• 開催場所:鈴鹿サーキット
  • 開催日:2018年04月21日(土) 〜 2018年04月22日(日)
【全日本ロードレース選手権JSB1000クラス第2戦レース2】高橋巧と中須賀克行が好バトルを展開!中須賀が開幕戦に続きダブルウインを飾る

全日本ロードレース選手権第2戦は開幕戦から引き続いて2レース制。レース2は日曜日の昼前にスケジュールされた。
 レース2のグリッドは土曜日朝の計時予選でのセカンドタイムで決定。ポールポジションはレース1同様、中須賀克行(ブリヂストン)。2番手グリッドもレース1と同じく高橋巧(ブリヂストン)。野左根航汰(ブリヂストン)が3番手につけ、ヤマハ2台、ホンダ1台のフロントロウ。2列目にカワサキの渡辺一馬(ブリヂストン)、ヨシムラの津田拓也(ブリヂストン)、渡辺一樹(ブリヂストン)。以下、秋吉耕佑(ブリヂストン)、高橋裕紀(PI)、前田恵助(ブリヂストン)と続き、3列目9台のうち8台がブリヂストンユーザーとなった。

TAKAHASHI_run.JPG

土曜日のレース1では予選時と比べて急に高くなった路面温度に苦しめられたライダーたち。レース2は午前10時55分スタートと、若干、レース1よりも状況が好転した。
そしてレース1同様に好天の中でスタート。好スタートを切ってホールショットを奪ったのは高橋巧。しかしS字コーナーで渡辺一馬が首位奪取。デグナーコーナーで高橋巧がトップ奪回。そのままオープニングラップを制した高橋巧の背後につけたのはポールシッター中須賀。渡辺一馬は3番手に後退する。
 2周目。津田と4位争いを展開していた野左根がオーバーランを喫して9番手までポジションダウン。
 一方、高橋巧と中須賀は2分6秒台前半で周回を重ね、3周目には一騎打ちに持ち込む。渡辺一馬は単独3番手走行。その後方では津田と秋吉がテールtoノーズの4位争いを開始する。
 9周目。高橋巧の背後には中須賀がぴたりとつけたまま。渡辺一馬も単独3番手で淡々と周回。秋吉が津田の4位争いは激化させる。その後ろでは順位を回復してきた野左根が渡辺一樹と激しい6位争いを開始する。
 

 
 
 

NAKASUGA_race2.JPG

15周目。中須賀が2コーナーで高橋巧の前に出る。高橋巧は3コーナーで首位奪回。再び110Rで中須賀が前に出て、高橋巧がバックストレートで首位奪回と、激しいトップ争いが展開する。
 16周目。スプーンカーブで中須賀が前に出る。今度は中須賀がペースを上げて高橋巧から逃げる。周回遅れを間に挟んで高橋巧を突き放す中須賀。
 一方、最終ラップに入ろうとした17周目の最終シケインで4位争いを展開していた秋吉、6位争いの野左根が相次いで転倒。
 後方のアクシデントを尻目に中須賀は高橋巧を突き放して2レース共にポールtoフィニッシュでダブルウイン。昨シーズンからの連勝数を8とした。高橋巧は2レース共に2位。渡辺一馬が3位表彰台を獲得した。

NAKASUGA_race1podium.JPG

●中須賀克行(予選1位・決勝1位)
「昨日とコンディションが変わり、今日は風がありました。そのおかげか路面温度が昨日ほど上がらずにすみました。おかげで高いアベレージタイムを刻むことができました。昨日はレース終盤にペースが落ちましたが、今日は最後までしっかりとハイペースを維持。しっかりとタイヤをフルに使い切ったという感じです。今季4連勝はチームの頑張りとブリヂストンのおかげです。次戦もしっかりと連勝数を伸ばすべく、ブリヂストンと共に頑張ります」

●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「今日のレース2は、昨年のチャンピオン高橋選手と開幕3連覇中の中須賀選手の、非常に速いペースでのマッチレースとなりました。特にレース終盤の二人のバトルはとても見応えのあるものでした。今日は気温23度、路面温度41度でスタート。ブリヂストン上位勢のタイヤ選択はレース1と同じでした。フロントにミディアムを選んだのは中須賀選手、高橋選手、津田選手、秋吉選手。ミディアムハードが渡辺一馬選手、野左根選手、渡辺一樹選手。リアは渡辺一馬選手だけがミディアムで、ほかはミディアムハードでした。開幕4連勝を達成した中須賀選手とチームの皆様にお祝い申し上げます。そして大観衆の中、素晴らしいレースが展開され、今日もブリヂストンユーザーが上位7位までを占めてくれたことを、非常にうれしく思います」

レース結果

コース:鈴鹿サーキット

[JSB1000]

決勝

  • 開催日:2018/04/22
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度:41℃
  • 決勝出走:44
  • 完走:38
  • (5.821km x 18laps = 104.778km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 21 中須賀 克行 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 ヤマハ 18 2:06.126 38:01.000
2 1 高橋 巧 BS Bridgestone Team HRC CBR1000RRW ホンダ 18 2:06.013 38:03.128
3 11 渡辺 一馬 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN ZX-10RR カワサキ 18 2:06.543 38:13.708
4 12 津田 拓也 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 18 2:06.894 38:16.178
5 26 渡辺 一樹 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 18 2:06.960 38:16.878
6 75 前田 恵助 BS Bridgestone YAMALUBE RACING TEAM YZF-R1 ヤマハ 18 2:08.441 38:48.581
7 090 秋吉 耕佑 BS Bridgestone au・テルル MotoUP RT CBR1000RR SP2 ホンダ 18 2:06.565 38:49.735
8 72 高橋 裕紀 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 18 2:08.624 38:52.927
9 71 加賀山 就臣 DL Team KAGAYAMA GSX-R1000 スズキ 18 2:08.576 38:55.547
10 23 清成 龍一 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 18 2:08.874 38:55.937
11 634 水野 涼 BS Bridgestone MuSASHi RT HARC-PRO.Honda CBR1000RR SP2 ホンダ 18 2:08.311 39:00.930
12 51 Z.ザイディ BS Bridgestone Honda Asia-Dream CBR1000RR SP2 ホンダ 18 2:09.242 39:01.135
13 20 日浦 大治朗 BS Bridgestone Honda Suzuka Racing Team CBR1000RR SP2 ホンダ 18 2:09.042 39:02.812
14 25 生形 秀之 BS Bridgestone エスパルドリームレーシング・IAI GSX-R1000 スズキ 18 2:08.882 39:05.171
15 35 近藤 湧也 BS Bridgestone JOYNET GBSレーシング YAMAHA YZF-R1 ヤマハ 18 2:09.638 39:06.360
16 15 松崎 克哉 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN ZX-10RR カワサキ 18 2:09.696 39:09.295
17 8 山口 辰也 BS Bridgestone TEAM SuP Dream Honda CBR1000RR SP2 ホンダ 18 2:09.766 39:16.268
18 17 渥美 心 PI TONE RT SYNCEDGE 4413 S1000RR BMW 18 2:09.804 39:17.506
19 16 酒井 大作 BS Bridgestone Motorrad39 S1000RR BMW 18 2:10.050 39:22.118
20 5 野左根 航汰 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5 YZF-R1 ヤマハ 18 2:06.729 39:22.463
[JSB1000]

予選

  • 開催日:2018/04/21
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:71
  • (5.821km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 21 中須賀 克行 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 ヤマハ 2:05.102 12
2 1 高橋 巧 BS Bridgestone Team HRC CBR1000RRW ホンダ 2:05.696 11
3 5 野左根 航汰 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5 YZF-R1 ヤマハ 2:06.398 11
4 11 渡辺 一馬 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN ZX-10RR カワサキ 2:06.547 9
5 12 津田 拓也 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 2:06.662 8
6 26 渡辺 一樹 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 2:06.873 3
7 090 秋吉 耕佑 BS Bridgestone au・テルル MotoUP RT CBR1000RR SP2 ホンダ 2:07.100 10
8 72 高橋 裕紀 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 2:07.631 8
9 75 前田 恵助 BS Bridgestone YAMALUBE RACING TEAM YZF-R1 ヤマハ 2:08.011 9
10 23 清成 龍一 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 2:08.090 3