• 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2018年06月16日(土) 〜 2018年06月16日(土)
JSB_RC1_podium.JPG

 全日本第4戦SUGOラウンドはウイーク初日から季節外れの寒さに見舞われた。
土曜日の午前中に行なわれた予選は、2度の赤旗中断を挟む難しいセッションとなった。それをものともせずにコースレコード更新のトップタイムをマークしたのは中須賀克行(ブリヂストン)。
中須賀は事前テストで1分25秒台にタイムを入れて非公式ながらコースレコードを大きく更新していた。予選セッションでは最後1分で赤旗が提示され、そのまま予選終了となったが、中須賀はその直前にコースレコード更新。
中須賀は「赤旗中断のまま終了というのを予想していた訳じゃない。最初から決めていたラスト2周のタイムアタックの最初のアタックでレコード更新となった。赤旗が出ずにもう1周できていれば、さらにタイムを詰めることができたはず。とはいえ、マシンが17インチタイヤに合せられたことでレコード更新ができた」とコメントした。

JSB_NAKASUGA_winning.JPG

低く垂れ込めた雲の下で午後。レース1スタート直前のウオームアップランで2番手グリッドの渡辺一樹(ブリヂストン)が110R手前で転倒。高橋裕紀(PI)、星野知也(PI)が巻き込まれてしまう。これでスタートディレイ。
仕切り直して再びグリッドにつきなおし、改めてスタートとなった。
 ホールショットを奪ったのは高橋巧(ブリヂストン)だが、オープニングラップを制したのは清成龍一(PI)。中須賀はすぐに高橋巧を捕らえて2番手浮上。猛然と清成を追う。清成、中須賀、高橋巧、高橋裕紀の順でトップ集団が形成される。
3周目に中須賀がトップ浮上。同時に高橋裕紀はトップ集団から脱落していく。
4周目に入る直前に高橋巧が清成を捕らえて2番手奪回。逃げる中須賀を追いかけ始める。3番手に後退した清成は徐々にトップ2台から遅れ出す。
7周目に入ったところで、降雨を示す旗が振られる。中須賀はじわじわと高橋巧を引き離す。 
雨は強まることはなかった。ますますペースを上げる中須賀は13周終了時点で高橋巧に2秒以上のアドバンテージを築いてトップ独走。後方では3番手を単独走行していた清成に、後方から追い上げてきた野左根航汰(ブリヂストン)が肉薄。表彰台争いが始まる。そして16周目に野左根が清成の前に出た。 
中須賀は最後には6秒もの大差をつけて優勝。高橋巧は2位に甘んじたが3番手に20秒以上の差をつけてのフィニッシュ。野左根が単独3番手でゴール。ブリヂストンユーザーが表彰台を独占した。
また、オープニングラップを9位で終えたJSBルーキー水野涼(ブリヂストン)が見事な追い上げを見せてクラス自己最高位の4位でチェッカーを受け、順応性の高さを見せた。





JSB_NAKASUGA_race1.JPG

●中須賀克行(予選1位・決勝1位)
「事前テストでは路面温度が30度から35度の間で行ないました。レースウイークはここまで寒くなると予想していませんでした。でも、事前テストで決めたタイヤが路面温度20度以下のレースウイークでもしっかりと事前テスト時と同じようなパフォーマンスを発揮してくれました。今日はコンディションが難しかったけれど、予選ではその中でしっかりコースレコードを更新することができました。決勝レースは霧雨が降る中でコースレコードに近いタイムで走ることができました。タイヤのパフォーマンスをしっかり使い切って発揮できました。それが優勝をいう結果につながりました」


●山田宏(株式会社ブリヂストン モーターサイクルレーシングマネージャー)
「予選とレース1が行なわれた土曜日は天候が悪く、朝はウエットパッチが残る状況での予選となりました。その難しいコンディションの中、中須賀選手がコースレコードで2レース共にポールポジションという結果になりました。レース1は完全ドライとなりましたが気温15度、路面温度19度という低い温度で、しかもレース途中で霧雨が降るという難しいコンディションになりました。ブリヂストン上位ライダーのタイヤチョイスは、フロントは高橋巧選手がミディアムハードを選択。それ以外のライダーはミディアム。リアはミディアムソフトを選択したのが中須賀選手、津田拓也選手、野左根選手、渡辺一馬選手、水野選手。ミディアムが渡辺一樹選手。ミディアムハードが高橋巧選手と分かれました。レースは中盤まで中須賀選手と高橋巧選手のトップ争いとなりましたが、中須賀選手が振り切って優勝。高橋巧選手、野左根選手の順でゴール。ブリヂストンユーザーがこの難しいコンディションのなかトップ6を占める活躍をしてくれ、非常にうれしく思います」

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[JSB1000]

決勝

  • 開催日:2018/06/16
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:27
  • 完走:24
  • (3.738km x 25laps = 93.438km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 21 中須賀 克行 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 ヤマハ 25 23 1:26.805 36:35.909
2 1 高橋 巧 BS Bridgestone Team HRC CBR1000RR SP2 ホンダ 25 12 1:26.870 36:41.439
3 5 野左根 航汰 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5 YZF-R1 ヤマハ 25 15 1:27.420 37:08.134
4 634 水野 涼 BS Bridgestone MuSASHi RT HARC-PRO.Honda CBR1000RR SP2 ホンダ 25 14 1:28.157 37:19.405
5 090 秋吉 耕佑 BS Bridgestone au・テルル MotoUP RT CBR1000RR SP2 ホンダ 25 16 1:28.364 37:25.327
6 11 渡辺 一馬 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN ZX-10RR カワサキ 25 19 1:28.370 37:5.540
7 23 清成 龍一 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 25 4 1:28.909 37:27.028
8 72 高橋 裕紀 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 25 3 1:28.880 37:32.584
9 12 津田 拓也 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 25 23 1:27.841 37:34.285
10 26 渡辺 一樹 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 25 23 1:28.421 37:35.717
11 71 加賀山 就臣 DL Team KAGAYAMA GSX-R1000 スズキ 25 15 1:29.280 37:35.721
12 14 中冨 伸一 DL HiTMAN RCKOSHiEN YAMAHA YZF-R1 ヤマハ 25 15 1:29.399 37:48.920
13 51 Z.ザイディ BS Bridgestone Honda Asia-Dream CBR1000RR SP2 ホンダ 25 21 1:29.875 38:01.851
14 7 濱原 颯道 BS Bridgestone Honda Dream RT 桜井ホンダ CBR1000RR SP2 ホンダ 25 17 1:'29.908 38:05.941
15 25 生形 秀之 BS Bridgestone エスパルドリームレーシング・IAI GSX-R1000 スズキ 24 1 10 1:30.021 36:43.640
16 31 津田 一磨 BS Bridgestone Team Baby Face YZF-R1 ヤマハ 24 1 17 1:31.688 37:09.324
17 34 岡村 光矩 DL KRP三陽工業&RS-ITOH ZX-10RR カワサキ 24 1 24 1:31.081 37:12.990
18 22 児玉 勇太 BS Bridgestone Team Kodama YZF-R1 ヤマハ 24 1 14 1':32.396 37:37.769
19 37 須貝 義行 BS Bridgestone チームスガイレーシングジャパン RSV4 RF アプリリア 24 1 22 1:32.492 37:40.180
20 32 中村 知雅 DL 中村エンジン研究所 CBR1000RR ホンダ 24 1 22 1:32.515 37:41.241
[JSB1000]

予選

  • 開催日:2018/06/16
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Wet
  • 決勝出走:29
  • (3.738km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 21 中須賀 克行 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM YZF-R1 ヤマハ 23 1:26.670
2 26 渡辺 一樹 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 20 1:27.536
3 1 高橋 巧 BS Bridgestone Team HRC CBR1000RR SP2 ホンダ 18 1:27.588
4 23 清成 龍一 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 19 1:27.818
5 12 津田 拓也 BS Bridgestone ヨシムラスズキMOTUL GSX-R1000L8 スズキ 22 1:28.022
6 72 高橋 裕紀 PI MORIWAKI MOTUL RACING CBR1000RR SP2 ホンダ 17 1:28.079
7 5 野左根 航汰 BS Bridgestone YAMAHA FACTORY RACING TEAM #5 YZF-R1 ヤマハ 23 1:'28.447
8 71 加賀山 就臣 DL Team KAGAYAMA GSX-R1000 スズキ 16 1:28.474
9 11 渡辺 一馬 BS Bridgestone Kawasaki Team GREEN ZX-10RR カワサキ 17 1:28.475
10 634 水野 涼 BS Bridgestone MuSASHi RT HARC-PRO.Honda CBR1000RR SP2 ホンダ 13 1:28.526