• 開催場所:HSR九州
  • 開催日:2022年04月09日(土) 〜 2022年04月10日(日)
【2022年全日本モトクロス選手権 Rd.1 HSR九州大会 IA1クラス】富田俊樹が自身初の最高峰クラス両ヒート制覇を達成して、最高の成績でシーズンイン!

今季の全日本モトクロス選手権シリーズは、4ヵ所のコースで全7戦が予定されている。一昨年に最高峰クラスのIA1に導入された1大会3ヒート制が今年はさらに追加され、IA1は第2戦関東大会と第3戦SUGO大会と第5戦HSR九州大会が3ヒート制。これにより全17ヒートのシーズンになる。IAクラスは、これまでの2ヒート制だとレース時間が30分+1周だが、3ヒート制の際は15分+1周に短縮。超スプリントレースになることで、スタートダッシュがいつも以上に重要となる。開幕戦の舞台は、今年も熊本県のHSR九州。ホンダの熊本製作所に隣接した複合モータースポーツ&研修施設の一角にあるこのモトクロスコースは、阿蘇の外輪山を望むフラットな土地に設けられていて、広いコース幅と超ハイスピードレイアウトを特徴とする。本来の土質は阿蘇の噴火に由来する黒土だが、今大会の前に大量の山砂を搬入しながら入念な整備が加えられ、セクションによっては粗目の砂がかなり敷き詰められた状態。一方で、固く締まった黒土の路面が露出したり、黒土に深めのワダチが刻まれるセクションが出現したり、黒土と山砂がミックスされた区間があったり、攻略が難しい路面状況となった。

天候は土日とも晴天に恵まれ、日曜日の最高気温は25℃まで上昇。日差しも強く、初夏を思わせるような陽気となった。ホコリの発生を抑えるため頻繁に散水を実施。ライダーは、スタート直前まで続けられた散水による路面変化もケアしつつレースに臨んだ。
最高峰クラスのIA1は、ブリヂストンタイヤを履いて昨年度の王者に輝いた山本鯨が引退を表明したことから、チャンピオン不在のシーズンに。ヤマハファクトリーチームの#2 富田俊樹と#4 渡辺祐介がブリヂストンにタイヤをスイッチし、初の最高峰クラスタイトル獲得を狙う。また、昨年度のIA2でランキングトップ3だった#22 大城魁之輔(Honda,BS)、#23 大倉由揮(Honda,BS)、#25 内田篤基(Kawasaki,BS)が揃ってIA1にステップアップ。こちらの活躍にも期待が集まった。4人.jpg

AX0I9149.jpg

■決勝ヒート1
#2 富田俊樹(Yamaha,BS)がホールショット。1周目は富田、能塚智寛(Kawasaki,DL)、#4 渡辺祐介(Yamaha,BS)、#22 大城魁之輔(Honda,BS)、小方誠(Honda,DL)、#23 大倉由揮(Honda,BS)、#25 内田篤基(Kawasaki,BS)の順となった。2~3周目に富田は能塚の猛追を受け、抜かれた直後に一度は抜き返したが、能塚が先行。しかし翌周に能塚が転倒し、富田がトップに返り咲いた。富田の背後には渡辺と大城が迫り、トップグループを形成。6秒ほど間隔を開け、大倉、小方、能塚、内田が第2グループとなった。AX0I0077.jpg6周目、能塚が再び転倒し、内田は小方をパス。7周目には大倉がマシントラブルで大きく後退し、これで内田が4番手まで順位を上げた。レース後半、トップの富田がじわじわとリードを拡大して独走態勢に。一方で2番手争いは、渡辺を2秒ほどの差で大城が追い続けたが、接近戦に発展することはなかった。そしてレースは15周でチェッカー。富田が優勝、渡辺が2位、大城が3位、内田が4位で、ブリヂストン勢がトップ4を独占した。

AX0I1963.jpg

■決勝ヒート2
好スタートを決めたのは#25 内田篤基(Kawasaki,BS)。オープニングラップだけで3秒近いリードを奪うと、2~3周目もこれをキープ。しかし4周目に能塚智寛(Kawasaki,DL)の接近を許した。5周目、能塚と#2 富田俊樹(Yamaha,BS)が内田をパス。翌周に内田はクラッシュしてリタイヤとなった。これにより小方誠(Honda,DL)が3番手となり、これを#23 大倉由揮(Honda,BS)が僅差で追い、5秒ほど間隔を開けて#22 大城魁之輔(Honda,BS)と#4 渡辺祐介(Yamaha,BS)が5番手争いを繰り広げた。AX0I2455.jpg能塚と富田は、3番手以下を10秒近く引き離しながらマッチレースを展開。富田は能塚の背後でプレッシャーをかけ続けて9周目にトップに立つと、翌周には約3秒のリードを築いた。その後方では大倉が小方に迫ったが、こちらは逆転のチャンスを得られず。5番手争いでは、8周目に渡辺が大城を抜き、翌周以降に引き離した。12周目、大倉の転倒により渡辺が4番手浮上。レースは15周でチェッカーとなり、富田が勝利して自身初の両ヒート制覇を達成した。渡辺が4位、大倉が5位、大城が6位に入賞している。

AX0I4087.jpg

●富田俊樹(決勝ヒート1/優勝、ヒート2/優勝)
「今年からブリヂストンタイヤで戦うことになりました。IA2時代にはブリヂストンタイヤでチャンピオンになったこともあり、そのときのいいイメージも自分の中に残っていたのですが、やはり他社とフィーリングが異なる部分もあるので、シーズンオフにはチーム一丸となってアジャストに力を入れました。その成果がこの開幕戦にリザルトとして残せたと思います。今回はすべての走行でBATTLECROSS X20を選択。ソフト路面用の位置づけですが、カタい路面でもしっかりグリップして前に進む感じがあります。スタート付近の路面は柔らかい状態でしたが、ここでもタイヤのパフォーマンスに助けられ、ヒート1はホールショットも獲得できました。両ヒートとも、序盤は能塚選手や内田選手がかなり速く、こちらが負けている部分もあったと思いますが、開幕戦で力みすぎて転んでケガするなどポイントを大きく取りこぼすことは避けたかったので、冷静に走るよう心がけていました。序盤のスピードというのは、自分にとってこれからの課題だと思います。もちろん、今年狙うのはチャンピオン。すべてのレースで、確実に表彰台圏内でゴールしていきたいと思います」

レース結果

コース:HSR九州

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2022/04/10
  • 決勝出走:24
  • (1.9km x 15laps = 28.5km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 2 富田 俊樹 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 15 2:09.870 32:46.627
2 4 渡辺 祐介 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 15 2:09.989 32:50.284
3 22 大城 魁之輔 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF450R ホンダ 15 2:10.090 32:54.831
4 25 内田 篤基 BS Bridgestone マウンテンライダーズ KX450 カワサキ 15 2:10.679 33:07.833
5 5 小方 誠 DL TEAM HAMMER CRF450R ホンダ 15 2:11.373 33:11.801
6 7 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT with GOSHI CRF450R ホンダ 15 2:11.122 33:14.376
7 6 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing CRF450R ホンダ 15 2:13.393 33:46.284
8 11 町田 旺郷 BS Bridgestone TEAM 887 with YSP浜松 YZ450F ヤマハ 15 2:12.342 33:48.248
9 13 星野 裕 BS Bridgestone Team SBE RM-Z450 スズキ 15 2:14.631 33:59.610
10 3 能塚 智寛 DL Team Kawasaki R&D KX450SR カワサキ 15 2:10.073 34:09.922
11 14 道脇 右京 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450R ホンダ 15 2:14.401 34:12.401
12 12 池本 凌汰 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 15 2:15.026 34:20.581
13 17 池谷 優太 DL TEAM HAMMER CRF450R ホンダ 15 2:15.364 34:34.933
14 8 星野 優位 BS Bridgestone bLU cRU Racing Team TAKA / STAR racing 166 YZ450F ヤマハ 15 2:14.837 34:42.281
15 10 安原 志 DL 八尾カワサキ with ANNEXCLUB KX450 カワサキ 15 2:14.098 34:49.251
16 19 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450R ホンダ 15 2:17.118 34:53.352
17 30 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 15 1 2:18.235 32:48.667
18 15 平山 力 DL RC弘前 & TSFレーシング KX450 カワサキ 14 1 2:16.434 33:01.850
19 20 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450 ホンダ 14 1 2:18.979 33:18.753
20 18 西 元気 BS Bridgestone オートスポーツ清水 RM-Z450 スズキ 14 1 2:18.295 33:27.020

レース結果

コース:HSR九州

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2022/04/10
  • 決勝出走:24
  • (1.9km x 15laps = 28.5km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 2 富田 俊樹 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 15 2:10.192 32:55.565
2 3 能塚 智寛 DL Team Kawasaki R&D KX450SR カワサキ 15 2:09.759 33:04.941
3 5 小方 誠 DL TEAM HAMMER CRF450R ホンダ 15 2:11.333 33:11.015
4 4 渡辺 祐介 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 15 2:10.958 33:15.545
5 23 大倉 由揮 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF450R ホンダ 15 2:10.945 33:19.357
6 22 大城 魁之輔 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF450R ホンダ 15 2:11.448 33:21.465
7 7 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT with GOSHI CRF450R ホンダ 15 2:10.714 33:22.255
8 6 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing CRF450R ホンダ 15 2:13.038 33:57.177
9 14 道脇 右京 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450R ホンダ 15 2:13.932 33:58.310
10 11 町田 旺郷 BS Bridgestone TEAM 887 with YSP浜松 YZ450F ヤマハ 15 2:13.751 34:03.259
11 13 星野 裕 BS Bridgestone Team SBE RM-Z450 スズキ 15 2:14.246 34:19.497
12 10 安原 志 DL 八尾カワサキ with ANNEXCLUB KX450 カワサキ 15 2:15.759 34:28.323
13 15 平山 力 DL RC弘前 & TSFレーシング KX450 カワサキ 15 2:16.472 34:31.593
14 12 池本 凌汰 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 15 2:16.386 34:37.447
15 17 池谷 優太 DL TEAM HAMMER CRF450R ホンダ 15 2:16.485 34:51.471
16 19 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450R ホンダ 15 2:17.209 34:56.393
17 18 西 元気 BS Bridgestone オートスポーツ清水 RM-Z450 スズキ 14 1 2:19.573 33:12.742
18 30 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 14 1 2:20.897 33:30.683
19 20 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA CRF450R ホンダ 14 1 2:20.868 33:43.769
20 31 小林 康志郎 MAX 株式会社i-tech with ALL-ONE 450SX-F KTM 14 1 2:22.595 34:34.324