• 開催場所:ツインリンクもてぎ
  • 開催日:2018年04月07日(土) 〜 2018年04月08日(日)
JGP3_SUGAWARA_grid.JPG

全日本ロードレースJ-GP3開幕戦は通常よりも一日早くウイークが始まった。木曜日から特別走行が設定されたが、雨やら風やらに見舞われ、なかなか安定した天候下での走行ができないまま予選日を迎えた。
 夜中から降り始めた雨は朝になってもやまず、ウエットコンディションで始まった予選セッション。セッション開始早々にリーダーボードのトップに立ったのは小室旭(DL)。雨は最後まで降り続けた。その中で太田虎之進(ブリヂストン)が2番手に浮上。小室を追いかける。しかしチェッカーと同時に最終アタックしていた菅原陸(ブリヂストン)が小室のタイムを上回り、最後の最後で全日本初ポールポジションを獲得。太田も最終アタックでタイムを詰めていたが途中でガス欠に見舞われタイム更新ならず。それでも3番手フロントロウを獲得した。
 菅原は「新品タイヤだったので最初は様子を見ていた。どんどんペースを上げ、自分ではもう少しタイムを伸ばせたとは思うけれど、結果としてポールポジションを取れたから満足。レインタイヤは事前テストで初めて履いて、今回は2回目。もっと滑るって聞いていたのだけれど、すごくグリップして安定感がありました。マシンがノーマルで不利。今回のポールポジション獲得はタイヤのおかげです」と語った。

JGP3_FUKUSHIMA_race.JPG

決勝日は天候が回復。朝から日差しも降り注いだ。スタート直後から岡谷雄太(PI)、中島元気(DL)、古市右京(DL)、小室旭(DL)、福島佑斗(ブリヂストン)、菅原の6台でトップ集団が形成される。5周目までは古市がレースをリード。6周目には岡谷がトップ浮上。しかし抜け出すことはできず、中島、福島と次々に首位が入れ替わる。
 残り5周。雨雲が出現し、ところどころで雨粒が落ち始めた。それでも6台のトップ集団は崩れることなくバトルを継続。 最終ラップには古市が遅れ、5台が同時に各コーナーに入る激戦に。フィニッシュラインは岡谷、小室、中島の順で駆け抜け、僅差で福島が4位、菅原が5位でゴールした。

●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「昨日の雨の予選ではブリヂストンユーザーの菅原選手が全日本初ポールポジション、太田選手が3位フロントロウを獲得しました。今日の決勝は気温13度、路面温度21度のドライコンディションで行なわれました。5人による激しいバトルが最後まで続き、ブリヂストンユーザーの若い福島選手、菅原選手が惜しくも表彰台を逃したものの4位、5位と健闘しました。若いブリヂストンユーザーの活躍を、うれしく思います」

レース結果

コース:ツインリンクもてぎ

[J-GP3]

決勝

  • 開催日:2018/04/08
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:21℃
  • 決勝出走:24
  • 完走:18
  • (4.801km x 20laps = 96.02km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 61 岡谷 雄太 PI MORIWAKI CLUB NSF250R ホンダ 20 4 2:02.243 41:14.053
2 71 小室 旭 DL Team P.MU 7C MIKUNI NSF250R ホンダ 20 4 2:02.403 41:14.053
3 4 中島 元気 DL TEAM SRS-Moto NSF250R ホンダ 20 7 2:02.545 41:14.193
4 36 福嶋 佑斗 BS Bridgestone Team Plusone NSF250R ホンダ 20 3 2:02.014 41:14.405
5 93 菅原 陸 BS Bridgestone RG NIWA with DOGFISH Racing NSF250R ホンダ 20 4 2:02.401 41:14.760
6 3 古市 右京 DL KTM . ASPIRATION RACING RC250R KTM 20 3 2:02.574 41:15.739
7 12 山本 恭裕 DL チームライフ・ドリーム北九州 NSF250R ホンダ 20 5 2:03.522 41:36.928
8 16 高杉 奈緒子 DL 41Planning NSF250R ホンダ 20 5 2:03.240 41:37.280
9 33 中山 愛理 BS Bridgestone TEAM SHOTA NSF250R ホンダ 20 6 2:03.234 41:37.420
10 090 藤井 謙汰 BS Bridgestone au・テルル MotoUP RT NSF250R ホンダ 20 4 2:03.529 41:37.546
11 6 安村 武志 犬の乳酸菌.jp/プリミティブR.T PRC3d PRCS 20 4 2:03.764 41:37.646
12 13 長谷川 聖 BS Bridgestone CLUB Y's & J NSF250R ホンダ 20 6 2:03.202 41:38.170
13 17 野澤 秀典 BS Bridgestone ノザワレーシングファミリー NSF250R ホンダ 20 12 2:04.700 42:00.563
14 81 S.アジウス DL MORIWAKI CLUB NSF250R ホンダ 20 13 2:04.087 42:01.177
15 32 檜山 拓実 BS Bridgestone WJ-FACTORY NSF250R ホンダ 20 4 2:04.733 42:01.374
16 19 白石 玲菜 BS Bridgestone Dreamline Team REINA NSF250R ホンダ 20 5 2:06.664 42:47.854
17 34 村田 憲彦 BS Bridgestone CLUB Y's & J NSF250R ホンダ 20 20 2:07.021 42:53.105
18 20 畑中 要 DL FTR・タイヤナビ・㈱遠藤住宅 NSF250R ホンダ 20 18 2:07.329 42:53.226
19 41 宇井 陽一 DL 41Planning TR004 IODA 14 6 5 2:03.238 DNF
20 27 川瀬 啓一郎 DL Club NEXT & KOHSAKA TSR3 ホンダ 8 12 3 2:05.881 DNF
[J-GP3]

予選

  • 開催日:2018/04/07
  • 天候:Rain
  • 路面:Wet
  • 路面温度:14℃
  • 決勝出走:27
  • (4.801km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 93 菅原 陸 BS Bridgestone RG NIWA with DOGFISH Racing NSF250R ホンダ 13 2:13.562
2 71 小室 旭 DL Team P.MU 7C MIKUNI NSF250R ホンダ 9 2:13.747
3 30 太田 虎之進 BS Bridgestone WJ-FACTORY NSF250R ホンダ 10 2:14.124
4 61 岡谷 雄太 PI MORIWAKI CLUB NSF250R ホンダ 14 2:14.762
5 4 中島 元気 DL TEAM SRS-Moto NSF250R ホンダ 14 2:15.038
6 36 福嶋 佑斗 BS Bridgestone Team Plusone NSF250R ホンダ 14 2:15.061
7 3 古市 右京 DL KTM . ASPIRATION RACING RC250R KTM 7 2:15.450
8 090 藤井 謙汰 BS Bridgestone au・テルル MotoUP RT NSF250R ホンダ 7 2:15.662
9 41 宇井 陽一 DL 41Planning TR004 IODA 10 2:15.828
10 32 檜山 拓実 BS Bridgestone WJ-FACTORY NSF250R ホンダ 12 2:16.898