史上初のBRZワンツーフィニッシュ 井口卓人が逆転で総合優勝

  • 開催場所:十勝インターナショナルスピードウェイ
  • 開催日:2020年09月26日(土) 〜 2020年09月27日(日)
TOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Race 2020 プロフェッショナルシリーズ 第4戦

プロフェッショナルシリーズは、ほとんどがプロドライバーたちであり、フルシーズン参戦が基本となっている。そのためクラブマンシリーズのオープンクラス、エキスパートクラスよりもずっと多い26台のエントリーとなった。予選と第1ヒートが行われる土曜日は、以前から雨の天気予報となっており、多くのチームが雨で大きなアドバンテージがあるブリヂストンタイヤを選択した。結果からいえば、予選と第1ヒートのリザルトでは、上位にブリヂストン装着の全車が並び、その下位に他社が並ぶという明確な線引きとなる圧倒的な結果となった。

●予選
降り続く雨の中、予選は開始された。タイヤをしっかりと温めるため、ウエービングさせるマシンが多いが、1周では不十分なのか2周目に入ってもスローペースだった。そんな開始4分、#5井上尚志(ブリヂストン)がコースアウト。ぬかるんだグラベルからの脱出は困難で、マシン回収のために赤旗中断となる。マシンは無傷で、そのまま再開後の予選に参加している。再開後、予選はトップタイムが次々と塗り変わる激しい展開となっていく。最初のリーダーは#34佐々木雅弘(ブリヂストン)だったが、すぐさま#87久保凜太郎(ブリヂストン)が更新。そのタイムに#121蒲生尚弥(ブリヂストン)、#7堤優威(ブリヂストン)はわずかに届かない。終了間際、そのトップタイムを更新したのは#988井口卓人(ブリヂストン)だった。しかしその直後、久保がさらにタイムアップ、2013年から参戦を続け、初のポールポジション獲得となった。2位には井口が入り、フロントローをBRZが独占というのもまた初となった。3位には#121蒲生、4位は#1谷口信輝(ブリヂストン)が入った。ブリヂストン装着勢は15台を占めたが、1位から15位までに全車が並ぶという圧倒的な結果となった。

●決勝・ヒート1
土曜日の夕方、暗くなり始めた十勝スピードウェイは、プロフェッショナルシリーズの第1ヒートが始まる頃、やや雨量は少なくなっていた。フロントローに並んだ2台のBRZは、ともに上手くスタートを決め、そのままの順位でレースは進んでいった。トップグループは蒲生、堤、佐々木、そして#700阪口良平(ブリヂストン)までの6台でフィニッシュとなった。
pro2.jpg
レースが進むにつれてトップ2台が先行し、マッチレースの様相になっていく。そのまま1位久保、2位井口という、昨年までのチームメイトがBRZ初のワンツーフィニッシュを実現させた。久保にとっては記念すべき初優勝。3位には、蒲生、堤をオーバーテイクして上がってきた阪口が食い込んだ。
ブリヂストン装着勢は1位から14位までを占めた。
pro9.jpg

●決勝・ヒート2
日曜日の午後、天候はすっかり回復し、北海道の秋空の下、プロフェッショナルシリーズの第2ヒートがスタートした。しかし波乱はオープニングラップに数多く組み込まれていた。2番手スタートの井口が好スタートを決めて久保に並ぶ。昨シーズンまでのチームメイトであり、現実に師弟のような信頼関係がある2人は、3コーナーまで並んだままコースを進み、4コーナーでやっと井口がトップに立った。こうした先頭の2台の動きが影響したのか、後方は密集した形で走行していた。そんな状況の中で#160吉田広樹(ブリヂストン)がコースオフし、そのままスタックしてしまい、オープニングラップでいきなりセーフティカーという展開になった。
pro3.jpg
5周目の再スタート、しかしその直前、加速していた2位久保はコースサイドに出てしまい、トップ井口との間に大きな距離ができ、再スタート時点で1秒556というタイム差になってしまった。その差を埋めようと追いかける久保は、ファステストラップを記録しながら追いかける。とくに最後の3周は井口のラップタイムは苦しく、久保に勢いがあった。しかしわずかに届かず、2台のBRZは井口が2mほど前に出た横並びの状態で、チェッカーフラッグを受けた。
pro4.jpg
井口の優勝は2016年最終戦以来、通算3勝目。お互いの順位を入れ換えたものの、第1ヒートに続いてのBRZワンツーフィニッシュとなった。3位には混乱のスタートで上手く前に出ることができた蒲生が入り、4位は佐々木となった。ブリヂストン装着勢は表彰台を独占し、トップ10のうち8位までを占めた。
pro7.jpgpro8.jpg

pro6.jpg

第1ヒート2位、第2ヒートで逆転の優勝を果たした#988井口卓人選手のコメント。
「本当に嬉しいです。開幕戦のSUGO、この前のオートポリスと、何のためにチームを移籍してきたのか判らない! っていう悔しい結果だったので、チーム初優勝を挙げることができて嬉しいです。今日の第2ヒートはスタートも上手く決まって、お互いラインを開けながら2台並んで3コーナーまで走りました。再スタートの時に凜太郎がコースオフしてしまい、間隔が開いたのが大きかったですね。あれがなければ、最後にオーバーテイクされていたかもしれません。ブリヂストンの雨でのパフォーマンスが高くて、その中でも予選2位を取れたことが、こういう結果につながったと思います」

レース結果

コース:十勝インターナショナルスピードウェイ

[Professional Series]

総合

  • 開催日:2020/09/27
  • 天候:Fine
  • 路面:Dry
  • 決勝出走:24
  • 完走:23
  • (3.405km x 28laps = 95.34km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 988 井口 卓人 BS Bridgestone RECARO BRZ BS T 28 49:21.945
2 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 28 49:21.421
3 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 28 49:32.039
4 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 28 49:35.694
5 700 阪口 良平 BS Bridgestone ADVICS Tby2 86 28 49:31.683
6 1 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 28 49:47.603
7 98 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 28 49:54.441
8 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS カバナ BS 86 28 49:36.003
9 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 DL K 28 50:43.249
10 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 28 50:46.640
11 610 大島 和也 DL Team MDI/P 京都WM86 28 50:44.162
12 369 平中 克幸 DL トヨタカローラGRカロリン86 28 50:45.843
13 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 28 50:12.182
14 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 28 50:49.181
15 88 手塚 祐弥 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 28 50:04.975
16 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 28 50:19.312
17 305 水野 大 DL ピースレンタカーDL86 28 51:15.962
18 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 28 51:18.981
19 989 田中 哲也 DL RECARO 86 DL T 28 51:29.406
20 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 28 50:47.579
21 916 田嶋 聡 BS Bridgestone ネッツ兵庫エムプランニング86 28 50:33.914
22 293 石川 京侍 NX 86NferaSportR 28 51:04.577
23 521 川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 26 47:01.123
- 160 吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 14 DNF
[Professional Series]

決勝ヒート1

  • 開催日:2020/09/26
  • 天候:Rain
  • 路面:Wet
  • 決勝出走:24
  • 完走:24
  • (3.405km x 14laps = 47.67km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 14 24:05.530
2 988 井口 卓人 BS Bridgestone RECARO BRZ BS T 14 24:06.533
3 700 阪口 良平 BS Bridgestone ADVICS Tby2 86 14 24:11.444
4 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS カバナ BS 86 14 24:13.109
5 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 14 24:13.659
6 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 14 24:16.856
7 1 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 14 24:26.884
8 160 吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 14 24:29.935
9 98 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 14 24:32.990
10 88 手塚 祐弥 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 14 24:34.042
11 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 14 24:43.201
12 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 14 24:43.823
13 916 田嶋 聡 BS Bridgestone ネッツ兵庫エムプランニング86 14 24:48.909
14 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 14 25:02.817
15 610 大島 和也 DL Team MDI/P 京都WM86 14 25:18.038
16 369 平中 克幸 DL トヨタカローラGRカロリン86 14 25:18.769
17 293 石川 京侍 NX 86NferaSportR 14 25:19.234
18 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 DL K 14 25:20.162
19 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 14 25:20.688
20 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 14 25:20.760
21 305 水野 大 DL ピースレンタカーDL86 14 25:39.682
22 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 14 25:39.888
23 989 田中 哲也 DL RECARO 86 DL T 14 25:50.179
24 521 川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 12 20:59.378
[Professional Series]

予選

  • 開催日:2020/09/26
  • 天候:Rain
  • 路面:Wet
  • 決勝出走:24
  • (3.405km)
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 87 久保 凜太郎 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 7 1:45.457
2 988 井口 卓人 BS Bridgestone RECARO BRZ BS T 8 1:46.240
3 121 蒲生 尚弥 BS Bridgestone tomicaネッツ兵庫86BS 7 1:46.561
4 1 谷口 信輝 BS Bridgestone KTMS 86 7 1:46.681
5 700 阪口 良平 BS Bridgestone ADVICS Tby2 86 5 1:47.066
6 7 堤 優威 BS Bridgestone ADVICS カバナ BS 86 5 1:47.125
7 34 佐々木 雅弘 BS Bridgestone 小倉クラッチ REVO 86 BS 5 1:47.249
8 521 川合 孝汰 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 7 1:48.041
9 11 脇阪 寿一 BS Bridgestone Owltech 86 7 1:48.361
10 88 手塚 祐弥 BS Bridgestone CG ROBOT BRZ BS 6 1:48.559
11 98 近藤 翼 BS Bridgestone 神奈川トヨタ ☆ DTEC 86R 7 1:48.693
12 160 吉田 広樹 BS Bridgestone 埼玉トヨペットGB 86 BS 6 1:49.095
13 557 大西 隆生 BS Bridgestone オートバックス G7 AS86 BS 7 1:49.452
14 5 井上 尚志 BS Bridgestone まんさくレストアパーツBS86 5 1:51.088
15 916 田嶋 聡 BS Bridgestone ネッツ兵庫エムプランニング86 4 1:51.725
16 293 石川 京侍 NX 86NferaSportR 6 1:51.813
17 369 平中 克幸 DL トヨタカローラGRカロリン86 5 1:51.855
18 906 佐々木 孝太 DL RECARO 86 DL K 5 1:53.108
19 60 服部 尚貴 DL OTG DL 86 6 1:53.404
20 813 坂 裕之 DL ネッツ兵庫DLテックプロ86 5 1:53.669
21 610 大島 和也 DL Team MDI/P 京都WM86 4 1:53.861
22 305 水野 大 DL ピースレンタカーDL86 6 1:53.975
23 10 菅波 冬悟 DL OTG TN滋賀 86 6 1:54.065
24 989 田中 哲也 DL RECARO 86 DL T 5 1:55.273