• 開催場所:鈴鹿サーキット
  • 開催日:2018年04月21日(土) 〜 2018年04月21日(土)
【全日本ロードレース選手権JSB1000クラス第2戦レース1】中須賀克行が予選でコースレコード更新!レースでも圧倒的な強さを発揮
NAKASUGA_run2.JPG

全日本ロードレース第2戦は鈴鹿2&4で、2輪はJSB1000クラスのみの開催。とはいえ、2レース制で土曜日と日曜日に決勝レースが行なわれた。
 鈴鹿8耐を見据えたスポット参戦が多く、鈴鹿8耐参戦権利が得られるトライアウトも設定されために74台がエントリー。土曜日の午前中に行なわれた予選は、2組に分かれてのタイムアタックとなった。
 この予選でいきなりコースレコードを更新したのは中須賀克行(ブリヂストン)。「無風でコンディションがよかった」と、コースインして3周目に2分4秒876と2分4秒台をマークする。この驚愕のタイムはだれも上回ることができず、堂々のポールポジション。
 中須賀と同じA組の高橋巧(ブリヂストン)も自己ベストタイムを更新。2分5秒465をマークして2番手につける。3番手は津田拓也(ブリヂストン)で2分5秒989と、3台が圧倒的な速さを見せつけた。2分6秒台は渡辺一馬(ブリヂストン)、野左根航汰(ブリヂストン)、渡辺一樹(ブリヂストン)、秋吉耕佑(ブリヂストン)の4台。ブリヂストンユーザーが予選7番手までを占めた。

NAKASUGA_race1.JPG

好天に恵まれ、気温も上昇した午後の決勝レース1。好スタートを切ってホールショットを奪ったのは高橋巧。しかしすぐに渡辺一馬が首位奪取。中須賀も高橋巧を捕らえて2番手に浮上。後方では秋吉、津田が相次いでオーバーランを喫して順位を大きく下げる。
 渡辺一馬はそのままレースをリード。中須賀、高橋巧が追いかける。その後方には野左根、渡辺一樹、高橋裕紀(PI)が続く。
 高橋裕紀は2周目には遅れ出す。逆に野左根、渡辺一樹は上位3台に追いつき、トップ集団は5台に。
 5台はテールtoノーズのまま周回を重ねる。レースが動いたのはラスト4周。中須賀がデグナーコーナー先の110Rでトップ浮上。高橋巧、渡辺一樹も渡辺一馬をパス。渡辺一馬はあっという間にトップから4番手に。


 トップに立った中須賀はラストスパート。周回遅れも利用しながらあっという間にトップ独走態勢を築く。高橋巧が単身で中須賀を追う。渡辺一樹、渡辺一馬、野左根は3台での表彰台争いに移行する。
 中須賀はそのまま開幕3連勝。3レース連続でポールtoウインを飾った。高橋巧は単独2位でフィニッシュ。3位争いは野左根とサイドbyサイドの争いを展開していた渡辺一樹が最終ラップでオーバーラン。これで表彰台は野左根が獲得。渡辺一馬が4位、渡辺一樹は5位でゴールした。
 また、オープニングラップで大きく順位を下げた秋吉が怒濤の追い上げで6位。同じく追い上げのレース展開を見せた津田は7位でゴールした。

NAKASUGA_run1.JPG

●中須賀克行(予選1位・決勝1位)
「4輪のラバー跡と、上昇した路面温度が相まって、予選走行時とはフィーリングが変わってしまいました。カチっとした感じがなくて、難しかったです。それでも、しっかりと18周という周回数を走り、レース後半はペースを上げることができました。安定して走ることもできました。昨シーズンから数えるとここまで7連勝です。明日のレース2で連勝数を8に伸ばせるように、ブリヂストンと共に戦います」
●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「今回の鈴鹿2&4はJSBクラスのみの開催ですが、鈴鹿8耐トライアウトもあり、エントリー74台と大盛況となりました。朝の予選では中須賀選手が従来のコースレコードを大きく破り驚異的なタイムをたたき出し、2レース共にポールポジションを獲得しました。午後に行なわれたレース1は気温23度、路面温度44度というコンディション。ブリヂストン上位勢はフロントにミディアムが中須賀選手、高橋選手、津田選手、秋吉選手。渡辺一馬選手、渡辺一樹選手、野左根選手はミディアムハードを選択。リアは渡辺一馬選手がミディアムを、ほかのライダーはミディアムハードとなりました。レースは終盤まで緊張感のある5台のトップ争いが展開。終盤に中須賀選手がトップに立ち、そのまま開幕3連勝を飾りました。高橋選手は2位。3台による3位争いは最終ラップで決着という素晴らしいものとなりました。明日のレース2も素晴らしいレースが展開されることを期待します」

レース結果

コース:鈴鹿サーキット

[JSB1000]

決勝

  • 開催日:2018/04/21
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:44℃
  • 決勝出走:44
  • 完走:40
  • (5.821km x 18laps = 104.778km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 21 中須賀 克行 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 ヤマハ 18 2:06.377 38:10.865
2 1 高橋 巧 BS Bridgestone Team HRC CBR1000RRW ホンダ 18 2:06.496 38:12.826
3 5 野左根 航汰 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5 YZF-R1 ヤマハ 18 2:06.730 38:18.760
4 11 渡辺 一馬 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN ZX-10RR カワサキ 18 2:06.968 38:19.258
5 26 渡辺 一樹 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 18 2:06.704 38:20.375
6 090 秋吉 耕佑 BS Bridgestone au・テルル MotoUP RT CBR1000RR SP2 ホンダ 18 2:07.352 38:43.631
7 12 津田 拓也 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 18 2:07.896 38:43.924
8 72 高橋 裕紀 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 18 2:07.952 38:50.709
9 75 前田 恵助 BS Bridgestone YAMALUBE RACING TEAM YZF-R1 ヤマハ 18 2'08.870 38:50.709
10 71 加賀山 就臣 DL Team KAGAYAMA GSX-R1000 スズキ 18 2:08.818 38:59.981
11 634 水野 涼 BS Bridgestone MuSASHi RT HARC-PRO.Honda CBR1000RR SP2 ホンダ 18 2:08.617 39:00.150
12 23 清成 龍一 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 18 2:08.702 39:02.882
13 25 生形 秀之 BS Bridgestone エスパルドリームレーシング・IAI GSX-R1000 スズキ 18 2:09.018 39:03.084
14 35 近藤 湧也 BS Bridgestone JOYNET GBSレーシング YAMAHA YZF-R1 ヤマハ 18 2:09.209 39:04.064
15 8 山口 辰也 BS Bridgestone TEAM SuP Dream Honda CBR1000RR SP2 ホンダ 18 2:09.403 39:05.772
16 51 Z.ザイディ BS Bridgestone Honda Asia-Dream CBR1000RR SP2 ホンダ 18 2:09.901 39:17.077
17 15 松崎 克哉 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN ZX-10RR カワサキ 18 2:09.234 39:20.664
18 20 日浦 大治朗 BS Bridgestone Honda Suzuka Racing Team CBR1000RR SP2 ホンダ 18 2:09.998 39:23.293
19 17 渥美 心 PI TONE RT SYNCEDGE 4413 S1000RR BMW 18 2:10.727 39:30.947
20 14 中冨 伸一 DL HiTMAN RCKOSHiEN YAMAHA YZF-R1 ヤマハ 18 2:10.964 39:31.008
[JSB1000]

予選

  • 開催日:2018/04/21
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:25-31℃
  • 決勝出走:71
  • (5.821km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 21 中須賀 克行 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 ヤマハ 2:04.876 3
2 1 高橋 巧 BS Bridgestone Team HRC CBR1000RRW ホンダ 2:05.465 10
3 12 津田 拓也 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 2:05.989 11
4 11 渡辺 一馬 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN ZX-10RR カワサキ 2:06.188 10
5 5 野左根 航汰 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5 YZF-R1 ヤマハ 2:06.221 10
6 26 渡辺 一樹 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 2:06.769 5
7 090 秋吉 耕佑 BS Bridgestone au・テルル MotoUP RT CBR1000RR SP2 ホンダ 2:06.815 8
8 72 高橋 裕紀 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 2:07.236 9
9 23 清成 龍一 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 2:07.408 2
10 71 加賀山 就臣 DL Team KAGAYAMA GSX-R1000 スズキ 2:07.456 11