PN3クラスでユウが2連勝! SCクラスでは西原正樹が今季初優勝!

  • 開催場所:名阪スポーツランド Cコース
  • 開催日:2018年05月20日(日) 〜 2018年05月20日(日)
2018年 全日本ジムカーナ選手権 第4戦
JGC4Yuu2.JPG

 2018年の全日本ジムカーナ選手権第4戦が、奈良県東部に位置する関西のジムカーナのメッカ、名阪スポーツランドCコースで開催された。
コースは、前半はスタートしてすぐに内周に入り、180度ターン1箇所を含めてコースを縦横に走り、中間地点にフリーターンが2箇所連続。後半は外周を一周する高速セクションという、いかにも名阪らしい設定。狭い場所でのダブルフリーターンはかなり難易度が高く、回れずにバックギヤを使う選手や不通過判定でミスコース扱いとなる選手も多く見受けられた。


 決勝日は、競技開始の8時過ぎで曇り空、気温13℃。この時季としてはかなり寒い。その後日射しが出て、午後には気温20℃、路温37℃まで上がる中、146台の競技車が熱戦を繰り広げた。
その中、RE-05Dを履くPNクラスのPOTENZA装着勢では、PN3クラスでユウ(86/ブリヂストン)が今季2勝目を挙げる。前戦で全日本ジムカーナ選手権通算100勝を達成したPN2クラスの山野哲也(アバルト124スパイダー/ブリヂストン)は、3位に入賞してポイントリーダーの座を守った。
RE-11Sを履くSA・SCクラスのPOTENZA装着勢では、前輪駆動車は全車駆動輪に高温用のTYPE WH2を選択。後輪駆動車と4輪駆動車はWS3とWH2とに分かれたが、SCクラスでWS3を履いた西原正樹(インプレッサ/ブリヂストン)が優勝。また、SA3クラスではWH2を履いた渡辺公(NSX/ブリヂストン)が3位、SA4クラスではWS3を履いた菱井将文(ランサー/ブリヂストン)が2位入り、それぞれ表彰台に上がる活躍を見せた。

JGC4Nishihara1.JPG

<PN3クラス優勝、POTENZA RE-05D装着>(2012年以降にJAF登録された1600cc超2000cc以下のRWD車。改造範囲が最も狭い)


 ディフェンディングチャンピオンのユウ(86/ブリヂストン)、昨年度ランキング2位の西野洋平(86/ブリヂストン)、昨年度ランキング3位の川北忠(BRZ/DL)の3名が、3戦を終えて優勝・2位・3位を各1回ずつの成績で、同ポイントで迎えた第4戦。1本目は川北がベストタイムを出し、ユウが17/100秒差の2位に付ける。西野はダブルフリーターンで失敗して下位に甘んじる。2本目、川北が1本目の自身のベストタイムを更に縮め、後走の西野・ユウにプレッシャーをかける。西野はまたもダブルフリーターンで失敗。しかし、クラス最終走者のユウが川北の2本目のタイムを更に19/100秒上回るタイムを叩き出して今季2勝目を挙げ、ポイントランキングトップに躍り出る。


●ユウ「1本目は気温・路温とも低くて厳しい状態でした。でもその中でもベストの走りでトップを狙っていたのですが、ちょっと足りなかったですね。しかし2本目は陽が差して路温も上がってくれ、RE-05Dが本領を発揮してくれました。実は2本目もフリーターンとかちょこちょこ失敗しているんです。これはヤバいかもって思いながら走っていましたが、ゴールしたらベストタイムだったので、RE-05Dに助けられた感じです。ここ名阪はクルマをしっかり仕上げておかないと勝つことができないコースなので、その中で勝てたというのは後期型86の仕上がりがかなり高まってきた証拠です。しかし、まだまだ高い点があると思っているので、気を緩めず進化させて次戦に臨もうと思います。」

<SCクラス優勝、POTENZA RE-11S TYPE WS3 装着>(改造範囲がかなり広い)


 ディフェンディングチャンピオンの西原正樹(インプレッサ/ブリヂストン)。今季はトラブル続きでまだ優勝がない。しかし、今回の西原は1本目からトップタイムをマークして久々に強さを発揮。2本目もタイムアップを果たしてライバルを寄せ付けず今季初優勝。


●西原正樹「今回金曜日から走り込んでタイヤチョイスを色々やってみましたが、気温が低かった関係かWS3のユーズドタイヤが一番フィーリングが良かったので、1本目にWS3の1本走りのタイヤをチョイスしました。2本目も同じタイヤでそのまま行ったのですが、SCクラスは2本目にタイヤ交換出来るので、路温が上がったことを考慮すれば2本目は新品で行った方が良かったのかもしれません。これでようやく勝てました。クルマはまだトラブルが完全には直っていない状態ですが、徐々にいい方向に行っているので、次戦までにしっかり直してシリーズチャンピオンを穫るべく頑張りたいと思います。」

★ブリヂストン レースタイヤエンジニア 本田 真悟


 「今回は、気温・路温ともそれほどは高くならず、平滑な路面だったことも重なって、各ドライバーとも、走行開始直後のタイムを引き出すのに難しい状況にありました。この状況で、PNクラスではユウ選手(PN3)、SCクラスでは西原選手が優勝でき、両ドライバーには感謝します。また、PNクラスでは山野選手(PN2・3位)、SAクラスでは、渡辺選手(SA3・2位)、菱井選手(SA4・2位)の表彰台獲得にも感謝します。


 シリーズも4戦が終了し、現時点ではPN2クラス・PN3クラスでチャンピオンシップをリードしていますが、残り6戦もチャンピオンシップ獲得に向けてサポートしていきますので、応援よろしくお願いします。

レース結果

コース:名阪スポーツランド Cコース

[PN-1クラス]

決勝

  • 開催日:2018/05/20
  • 天候:Cloudy-Fine-Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:1回目:18℃ 2回目:37℃
  • 決勝出走:16
  • 完走:15
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 15 深川 敬暢 DL マツダ ロードスター 2 1:27.157
2 17 福田 大輔 DL マツダ ロードスター 2 1:27.921
3 16 斉藤 邦夫 YH マツダ ロードスター 2 1:28.454
4 11 箕輪 雄介 YH マツダ ロードスター 2 1:28.673
5 12 小林 規敏 DL マツダ ロードスター 2 1:29.242
6 10 米澤 匠 DL マツダ ロードスター 2 1:29.532
7 8 森嶋 昭時 YH マツダ ロードスター 2 1:29.555
8 5 喜多 治人 BS Bridgestone マツダ ロードスター 2 1:30.157
9 2 中村 伸造 DL マツダ ロードスター 2 1:30.982
10 1 道下 貴広 DL スズキ スイフト 2 1:31.502

レース結果

コース:名阪スポーツランド Cコース

[PN-2クラス]

決勝

  • 開催日:2018/05/20
  • 天候:Cloudy-Fine-Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:1回目:20℃ 2回目:37℃
  • 決勝出走:20
  • 完走:20
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 36 松本 敏 DL アバルト124スパイダー 1 1:27.404
2 32 土手 啓二朗 DL スズキ スイフト 1 1:27.438
3 38 山野 哲也 BS Bridgestone アバルト124スパイダー 1 1:27.643
4 23 稲木 亨 DL アバルト124スパイダー 1 1:27.658
5 33 中根 康仁 DL スズキ スイフト 1 1:27.943
6 21 中根 卓也 DL スズキ スイフト 1 1:28.014
7 30 井上 賢二 DL スズキ スイフト 2 1:28.064
8 29 松本 悟 BS Bridgestone ホンダ シビック FD2 1 1:28.125
9 28 志賀野 浩 BS Bridgestone ニッサン フェアレディZ 2 1:28.176
10 37 河本 晃一 BS Bridgestone ニッサン フェアレディZ 2 1:28.326

レース結果

コース:名阪スポーツランド Cコース

[PN-3クラス]

決勝

  • 開催日:2018/05/20
  • 天候:Cloudy-Fine-Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:1回目:22℃ 2回目:36℃
  • 決勝出走:20
  • 完走:20
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 59 ユウ BS Bridgestone トヨタ 86 2 1:26.601
2 57 川北 忠 DL スバル BRZ 2 1:26.794
3 56 天満 清 YH マツダ ロードスター RF 2 1:28.408
4 55 若林 隼人 YH スバル BRZ 2 1:28.474
5 54 山口 克之 DL トヨタ 86 2 1:28.820
6 6 磯村 良二 BS Bridgestone スバル BRZ 1 1:29.338
7 41 浅井 崇 BS Bridgestone スバル BRZ 2 1:29.505
8 53 上本 昌彦 YH トヨタ 86 1 1:29.520
9 46 野口 泰通 DL トヨタ 86 2 1:29.643
10 52 大坪 伸貴 YH スバル BRZ 2 1:29.686

レース結果

コース:名阪スポーツランド Cコース

[SA-1クラス]

決勝

  • 開催日:2018/05/20
  • 天候:Cloudy-Fine-Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:1回目:30℃ 2回目:35℃
  • 決勝出走:17
  • 完走:17
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 84 若林 拳人 YH ホンダ CR-X 2 1:24.848
2 83 一色 健太郎 DL ホンダ シビック EK9 1 1:25.368
3 82 志村 雅紀 YH ホンダ シビック EK9 1 1:25.729
4 81 小武 拓矢 YH ホンダ CR-X 1 1:25.784
5 74 合田 尚司 YH ホンダ シビック EK9 1 1:26.007
6 75 下河辺 友貴 DL ホンダ CR-X 1 1:26.191
7 77 安木 美徳 BS Bridgestone ホンダ シビック EK9 2 1:26.501
8 79 近藤 岳士 YH ホンダ CR-X 1 1:26.593
9 71 藤田 哲也 DL ホンダ シビック EK9 2 1:26.843
10 78 橋本 克紀 BS Bridgestone ホンダ シビック EK9 1 1:27.020

レース結果

コース:名阪スポーツランド Cコース

[SA-2クラス]

決勝

  • 開催日:2018/05/20
  • 天候:Cloudy-Fine-Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:1回目:28℃ 2回目:34℃
  • 決勝出走:16
  • 完走:15
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 99 高江 淳 DL ホンダ インテグラ DC2 2 1:24.790
2 97 佐藤 巧 YH ホンダ インテグラ DC2 2 1:25.083
3 100 朝山 崇 DL ホンダ インテグラ DC2 1 1:25.130
4 98 澤平 直樹 YH ホンダ インテグラ DC2 1 1:25.276
5 94 隅田 敏昭 YH ホンダ インテグラ DC2 2 1:25.730
6 95 西井 将宏 DL ホンダ インテグラ DC2 1 1:25.789
7 93 水野 俊亮 YH ホンダ インテグラ DC2 2 1:26.016
8 87 榎本 利弘 YH ホンダ インテグラ DC2 1 1:26.375
9 96 シュン BS Bridgestone ホンダ インテグラ DC2 2 1:26.414
10 91 前田 忍 BS Bridgestone ホンダ インテグラ DC2 2 1:26.588

レース結果

コース:名阪スポーツランド Cコース

[SA-3クラス]

決勝

  • 開催日:2018/05/20
  • 天候:Cloudy-Fine-Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:1回目:28℃ 2回目:31℃
  • 決勝出走:14
  • 完走:14
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 114 小俣 洋平 DL マツダ RX-7 1 1:23.493
2 111 渡辺 公 BS Bridgestone ホンダ NSX 2 1:25.462
3 109 久保 真吾 DL ロータス エキシージS 2 1:25.805
4 112 鰐部 光二 DL マツダ RX-7 2 1:26.943
5 110 葛西 悠治 BS Bridgestone マツダ RX-7 2 1:27.301
6 106 岩崎 玲生 DL トヨタ MR2 2 1:27.656
7 108 梅村 伸一郎 DL ロータス エキシージ 1 1:27.886
8 101 奥 浩明 BS Bridgestone マツダ RX-7 1 1:28.101
9 107 野本 栄次 BS Bridgestone マツダ RX-7 1 1:28.634
10 103 石井 和則 YH マツダ RX-7 2 1:29.881

レース結果

コース:名阪スポーツランド Cコース

[SA-4クラス]

決勝

  • 開催日:2018/05/20
  • 天候:Cloudy-Fine-Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:1回目:32℃ 2回目:32℃
  • 決勝出走:12
  • 完走:12
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 126 津川 信次 DL 三菱 ランサーエボリューション 2 1:20.885
2 125 菱井 将文 BS Bridgestone 三菱 ランサーエボリューション 2 1:21.742
3 123 佐藤 裕樹 DL 三菱 ランサーエボリューション 2 1:23.544
4 121 金本 辰也 DL 三菱 ランサーエボリューション 2 1:23.717
5 116 米田 順一 DL 三菱 ランサーエボリューション 2 1:23.719
6 124 飯坂 忠司 BS Bridgestone 三菱 ランサーエボリューション 1 1:23.734
7 120 石元 啓介 BS Bridgestone 三菱 ランサーエボリューション 2 1:25.252
8 117 岡部 隆市 BS Bridgestone 三菱 ランサーエボリューション 2 1:25.342
9 118 石田 忠義 DL スバル インプレッサ WRX 1 1:25.590
10 122 山田 拓 YH スバル インプレッサ WRX 1 1:25.732

レース結果

コース:名阪スポーツランド Cコース

[SCクラス]

決勝

  • 開催日:2018/05/20
  • 天候:Cloudy-Fine-Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:1回目:34℃ 2回目:33℃
  • 決勝出走:14
  • 完走:14
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 139 西原 正樹 BS Bridgestone スバル インプレッサ WRX 2 1:21.913
2 137 牧野 タイソン DL 三菱 ランサーエボリューション 1 1:22.651
3 140 大橋 渡 DL 三菱 ランサーエボリューション 2 1:22.707
4 138 野中 信宏 TY 三菱 ランサーエボリューション 1 1:22.934
5 132 桃井 守 BS Bridgestone 三菱 ランサーエボリューション 2 1:23.748
6 134 高橋 和浩 DL 三菱 ランサーエボリューション 2 1:24.108
7 136 野尻 隆司 DL 三菱 ランサーエボリューション 2 1:24.179
8 128 尾崎 誠治 BS Bridgestone 三菱 ランサーエボリューション 1 1:24.495
9 135 山越 義昌 BS Bridgestone ホンダ シビック EG6 2 1:25.039
10 127 吉川 寛志 BS Bridgestone 三菱 ランサーエボリューション 1 1:25.439

レース結果

コース:名阪スポーツランド Cコース

[PN-4クラス]

決勝

  • 開催日:2018/05/20
  • 天候:Cloudy-Fine-Cloudy
  • 路面:Dry
  • 路面温度:1回目:29℃ 2回目:35℃
  • 決勝出走:8
  • 完走:8
順位 No ドライバー タイヤ チーム マシン シャシー エンジン 周回数 Delay(Lap) ベストタイム ベストラップ タイム
1 67 野島 孝宏 DL 三菱 ランサーエボリューション 2 1:23.611
2 66 茅野 成樹 DL 三菱 ランサーエボリューション 1 1:23.689
3 63 石原 昌行 DL 三菱 ランサーエボリューション 2 1:26.219
4 64 角岡 隆志 YH 三菱 ランサーエボリューション 2 1:26.303
5 61 柳瀬 昌樹 BS Bridgestone 三菱 ランサーエボリューション 2 1:26.623
6 65 佐々木 雄史 DL 三菱 ランサーエボリューション 1 1:27.769
7 62 暮部 雄一郎 YH 三菱 ランサーエボリューション 2 1:28.656
8 60 佐伯 希 YH 三菱 ランサーエボリューション 1 1:30.446