佐々木雅弘が3勝目を挙げ シリーズチャンピオンに輝く

  • 開催場所:十勝スピードウェイ
  • 開催日:2016年10月02日(日) 〜 2016年10月02日(日)
673901.jpg

十勝スピードウェイでの二戦目はシリーズ第7戦となり、いよいよシリーズチャンピオン争いは最終局面に入っていた。ポイントリーダーの#34佐々木雅弘選手(ブリヂストン)と#906阪口良平選手(ブリヂストン)が頭一つ抜け出しているものの、前日のレースで大量得点した#88井口卓人選手(ブリヂストン)などまだ可能性を残す選手が複数いる状態だった。このレースでシリーズチャンピオンが決定するのは、唯一佐々木雅弘選手が優勝した時だけだった。
レース巧者である佐々木雅弘選手、速さを持つ阪口良平選手、そして前日からの勢いもある井口卓人選手の、三者の戦いに注目が集まった。

●予選
予選開始と同時にコースインしたのは前日も好タイムを出していた#369平中克幸選手(GY)と#370元嶋祐弥選手(GY)、それに続いた佐々木雅弘選手だった。この3台は接近したままタイムアタックに入っていった。そして最終コーナー、先頭の平中克幸選手が立ち上がりで挙動を乱してスピン。直後を走っていた元嶋祐弥選手は衝突を避けるためにアウト側へ逃げたがウォールにフロントから衝突して停止してしまう。上手くイン側から走り抜けた佐々木雅弘選手はそのままコントロールラインを超えた。
元嶋祐弥選手のマシンの撤去のため、予選は赤旗中断となった。すでにタイムアタックに入っていたマシンは多く、また最終コーナーで黄色旗2本が提示されていたため、そのタイムを抹消されたドライバーもいた。ただし佐々木雅弘選手のタイムは認められた。
2度目のタイムアタックとなれば、タイムが落ちるのは当然だ。前日予選2位となった#63坪井翔選手(ブリヂストン)はその影響もあって、想定よりも1秒以上タイムを落とし、予選18位となった。阪口良平選手もそのひとりで、予選3番手となった。前日と同様に後半にタイムアタックする予定だった井口卓人選手が見事に2戦連続のポールポジションを獲得した。
この予選ですでに佐々木雅弘選手へ風が吹いていた。

673902.jpg

十勝スピードウェイでの二戦目はシリーズ第7戦となり、いよいよシリーズチャンピオン争いは最終局面に入っていた。ポイントリーダーの#34佐々木雅弘選手(ブリヂストン)と#906阪口良平選手(ブリヂストン)が頭一つ抜け出しているものの、前日のレースで大量得点した#88井口卓人選手(ブリヂストン)などまだ可能性を残す選手が複数いる状態だった。このレースでシリーズチャンピオンが決定するのは、唯一佐々木雅弘選手が優勝した時だけだった。
レース巧者である佐々木雅弘選手、速さを持つ阪口良平選手、そして前日からの勢いもある井口卓人選手の、三者の戦いに注目が集まった。

●予選
予選開始と同時にコースインしたのは前日も好タイムを出していた#369平中克幸選手(GY)と#370元嶋祐弥選手(GY)、それに続いた佐々木雅弘選手だった。この3台は接近したままタイムアタックに入っていった。そして最終コーナー、先頭の平中克幸選手が立ち上がりで挙動を乱してスピン。直後を走っていた元嶋祐弥選手は衝突を避けるためにアウト側へ逃げたがウォールにフロントから衝突して停止してしまう。上手くイン側から走り抜けた佐々木雅弘選手はそのままコントロールラインを超えた。
元嶋祐弥選手のマシンの撤去のため、予選は赤旗中断となった。すでにタイムアタックに入っていたマシンは多く、また最終コーナーで黄色旗2本が提示されていたため、そのタイムを抹消されたドライバーもいた。ただし佐々木雅弘選手のタイムは認められた。
2度目のタイムアタックとなれば、タイムが落ちるのは当然だ。前日予選2位となった#63坪井翔選手(ブリヂストン)はその影響もあって、想定よりも1秒以上タイムを落とし、予選18位となった。阪口良平選手もそのひとりで、予選3番手となった。前日と同様に後半にタイムアタックする予定だった井口卓人選手が見事に2戦連続のポールポジションを獲得した。
この予選ですでに佐々木雅弘選手へ風が吹いていた。




≫関連コラムは「GOT'S REPORT」へ!
≫Car Watch連載「橋本洋平の『GAZOO Racing 86/BRZ Race』奮闘記」へ!
≫当レース関連情報は「GAZOO Racing」へ!



レース結果

コース:十勝インターナショナルスピードウェイ

[Professional Series]

決勝

  • 開催日:2016/10/02
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度: ℃ ~ ℃
  • 決勝出走:26
  • 完走:25
  • (5.1km x 14laps = 71.4km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone asset・テクノ・BS・86 14 22:50.142
2 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 14 22:51.879
3 85 織戸 学 YH サミー☆K-one☆MAX86 14 22:52.414
4 31 青木 孝行 YH ケーエムエスADVAN86R 14 22:55.410
5 906 阪口 良平 BS Bridgestone AREA86倉敷 14 22:56.962
6 7 山野 直也 BS Bridgestone CABANA P.MU 86 14 23:00.872
7 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 14 23:01.071
8 32 トモアキ GY 大阪トヨタ86レーシング 14 23:03.632
9 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 14 23:05.381
10 202 蒲生 尚弥 BS Bridgestone ASICS Blue 86R 14 23:07.718
11 63 坪井 翔 BS Bridgestone コックピット館林N群馬86 14 23:08.170
12 76 柴田 優作 YH 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 14 23:08.797
13 1 谷口 信輝 YH KTMS 86 14 23:09.365
14 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 14 23:10.644
15 61 佐々木 孝太 DL Profi 86 14 23:16.283
16 310 松本 晴彦 BS Bridgestone 埼玉自動車大学校 μ 生駒 86 14 23:19.132
17 328 密山 祥吾 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 14 23:20.371
18 555 今村 大輔 BS Bridgestone Profi BRZ T-MAN 14 23:20.525
19 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 14 23:20.923
20 926 C.kaki NG GY THE BRIDE86 14 23:23.918
21 81 井上 尚志 BS Bridgestone まんさく自動車ルブロスBS86 14 23:24.903
22 408 高橋 伸也 BS Bridgestone Re-vo・インパクト_86 14 23:27.897
23 11 いとう りな GY THE BRIDE86 14 23:35.010
24 27 中川 隆吾 GY THE BRIDE86 14 23:46.434
25 80 吉田 広樹 DL OTG DL 86 12 20:02.913
- 97 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 4 DNF
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2016/10/02
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 路面温度: ℃ ~ ℃
  • 決勝出走:26
  • (3.406km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 1:35.125
2 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone asset・テクノ・BS・86 2 1:35.561
3 906 阪口 良平 BS Bridgestone AREA86倉敷 4 1:35.624
4 97 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 5 1:35.721
5 85 織戸 学 YH サミー☆K-one☆MAX86 2 1:35.785
6 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 1:35.849
7 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 5 1:35.879
8 7 山野 直也 BS Bridgestone CABANA P.MU 86 2 1:35.993
9 32 トモアキ GY 大阪トヨタ86レーシング 4 1:36.044
10 31 青木 孝行 YH ケーエムエスADVAN86R 4 1:36.070
11 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 7 1:36.127
12 76 柴田 優作 YH 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 5 1:36.149
13 202 蒲生 尚弥 BS Bridgestone ASICS Blue 86R 5 1:36.342
14 80 吉田 広樹 DL OTG DL 86 6 1:36.362
15 328 密山 祥吾 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 4 1:36.373
16 1 谷口 信輝 YH KTMS 86 3 1:36.437
17 310 松本 晴彦 BS Bridgestone 埼玉自動車大学校 μ 生駒 86 2 1:36.446
18 63 坪井 翔 BS Bridgestone コックピット館林N群馬86 5 1:36.505
19 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 2 1:36.520
20 555 今村 大輔 BS Bridgestone Profi BRZ T-MAN 3 1:36.856
21 61 佐々木 孝太 DL Profi 86 4 1:36.943
22 81 井上 尚志 BS Bridgestone まんさく自動車ルブロスBS86 4 1:37.220
23 926 C.kaki NG GY THE BRIDE86 4 1:37.463
24 408 高橋 伸也 BS Bridgestone Re-vo・インパクト_86 4 1:38.040
25 11 いとう りな GY THE BRIDE86 5 1:38.300
26 27 中川 隆吾 GY THE BRIDE86 6 1:39.848
- 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 DNF
- 370 元嶋 佑弥 GY GY RACING 86 DNF