• 開催場所:ツインリンクもてぎ
  • 開催日:2018年04月07日(土) 〜 2018年04月07日(土)
JSB_podium1.JPG

全日本ロードレース選手権の2018シーズンはツインリンクもてぎで幕を開けた。
 今季のJSB1000クラスは2レース制を導入する大会が増え、全13レースで争われる。また、ホンダが国内ファクトリーチーム、チームHRCを復活させて昨年のチャンピオン高橋巧(ブリヂストン)をライダーとして起用。ヤマハファクトリーレーシングチームと2大ファクトリー対決が注目される。
 開幕戦も2レース制。土曜日は予選と決勝の両方が行なわれる忙しい一日になった。予選が行なわれた午前中は雨。45分間の計時予選のベストタイムでレース1のグリッドを、セカンドタイムでレース2のグリッドが争われた。セッション前半は津田拓也(ブリヂストン)がトップ。セッション中盤には高橋巧が、さらに残り20分で中須賀克行(ブリヂストン)がトップに浮上。残り5分でJSBルーキー星野知也(PI)が中須賀のタイムを上回る。同時にルーキー前田恵助(ブリヂストン)、清成龍一(PI)が次々に転倒と大荒れの展開。
 残り1分を切って津田が再びトップ浮上。直後に中須賀が逆転。そのまま中須賀がポールポジション獲得。津田は2番手。高橋巧は高橋裕紀(PI)、野左根航汰(ブリヂストン)に次いで6番手セカンドロウからのスタートとなった。
 中須賀は「事前テストから調子よく、そのままウイークに入ってからもいい調子をキープできている。新しい車体は17インチタイヤに合っている。昨年のタイトルを逃した悔しさをバネにトレーニングに励んできたが、それをしっかり結果につなげたい。17インチタイヤにマシンも合っているし、自分自身の走りもあってきたから、16.5インチ時代の走りを再現したい」と午後の決勝に向けて力強くコメントした。

JSB_NAKASUGA_race1.JPG

午後のレース1は午後2時にスタート。雨は上がっていたものの、路面は濡れたまま。サイティングラップでJSBルーキーの水野涼(ブリヂストン)が転倒するアクシデントが発生。水野はすぐにピットに戻った後に、無事にグリッドまでマシンを運んで事なきを得る。
 決勝の火ぶたが切られ、好スタートからホールショットを奪ったのは津田。しかし津田はすぐに後退していき、中須賀がトップ浮上。オープニングラップを制したのは中須賀を捕らえた高橋巧。この2台に星野、高橋裕紀を加えた4台でトップ争いが開始される。
 3周目に中須賀が首位奪回。遅れ始めた星野の替わりにトップ集団に加わったのは清成龍一(PI)。清成は一気にペースを上げて中須賀とトップ争いを開始。高橋巧と高橋裕紀が表彰台争いと集団は二つに分かれる。
 8周目には加賀山就臣(DL)、前田恵助(ブリヂストン)、10周目には渡辺一樹(ブリヂストン)が転倒と、荒れた展開に。
 11周目にハイサイドを食らった清成。中須賀はすかさずトップ奪回。中須賀はそのままトップ独走態勢に入り、周回ごとにアドバンテージを広げて開幕戦を優勝で飾った。一方、2番手走行を開始した清成に迫ったのは高橋巧。レース終盤にファステストラップを連発して清成を捕らえ、ホンダファクトリーチームのデビュー戦を2位表彰台で飾った。

●中須賀克行(予選1位/決勝(レース1)1位)
「今週に入って急に気温が下がって寒くなりましたが、そんな中でもブリヂストンタイヤはしっかりと機能してくれました。今日はウエットパッチもあるコンディションで、23周という長丁場でのレースでしたが、高いポテンシャルを発揮してくれました。明日のレース2も、どんなコンディションでもしっかりとタイヤの機能を発揮させて結果につなげたいです」


●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「全日本開幕戦もてぎ大会JSB1000のレース1は、土曜日の予選後に開催されました。午前中の予選はあいにくの雨。フルウエットコンディションでのタイムアタックとなりましたが、昼頃から雨もやみました。レース1スタート時にはウエットパッチが残り、ウエット宣言が出されていたものの、ほぼ全車ドライタイヤでスタートしました。上位ライダーたちのタイヤ選択は、フロントは渡辺一馬選手、野左根航汰選手、渡辺一樹選手がミディアムハード、そのほかのライダーはミディアム。リアは津田拓也選手がミディアムハードで、そのほかはミディアムを選択しました。路面が完全ドライではなかったために、特にレース序盤は難しいコンディションになったと思います。その中で中須賀選手が優勝。新たなワークスチームのライダーとなった高橋巧選手が2位という結果になりました。優勝した中須賀選手とチームの皆様にお祝い申し上げます。明日のレース2は完全ドライのすばらしいレースとなることを期待します」

レース結果

コース:ツインリンクもてぎ

[JSB1000]

決勝

  • 開催日:2018/04/07
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Wet
  • 路面温度:13℃
  • 決勝出走:32
  • 完走:28
  • (4.801km x 23laps = 110.423km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 21 中須賀 克行 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 ヤマハ 23 14 1:51.023 43:23.878
2 1 高橋 巧 BS Bridgestone Team HRC CBR1000RRW ホンダ 23 21 1:50.568 43:33.841
3 23 清成 龍一 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 23 20 1:51.612 43:36.019
4 72 高橋 裕紀 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 23 18 1:52.443 43:55.329
5 11 渡辺 一馬 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN ZX-10RR カワサキ 23 23 1:52.374 44:01.749
6 090 秋吉 耕佑 BS Bridgestone au・テルル MotoUP RT CBR1000RR SP2 ホンダ 23 17 1:52.535 44:03.988
7 8 山口 辰也 BS Bridgestone TEAM SuP Dream Honda CBR1000RR SP2 ホンダ 23 14 1:53.388 44:20.893
8 46 星野 知也 PI TONE RT SYNCEDGE 4413 S1000RR BMW 23 11 1:54.456 44:45.998
9 31 津田 一磨 BS Bridgestone Team Baby Face YZF-R1 ヤマハ 23 16 1:55.493 44:54.423
10 12 津田 拓也 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 23 23 1:53.272 44:54.651
11 14 中冨 伸一 DL HiTMAN KOSHIEN YAMAHA YZF-R1 ヤマハ 23 15 1:54.950 45:04.370
12 91 柴田 義将 DL リリカ AMENA YZF-R1 ヤマハ 23 17 1:55.125 45:05.603
13 35 近藤 湧也 BS Bridgestone JOYNET GBSレーシング YAMAHA YZF-R1 ヤマハ 23 15 1:54.998 45:05.957
14 25 生形 秀之 BS Bridgestone エスパルドリームレーシング・IAI GSX-R1000 スズキ 22 1 20 1:55.030 43:24.087
15 22 児玉 勇太 BS Bridgestone Team Kodama YZF-R1 ヤマハ 22 1 12 1:55.680 43:24.345
16 34 岡村 光矩 DL KRP三陽工業&RS-ITOH ZX-10RR カワサキ 22 1 21 1:54.776 43:24.721
17 20 日浦 大治朗 BS Bridgestone Honda Suzuka Racing Team CBR1000RR SP2 ホンダ 22 1 20 1:55.268 43:27.502
18 7 濱原 颯道 BS Bridgestone Honda Dream RT 桜井ホンダ CBR1000RR SP2 ホンダ 22 1 17 1:55.354 43:37.069
19 51 Z.ザイディ BS Bridgestone Honda Asia-Dream CBR1000RR SP2 ホンダ 22 1 17 1:55.366 43:43.695
20 17 渥美 心 PI TONE RT SYNCEDGE 4413 S1000RR BMW 22 1 20 1:56.437 44:04.465
[JSB1000]

予選

  • 開催日:2018/04/07
  • 天候:Rain
  • 路面:Wet
  • 路面温度:15℃
  • 決勝出走:35
  • (4.801km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 21 中須賀 克行 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 ヤマハ 18 1:58.077
2 12 津田 拓也 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 19 1:58.926
3 46 星野 知也 PI TONE RT SYNCEDGE 4413 S1000RR BMW 16 1:58.958
4 72 高橋 裕紀 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 19 1:59.057
5 5 野左根 航汰 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5 YZF-R1 ヤマハ 17 1:59.427
6 1 高橋 巧 BS Bridgestone Team HRC CBR1000RRW ホンダ 20 1:59.644
7 26 渡辺 一樹 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 18 1:59.766
8 634 水野 涼 BS Bridgestone MuSASHi RT HARC-PRO CBR1000RR SP2 ホンダ 20 2:00.143
9 8 山口 辰也 BS Bridgestone TEAM SuP Dream Honda CBR1000RR SP2 ホンダ 19 2:00.624
10 23 清成 龍一 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 7 2:00.822