• 開催場所:ツインリンクもてぎ
  • 開催日:2018年04月07日(土) 〜 2018年04月08日(日)
600_podium,.JPG

ブリヂストンがオフィシャルタイヤサプライヤーになって4年目の全日本ロードレースST600クラス。エントリー数も増え、ますます盛んになってきた。
 ウエットコンディションの予選を制したのはチームを移籍して心機一転の上和田拓海。奥田教介、長尾健吾、行村和樹などが次々にトップタイムを塗り替えたものの、逆転に次ぐ逆転でポールポジションの座は上和田に。
 上和田は「難しいコンディションで、タイヤ選択に迷ったけれど、作戦がうまくいきました。セッションスタート時は路面が乾き始めたところでした。乾くだろうと予想して、早めにドライタイヤに替えてしっかりとタイヤの感触をつかみ、最終アタックに備えました。レインコンディションだったらこの位置にはいないと思います。ドライコンディションではまだライバルとの差があるので、明日のフリー走行を含めて詰めていきたいです」とコメントした。

600_KOYAMA_race.JPG

天候に恵まれた決勝日。好スタートを切ってレースをリードしたのは小山知良。上和田が2番手で続く。オープニングラップからこの2台が抜け出し始め、3番手の長尾健吾から岡本裕生、國峰啄磨、柴田陸樹らが続く。
 國峰がファステストラップを連発しながら岡本、長尾を次々に攻略。あっという間に上和田との差を詰めると順位を入れ替えながらの激しい2位争いを開始。これを制した國峰はペースアップして小山の背後につけ、日本郵便HondaDreamがワンツー走行を開始。上和田は岡本と一騎打ちの表彰台争いに移行する。
 8周目に5台での5位争いを展開していた柴田と奥田教介が転倒。このアクシデントであっという間に単独走行になった亀井雄大は、岡本から離されて単独4番手になった上和田との差を詰め始める。
 10周目。國峰が小山を捕らえてトップに浮上。國峰、小山の順になった日本郵便HondaDreamの2台を岡本が必死で追いかける。
 11周目。上和田をねらってペースアップしていた亀井が転倒。これで上和田は再び単独4番手走行になった。
 ラスト2周。小山が國峰の前に出た。そして最終ラップに突入。5コーナーで國峰が前に出た。130Rで小山が前に出た。ビクトリーで再び入れ替える2台。この激しいバトルを制したのはベテランの小山だった。國峰は0.038秒差の2位。上和田が3位表彰台を獲得した。

600_KOYAMA_win.JPG

●小山知良(予選4位・決勝1位)
「開幕前のテストは天候不良などで参加することができず、レースウイークに入っても天候が安定しなかったので、セットアップに苦労しました。アジア選手権と全日本で、タイヤはスリックと溝付き、サスペンションはショーワとオーリンズなど全く違うスペックで戦っています。目標タイムにもほど遠く、決勝では1周ずつ学習して、マシンに合せていきました。(國峰)啄磨に付いていくのが必死で、引っ張ってくれたから、いい学習ができました。啄磨が最終シケインで絶対に来ると分かっていたので、立ち上がりラインを変更することができて優勝できました。アジア選手権を戦ってきて後ろにも目がついたので、後ろの気配を感じることができたのが勝因です」
●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「昨日の予選はウエットコンディションとなりましたが、今日はドライコンディションのもと、すばらしいレースが展開されました。トップ争いは最後まで激しくチームメイト同士の争いとなり、世界グランプリ優勝経験もあり全日本5年ぶりのベテラン小山選手がこのクラス初優勝。昨年ランキング2位の國峰選手が2位となりました。最終ラップ最終コーナーでの順位の変動で0.038秒という僅差で勝敗が決まる非常に白熱したレースとなりました。小山選手とワンツーフィニッシュを果たした日本郵便HondaDreamの皆様にお祝い申し上げます」

600_riders.JPG

レース結果

コース:ツインリンクもてぎ

[ST600]

決勝

  • 開催日:2018/04/08
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:30℃
  • 決勝出走:33
  • 完走:25
  • (4.801km x 18laps = 86.418km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 230 小山 知良 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 18 17 1:55.384 34:51.626
2 55 國峰 琢磨 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 18 3 1:55.131 34:51.664
3 51 岡本 裕生 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 18 11 1:55.350 34:54.110
4 40 上和田 拓海 BS Bridgestone Team Plusone YZF-R6 ヤマハ 18 6 1:56.039 35:08.306
5 12 古山 颯太 BS Bridgestone 伊藤レーシング YZF-R6 ヤマハ 18 13 1:56.451 35:15.480
6 17 行村 和樹 BS Bridgestone TOHO RACING CLUB CBR600RR ホンダ 18 13 1:56.287 35:17.736
7 16 長尾 健吾 BS Bridgestone 善光会TEAMけんけん+BEE YZF-R6 ヤマハ 18 3 1:56.524 35:19.408
8 14 仲村 優佑 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 18 11 1:56.451 35:19.769
9 97 佐野 優人 BS Bridgestone BATTLE FACTORY CBR600RR ホンダ 18 8 1:57.270 35:27.169
10 9 南本 宗一郎 BS Bridgestone AKENO SPEED・YAMAHA YZF-R6 ヤマハ 18 14 1:56.897 35:29.200
11 71 上原 大輝 BS Bridgestone Mistresa RT HARC-PRO CBR600RR ホンダ 18 15 1:57.178 35:29.620
12 98 佐野 勝人 BS Bridgestone TEAM VITAL SPIRIT CBR600RR ホンダ 18 6 1:57.564 35:33.661
13 52 関野 海斗 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 18 7 1:57.236 35:36.796
14 41 梅田 虎太郎 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA REVES CBR600RR ホンダ 18 5 1:57.523 35:37.061
15 420 亀井 駿 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 18 6 1:57.441 35:44.813
16 090 中村 龍之介 BS Bridgestone au・テルル MotoUP RT CBR600RR ホンダ 18 17 1:58.272 35:47.882
17 35 長嶋 修一 BS Bridgestone 大道建設モトアルファ YZF-R6 ヤマハ 18 15 1:57.503 35:49.411
18 28 松川 泰宏 BS Bridgestone MOTOBUM HONDA+SAI CBR600RR ホンダ 18 7 1:58.008 35:52.335
19 26 西嶋 修 BS Bridgestone チーム阪神ライディングスクール ZX-6R カワサキ 18 5 1:58.728 35:53.160
20 45 丹羽 貴大 BS Bridgestone OZT Racing with YSP名古屋西 YZF-R6 ヤマハ 18 4 1:58.387 35:57.366
[ST600]

予選

  • 開催日:2018/04/07
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Wet
  • 路面温度:15℃
  • 決勝出走:34
  • (4.801km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 40 上和田 拓海 BS Bridgestone Team Plusone YZF-R6 ヤマハ 13 2:01.755
2 17 行村 和樹 BS Bridgestone TOHO RACING CLUB CBR600RR ホンダ 14 2:03.040
3 57 奥田 教介 BS Bridgestone team MF&KAWASAKI ZX-6R カワサキ 16 2:03.163
4 230 小山 知良 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 16 2:03.247
5 16 長尾 健吾 BS Bridgestone 善光会TEAMけんけん+BEE YZF-R6 ヤマハ 9 2:03.367
6 58 柴田 睦樹 BS Bridgestone SPEED MASTER & RS-ITOH ZX-6R カワサキ 14 2:03.308
7 8 名越 公助 BS Bridgestone GBS YAMAHA マツエセブン忠男 YZF-R6 ヤマハ 12 2:03.504
8 55 國峰 琢磨 BS Bridgestone 日本郵便 Honda Dream CBR600RR ホンダ 15 2:04.134
9 11 亀井 雄大 BS Bridgestone Honda Suzuka Racing Team CBR600RR ホンダ 14 2:04.387
10 51 岡本 裕生 BS Bridgestone 51ガレージチームイワキ YZF-R6 ヤマハ 9 2:04.512