あの織戸学が BRIDGESTONE POTENZA RE-07Dで2014年以来の優勝を果たす

  • 開催場所:鈴鹿サーキット
  • 開催日:2018年03月31日(土) 〜 2018年04月01日(日)
2018 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 第1戦 プロフェッショナルシリーズ

プロフェッショナルシリーズのレギュレーションは、使用タイヤの規定が明確化されたことが、2018年シーズンのひとつのポイントとなった。それに伴って、改めてタイヤそのものの内容についても検討が行われ、昨年秋に出揃ったニュータイヤのうち、ブリヂストンのポテンザRE-07Dを除いた3つのタイヤが使用不可となった。


その影響は小さくはなかった。結果として、ライバルメーカーの顔ともいえる#82谷口信輝選手や#17織戸学選手が、ポテンザRE-07Dでレースに参戦することになったのだ。


さらにチャンピオンを争うシリーズポイントが、これまでの有効ポイント制から全戦ポイント制へと変更された。つまり全てのレースのポイントが有効になるため、チャンピオンを狙うためには1戦も落としたくない。エントリー台数は34台。その中でブリヂストン装着勢は多数を占め、上位独占が期待された。

pro-Q-090-sakaguchi.JPG

●予選


この週末、鈴鹿サーキットのパドックで話題になっていたのはガス欠症状だった。バックストレートでエンジンがストップしてしまう現象で、ガソリンの残量が少なくなった時にスプーンカーブでの偏りによって、ガソリンが吸い出せなくなるというのが大方の見方だった。


予選がスタートし、#88井口卓人選手(ブリヂストン)が真っ先にアタックに入った。しかしガス欠症状によってシケインの外側に停止。続いていた#90阪口良平選手(ブリヂストン)がコースレコードでトップタイムを出す。しかし2016年チャンピオン#34佐々木雅弘選手もまたガス欠症状で、今度はシケインの入口脇に停止し、それによって赤旗中断となる。


予選再開後、井口卓人選手は予選アタックできたものの15位。佐々木雅弘選手はトラブルによってアタックできずにノータイムとなってしまった。


結局赤旗中断前のタイムが上位となり、阪口良平選手がポールポジションを獲得、2位は若手#70菅波冬悟選手(DL)、3位には#557大西隆生選手(ブリヂストン)が入った。

pro-race-121-gamou.JPG

●決勝レース


ポールポジションスタートの阪口良平選手がスタートでわずかに出遅れ、菅波冬悟選手に先行を許す。そして1周目のシケイン入口、菅波冬悟選手に並んだ阪口良平選手だったが、そのまま2台が詰まると、3位に上がっていた織戸学選手がシケイン2つ目のインを突き、一気にトップに立った。


ベテランの織戸学選手は、ポテンザRE-07Dを上手くコントロールしながら、しかし後続との距離を拡げていく。そしてそのまま2014年第9戦以来となる通算3勝目を織戸学選手は獲得した。2位には菅沼冬悟選手、3位には阪口良平選手の激しいプレッシャーに耐えてポジションを守った#121蒲生尚弥選手(ブリヂストン)が入った。

pro-race-121-gamou-trophy.JPG

プロフェッショナルシリーズ決勝レースで、3位表彰台を獲得した#121蒲生尚弥選手(ブリヂストン)のコメント。


「まだ新車の重さがまだ取れておらずマシンの調子が出ていない状況なのですが、そういう意味では3位表彰台はいい結果だと思います。予選でも赤旗中断の前にタイムを出すことができたので4番手からスタートできて、結果的に3位につながりました。今回のレースはいい流れがありましたね。タイヤは最後までグリップもあって、後半になってもしっかりと抑えて、ポジションを守ることができました」

レース結果

コース:鈴鹿サーキット

[Professional Series]

決勝

  • 開催日:2018/04/01
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:32
  • 完走:32
  • (5.807km x 8laps = 46.456km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 8 2:33.622 20:31.996
2 80 菅波 冬悟 DL OTG DL 86 8 2:33.736 20:32.469
3 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 8 2:33.859 20:33.371
4 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 8 2:33.246 20:34.501
5 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング BS 8 2:33.508 20:34.665
6 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 8 2:33.789 20:36.459
7 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 8 2:33.542 20:36.992
8 206 松本 武士 DL T和歌山 OGAWA 86 DL 8 2:33.812 20:37.502
9 97 小河 諒 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 8 2:33.316 20:38.232
10 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング 8 2:33.504 20:40.077
11 82 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 8 2:33.805 20:40.896
12 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 8 2:33.340 20:41.087
13 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 8 2:34.358 20:45.408
14 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone ネッツ東京レーシング86 8 2:34.779 20:46.417
15 1 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 8 2:34.287 20:47.664
16 123 松井 孝允 GY NETZ富山 Racing 86 8 2:34.103 20:48.108
17 999 森川 基雄 BS Bridgestone ウィニング制動屋86 長谷川運輸 8 2:34.493 20:48.962
18 178 吉田 綜一郎 BS Bridgestone トレジャーワン 86 8 2:33.884 20:49.864
19 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 8 2:34.763 20:52.012
20 328 密山 祥吾 DL 埼玉トヨペットGB 86 8 2:34.665 20:55.923
21 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 8 2:35.568 20:56.351
22 199 大原 圭祐 BS Bridgestone COROLLA-MIE 86 8 2:35.102 20:56.804
23 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE 86 8 2:34.761 20:57.482
24 312 松本 晴彦 BS Bridgestone 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 8 2:35.490 20:58.117
25 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS CABANA 86 8 2:34.623 20:58.214
26 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 8 2:35.492 20:58.530
27 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 8 2:34.568 20:58.770
28 18 平木 湧也 BS Bridgestone 茨城トヨペット86レーシング 8 2:34.626 21:06.601
29 520 平沼 貴之 DL 埼玉トヨペットGB 86 8 2:36.509 21:08.913
30 6 渡辺 圭一 BS Bridgestone スコーシュ☆JCS 86 8 2:36.894 21:11.062
31 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 8 2:33.469 21:16.782
32 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 7 2:32.544 21:41.770
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2018/03/31
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:32
  • (5.807km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング BS 2 2:30.739
2 80 菅波 冬悟 DL OTG DL 86 2 2:31.010
3 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 2 2:31.212
4 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 2 2:31.338
5 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 2 2:31.494
6 123 松井 孝允 GY NETZ富山 Racing 86 2 2:31.510
7 1 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 2:31.600
8 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 2 2:31.736
9 206 松本 武士 DL T和歌山 OGAWA 86 DL 2 2:31.779
10 97 小河 諒 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 4 2:31.862
11 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 2:31.887
12 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング 2 2:32.066
13 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS CABANA 86 2 2:32.093
14 18 平木 湧也 BS Bridgestone 茨城トヨペット86レーシング 2 2:32.104
15 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 4 2:32.126
16 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 2 2:32.150
17 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 4 2:32.185
18 82 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 2 2:32.210
19 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone ネッツ東京レーシング86 2 2:32.343
20 999 森川 基雄 BS Bridgestone ウィニング制動屋86 長谷川運輸 2 2:32.386
21 178 吉田 綜一郎 BS Bridgestone トレジャーワン 86 2 2:32.424
22 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 2 2:32.492
23 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 2 2:32.611
24 328 密山 祥吾 DL 埼玉トヨペットGB 86 2 2:32.942
25 199 大原 圭祐 BS Bridgestone COROLLA-MIE 86 3 2:32.954
26 312 松本 晴彦 BS Bridgestone 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 2 2:33.177
27 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 3 2:33.394
28 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE 86 2 2:33.784
29 520 平沼 貴之 DL 埼玉トヨペットGB 86 2 2:33.978
30 6 渡辺 圭一 BS Bridgestone スコーシュ☆JCS 86 2 2:35.360
31 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS DNQ
32 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 DNQ