佐々木雅弘がうっぷんを晴らす快走で2位表彰台

  • 開催場所:十勝インターナショナルスピードウェイ
  • 開催日:2017年07月30日(日) 〜 2017年07月30日(日)
佐々木走り②.jpg

 前日の第5戦でのベストラップのタイムによって、第6戦のスターティンググリッドが決まるという変則的な2レース制によって、今回のレースはより複雑なものになった。
オーバーテイクポイントがない、とよくいわれる十勝スピードウェイだからこそ、予選順位はそのままレース結果に直結してしまう。第5戦は完走扱いにならなくてもベストラップの記録は残るので、第5戦のレースで1周だけアタックして良いタイムを出せば、第6戦を前方のグリッドからスタートできるというわけだ。
 その第5戦でペナルティポイントによって10グリッド降格となることが決まっていた#1佐々木雅弘選手(ブリヂストン)、#5井上尚志選手(ブリヂストン)、#31青木孝行選手(ブリヂストン)の3選手だけでなく、予選結果が振るわず上位入賞が難しいと判断した#97近藤翼選手(ブリヂストン)も、あえてピットスタートを選択した。第5戦のレース中に、彼らだけが、まるで予選を戦う形になった。これならタイヤの内圧を含めて、1発のアタックにだけ合わせることができ、優位だからだ。しかも第6戦でも使わなければならないタイヤを温存することもできる。
クラブマンシリーズでは、そういうドライバーは出てこなかったが、シリーズポイントを含めて結果を求められるプロフェッショナルシリーズは、やはり違ったのだ。


●予選(第5戦決勝)
 ピットスタートの優位性を生かし、第5戦のファステストラップを獲得したのは、青木孝行選手だった。同じ戦略となった佐々木雅弘選手は3位、近藤翼選手は4位となった。その間に割って入り2位に入ったのは、第5戦の勝者である#369平中克幸選手(GY)。北海道出身の十勝マイスターにとって、段違いの速さを見せるのは、難しくないのかもしれない。ただしタイヤの磨耗の部分では1レースを走ってしまっているので、ハンデは明確に存在すると思われた。
5位には#770山田英二選手(ブリヂストン)、6位に#47蒲生尚弥選手(ブリヂストン)が入った。第5戦の予選ではトップ10に6台を占めたブリヂストン装着勢だったが、第6戦のスターティンググリッドではトップ10に8台が入った。つまりレース中のベストラップは、ライバルよりも優れていたことになる。
気になる2本のタイヤ交換。ポールポジションの青木孝行選手は、フロント2本を交換した。ステアリングの効きを前提に考えたのだろう。2位の平中克幸選手は真逆で、リヤ2本を交換した。これはトラクション性能を重視した結果である。上位の他の選手は、無難な左側2本にニュータイヤを投入した。

佐々木表彰台.jpg

●決勝レース
 少し抑え目な印象だった第5戦と異なり、第6戦は激しいバトルの応酬となった。
スタート直後の1コーナーで、マシン4台が絡む多重クラッシュが発生。レースは赤旗中断・再スタートとなる。セーフティカー先導による再スタートが切られ、2周終了時にセーフティカーが離れた。2度目のスタートも青木孝行選手は上手く決め、平中克幸選手との差を拡げようとする。しかし約1秒あったはずのギャップは、むしろ小さくなっていき、5周目にはついに2台が横に並ぶようになっていく。そして6周目、平中克幸選手がオーバーテイクに成功した、が、3位に付けていた佐々木雅弘選手が瞬間的にペースの落ちた2台をまとめて抜き去り、トップに立った。逆に青木孝幸選手は近藤翼選手にも抜かれ、4位へとポジションを落してしまった。ピタリと背後に付けプレッシャーをかけ続ける平中克幸選手と、それを留めようとするチャンピオン佐々木雅弘選手の攻防は緊迫したものだった。しかしコースを知り尽くした十勝マイスターは、彼にだけ見えるいくつものオーバーテイクポイントで勝負をかける。10周目の2コーナーでクリーンにトップに立つと、そのまま14周のレースを走り切った。
平中克幸選手は地元で2連勝、2位にはペナルティ明けの佐々木雅弘選手が入り、3位は近藤翼選手が手にした。ブリヂストン装着勢はトップ10のうち7台を占め、その高性能ぶりを示すことができたと言えるだろう。


●コメント
 2位を獲得した#1佐々木雅弘選手(ブリヂストン)のコメント。
「最高の2位を獲得できたと思います。この週末はペナルティやいろいろなことがあったわけですが、そういった状況の中でも2位を獲得できたのは良かったと思います。タイヤのパフォーマンスも全く問題なく、最後までしっかりレースをすることができました。ただ優勝した平中選手は十勝が地元ということで、良くコースを知っているんでしょうね。ドライバーの差が出たと思います。次の富士スピードウェイや、その次のSUGOは逆にボクのホームコースなので、やり返したいと思います」

レース結果

コース:十勝インターナショナルスピードウェイ

[Professional Series]

決勝

  • 開催日:2017/07/30
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:26
  • 完走:22
  • (5.091km x 14laps = 71.274km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 14 25:46.662
2 1 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 14 25:47.346
3 97 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 14 25:48.133
4 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 14 25:48.886
5 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 14 25:51.391
6 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 14 25:51.565
7 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 14 25:51.964
8 47 蒲生 尚弥 BS Bridgestone トミカ ネッツ兵庫BS86B 14 25:52.427
9 906 新田 守男 BS Bridgestone AREA86倉敷 14 25:54.569
10 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 14 25:54.820
11 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 14 25:55.076
12 17 織戸 学 YH サミー☆K-one☆MAX86 14 25:59.532
13 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 14 25:59.846
14 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング 14 26:00.078
15 11 脇阪 寿一 GY ネッツ東京レーシング86 14 26:04.657
16 70 平木 湧也 BS Bridgestone 茨城トヨペット86 14 26:05.734
17 199 石川 京侍 BS Bridgestone COROLLA-MIE 86制動屋 14 26:06.763
18 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DL ディレッツァ86 14 26:09.598
19 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 14 26:10.477
20 328 密山 祥吾 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 14 26:12.024
21 45 羽根 幸浩 BS Bridgestone メタルラボ・スペック 86 14 26:12.333
22 520 平沼 貴之 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB86 14 26:18.617
23 76 小河 諒 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R DNS
24 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング BS DNS
25 312 松本 晴彦 BS Bridgestone 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 DNS
26 370 元嶋 佑弥 GY GY RACING 86 DNS
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2017/07/30
  • (5.091km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 2 1:36.844
2 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 2 1:36.969
3 1 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 2 1:37.082
4 97 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 1:37.122
5 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 3 1:37.299
6 47 蒲生 尚弥 BS Bridgestone トミカ ネッツ兵庫BS86B 2 1:37.372
7 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 2 1:37.395
8 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 3 1:37.435
9 906 新田 守男 BS Bridgestone AREA86倉敷 2 1:37.440
10 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 2 1:37.448
11 76 小河 諒 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 1:37.471
12 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 3 1:37.481
13 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング BS 7 1:37.498
14 312 松本 晴彦 BS Bridgestone 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 6 1:37.541
15 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 3 1:37.555
16 370 元嶋 佑弥 GY GY RACING 86 6 1:37.560
17 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 6 1:37.774
18 17 織戸 学 YH サミー☆K-one☆MAX86 3 1:37.828
19 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング 6 1:38.043
20 11 脇阪 寿一 GY ネッツ東京レーシング86 2 1:38.157
21 70 平木 湧也 BS Bridgestone 茨城トヨペット86 2 1:38.608
22 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DL ディレッツァ86 6 1:38.639
23 328 密山 祥吾 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 2 1:38.804
24 199 石川 京侍 BS Bridgestone COROLLA-MIE 86制動屋 2 1:38.852
25 45 羽根 幸浩 BS Bridgestone メタルラボ・スペック 86 3 1:38.922
26 520 平沼 貴之 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB86 7 1:39.306