谷口信輝が3年ぶり3度目の王者に輝く

  • 開催場所:鈴鹿サーキット
  • 開催日:2018年10月27日(土) 〜 2018年10月27日(土)
2018 GAZOO Racing 86/BRZ Race 第9戦 プロフェッショナルシリーズ
PRO-RAEC-START02.jpg

6年目のシーズンも、いよいよ最終戦。鈴鹿サーキットでのチャンピオン争いは3人に絞られた。
ポイントリーダーは#82谷口信輝(9戦中6戦ブリヂストン装着)。2位の#17織戸学(9戦中5戦ブリヂストン装着)、3位の#34佐々木雅弘(ブリヂストン)がチャンピオンの可能性を残しているものの、ポイント差は大きく、谷口は5位以内となれば無条件にチャンピオンを獲得できる。逆に織戸は、谷口がノーポイントでも2位以上にならないと逆転できず、佐々木は優勝だけが唯一の道。
つまり谷口は、大きな失敗をしなければチャンピオンとなる可能性が高い。この最終戦は、10月27日(土)のワンデイレースとなり、午前中に予選、夕方に決勝レースというタイムスケジュールとなった。


●予選
夜半からの雨が完全に上がったとはいえない朝、レース前車検でタイヤへのマーキングが行われるため、タイヤを選択・決定する必要があった。谷口はチャンピオンを獲得するための最善の手として、ブリヂストンを選択した。その理由は予選で上位を得るためで、ライバルのタイヤに対してブリヂストンが、ウエット性能で優位性があったことだ。路面がどこまで乾いていくのか?谷口は乾きにくいと想定したのだ。
しかしプロフェッショナルシリーズの予選までには、いくつかの走行スケジュールがあり、レコードラインはほぼドライとなっていたが3番手タイムをマーク、ブリヂストン装着勢のトップとなった。
フロントローには、#80菅波冬悟(DL)と#500坪井翔(DL)という、若手ドライバーが並んだ。
ブリヂストン装着勢では、#90阪口良平が6位、#88井口卓人が9位、#121蒲生尚弥が10位となった。

PRO-RAEC-090_SAKAGUCHI01.jpg

●決勝レース
路面は完全なドライとなった夕方の決勝レース、気温も少しずつ低下していた。スタートからレースは動いた。谷口信輝はスタートこそ問題なかったものの、コース前半のテクニカルセクションで苦しみ、5位までポジションを落としてしまう。入れ替わって3位となったのは#97小河諒(DL)と4位の#1近藤翼(DL)。この2台のチームメイトバトルは、今シーズン何度も見られている。彼らが谷口の前を塞ぐことになる。
2位でスタートした坪井はジャンプスタートの判定でドライブスルーペナルティを受けて後退。ポールポジションの菅波が単独になると同時に、谷口は自動的に4位となる。2位争いは3台が密着しながら、時にラインを変えて並びかけるなど、攻防が続いていった。しかしオーバーテイクには至らず、谷口は4位でチェッカーフラッグを受けた。2015年以来、3年ぶり、3度目のシリーズチャンピオンに輝いた。
その他のブリヂストンタイヤ装着勢は、阪口が5位、蒲生が7位を獲得した。またシリーズランキングでは、佐々木が4位となっている。

●コメント
プロフェッショナルシリーズで5位を獲得した#90阪口良平(ブリヂストン)のコメント。
「スタートでちょっと被せられて失速してしまい、順位を落としました。それでも相手の速い所と、自分の速い所がわかっていたので、順位を取り戻すことができました。ただし、前へ出た時には先頭グループとは距離が離れてしまっていたので、追い上げてはいったのですが、それ以上順位を上げることはできませんでした。タイヤのおいしいところが終わった後半、前に出てからベストラップが出たので、タイヤはロングでもタイムは安定して速かったと思います。だから5位というのは、ちょっと悔しい結果ですね」


プロフェッショナルシリーズで4位となり、シリーズチャンピオンに輝いた#82谷口信輝(ブリヂストン)のコメント。
「チャンピオンを争っている織戸選手と佐々木選手の前に居ることが重要だったので、気まぐれな天気も考えて、ブリヂストンを選択しました。前を走るの小河選手、近藤選手のチームメイトバトルは本気なので、あまり近づきすぎて巻き込まれないように、それでもチャンスがあれば前へ出られるように、考えて走っていました。レース後半には、ブリヂストンのペースのほうが明らかに速かったのですが、それでも抜くことはできませんでしたね」

PRO-RACE-034_SASAKI.jpg

レース結果

コース:鈴鹿サーキット

[Professional Series]

決勝

  • 開催日:2018/10/27
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:37
  • 完走:37
  • (5.807km x 8laps = 46.456km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 80 菅波 冬悟 DL OTG DL 86 8 20:26.241
2 97 小河 諒 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 8 20:30.798
3 1 近藤 翼 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 8 20:31.486
4 82 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 8 20:31.623
5 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング BS 8 20:33.396
6 11 脇阪 寿一 DL ネッツ東京レーシング86 8 20:37.552
7 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 8 20:38.517
8 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 8 20:38.938
9 17 織戸 学 DL サミー☆K-one☆MAX86 8 20:39.227
10 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 8 20:39.487
11 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 8 20:41.026
12 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 8 20:43.620
13 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 8 20:43.686
14 199 大原 佳祐 BS Bridgestone COROLLA-MIE 86 8 20:45.701
15 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 8 20:46.179
16 32 市森 友明 大阪トヨタ86レーシング 8 20:46.258
17 206 松本 武士 DL T和歌山 OGAWA 86 DL 8 20:46.320
18 31 青木 孝行 DL ケーエムエス フェニックス86 8 20:47.259
19 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS CABANA 86 8 20:48.901
20 999 森川 基雄 DL ウィニング制動屋86 長谷川運輸 8 20:50.721
21 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 8 20:52.080
22 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 8 20:53.149
23 36 太田 光紀 GY 茨城共販ワクドキクラブ86 8 20:53.591
24 29 松沢 隆弘 DL Uグループ・ペトロナス86 8 20:54.091
25 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 8 20:57.679
26 45 羽根 幸浩 DL メタルラボ・スペック 86 8 20:57.893
27 123 松井 孝允 GY NETZ富山 Racing 86 8 20:58.228
28 178 吉田 綜一郎 HK トレジャーワン 86 8 20:58.702
29 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 8 20:58.899
30 500 坪井 翔 DL ネッツ東埼玉ワコーズED86 8 21:00.075
31 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 8 21:00.192
32 55 河野 駿佑 GY THE BRIDE 86 8 21:00.280
33 79 市丸 聡 BS Bridgestone カローラ千葉86 8 21:00.669
34 50 高島 登 DL エムテックス制動屋SSR86 8 21:01.557
35 6 渡辺 圭一 DL スコーシュ☆JCS 86 8 21:09.251
36 583 近藤 説秀 GY 高野山with P和歌山GY86 8 21:09.751
37 18 平木 湧也 BS Bridgestone 茨城トヨペット86レーシング 8 21:24.785
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2018/10/27
  • (5.807km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 80 菅波 冬悟 DL OTG DL 86 2 2:31.089
2 500 坪井 翔 DL ネッツ東埼玉ワコーズED86 2 2:31.387
3 82 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 2 2:31.512
4 97 小河 諒 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 2:31.603
5 1 近藤 翼 DL 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 2 2:31.688
6 90 阪口 良平 BS Bridgestone 大阪トヨタ86レーシング BS 2 2:31.696
7 31 青木 孝行 DL ケーエムエス フェニックス86 2 2:31.816
8 11 脇阪 寿一 DL ネッツ東京レーシング86 3 2:31.895
9 88 井口 卓人 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 2:31.956
10 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 2 2:32.084
11 10 吉田 広樹 DL OTG TN滋賀 86 2 2:32.192
12 369 平中 克幸 GY GY RACING 86 2 2:32.290
13 17 織戸 学 DL サミー☆K-one☆MAX86 2 2:32.311
14 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 2 2:32.345
15 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 2 2:32.389
16 770 山田 英二 BS Bridgestone CUSCO BS 86 2 2:32.456
17 206 松本 武士 DL T和歌山 OGAWA 86 DL 2 2:32.459
18 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 2 2:32.497
19 18 平木 湧也 BS Bridgestone 茨城トヨペット86レーシング 2 2:32.588
20 32 市森 友明 大阪トヨタ86レーシング 2 2:32.610
21 199 大原 佳祐 BS Bridgestone COROLLA-MIE 86 2 2:32.622
22 999 森川 基雄 DL ウィニング制動屋86 長谷川運輸 2 2:32.755
23 36 太田 光紀 GY 茨城共販ワクドキクラブ86 2 2:32.781
24 45 羽根 幸浩 DL メタルラボ・スペック 86 3 2:32.852
25 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS CABANA 86 2 2:32.933
26 312 松本 晴彦 DL 埼玉自動車大学校生駒SBS 86 2 2:32.937
27 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 2 2:32.960
28 123 松井 孝允 GY NETZ富山 Racing 86 2 2:33.086
29 79 市丸 聡 BS Bridgestone カローラ千葉86 2 2:33.441
30 178 吉田 綜一郎 HK トレジャーワン 86 2 2:33.702
31 29 松沢 隆弘 DL Uグループ・ペトロナス86 2 2:33.958
32 55 河野 駿佑 GY THE BRIDE 86 3 2:34.017
33 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 2 2:34.306
34 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 86 ポテンザ 3 2:34.380
35 6 渡辺 圭一 DL スコーシュ☆JCS 86 2 2:34.625
36 583 近藤 説秀 GY 高野山with P和歌山GY86 2 2:34.884
37 50 高島 登 DL エムテックス制動屋SSR86 4 2:34.886