ルーキー堤優威(ブリヂストン装着)が見事な速さを見せ、ポール・トゥ・ウィンで初優勝を飾る

  • 開催場所:スポーツランドSUGO
  • 開催日:2018年04月28日(土) 〜 2018年04月29日(日)

cpro_race_podium02.jpg
 開幕戦でライバルを圧倒する高いパフォーマンスを証明したポテンザ
RE-07D。その結果もあり、第2戦スポーツランドSUGOではプロフェッショナルシリーズでは大多数の選手がブリヂストンを選択するという状況になった。オーバーテイクが難しいからこそ、予選一発の速さが重要であり、決勝レースでは個性的なレイアウトのコースによって生れるタイヤへの高い負荷に対して耐久性が求められる。
 
エントリー台数は30台。その大半がブリヂストンを選択しており、レース前日のスポーツ走行でもブリヂストン装着勢が上位を占めていた。


●予選
プロフェッショナルシリーズの予選は、ニューヒーロー誕生の場となった。この春に大学を卒業したばかりの若手、#7堤優威選手(ブリヂストン)が予選を制したのだ。タイム差が出にくいSUGOでありながら、2番手となった#369平中克幸選手(GY)0141という差をつけてポールポジションを獲得したのである。
 
3番手にはチャンピオン#1近藤翼選手(ブリヂストン)、昨年のSUGOを制した#82谷口信輝選手(ブリヂストン)4番手と続き、5番手は#88井口卓人選手(ブリヂストン)と、GR 86/BRZ Raceに実績を残してきた経験豊富なドライバー達を押し退けて、プロフェッショナルシリーズ参戦2戦目のルーキーがトップに立ったのだ。
 
ブリヂストン装着勢は、予選トップ10の中で9台にも達していた。


pro_race_007_tsutsumi.JPG
●決勝レース
 
ポールポジションのプレッシャーは強い。しかし堤優威選手はルーキーながらクリーンなスタートを決めてみせた。むしろ後続のベテラン勢がスタートに少し出遅れたように見えたほどだった。2位を走る平中克幸選手のペースが上がらず、3位近藤翼選手以下を抑えるような形になり、堤優威選手は1周目に06312周目に11473周目には1836と着実にリードを拡げていく。
 
それに焦ったのか、近藤翼選手はオーバーテイクを何度か仕掛け、6周目のレインボーコーナーで奇襲し、2位へとポジションを上げた。谷口信輝選手も続こうとしたが、それは叶わなかった。しかし独走する堤優威選手からトップ奪還を狙うには大きすぎる3542というギャップがすでにできてしまっていた。
 
しかも近藤翼選手は2位になったとたんにペースに苦しみ、さらにファイナルラップではメカトラブルによって突然ストップ。そのマシンを避けるために、後続のマシンは大きく混乱した。そのアクシデントに無関係だった堤優威選手は、悠々と初優勝のチェッカーフラッグを受けた。ポールポジション、ファステストラップと、このレースのポイントも満点を獲得した。


 ブリヂストン装着勢は、3位谷口信輝選手、4位蒲生尚弥選手、5位織戸学選手が続き、トップ10のうち9台となった。


●コメント
プロフェッショナルシリーズ決勝レースで、初優勝した#7堤優威選手(ブリヂストン)のコメント。
「予選では、蒲生尚弥選手がスリップストリームを使わせてくれたので、いいタイムを出すことができました。決勝レースではオーバーテイクが難しいので、まずスタートを決めることが大事だと思っていました。いいスタートができたので、とりあえずリードを拡げてみたんですが、2位とのギャップが大きくなったので、3周目からはペースを落としました。後ろからマシンが近づいてきたらペースを上げようと考えていたのですが…。今回の優勝がフロックだと言われないように、結果を積み重ねていきたいですね」
pro_race_007_tsutsumi_podium02.JPG


プロフェッショナルシリーズ決勝レースで、4位を獲得した#121蒲生尚弥選手(ブリヂストン)のコメント。
「最終ラップにマシントラブルでスローダウンした近藤翼選手を避けるために、みんなぶつかりながら避けていくような感じになったんです。ボクは前と少しスペースが空いていたので、うまくすり抜けることができて4位という結果になりました。今回のレースは全体にペースが上がらなかったので、ボクのペース自体はそれほど良くなかったのですが、離されることなくついていけました。ラッキーなレース展開だったと思います」

レース結果

コース:スポーツランドSUGO

[Professional Series]

決勝

  • 開催日:2018/04/29
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:30
  • 完走:30
  • (3.704km x 13laps = 48.152km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS CABANA 86 13 22:06.964
2 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 13 22:10.720
3 82 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 13 22:12.087
4 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 13 22:13.880
5 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 13 22:14.103
6 287 山下 健太 BS Bridgestone 千葉トヨペット勝又グループ86 13 22:14.279
7 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 13 22:14.375
8 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング 13 22:14.754
9 97 小河 諒 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 13 22:14.823
10 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 13 22:15.066
11 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング BS 13 22:15.685
12 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone ネッツ東京レーシング86 13 22:17.472
13 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 13 22:17.849
14 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 13 22:18.272
15 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 13 22:19.039
16 123 松井 孝允 GY NETZ富山 Racing 86 13 22:20.637
17 312 松本 晴彦 BS Bridgestone 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 13 22:23.912
18 18 平木 湧也 BS Bridgestone 茨城トヨペット86レーシング 13 22:26.205
19 36 太田 光紀 GY 茨城共販ワクドキクラブ86 13 22:27.127
20 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 13 22:35.533
21 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 13 22:37.546
22 80 菅波 冬悟 DL OTG DL 86 13 22:41.357
23 178 吉田 綜一郎 BS Bridgestone トレジャーワン 86 13 22:42.765
24 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 13 22:44.420
25 520 平沼 貴之 DL 埼玉トヨペットGB 86 13 22:45.912
26 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE 86 13 22:46.083
27 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 13 22:58.435
28 1 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 12 20:28.086
29 328 密山 祥吾 DL 埼玉トヨペットGB 86 11 19:15.239
30 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 11 19:44.893
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2018/04/28
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:30
  • (3.704km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS CABANA 86 1 1:39.098
2 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 1 1:39.239
3 1 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 1 1:39.296
4 82 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 1 1:39.347
5 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 1 1:39.395
6 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 1 1:39.456
7 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング 1 1:39.518
8 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 1 1:39.537
9 287 山下 健太 BS Bridgestone 千葉トヨペット勝又グループ86 1 1:39.649
10 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング BS 1 1:39.737
11 97 小河 諒 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 1:39.737
12 36 太田 光紀 GY 茨城共販ワクドキクラブ86 1 1:39.818
13 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 1 1:39.820
14 31 青木 孝行 BS Bridgestone ケーエムエス フェニックス86 1 1:39.961
15 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone ネッツ東京レーシング86 1 1:39.966
16 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 1 1:40.007
17 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 1 1:40.007
18 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 1 1:40.101
19 80 菅波 冬悟 DL OTG DL 86 1 1:40.134
20 123 松井 孝允 GY NETZ富山 Racing 86 1 1:40.138
21 18 平木 湧也 BS Bridgestone 茨城トヨペット86レーシング 1 1:40.245
22 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 1 1:40.303
23 312 松本 晴彦 BS Bridgestone 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 2 1:40.317
24 328 密山 祥吾 DL 埼玉トヨペットGB 86 1 1:40.332
25 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 2 1:40.405
26 178 吉田 綜一郎 BS Bridgestone トレジャーワン 86 1 1:40.613
27 55 森山 鉄也 GY THE BRIDE 86 1 1:40.737
28 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 1 1:40.866
29 520 平沼 貴之 DL 埼玉トヨペットGB 86 1 1:41.517
30 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 1 1:56.820