• 開催場所:オフロードヴィレッジ(埼玉)
  • 開催日:2022年05月15日(日) 〜 2022年05月15日(日)
【2022年全日本モトクロス選手権 Rd.2 関東大会 IA1クラス】 今季初の3ヒート大会で富田俊樹が1勝を挙げて総合2位、大倉由揮はヒート1でIA1初表彰台
AX0I4532.JPG

今季の全日本モトクロス選手権シリーズは、4ヵ所のコースで全7戦を予定。最高峰クラスのIA1は、このうち3戦で決勝のレース時間が15分+1周となる3ヒート制が導入される(通常は30分+1周の2ヒート制)。そしてこの第2戦関東大会が、今季初の3ヒート大会。ちなみにこのクラスでは、一昨年からこのフォーマットが数戦で導入されてきた。

大会の舞台は、荒川と入間川に挟まれた河川敷となるフラットな土地に設けられた、埼玉県のウエストポイント オフロードヴィレッジ。タイトターンとジャンプが多くて幅が狭い、スーパークロス風のレイアウトを特徴とするコースだ。昨春の全日本開催以降、レイアウトやジャンプまたはリズムセクションのセッティングには変更が加えられたものの、依然としてスーパークロスを想起させる。

大会前から予選が実施された土曜日の朝にかけてまとまった量の雨が降り、予選日のコースコンディションはマディ。お昼前ごろから急激に天候は回復したが、重たい泥が路面を覆い続けた。そのため予選では、インフィールドセクションをすべてキャンセルしたショートカットコースを使用。路面が荒れるのを防いで翌日に備えた。

迎えた決勝日の天候は曇り一時晴れで最高気温20℃。フルコースに戻され入念な整備が施されると、表面の泥が取り除かれて硬めの地面が露わに。朝の段階では土が多くの水を含んだ柔らかい場所も混在しており、硬い路面もこれまたスリッピーだったが、次第に乾いてきたことでお昼ごろにはほぼベストコンディションになった。午後も好天に恵まれ、ホコリが舞うセクションがあるほど路面状況は改善された。

A99I1182_2.jpg

■決勝ヒート1
開幕戦で両ヒート優勝を達成した#2 富田俊樹(Yamaha,BS)が、スタート直後の1コーナーで転倒。ほぼ最後尾からのレースとなった。オープニングラップを制したのは#8 星野優位(Yamaha,BS)。これに続き#22 大城魁之輔(Honda,BS)が#23 大倉由揮(Honda,BS)に肉迫したが、2周目終了直前に大城は激しくクラッシュ、マシン破損によりリタイヤとなった。2番手となった大倉は、1.5秒程度の差を保ってトップの星野をマークした。

一方、大倉から2秒ほど後方では、#4 渡辺祐介(Yamaha,BS)が小方誠(Honda,DL)や能塚智寛(Kawasaki,DL)と僅差の3番手争いを展開。渡辺はレース終盤まで順位を守っていたが、ラスト2周となった10周目に能塚が先行した。レース終盤には、大倉が星野に1秒差まで迫ってプレッシャーを与えたが、星野は動じることなくトップをキープ。逆に大倉は最終ラップに能塚の逆転を許してしまった。そしてレースは星野が優勝。大倉が3位、渡辺が4位、富田が5位まで追い上げてゴールした。

■決勝ヒート2
転倒に泣いたヒート1とは一転して、#2 富田俊樹(Yamaha,BS)がホールショット。そのままオープニングラップをトップでクリアした。#22 大城魁之輔(Honda,BS)は出遅れつつも1周目5番手。#8 星野優位(Yamaha,BS)は同11番手、#23 大倉由揮(Honda,BS)は13番手からのレースとなった。レース序盤、富田と能塚智寛(Kawasaki,DL)と小方誠(Honda,DL)が4番手以下を引き離してトップグループを形成、4周目にはここから小方が脱落した。

AX0I4839.JPG


同じ周、後方では大城が安原志(Kawasaki,DL)をパスして4番手に浮上したが、この段階で3番手の小方からは約5秒のビハインド。これでトップ争いは富田と能塚のマッチレースとなったが、富田は冷静な走りで能塚に対して2秒のリードを守った。そしてレースは11周でチェッカー。そのまま逃げ切った富田が今季3勝目をマークした。大城は4位、5周目に安原を抜いた#6 小島庸平(Honda,BS)が5位に入賞。#4 渡辺祐介(Yamaha,BS)は9位、大倉は10位、星野は13位に終わった。

AX0I8460.JPG

■決勝ヒート3
ホールショットを奪ったのは#22 大城魁之輔(Honda,BS)。スタート直後には、#4 渡辺祐介(Yamaha,BS)の転倒を発端に6台のマルチクラッシュが発生し、これに巻き込まれて#23 大倉由揮(Honda,BS)も大きく出遅れた。1周目、トップの大城に#8 星野優位(Yamaha,BS)が追いつき、能塚智寛(Kawasaki,DL)と#2 富田俊樹(Yamaha,BS)も僅差で追走。2周目には富田が能塚をパスしたが、すぐに能塚の再逆転を許した。3周目、星野は3番手に後退。翌周には富田も星野の攻略に成功した。

これで上位勢が大城、能塚、富田のオーダーになると、この3台が4番手以下を引き離してトップグループに。8周目には、能塚と富田が立て続けに大城をパスした。3番手に後退した大城は能塚や富田のラインを取り入れたが、逆にペースダウン。これで優勝争いは能塚と富田に絞られた。富田は何度も能塚に仕掛けたが、決定的なチャンスを得られず。レースは11周で終了となり、富田が2位、大城が3位となった。星野は5位でゴール。渡辺は7位、大倉は8位まで追い上げてチェッカーを受けた。

AX0I5855.JPG

●富田俊樹(決勝ヒート1/5位、ヒート2/優勝、ヒート3/2位)
「ヒート1では、やってはいけないことをやってしまったという感じ。スタートが重要という意識がありすぎて、突っ込み勝負で引くことができずにムリしすぎました。1周目から必死に追いましたが、今回は15分+1周のレース。これは“たら・れば”になってしまいますが、ヒート1もヒート3も30+1周のレースだったらなあ……というのが正直な思いです。優勝したヒート2は、スタートが決まったので、抜かれないラインで走っていればまずは大丈夫だと考えました。さらに、わずかながら能塚選手が離れたことも確認できたので、そこからは自分のラインで楽に走れました。ヒート3のラストは、能塚選手も速かったので勝負する場所がありませんでした。タイヤは今大会通じてBATTLECROSS X20を選択。とくに決勝日は、路面コンディションが刻々と変化する状況でしたが、挙動を予測できる良好なコントロール性が大きなアドバンテージになりました。とはいえ決勝では、よりタイヤの性能を発揮できるようなラインもチョイス。硬い路面の上に土が堆積したような場所がとくにグリップを発揮するタイヤなので、そういう場所が有効に使えるセクションでは、積極的に狙って走りました」

レース結果

コース:オフロードヴィレッジ(埼玉)

[ヒート1]

決勝

  • 開催日:2022/05/15
  • 決勝出走:26
  • 完走:23
  • (1.8km x 11laps = 19.8km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 8 星野 優位 BS Bridgestone bLU cRU Racing Team TAKA / STAR racing 166 YZ450F ヤマハ 11 2 1:34.899 17:23.368
2 3 能塚 智寛 DL Team Kawasaki R&D KX450SR カワサキ 11 5 1:34.398 17:23.740
3 23 大倉 由揮 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF450R ホンダ 11 6 1:35.002 17:26.257
4 4 渡辺 祐介 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 11 4 1:34.719 17:28.027
5 2 富田 俊樹 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 11 10 1:34.149 17:30.898
6 13 星野 裕 BS Bridgestone Team SBE RM-Z450 スズキ 11 4 1:35.499 17:37.160
7 5 小方 誠 DL TEAM HAMMER CRF450R ホンダ 11 3 1:34.172 17:37.525
8 7 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT with GOSHI CRF450R ホンダ 11 4 1:35.597 17:48.021
9 6 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing CRF450R ホンダ 11 8 1:36.228 17:52.940
10 10 安原 志 DL 八尾カワサキ with ANNEXCLUB KX450 カワサキ 11 8 1:36.601 17:55.014
11 14 道脇 右京 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA with CARVEK CRF450 ホンダ 11 4 1:36.739 17:58.468
12 12 池本 凌汰 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 11 6 1:36.762 18:07.661
13 15 平山 力 DL RC弘前 & TSFレーシング KX450 カワサキ 11 6 1:37.564 18:15.510
14 20 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA with CARVEK CRF450 ホンダ 11 7 1:39.593 18:26.686
15 18 西 元気 BS Bridgestone オートスポーツ清水 RM-Z450 スズキ 11 6 1:39.834 18:28.131
16 19 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450R ホンダ 11 7 1:38.153 18:31.264
17 32 小林 大治朗 DL レーシングチーム鷹 YZ450F ヤマハ 11 7 1:39.592 18:31.857
18 01 鈴木 龍星 DL TEAM HAMMER CRF450 ホンダ 11 7 1:39.107 18:33.064
19 31 小林 康志郎 MAX 株式会社i-tech with ALL-ONE 450SX-F KTM 11 3 1:40.314 18:45.801
20 30 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 11 5 1:40.033 18:53.099

レース結果

コース:オフロードヴィレッジ(埼玉)

[ヒート2]

決勝

  • 開催日:2022/05/15
  • 決勝出走:26
  • 完走:24
  • (1.8km x 11laps = 19.8km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 2 富田 俊樹 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 11 8 1:34.719 17:24.640
2 3 能塚 智寛 DL Team Kawasaki R&D KX450SR カワサキ 11 7 1:34.800 17:27.720
3 5 小方 誠 DL TEAM HAMMER CRF450R ホンダ 11 3 1:36.076 17:38.122
4 22 大城 魁之輔 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF450R ホンダ 11 6 1:36.467 17:45.986
5 6 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing CRF450R ホンダ 11 5 1:37.103 17:58.472
6 10 安原 志 DL 八尾カワサキ with ANNEXCLUB KX450 カワサキ 11 3 1:37.602 17:59.853
7 13 星野 裕 BS Bridgestone Team SBE RM-Z450 スズキ 11 10 1:38.085 18:00.536
8 7 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT with GOSHI CRF450R ホンダ 11 10 1:37.658 18:04.899
9 4 渡辺 祐介 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 11 10 1:37.442 18:06.784
10 23 大倉 由揮 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF450R ホンダ 11 10 1:37.993 18:07.997
11 14 道脇 右京 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA with CARVEK CRF450 ホンダ 11 7 1:38.470 18:09.522
12 12 池本 凌汰 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 11 6 1:38.269 18:10.313
13 8 星野 優位 BS Bridgestone bLU cRU Racing Team TAKA / STAR racing 166 YZ450F ヤマハ 11 5 1:38.503 18:11.434
14 11 町田 旺郷 BS Bridgestone TEAM 887 with YSP浜松 YZ450F ヤマハ 11 9 1:38.485 18:14.068
15 32 小林 大治朗 DL レーシングチーム鷹 YZ450F ヤマハ 11 6 1:40.242 18:31.715
16 19 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450R ホンダ 11 7 1:39.937 18:38.137
17 01 鈴木 龍星 DL TEAM HAMMER CRF450 ホンダ 11 4 1:40.347 18:38.860
18 31 小林 康志郎 MAX 株式会社i-tech with ALL-ONE 450SX-F KTM 11 3 1:42.748 19:02.908
19 15 平山 力 DL RC弘前 & TSFレーシング KX450 カワサキ 10 1 4 1:40.161 17:26.162
20 30 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 10 1 2 1:42.120 17:34.904

レース結果

コース:オフロードヴィレッジ(埼玉)

[ヒート3]

決勝

  • 開催日:2022/05/15
  • 決勝出走:25
  • 完走:24
  • (1.8km x 11laps = 19.8km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 3 能塚 智寛 DL Team Kawasaki R&D KX450SR カワサキ 11 6 1:35.411 17:38.776
2 2 富田 俊樹 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 11 7 1:35.478 17:39.645
3 22 大城 魁之輔 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF450R ホンダ 11 5 1:36.549 17:51.961
4 5 小方 誠 DL TEAM HAMMER CRF450R ホンダ 11 4 1:37.528 17:54.095
5 8 星野 優位 BS Bridgestone bLU cRU Racing Team TAKA / STAR racing 166 YZ450F ヤマハ 11 2 1:37.447 18:10.713
6 6 小島 庸平 BS Bridgestone Bells Racing CRF450R ホンダ 11 4 1:38.576 18:16.812
7 4 渡辺 祐介 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZ450FM ヤマハ 11 7 1:38.525 18:17.822
8 23 大倉 由揮 BS Bridgestone Honda Dream Racing Bells CRF450R ホンダ 11 4 1:38.430 18:18.842
9 13 星野 裕 BS Bridgestone Team SBE RM-Z450 スズキ 11 4 1:39.314 18:19.385
10 19 小野 千成 BS Bridgestone T.E.SPORT CRF450R ホンダ 11 4 1:39.793 18:29.971
11 14 道脇 右京 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA with CARVEK CRF450 ホンダ 11 3 1:39.348 18:31.862
12 7 大塚 豪太 BS Bridgestone T.E.SPORT with GOSHI CRF450R ホンダ 11 3 1:38.884 18:42.338
13 01 鈴木 龍星 DL TEAM HAMMER CRF450R ホンダ 11 3 1:41.453 18:48.269
14 15 平山 力 DL RC弘前 & TSFレーシング KX450 カワサキ 11 3 1:41.323 18:59.180
15 30 宗本 駿真 DL SP忠男広島 YZ450F ヤマハ 11 6 1:42.994 19:02.533
16 12 池本 凌汰 DL KTMうず潮レーシング福山 450SX-F KTM 11 3 1:40.344 19:04.033
17 10 安原 志 DL 八尾カワサキ with ANNEXCLUB KX450 カワサキ 11 3 1:41.970 19:19.305
18 20 道脇 白龍 BS Bridgestone TEAM KOHSAKA with CARVEK CRF450R ホンダ 11 3 1:43.379 19:35.222
19 32 小林 大治朗 DL レーシングチーム鷹 YZ450F ヤマハ 11 5 1:42.173 19:58.538
20 33 鈴木 涼太 IRC YSP浜北大橋 with 鈴木兄弟商会 YZ250 ヤマハ 10 1 3 1:45.750 17:45.750