをかけ、疲れが見え始めた富田に接近。逃げる富田と山本の4位争いは、ラスト2周、山本が歳逆転に成功して、グランプリライダーに続き成田が3位、山本が4位でフィニッシュ。
ブリヂストン勢では富田、岡野 聖(ヤマハ‐DL)に続き新井宏彰(カワサキ-ブリヂストン)が7位、星野優位(ヤマハ-ブリヂストン)が8位でチェッカーを受けた。



18JMXr09kk_3911a.jpg

■IA1 第2ヒート  
迎えたシーズンファイナルヒート。注目のスタートは成田、山本共に好ダッシュを見せて、ホールショットこそ逃したものの成田はJ.シーワーに続き2番手、山本は3番手で1コーナーをクリアする。直後、SUGOの名物である大坂で成田は一気にトップに浮上。
山本もこれに続こうとするが、直後の折り返しでなんと山本は激しいクラッシュに見舞われてしまう。このアクシデントでマシン、身体にダメージを負った山本はレース続行を断念。
レースはオープニングラップ2番手で戻ってきた成田が、前半日本人トップの3番手で周回を重ねると、後半富田と激しい3位争いのバトルを展開。
タイトル争いのライバル山本が戦列を離脱しても集中力を切らすことなく果敢な走りを続けた成田は、後半富田の先行を許したものの、背後に迫ってきた岡野の追撃を確実に抑え込んでしっかりとポジションをキープ。
シーズンのクライマックスに相応しい堂々たる走りを見せた成田は、4位でチェッカーを受け、総合で海外招待選手に次ぐ3位となり、劇的大逆転の末に自身が持つ全日本モトクロス史上最多記録を更新し、通算12回目となる最高峰クラスチャンピオンに輝いた。
ブリヂストン勢では新井が6位でフィニッシュし、ポイントランキングでは成田、山本に続く3番手に浮上。
A1クラスのポイントランキング上位3位までをブリヂストン勢が占める結果となった。

18JMXr09kk_4516w.jpg

◆成田 亮 - Honda Team HRC
「シーズンオフの乗り込みの時期、日本のコースはウェットコンディションが多くてどうしてもソフトタイヤ使い続けることになるんですが、X20は本当に自分のライディングにマッチしていて、シーズンを通じほとんどのレースでこのタイヤを使い続けていました。今回もタイヤの選択に全く迷いはなく、マディのスタートもしっかりグリップして前に出ることができたし、コンディションが変化していく中で両ヒートを自分の思い通りに走り切ることができました。
今回の逆転タイトルはある意味奇跡だったと思いますが、ここまで頑張り続けて来た結果だし、サポートしていただいたおかげだと思っています。ありがとうございました。」



◆若林朋之 - 株式会社ブリヂストンMCタイヤ開発部
「成田選手、全日本チャンピオン獲得おめでとうございます。土曜日の走行がなくなり、雨上がりの路面で難しいコンディションでしたが、ソフトパターンがうまくマッチし、タイトル獲得に貢献することができました。
また、タイヤ開発の面でも、今年は今までとは違った取り組みに挑戦しました。その中で、新しい可能性を確認することができた1年でもあり、結果としてランキング1-3位を獲得できました。
ご協力いただいたチーム・ライダーに感謝致します。
今後も更にパフォーマンスの高いタイヤを開発し、チームの勝利に貢献していきます。」

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2018/10/28
  • 天候:Fine
  • 決勝出走:24
  • 完走:24
  • (1.6km x 17laps = 27.2km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 243 T.ガイサー PI Team HRC CRF450RW ホンダ 17 3 01:56.216 33:53.043
2 91 J. シーワー DL Monster Energy Yamaha Factory MXGP Team YZ450F ヤマハ 17 3 01:57.558 34:23.962
3 982 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 17 3 02:01.357 34:56.336
4 1 山本 鯨 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 17 4 02:02.179 35:18.394
5 718 富田 俊樹 DL Team HRC CRF450RW ホンダ 17 4 02:01.927 35:23.582
6 30 岡野 聖 DL フライングドルフィン サイセイ with YAMAHA YZ450F ヤマハ 17 2 02:02.887 35:41.343
7 331 新井 宏彰 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN KX450SR カワサキ 17 2 02:02.887 35:41.343
8 166 星野 優位 BS Bridgestone レーシングチーム鷹 YZ450F ヤマハ 16 1 7 02:05.059 34:04.076
9 7 深谷 広一 DL SRF Team SBE RM-Z450 スズキ 16 1 9 02:04.580 34:10.369
10 122 稲垣 達樹 BS Bridgestone Team SSC RM-Z450 スズキ 16 1 14 02:06.237 34:34.376
11 44 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing with MORIWAKI CRF450R ホンダ 16 1 8 02:05.007 34:35.413
12 8 星野 裕 DL グリーンクラブ八尾カワサキANNEX KX450SR カワサキ 16 1 2 02:07.429 34:37.140
13 155 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450R ホンダ 16 1 2 02:06.661 34:49.871
14 777 H.ナイト DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 16 1 8 02:07.097 34:53.936
15 793 池谷 優太 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 16 1 2 02:07.921 35:12.372
16 113 田中 雅己 DL TEAM ナカキホンダ CRF450R ホンダ 16 1 3 02:08.500 35:31.505
17 19 馬場 大貴 BS Bridgestone TEAM 887 with ホンダドリーム世田谷 CRF450R ホンダ 15 2 6 02:13.047 34:21.177
18 17 白石 翔也 DL YS’ レーシング YZ450F ヤマハ 15 2 4 02:13.995 34:36.757
19 15 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT KYB CRF450R ホンダ 15 2 4 02:10.642 34:42.486
20 13 鈴木 正明 BS Bridgestone SRF 関東&秀明道場 RM-Z450 スズキ 15 2 6 02:13.775 34:46.288

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2018/10/28
  • 天候:Fine
  • 決勝出走:24
  • 完走:22
  • (1.6km x 17laps = 27.2km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 243 T.ガイサー PI Team HRC CRF450RW ホンダ 17 5 01:56.371 33:26.513
2 91 J. シーワー DL Monster Energy Yamaha Factory MXGP Team YZ450F ヤマハ 17 3 01:57.691 33:56.198
3 718 富田 俊樹 DL Team HRC CRF450RW ホンダ 17 9 02:00.979 34:54.817
4 982 成田 亮 BS Bridgestone Team HRC CRF450RW ホンダ 17 9 02:01.722 35:07.335
5 30 岡野 聖 DL フライングドルフィン サイセイ with YAMAHA YZ450F ヤマハ 17 7 02:02.407 35:07.971
6 331 新井 宏彰 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN KX450SR カワサキ 17 7 02:02.777 35:19.998
7 7 深谷 広一 DL SRF Team SBE RM-Z450 スズキ 16 1 6 02:03.424 33:35.536
8 166 星野 優位 BS Bridgestone レーシングチーム鷹 YZ450F ヤマハ 16 1 4 02:03.867 33:43.474
9 8 星野 裕 DL グリーンクラブ八尾カワサキANNEX KX450F カワサキ 16 1 4 02:03.877 33:48.602
10 44 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing with MORIWAKI CRF450R ホンダ 16 1 16 02:05.980 34:12.147
11 155 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450R ホンダ 16 1 14 02:05.076 34:12.732
12 777 H.ナイト DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 16 1 9 02:05.906 34:29.947
13 793 池谷 優太 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 16 1 3 02:07.132 34:38.993
14 13 鈴木 正明 BS Bridgestone SRF 関東&秀明道場 RM-Z450 スズキ 15 2 5 02:09.718 33:38.462
15 19 馬場 大貴 BS Bridgestone TEAM 887 with ホンダドリーム世田谷 CRF450R ホンダ 15 2 4 02:11.922 33:47.756
16 122 稲垣 達樹 BS Bridgestone Team SSC RM-Z450 スズキ 15 2 12 02:07.897 33:49.881
17 15 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT KYB CRF450R ホンダ 15 2 4 02:10.696 33:56.230
18 69 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 15 2 7 02:13.209 33:58.102
19 010 川口 尚希 BS Bridgestone 小田切レーシングクラブ RM-Z450 スズキ 15 2 6 02:14.877 34:35.766
20 75 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450R ホンダ 15 2 4 02:11.425 34:36.447