1年ぶりのポールポジションから佐々木雅弘が今シーズン初勝利

  • 開催場所:岡山国際サーキット
  • 開催日:2018年06月23日(土) 〜 2018年06月24日(日)
2018 TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 第4戦 プロフェッショナルシリーズ

プロフェッショナルシリーズは、今シーズン3戦で3人の勝者が生まれている。それはブリヂストンのポテンザRE-07Dがプロシリーズのタイヤの大半を占めており、勝つためのタイヤを多くのドライバーが手にすることが可能になっているためだ。タイヤまでを含めたワンメイクとなれば、タイムが接近するだけでなく、誰もが勝つ可能性を持つことになる。まさに群雄割拠の戦国時代である。
そして結果からいえば、#34佐々木雅弘選手が今シーズン4人目の勝者となった。



sasakiRace2.jpg


●予選
予想以上に気温が上昇した岡山国際サーキット。予選は開始早々に#34佐々木雅弘選手(ブリヂストン)が1分50秒221というコースレコードをマーク。前日の専有走行での細かな不具合をクリアにし、ライバル達を圧倒するタイムを出してみせた。前日はトップタイムだった岡山マイスターでもある#90阪口良平選手(ブリヂストン)は予選5位となった。
終了時間が5分を切ったところで、予選は赤旗中断となる。タイムアタックに入っていた#88井口卓人選手(ブリヂストン)や#7堤優威選手(ブリヂストン)は、予選再開後に、タイム的に不利な2度目のタイムアタックを行うことになってしまった。結果、予選はそれぞれ24位、20位に終わった。
その他のブリヂストン装着勢は、2位に#17織戸学選手(ブリヂストン)、3位が#82谷口信輝選手(ブリヂストン)、7位に#1近藤翼選手(ブリヂストン)など、トップ10に8台が入った。


●決勝レース
ポールポジションスタートの佐々木選手だったが、珍しくスタートで出遅れ、織戸選手に先行を許す。しかしすぐにポジションは入れ代わり、逆にペースに苦しい織戸選手は谷口選手などの後続集団に飲み込まれてしまう。それは佐々木選手にとってはチャンスで、逃げ切り体制へと切り換える。
2周目で2秒919、4周目には4秒004までリードを拡げることに成功。しかしレースも後半に入った7周目、2位織戸選手との差が1周毎に0秒6前後と、大幅に詰まっていく。10周目にはその差はついに0秒333となり、テール・トゥ・ノーズになった。
しかしオーバーテイクポイントのない岡山国際サーキットのコースでは、そう簡単にオーバーテイクはできない。佐々木選手は巧みに織戸選手を抑えこみ、そのままチェッカーフラッグを受けた。3位には谷口選手が入り、表彰台をブリヂストンが独占した。 その他のブリヂストン装着勢は、5位に阪口良平選手、6位に近藤翼選手など、トップ10に9台が入った。

●コメント
プロフェッショナルシリーズ決勝レースで、今シーズン初優勝を果たした#34佐々木雅弘選手(ブリヂストン)のコメント。
「ポールポジションからのスタートだったんですけど、思ったよりもホイールスピンが多くて失敗してしまったんです。スタートで抜かれることはこれまでほとんどなかったんですけど、それで2位になって、だけどすぐに抜き返すことができました。後ろのほうで2位争いが激しくなっているのが見えたので、とりあえずリードを拡げるために2周目、3周目はプッシュしました。その貯金をレース終盤で吐き出すことになったんですけど、もう最後の2周は気持ちだけで走りました。タイヤについては、先行逃げ切りを狙っていたんですが、ちょっとやり過ぎてしまって、それがレース終盤で苦しくなってしまったんです。次からはいつものように、バランス良く速さを発揮できるように、戦っていきたいと思います」

podium1.jpg

レース結果

コース:岡山国際サーキット

[Professional Series]

決勝

  • 開催日:2018/06/24
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:34
  • 完走:31
  • (3.703km x 12laps = 44.436km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 12 22:52.606
2 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 12 22:52.976
3 82 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 12 22:53.427
4 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 12 22:56.074
5 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング BS 12 22:56.673
6 1 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 12 22:58.655
7 97 小河 諒 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 12 22:59.488
8 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング 12 22:59.962
9 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone ネッツ東京レーシング86 12 23:00.642
10 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS CABANA 86 12 23:01.216
11 80 菅波 冬悟 DL OTG DL 86 12 23:02.659
12 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 12 23:02.868
13 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 12 23:07.065
14 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 12 23:07.565
15 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 12 23:08.336
16 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 12 23:10.237
17 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 12 23:10.473
18 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 12 23:13.476
19 999 森川 基雄 BS Bridgestone ウィニング制動屋86 長谷川運輸 12 23:14.226
20 50 高島 登 BS Bridgestone エムテックス制動屋SSR86 12 23:14.593
21 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 12 23:18.179
22 45 羽根 幸浩 BS Bridgestone メタルラボ・スペック 86 12 23:18.680
23 312 松本 晴彦 BS Bridgestone 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 12 23:19.231
24 29 松沢 隆弘 DL Uグループ・ペトロナス86 12 23:20.134
25 18 平木 湧也 BS Bridgestone 茨城トヨペット86レーシング 12 23:21.056
26 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 12 23:24.350
27 520 平沼 貴之 DL 埼玉トヨペットGB 86 12 23:25.821
28 178 吉田 綜一郎 BS Bridgestone トレジャーワン 86 12 23:27.453
29 199 大原 圭祐 BS Bridgestone COROLLA-MIE 86 11 21:28.495
30 300 木下 みつひろ BS Bridgestone ASA-INJE86 11 21:37.427
31 328 密山 祥吾 DL 埼玉トヨペットGB 86 9 23:51.218
- 206 松本 武士 DL T和歌山 OGAWA 86 DL 5 DNF
- 55 元嶋 佑弥 GY THE BRIDE 86 0 DNF
- 583 近藤 説秀 GY 高野山with P和歌山GY86 DQ
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2018/06/23
  • 天候:Cloudy
  • 路面:Wet-Dry
  • 決勝出走:34
  • (3.703km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 2 1:50.221
2 17 織戸 学 BS Bridgestone サミー☆K-one☆MAX86 2 1:50.353
3 82 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 2 1:50.436
4 80 菅波 冬悟 DL OTG DL 86 2 1:50.455
5 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング BS 2 1:50.496
6 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 2 1:50.531
7 1 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 1:50.532
8 97 小河 諒 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 1:50.582
9 32 市森 友明 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング 2 1:50.669
10 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 2 1:50.771
11 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone ネッツ東京レーシング86 2 1:50.792
12 999 森川 基雄 BS Bridgestone ウィニング制動屋86 長谷川運輸 2 1:50.833
13 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 2 1:50.898
14 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 2 1:50.940
15 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 3 1:50.963
16 328 密山 祥吾 DL 埼玉トヨペットGB 86 3 1:51.113
17 55 元嶋 佑弥 GY THE BRIDE 86 2 1:51.118
18 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 1:51.147
19 50 高島 登 BS Bridgestone エムテックス制動屋SSR86 2 1:51.255
20 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS CABANA 86 4 1:51.339
21 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 3 1:51.345
22 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 2 1:51.366
23 18 平木 湧也 BS Bridgestone 茨城トヨペット86レーシング 4 1:51.389
24 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 4 1:51.532
25 312 松本 晴彦 BS Bridgestone 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 3 1:51.624
26 29 松沢 隆弘 DL Uグループ・ペトロナス86 2 1:51.658
27 199 大原 圭祐 BS Bridgestone COROLLA-MIE 86 2 1:51.702
28 45 羽根 幸浩 BS Bridgestone メタルラボ・スペック 86 2 1:51.733
29 583 近藤 説秀 GY 高野山with P和歌山GY86 2 1:51.772
30 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 2 1:51.792
31 300 木下 みつひろ BS Bridgestone ASA-INJE86 4 1:51.809
32 206 松本 武士 DL T和歌山 OGAWA 86 DL 2 1:51.993
33 178 吉田 綜一郎 BS Bridgestone トレジャーワン 86 2 1:52.314
34 520 平沼 貴之 DL 埼玉トヨペットGB 86 2 1:52.509