• 開催場所:グリーンパーク弘楽園
  • 開催日:2021年11月27日(土) 〜 2021年11月28日(日)
【2021年全日本モトクロス選手権 Rd.2 中国大会 レディースクラス】川井麻央は攻めの走りを貫いて両ヒートで転倒を喫するも、2年連続チャンピオンに!
AC2I9370.jpg

第5戦近畿大会の中止により、全6戦のシリーズとなった今季の全日本モトクロス選手権。その最終戦は、本来なら5月上旬に開催予定だった第2戦中国大会となった。会場は、広島県南東部の山中にある世羅グリーンパーク弘楽園。アップ&ダウンに富むダイナミックなコースとして知られる。
日没を考慮したタイムスケジュールにより、他のクラスと同じくレディースクラスも決勝のレース時間を5分短縮。このため10分+1周の超スプリントとなったが、一方で今大会には5月の第3戦以来となる全日本レディースクラス2度目の2ヒート制が導入された。
乾いて締まるとかなりハードパックになる弘楽園だが、各クラスの予選が実施された土曜日に小雨が時々降ったことや、日曜日の早朝に気温が氷点下まで下がって霜が降りたことで、土曜日と日曜日午前中は土が適度に水分を含んだ状態。決勝ヒート2は日曜日午後の最初に設定されていたことから、レディースクラスは大量のホコリが発生するほど路面が乾くよりも前にすべての走行を終えた。
前戦終了時点で、ランキングトップの#1川井麻央(Honda,BS)は26点の大量リード。ランキング3番手の#4小野彩葉(Honda,BS)は50点以上離れており、川井はランキング2番手の本田七海(Yamaha,DL)よりも先にゴールすれば、ヒート1で2年連続タイトル獲得を決定できる状況だった。

AC2I3281.jpg

■決勝ヒート1
前戦で鎖骨を折った影響が残る#4小野彩葉(Honda,BS)が2番手、本田七海(Yamaha,DL)の前でゴールすればシリーズタイトル獲得が決まる#1川井麻央(Honda,BS)が6番手でレースをスタート。1周目、小野は6番手にポジションを下げたが、川井は4番手に浮上した。
翌周、小野は4番手まで順位を戻し、川井は2番手にポジションアップ。ここから川井は、3秒ほど先行するトップの久保まな(Honda,DL)を追い、4周目後半にはその背後に迫った。
ところが5周目、川井は単独で転倒。これにより川井は、本田や楠本菜月(Husqvarna,DL)を必死に追っていた小野のすぐ後方、5番手に順位を落とした。時間短縮により、レースは6周目で早くもラストラップ。ここで川井は、小野と楠本を次々に抜いた。そして川井が3位、楠本を最後に抜いた小野が4位でチェッカー。本田が2位でゴールしたことから、川井のシリーズタイトル獲得決定は今季最終レースとなるヒート2に持ち越しとなった。

AC2I7098.jpg

■決勝ヒート2
ヒート1でも6位と健闘した#14濱村いぶき(Honda,BS)が、久保まな(Honda,DL)に次ぐ2番手の好スタート。これに#4小野彩葉(Honda,BS)が続いたが、#1川井麻央(Honda,BS)は11番手とかなり出遅れた。1周目、ケガの影響で本調子ではない小野は5番手まで後退。一方で川井は、6番手まで順位を上げた。ところが2周目、前走車とラインが交錯しかけた川井が単独転倒。これで川井は12番手まで順位を落とした。また、濱村は4番手に後退した。
22点のリードにより、ランキング2番手の本田七海(Yamaha,DL)が何位でゴールしても、13位以内ならチャンピオンが決まる状況だった川井。しかし最後まで守りに入ることはなく、川井は残り2周となった5周目には6番手まで追い上げた。そして最後は、小野と濱村と川井が4番手争い。これを制した川井が4位、濱村が5位、小野が6位でフィニッシュした。この結果、川井&ブリヂストンの2年連続シリーズタイトル獲得が決定した。

A99I6678.jpg

●川井麻央(決勝ヒート1/3位、ヒート2/4位)
優勝でチャンピオンを決めたいと思って、両ヒートとも攻めました。その結果、どちらのヒートも転倒してしまいましたが、すべての力を発揮できたと思うし、最後まで楽しく走れたので後悔はありません。レースの結果はイマイチでしたが、チャンピオンにもなれたし気持ちよく終われました。タイヤは、すべての走行でソフト用のBATTLECROSS X20を使用。今大会は、雨や霜で路面に水分が多めに含まれている時間が長かったので、とてもマッチしていました。ヒート1の転倒はレールを攻めすぎてカラダが入りすぎてしまうミス、ヒート2は抜こうとしたライダーと接触しそうになって避けた結果なので、タイヤの性能とは関係ない原因。練習走行、予選、決勝とすべての走行でグリップしてくれました。昨年は4レースの短いシーズンで、それはそれで難しさがありました。今年はレース数が倍で、なおかつ最終戦が11月末だったので、チャンピオン決定まで長かったです。とはいえ1年を通して楽しく走り、V2を達成できました。応援ありがとうございました!」

レース結果

コース:グリーンパーク弘楽園

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2021/11/28
  • 決勝出走:28
  • 完走:28
  • (1.7km x 6laps = 10.2km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 3 久保 まな DL Honda Dream 京都東 TEAM HAMMER CRF150R ホンダ 6 5 2:00.86 12:09.96
2 2 本田 七海 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ85LW ヤマハ 6 6 1:59.26 12:12.94
3 1 川井 麻央 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF150 ホンダ 6 4 1:58.87 12:17.55
4 4 小野 彩葉 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF150 ホンダ 6 4 2:01.07 12:18.10
5 5 楠本 菜月 DL actionracing with alphathree TC85 ハスクバーナ 6 5 2:00.47 12:19.38
6 14 濱村 いぶき BS Bridgestone TODAY SPORT ホンダ 6 5 2:02.31 12:23.57
7 7 穂苅 愛香 BS Bridgestone TOMOレーシング YZ85LW ヤマハ 6 6 2:04.83 12:34.18
8 30 ペレーラ 瞳美 MI GASGAS NORTE CHITOSE MC85 GASGAS 6 5 2:04.06 12:36.70
9 15 赤松 樹愛 BS Bridgestone YZ85 ヤマハ 6 4 2:03.26 12:37.95
10 26 川上 真花 PI YSP大阪箕面 YZ85LW ヤマハ 6 6 2:04.13 12:42.93
11 12 瀬尾 柚姫 BS Bridgestone Team SBE RM85L スズキ 6 6 2:04.11 12:44.33
12 19 山崎 琴乃 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF150RⅡ ホンダ 6 3 2:05.59 12:45.53
13 8 木村 綾希 DL Team Power Band KX85Ⅱ カワサキ 6 4 2:04.15 12:45.91
14 10 松木 紗子 BS Bridgestone マウンテンライダースクラブ RM85 スズキ 6 6 2:08.66 13:02.57
15 13 箕浦 未夢 DL YZ85 ホンダ 6 3 2:05.38 13:03.84
16 21 吉川 純菜 BS Bridgestone TSK Racing YZ85LW ヤマハ 6 3 2:10.48 13:15.47
17 18 羽賀 伊吹 IRC TEAM-iTOMO&ウマゴヤ YZ85LW ヤマハ 6 2 2:11.64 13:28.23
18 17 阿部 華帆 MI Y’S レーシング ヤマハ 6 4 2:11.90 13:29.00
19 22 高原 央 DL グリーンシャドウ KX85Ⅱ ヤマハ 6 2 2:14.67 13:42.97
20 27 千葉 茜 MI Y’S レーシング YZ85 ヤマハ 6 6 2:18.57 14:09.81

レース結果

コース:グリーンパーク弘楽園

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2021/11/28
  • 決勝出走:28
  • 完走:28
  • (1.7km x 6laps = 10.2km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 2 本田 七海 DL bLU cRU TEAM KOH-Z LUTZ with 秀光ビルド YZ85LW ヤマハ 6 5 2:01.06 12:13.16
2 3 久保 まな DL Honda Dream 京都東 TEAM HAMMER CRF150R ホンダ 6 4 2:00.97 12:14.04
3 5 楠本 菜月 DL actionracing with alphathree TC85 ハスクバーナ 6 4 2:01.32 12:19.62
4 1 川井 麻央 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF150 ホンダ 6 5 2:01.51 12:29.76
5 14 濱村 いぶき BS Bridgestone TODAY SPORT CRF150RⅡ ホンダ 6 5 2:03.47 12:30.95
6 4 小野 彩葉 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF150 ホンダ 6 3 2:03.82 12:33.32
7 15 赤松 樹愛 BS Bridgestone YZ85 ヤマハ 6 2 2:04.13 12:34.01
8 12 瀬尾 柚姫 BS Bridgestone Team SBE RM85L スズキ 6 5 2:02.26 12:34.66
9 13 箕浦 未夢 DL YZ85 ヤマハ 6 4 2:04.34 12:40.92
10 8 木村 綾希 DL Team Power Band KX85Ⅱ カワサキ 6 4 2:05.18 12:42.91
11 7 穂苅 愛香 BS Bridgestone TOMOレーシング YZ85LW ヤマハ 6 2 2:05.35 12:43.98
12 26 川上 真花 PI YSP大阪箕面 YZ85LW ヤマハ 6 5 2:03.89 12:44.71
13 30 ペレーラ 瞳美 MI GASGAS NORTE CHITOSE MC85 GASGAS 6 4 2:05.41 12:45.34
14 19 山崎 琴乃 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF150RⅡ ホンダ 6 5 2:07.14 13:01.72
15 10 松木 紗子 BS Bridgestone マウンテンライダースクラブ RM85 スズキ 6 6 2:08.81 13:13.01
16 18 羽賀 伊吹 IRC TEAM-iTOMO&ウマゴヤ YZ85LW ヤマハ 6 3 2:09.53 13:13.58
17 21 吉川 純菜 BS Bridgestone TSK Racing YZ85LW ヤマハ 6 3 2:11.16 13:18.24
18 17 阿部 華帆 MI Y’S レーシング ヤマハ 6 6 2:13.75 13:29.65
19 22 高原 央 DL グリーンシャドウ KX85Ⅱ ヤマハ 6 2 2:16.61 13:51.53
20 37 松永 朋子 BS Bridgestone tm&mm YZ85 ヤマハ 6 5 2:18.36 14:16.66